743件中 51 - 60件表示
  • アンドレルトン・シモンズ

    アンドレルトン・シモンズから見たアトランタ・ブレーブスアトランタ・ブレーブス

    アンドレルトン・A・シモンズ(Andrelton A. Simmons , 1989年9月4日 - )は、 キュラソー島ムンドノボ出身のプロ野球選手(遊撃手)。右投右打。MLB・アトランタ・ブレーブス所属。アンドレルトン・シモンズ フレッシュアイペディアより)

  • 2006年の野球

    2006年の野球から見たアトランタ・ブレーブスアトランタ・ブレーブス

    3月15日 - 阪神がアトランタ・ブレーブスと業務提携。2006年の野球 フレッシュアイペディアより)

  • 2007年の野球

    2007年の野球から見たアトランタ・ブレーブスアトランタ・ブレーブス

    8月24日 - (現地時間)メジャーリーグ、パドレスのグレッグ・マダックス投手が本拠地での対ブレーブス戦で10勝目を挙げ、メジャー史上初となる20年連続2桁勝利を記録した。また、2桁勝利通算20年の記録も、サイ・ヤングに並ぶメジャー史上2位タイ(1位はドン・サットンの21年)。2007年の野球 フレッシュアイペディアより)

  • ラミロ・ペーニャ

    ラミロ・ペーニャから見たアトランタ・ブレーブスアトランタ・ブレーブス

    ラミロ・ペーニャ・ガウーナ(Ramiro Peña Gauna , 1985年7月18日 - )は、アトランタ・ブレーブスに所属する内野手。主にサード、ショートを守っているが、セカンド、ライトでの出場経験もある。ラミロ・ペーニャ フレッシュアイペディアより)

  • ロドリゴ・ロペス

    ロドリゴ・ロペスから見たアトランタ・ブレーブスアトランタ・ブレーブス

    手術から1年後の8月22日にアトランタ・ブレーブスと契約したが、メジャーに昇格することなくシーズンを終えた。3月5日、フィラデルフィア・フィリーズとマイナー契約。アントニオ・バスタードの故障者リスト入りによってメジャー昇格を果たし、7月3日のメッツ戦で2年ぶりにメジャーで登板した。7試合の登板で防御率5.70の成績で9月8日に解雇された。ロドリゴ・ロペス フレッシュアイペディアより)

  • デトロイト・タイガース

    デトロイト・タイガースから見たアトランタ・ブレーブスアトランタ・ブレーブス

    2007年のチーム打率.287、857打点と打率、打点共にヤンキースに次ぐ両リーグ2位。オルドニェス、ゲーリー・シェフィールドといった強打者を擁し、メジャー屈指の強力打線を持つ。投手陣では2006年に新人王を獲得したジャスティン・バーランダーが絶対的エースとして君臨している。2007年オフにはアトランタ・ブレーブスからエドガー・レンテリア、シカゴ・カブスからジャック・ジョーンズ、 フロリダ・マーリンズからミゲル・カブレラ、ドントレル・ウィリスを獲得するなど次々と大型補強を行い、かつてないほど戦力が充実している。デトロイト・タイガース フレッシュアイペディアより)

  • 1957年の野球

    1957年の野球から見たアトランタ・ブレーブスアトランタ・ブレーブス

    ミルウォーキー・ブレーブス(ナ・リーグ) (4勝3敗) ニューヨーク・ヤンキース(ア・リーグ)1957年の野球 フレッシュアイペディアより)

  • セントルイス・カージナルス

    セントルイス・カージナルスから見たアトランタ・ブレーブスアトランタ・ブレーブス

    1982年、サンディエゴ・パドレスからオジー・スミスを獲得し、ホワイティ・ハーゾグ監督の下、守り勝つ野球で地区優勝を果たす。スミスの獲得はハーゾグ監督の高い評価によるもので、チームの中心選手として活躍すると共に、その華麗な守備でファンを魅了した。リーグチャンピオンシップシリーズではアトランタ・ブレーブスに3連勝し、ワールドシリーズではミルウォーキー・ブルワーズ(当時はアメリカンリーグ所属)と対戦。第3戦では新人のウィリー・マギーが2本塁打の活躍(シーズンでは4本塁打しか放っていなかった)をみせると、最終戦を守護神のブルース・スーターが締め、15年ぶりの9度目のワールドチャンピオンに輝いた。セントルイス・カージナルス フレッシュアイペディアより)

  • カルロス・ザンブラーノ

    カルロス・ザンブラーノから見たアトランタ・ブレーブスアトランタ・ブレーブス

    は、シーズン開幕前に「今年はオレがサイ・ヤング賞を獲る。そして、カブスはワールドシリーズで優勝。このオレが保証する」と宣言。しかしこの年、ザンブラーノはトラブルに見舞われる。まず、6月1日のブレーブス戦において、捕逸や暴投で失点したことに怒り、ベンチやクラブハウスで捕手マイケル・バレットと殴り合いを起こす。この件については同月20日、最終的にバレットがパドレスへトレードで放出されることになった。また、9月3日のドジャース戦では4.1回8失点で降板。ファンは8月以降勝ち星のなかったザンブラーノにブーイングを浴びせ、これに対しザンブラーノは罵り言葉を発しながらベンチへ。翌日に謝罪したが、評判を落としてしまった。結局、この年は自己最多の18勝を挙げたが、奪三振率やWHIPが前年から低下し、サイ・ヤング賞の投票では2年連続の5位。チームは前年の最下位から地区優勝しポストシーズンへ進出したが、地区シリーズで敗退。8月17日には5年総額9,150万ドルで契約を延長するなど明るい話題もあったが、自身もチームも開幕前の宣言通りにはならなかった。カルロス・ザンブラーノ フレッシュアイペディアより)

  • カート・シリング

    カート・シリングから見たアトランタ・ブレーブスアトランタ・ブレーブス

    4月2日にトレードでフィラデルフィア・フィリーズに移籍。当初はリリーフでの起用だったが、5月途中から先発に転向し、6月8日のピッツバーグ・パイレーツ戦でメジャー初完封を記録。14勝11敗・防御率2.35、リーグトップのWHIP0.99を記録するなど飛躍。は前半戦で5連敗を喫したが、終盤にかけて7連勝を記録するなど16勝7敗・防御率4.02・186奪三振を記録し、チームの地区優勝に大きく貢献。アトランタ・ブレーブスとのリーグチャンピオンシップシリーズでは第1戦と第5戦に先発し好投するが、共にクローザーのミッチ・ウィリアムズがセーブに失敗し勝利は付かなかった。チームは4勝2敗で13年ぶりのリーグ優勝を果たし、防御率1.69・19奪三振の活躍が評価されてシリーズMVPに選出された。トロント・ブルージェイズとのワールドシリーズでは第1戦に先発し7失点で敗戦投手となるが、第5戦で5安打完封勝利を挙げる。しかし第6戦でウィリアムズがジョー・カーターに逆転サヨナラの3点本塁打を浴び、2勝4敗で敗退した。ウィリアムズがマウンドにいる間、白いタオルで顔を覆う姿(これが更にチームメイトの不安を煽った)を何度もカメラに撮られるなど、終始落ち着かない様子だった。は初の開幕投手を務めるが、勝利なしの7連敗と不調に陥り5月に離脱。7月下旬に復帰後は持ち直したもののストライキでシーズンが打ち切られ、2勝に終わった。は開幕4連勝を記録するが、7月18日を最後に故障で離脱し、7勝に留まる。オフにフリーエージェントとなるが再契約。は開幕に間に合わず、5月中旬に復帰。打線の援護がなく9勝10敗だったが防御率3.19、8・9月で2完封を含む7完投を記録するなどリーグ最多の8完投の成績で復活の兆しを見せた。カート・シリング フレッシュアイペディアより)

743件中 51 - 60件表示

「アトランタ・ブレーブス」のニューストピックワード