1234件中 51 - 60件表示
  • カイル・クビッツァ

    カイル・クビッツァから見たアトランタ・ブレーブスアトランタ・ブレーブス

    カイル・アンドリュー・クビッツァ(Kyle Andrew Kubitza, 1990年7月15日 - )は、アメリカ合衆国・テキサス州タラント郡アーリントン出身のプロ野球選手(内野手)。右投左打。MLB・アトランタ・ブレーブス傘下に所属。カイル・クビッツァ フレッシュアイペディアより)

  • ポール・バード

    ポール・バードから見たアトランタ・ブレーブスアトランタ・ブレーブス

    11月18日にトレードでニューヨーク・メッツへ移籍。7月28日にメジャーデビュー。メッツでは2年間所属し、全てリリーフで55試合に登板。11月25日にアトランタ・ブレーブスへトレード移籍し、8月14日にウェイバー公示を経てフィラデルフィア・フィリーズへ移籍した。ポール・バード フレッシュアイペディアより)

  • カート・スズキ

    カート・スズキから見たアトランタ・ブレーブスアトランタ・ブレーブス

    カーティス・キヨシ・スズキ(、日本名:鈴木 清〈すずき きよし〉、1983年10月4日 - )は、アメリカ合衆国ハワイ州マウイ島出身のプロ野球選手(捕手)。右投右打。MLB・アトランタ・ブレーブス所属。カート・スズキ フレッシュアイペディアより)

  • エンダー・インシアーテ

    エンダー・インシアーテから見たアトランタ・ブレーブスアトランタ・ブレーブス

    エンダー・デビッド・インシアーテ・モンティエル(Ender David Inciarte Montiel, 1990年10月29日 - )は、ベネズエラ共和国スリア州マラカイボ出身のプロ野球選手(外野手)。左投左打。現在はMLBのアトランタ・ブレーブスに所属している。エンダー・インシアーテ フレッシュアイペディアより)

  • ロン・ワシントン

    ロン・ワシントンから見たアトランタ・ブレーブスアトランタ・ブレーブス

    ロナルド・ワシントン(Ronald Washington, 1952年4月29日 - )は、アメリカ合衆国ルイジアナ州ニューオーリンズ出身の元プロ野球選手(遊撃手)。野球指導者。右投右打。現在はMLB・アトランタ・ブレーブスで三塁コーチを務める。ロン・ワシントン フレッシュアイペディアより)

  • ケビン・サイツァー

    ケビン・サイツァーから見たアトランタ・ブレーブスアトランタ・ブレーブス

    ケビン・リー・サイツァー(Kevin Lee Seitzer, 1962年3月26日 - )は、アメリカ合衆国・イリノイ州サンガモン郡スプリングフィールド出身の元プロ野球選手(三塁手)、野球指導者。右投右打。現在はMLB・アトランタ・ブレーブスで打撃コーチを務める。ケビン・サイツァー フレッシュアイペディアより)

  • ルイス・アヤラ (野球)

    ルイス・アヤラ (野球)から見たアトランタ・ブレーブスアトランタ・ブレーブス

    3月31日の対ブレーブス戦でメジャーデビューする。1年目から65試合に登板、19ホールド・防御率2.92の好成績を残し、エクスポズのリリーフ陣を支えた。MLB公式ページでは「エクスポズにおいて最も頼りになる重要な選手の1人」と表記されている。この年からまでの3シーズンで214試合・232.1投球回に登板し62ホールド・防御率2.75を記録する。ルイス・アヤラ (野球) フレッシュアイペディアより)

  • ケニー・ロフトン

    ケニー・ロフトンから見たアトランタ・ブレーブスアトランタ・ブレーブス

    のMLBドラフト17巡目(全体428位)でヒューストン・アストロズから指名をされ、プロ入り。にAAA級ツーソン・トロズでいずれもリーグトップの522打数・168安打・17三塁打を記録し、9月14日のシンシナティ・レッズ戦でメジャーデビューし、第3打席でランディ・マイヤーズから初安打を記録し、そこから3打席連続安打も記録した。出場14試合目となる9月28日のアトランタ・ブレーブス戦で初盗塁を記録した。同年は20試合に出場し打率.203・2盗塁の成績を残した。ケニー・ロフトン フレッシュアイペディアより)

  • カルロス・ザンブラーノ

    カルロス・ザンブラーノから見たアトランタ・ブレーブスアトランタ・ブレーブス

    は、シーズン開幕前に「今年はオレがサイ・ヤング賞を獲る。そして、カブスはワールドシリーズで優勝。このオレが保証する」と宣言。しかしこの年、ザンブラーノはトラブルに見舞われる。まず、6月1日のブレーブス戦において、捕逸や暴投で失点したことに怒り、ベンチやクラブハウスで捕手マイケル・バレットと殴り合いを起こす。この件については同月20日、最終的にバレットがパドレスへトレードで放出されることになった。また、9月3日のドジャース戦では4.1回8失点で降板。ファンは8月以降勝ち星のなかったザンブラーノにブーイングを浴びせ、これに対しザンブラーノは罵り言葉を発しながらベンチへ。翌日に謝罪したが、評判を落としてしまった。結局、この年は自己最多の18勝を挙げたが、奪三振率やWHIPが前年から低下し、サイ・ヤング賞の投票では2年連続の5位。チームは前年の最下位から地区優勝しポストシーズンへ進出したが、地区シリーズで敗退。8月17日には5年総額9,150万ドルで契約を延長するなど明るい話題もあったが、自身もチームも開幕前の宣言通りにはならなかった。カルロス・ザンブラーノ フレッシュアイペディアより)

  • ブロンソン・アローヨ

    ブロンソン・アローヨから見たアトランタ・ブレーブスアトランタ・ブレーブス

    6月12日のアトランタ・ブレーブス戦で、先発としてメジャーデビューし、5回5失点で勝敗はつかなかった。0勝3敗で迎えた6試合目の登板で初勝利を挙げた。その後、主に先発や中継ぎとして2年間で44試合に登板する。しかし3年目は9試合のみの登板にとどまった。ブロンソン・アローヨ フレッシュアイペディアより)

1234件中 51 - 60件表示

「アトランタ・ブレーブス」のニューストピックワード