1234件中 61 - 70件表示
  • リック・アンキール

    リック・アンキールから見たアトランタ・ブレーブスアトランタ・ブレーブス

    この時点で殿堂入りの名投手スティーブ・カールトンと比べられるまでになっていたアンキールは、アトランタ・ブレーブスとのディビジョンシリーズ第1戦に先発する。初回に2四球を出したものの2回終了時点では無失点におさえていたが、3回に突如乱れる。9番ピッチャーのグレッグ・マダックスを四球でまず歩かせ、1アウトを取ったものの2番アンドリュー・ジョーンズに2暴投を与え結局四球で出し、3番チッパー・ジョーンズは三振で打ち取ったもののこの打席でも暴投を投げる。4番アンドレス・ガララーガへも暴投するなど乱調は止まらず、なんとか2アウトは取ったが、ウォルト・ワイスにヒットを打たれたところで交代。この回は2安打4四球5暴投で4失点と散々な結果となってしまった。リック・アンキール フレッシュアイペディアより)

  • ミゲル・ゴンザレス (1986年生の投手)

    ミゲル・ゴンザレス (1986年生の投手)から見たアトランタ・ブレーブスアトランタ・ブレーブス

    3月27日に右肩の故障で15日間の故障者リスト入りし、29日に60日間の故障者リストへ異動した。9月3日のアトランタ・ブレーブス戦でメジャーデビュー。5月から傘下のマイナーで実戦復帰し、9月3日のアトランタ・ブレーブス戦の5回にメジャー初登板を果たした。ミゲル・ゴンザレス (1986年生の投手) フレッシュアイペディアより)

  • ウィリー・アイバー

    ウィリー・アイバーから見たアトランタ・ブレーブスアトランタ・ブレーブス

    2006年7月28日にダニス・バエスと共にウィルソン・ベテミットとのトレードでアトランタ・ブレーブスへ移籍。ウィリー・アイバー フレッシュアイペディアより)

  • デトロイト・タイガース

    デトロイト・タイガースから見たアトランタ・ブレーブスアトランタ・ブレーブス

    2007年のチーム打率.287、857打点と打率、打点共にヤンキースに次ぐ両リーグ2位。オルドニェス、ゲーリー・シェフィールドといった強打者を擁し、メジャー屈指の強力打線を持つ。投手陣では2006年に新人王を獲得したジャスティン・バーランダーが絶対的エースとして君臨している。2007年オフにはアトランタ・ブレーブスからエドガー・レンテリア、シカゴ・カブスからジャック・ジョーンズ、 フロリダ・マーリンズからミゲル・カブレラ、ドントレル・ウィリスを獲得するなど次々と大型補強を行い、かつてないほど戦力が充実している。デトロイト・タイガース フレッシュアイペディアより)

  • チッパー・ジョーンズ

    チッパー・ジョーンズから見たアトランタ・ブレーブスアトランタ・ブレーブス

    プロ生活のすべてをアトランタ・ブレーブスで過ごし、「チームの顔」と称されたフランチャイズ・プレイヤーであり、1995年から2005年までのブレーブスの黄金時代(この間、ナショナル・リーグ東地区を11連覇している)を支えた。「史上最高の両打ち打者」との呼び声がある。父親に非常にそっくりだったため、「ア・チップ・オフ・ジ・オールド・ブロック(A chip off the old block:親にそっくりな男の子)」という言葉から「チッパー」の愛称で呼び親しまれるようになった。チッパー・ジョーンズ フレッシュアイペディアより)

  • ブライス・ハーパー

    ブライス・ハーパーから見たアトランタ・ブレーブスアトランタ・ブレーブス

    5月6日の対マイアミ・マーリンズ戦にて、自身初めて1試合3本塁打を記録した。1試合3本塁打は球団史上4人目の快挙だった。また、22歳202日での1試合3本塁打は、6月11日にが22歳53日で記録達成して以来の若さだった。また翌日の試合でも2本塁打を記録し、2試合で5本塁打を記録した。5月8日のアトランタ・ブレーブス戦で、サヨナラ本塁打を記録し3試合で6本塁打を記録した。5月11日に、週間最優秀選手賞を受賞した。5月18日に、週間最優秀選手賞を2週連続で受賞した。オールスターゲームではファン投票の外野手部門の1位で選出され、3番・右翼手で先発出場し、3打席に立ったがまた安打を記録できなかった。9月16日の対フィラデルフィア・フィリーズ戦では、7回に右中間深くに本塁打を放り込み、自身初のシーズン40本塁打に到達した。最終的には42本塁打で本塁打王を獲得。打率.330(3厘差のリーグ2位)、99打点(リーグ5位)、38二塁打(同5位タイ)、124四球(同2位)、15故意四球(同2位タイ)、118得点(同1位)、出塁率.460、長打率.649、(いずれも両リーグ1位)だった。この活躍が評価され、満票でナ・リーグのMVPに選出された。22歳と353日でのMVP受賞は史上3番目の若さ、満票の受賞者としては史上最年少という快挙だった。ハンク・アーロン賞、シルバースラッガー賞も受賞した。ブライス・ハーパー フレッシュアイペディアより)

  • 1893年のメジャーリーグベースボール

    1893年のメジャーリーグベースボールから見たアトランタ・ブレーブスアトランタ・ブレーブス

    ナショナルリーグではボストン・ビーンイーターズ(後のブレーブス)が1891年から3年連続6度目の優勝となった。1893年のメジャーリーグベースボール フレッシュアイペディアより)

  • アーロン・ブレアー

    アーロン・ブレアーから見たアトランタ・ブレーブスアトランタ・ブレーブス

    アーロン・ダニエル・ブレアー(Aaron Daniel Blair, 1992年5月26日 - )は、アメリカ合衆国・ネバダ州ラスベガス出身のプロ野球選手(投手)。右投右打。MLB・アトランタ・ブレーブスに所属。アーロン・ブレアー フレッシュアイペディアより)

  • ルイス・ゴハラ

    ルイス・ゴハラから見たアトランタ・ブレーブスアトランタ・ブレーブス

    ルイス・エンリケ・ゴハラ(Luiz Henrique Gohara, 1996年7月31日 - )は、ブラジル・サンパウロ州出身のプロ野球選手(投手)。左投左打。MLB・アトランタ・ブレーブス所属。ルイス・ゴハラ フレッシュアイペディアより)

  • ホアン・アイケルバーガー

    ホアン・アイケルバーガーから見たアトランタ・ブレーブスアトランタ・ブレーブス

    カリフォルニア大学バークレー校から1975年、サンディエゴ・パドレスに入団。1978年、メジャーリーグ昇格を果たし先発投手としてパドレス時代には2年間で15勝を挙げる活躍をした。1983年、クリーブランド・インディアンズに移籍。1988年、アトランタ・ブレーブスにて5年ぶりのメジャー昇格を果たすも、シーズン終了後にFAとなる。ホアン・アイケルバーガー フレッシュアイペディアより)

1234件中 61 - 70件表示

「アトランタ・ブレーブス」のニューストピックワード