743件中 71 - 80件表示
  • アイバース・ホイットニー・アダムス

    アイバース・ホイットニー・アダムスから見たアトランタ・ブレーブスアトランタ・ブレーブス

    アイバース・ホイットニー・アダムス(英:Ivers Whitney Adams、1838年 - 1914年)は、19世紀のアメリカ合衆国の実業家。アメリカ合衆国・マサチューセッツ州アッシュバーンハム生まれ。現在のアトランタ・ブレーブスに至るボストン・レッドストッキングスの創設者。アイバース・ホイットニー・アダムス フレッシュアイペディアより)

  • ジョー・コナー

    ジョー・コナーから見たアトランタ・ブレーブスアトランタ・ブレーブス

    1895年9月9日にセントルイス・ブラウンズでメジャーデビュー。同年、2試合の出場でメジャー1年目を終えた。その後、ブラウンズではメジャーでプレイすることができず、コナーはブラウンズを解雇された。1900年にボストン・ビーンイーターズで7試合に出場。1901年開幕前にミルウォーキー・ブルワーズへ移籍。7月22日、ブルワーズを解雇され、4日後の7月26日にクリーブランド・ブルースへFA移籍。1905年、コナーがメジャーでプレイした最後の年となった。1905年9月、ニューヨーク・ハイランダーズへ移籍。ハイランダーズでの1905年10月7日の出場がメジャー最終出場となった。ジョー・コナー フレッシュアイペディアより)

  • ダリル・カイル

    ダリル・カイルから見たアトランタ・ブレーブスアトランタ・ブレーブス

    、自己最高の20勝を記録。アトランタ・ブレーブスとのディビジョンシリーズでは第2戦に登板し、プレーオフ初勝利。ニューヨーク・メッツとのリーグチャンピオンシップシリーズでは第1戦と第4戦に登板したが、いずれも負け投手となり、チームも1勝4敗で敗退。、16勝11敗を記録。アリゾナ・ダイヤモンドバックスとのディビジョンシリーズでは第3戦に登板。チームは2勝3敗で敗れた。ダリル・カイル フレッシュアイペディアより)

  • ジョシュ・アンダーソン

    ジョシュ・アンダーソンから見たアトランタ・ブレーブスアトランタ・ブレーブス

    イースタン・ケンタッキー大を経て、のドラフト4巡目でヒューストン・アストロズに入団。には、マイナーリーグの盗塁王を獲得。9月2日、メジャーデビューを果たしたが、同年11月、オスカー・ビヤレアルとのトレードでアトランタ・ブレーブスに移籍。ジョシュ・アンダーソン フレッシュアイペディアより)

  • ジム・ホイットニー

    ジム・ホイットニーから見たアトランタ・ブレーブスアトランタ・ブレーブス

    ジム・ホイットニー(James Evans Whitney 、1857年11月10日 - 1891年5月21日)は、1880年代に活躍したアメリカメジャーリーグの元野球選手。ポジションは投手、外野手。ニューヨーク州コークリン生まれ。右投げ左打ち。ニックネームは"Grasshopper Jim"(グラスホッパー・ジム)。現在のアトランタ・ブレーブスなどで10年間活躍、1881年のナショナルリーグ最多勝利投手。ジム・ホイットニー フレッシュアイペディアより)

  • ジム・バウトン

    ジム・バウトンから見たアトランタ・ブレーブスアトランタ・ブレーブス

    しかし1978年、アトランタ・ブレーブスがバウトンと契約を結び、そして1978年9月に大リーグに昇格。自身8年ぶりに大リーグ復帰を果たした。この年は5試合に登板し、1勝をあげた。ジム・バウトン フレッシュアイペディアより)

  • ビル・ラリデン

    ビル・ラリデンから見たアトランタ・ブレーブスアトランタ・ブレーブス

    1909年にボストン・ダブス(現アトランタ・ブレーブス)に入団、5つの球団でプレーし、1920年に引退。小柄な選手で長打は少なかったが、フィールディングの良い機敏な捕手として守りの要を担っていた。1914年と1915年にフェデラル・リーグでプレーした際は、捕手ながら年間200以上もの補殺(ゴロの処理と盗塁阻止数の合計にほぼ相当)を記録し、1915年に記録した238補殺は、年現在、捕手のシーズン補殺数のメジャーリーグ記録として残っている。ビル・ラリデン フレッシュアイペディアより)

  • チック・スタル

    チック・スタルから見たアトランタ・ブレーブスアトランタ・ブレーブス

    インディアナ州ウェスト・バーデン・スプリングス出身。1897年、ボストン・ビーンイーターズでデビュー。チック・スタル フレッシュアイペディアより)

  • レオ・マゾーニー

    レオ・マゾーニーから見たアトランタ・ブレーブスアトランタ・ブレーブス

    1967?1975年の間マイナーリーグで投げ続けるも、メジャーには昇格できず。引退した翌年からマイナーの監督を務め、79年からはマイナーの投手コーチとしてアトランタ・ブレーブスに入団。レオ・マゾーニー フレッシュアイペディアより)

  • ロン・ライト (野球)

    ロン・ライト (野球)から見たアトランタ・ブレーブスアトランタ・ブレーブス

    1994年にドラフト7巡目でアトランタ・ブレーブスに入団、その後ピッツバーグ・パイレーツ、シンシナティ・レッズ、タンパベイ・デビルレイズのマイナーを経て2001年オフにシアトル・マリナーズと契約する。2002年の4月14日の試合に、怪我をしたエドガー・マルティネスの代役として指名打者で登場した。メジャーリーグの出場はこの1試合のみ。3打数ヒットなしで、その内容は三振、三重殺、併殺と全くいいところなしだった。彼は年時点で「メジャーで三重殺を打った最も打数の少ない選手」である。ロン・ライト (野球) フレッシュアイペディアより)

743件中 71 - 80件表示

「アトランタ・ブレーブス」のニューストピックワード