1234件中 71 - 80件表示
  • スコット・カズミアー

    スコット・カズミアーから見たアトランタ・ブレーブスアトランタ・ブレーブス

    スコット・エドワード・カズミアー(Scott Edward Kazmir, 1984年1月24日 - )は、アメリカ合衆国テキサス州ヒューストン出身のプロ野球選手(投手)。左投左打。現在はMLBのアトランタ・ブレーブスに所属している。スコット・カズミアー フレッシュアイペディアより)

  • フレディ・フリーマン

    フレディ・フリーマンから見たアトランタ・ブレーブスアトランタ・ブレーブス

    フレディ・フリーマン(Frederick Charles "Freddie" Freeman, 1989年9月12日 - )は、アメリカ合衆国カリフォルニア州オレンジ郡出身のプロ野球選手(内野手)。右投左打。現在はMLBのアトランタ・ブレーブスに所属。両親は共にカナダ出身。フレディ・フリーマン フレッシュアイペディアより)

  • ジェイソン・モット

    ジェイソン・モットから見たアトランタ・ブレーブスアトランタ・ブレーブス

    は初めて年間を通してクローザーを担当し、アトランタ・ブレーブスのクレイグ・キンブレルと並んでリーグ最多タイの42セーブを記録した。オフに2年契約を延長した。ジェイソン・モット フレッシュアイペディアより)

  • フリオ・テヘラン

    フリオ・テヘランから見たアトランタ・ブレーブスアトランタ・ブレーブス

    フリオ・テヘラン(Julio Alberto Teheran Pinto, 1991年6月27日 - )は、コロンビア・ボリーバル県カルタヘナ出身のプロ野球選手。投手、右投右打。MLB・アトランタ・ブレーブスに所属。フリオ・テヘラン フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・バーケット

    ジョン・バーケットから見たアトランタ・ブレーブスアトランタ・ブレーブス

    のドラフト会議でサンフランシスコ・ジャイアンツから6巡目で指名され入団。9月15日にメジャーデビュー。から2年間はマイナー暮らしが続いたが、に約3年振りにメジャーに昇格。ジャイアンツの先発ローテーション入りを果たして、14勝7敗、防御率3.79の成績を残し、新人王投票では4位の活躍をした。は初めてのオールスターに選出されるなど22勝を挙げる活躍を見せ、チームが最後まで地区優勝を争ったアトランタ・ブレーブスのトム・グラビンと最多勝のタイトルを分け合った。しかしは打線の援護に恵まれず、おまけにストでシーズン中断したため6勝8敗に終わり、シーズン連続二桁勝利は4年でストップした。12月22日にリッチ・オーリリア、デジ・ウィルソン(後に阪神でプレイ)との交換トレードでテキサス・レンジャーズへ移籍。しかし開幕直前の4月9日に創設3年目のフロリダ・マーリンズへ移籍。ジョン・バーケット フレッシュアイペディアより)

  • リック・バンデンハーク

    リック・バンデンハークから見たアトランタ・ブレーブスアトランタ・ブレーブス

    ''4月9日にリッキー・ノラスコが故障者リスト入りしたため、マーリンズとメジャー契約を結び、翌10日のミルウォーキー・ブルワーズ戦で先発としてメジャーデビューを果たした。4回2/3を投げ1失点だったが勝敗はつかなかった。4試合に登板したが、0勝1敗・防御率12.75と結果を残せず、4月25日にAA級カロライナ・マドキャッツへ降格した。6月5日に再昇格し、同日のアトランタ・ブレーブス戦で6回を1安打無失点に抑え、メジャー初勝利を挙げた。6月17日に再びAA級カロライナへ降格し、7月17日に再昇格。その後は先発ローテーションに加わり、この年は18試合に登板。4勝6敗・防御率6.83だった。リック・バンデンハーク フレッシュアイペディアより)

  • ゲイリー・シェフィールド

    ゲイリー・シェフィールドから見たアトランタ・ブレーブスアトランタ・ブレーブス

    1997年は開幕直後の4月2日にメジャー史上最高額となる6年総額6,100万ドルで契約延長をし、チームも開幕前にFAで大型補強を行い、アトランタ・ブレーブスに肉薄する力を付けたかと思われた。シェフィールドは前年の半分の21本塁打・71打点と成績を落とし得点力不足の元凶となりジム・リーランド監督を嘆かせ、チームは地区首位のブレーブスの追撃が思うようにできなかった。シェフィールドは「このチームには、もう一人の大砲が必要だ」と責任逃れの発言をしてしまいマスコミから叩かれた。結局、チームはワイルドカードで自身初のポストシーズンに進出し、シェフィールドはワールドチャンピオンとなった。ゲイリー・シェフィールド フレッシュアイペディアより)

  • トッド・ヘルトン

    トッド・ヘルトンから見たアトランタ・ブレーブスアトランタ・ブレーブス

    当時ロッキーズのスター選手だったアンドレス・ガララーガがブレーブスに移籍するのに伴い、からスタメンに定着。打撃3部門でメジャー新人選手1位となる打率.315・25本塁打・97打点を記録した。新人王争いこそケリー・ウッド(カブス)に次ぐ2位で終わるものの、チームメートはヘルトンを「ロッキーズを代表する選手」に選出した。ルーキーが選ばれるのは極めて異例である。トッド・ヘルトン フレッシュアイペディアより)

  • ピーター・モイラン

    ピーター・モイランから見たアトランタ・ブレーブスアトランタ・ブレーブス

    ピーター・マイケル・モイラン(Peter Michael Moylan, 1978年12月2日 - )は、オーストラリア連邦西オーストラリア州パース出身のプロ野球選手(投手)。右投右打。MLB・アトランタ・ブレーブス所属。愛称はスレッジ。ピーター・モイラン フレッシュアイペディアより)

  • クリス・スチュワート

    クリス・スチュワートから見たアトランタ・ブレーブスアトランタ・ブレーブス

    クリストファー・デービッド・スチュワート(Christopher David Stewart , 1982年2月19日 - )は、アメリカ合衆国カリフォルニア州フォンタナ出身のプロ野球選手(捕手)。右投右打。MLB・アトランタ・ブレーブス所属。愛称はスチュー。クリス・スチュワート フレッシュアイペディアより)

1234件中 71 - 80件表示

「アトランタ・ブレーブス」のニューストピックワード