743件中 81 - 90件表示
  • ミルウォーキー・ブレーブス

    ミルウォーキー・ブレーブスから見たアトランタ・ブレーブスアトランタ・ブレーブス

    ミルウォーキー・ブレーブス フレッシュアイペディアより)

  • ジム・アッカー

    ジム・アッカーから見たアトランタ・ブレーブスアトランタ・ブレーブス

    1980年にドラフト1巡目(全米21番目)でアトランタ・ブレーブスに入団。その後、マイナー時代にトロント・ブルージェイズに移籍し、1983年にメジャーデビューを果たす。ブルージェイズでは主にリリーフとして4年連続で20試合以上に登板した。1986年7月6日にトレードで古巣のブレーブスへ移籍。移籍後、1986年は主に先発として起用されるが、1987年から1989年のシーズン途中にブルージェイズへとトレードで移籍するまではブルージェイズ時代と同様にリリーフとして起用される。ブルージェイズ復帰後もやはりリリーフとして活躍。2年連続で50試合以上に登板した。1991年のシーズン終了後にフリーエージェントとなり、1992年2月2日にシアトル・マリナーズと契約。しかしマリナーズでは17試合登板とチャンスに恵まれず、7月21日にマリナーズを解雇され、それ以降メジャーでプレイすることはなかった。ジム・アッカー フレッシュアイペディアより)

  • アル・ダウニング

    アル・ダウニングから見たアトランタ・ブレーブスアトランタ・ブレーブス

    1974年4月8日、アトランタ・フルトン・カウンティ・スタジアムで行われたアトランタ・ブレーブス戦に先発。4日前の試合でベーブ・ルースに並ぶ通算714号本塁打を打ったブレーブスの4番ハンク・アーロンと対戦することになった。2回裏の第1打席は四球で歩かせ、53,775人の大観衆からブーイングを浴びた。ノーアウト1塁で迎えた4回裏の第2打席に、メジャー新記録となる715号本塁打を打たれた。アル・ダウニング フレッシュアイペディアより)

  • マイク・スタントン (左投手)

    マイク・スタントン (左投手)から見たアトランタ・ブレーブスアトランタ・ブレーブス

    のMLBドラフト13巡目(全体の323番目)でアトランタ・ブレーブスに指名され契約。8月24日にメジャー初登板を果たした。当初はチームも本人も低迷していたが、に74試合に登板して5勝5敗7セーブ、防御率2.88と好投。チームは前年の地区最下位から地区優勝を果たし、ワールドシリーズ進出を果たしたが、ミネソタ・ツインズに敗れる。翌も65試合に登板。チームは2年連続のワールドシリーズ進出を果たすが、トロント・ブルージェイズに敗れた。は通算最多セーブ記録保持者(当時)のジェフ・リアドンの放出でクローザーを務め、27セーブを挙げる。マイク・スタントン (左投手) フレッシュアイペディアより)

  • レイ・ナイト

    レイ・ナイトから見たアトランタ・ブレーブスアトランタ・ブレーブス

    2006年8月19日に、メッツがワールドシリーズ優勝20周年を記念して、当時の選手・コーチを集めたが、ナイトは参加しなかった。他の不参加者は、当時の監督デーブ・ジョンソン(アメリカ代表チームの監督としてキューバに遠征中)のほか、ドワイト・グッデン(コカイン使用で服役中)、ロジャー・マクダウエル(アトランタ・ブレーブスのコーチ)、リー・マジリー(ニューヨーク・ヤンキースのベンチコーチ)、メル・ストットルマイヤーらであり、(グッデンを除けば)他球団等の監督・コーチを務めていたり、健康上の理由等のやむを得ない事情であったが、ナイトにはそれほどの理由がなく、多くの関係者が、1986年のワールドシリーズ終了後のメッツ経営陣との確執と、その影響を指摘している。レイ・ナイト フレッシュアイペディアより)

  • 1948年のワールドシリーズ

    1948年のワールドシリーズから見たアトランタ・ブレーブスアトランタ・ブレーブス

    第45回ワールドシリーズ。アメリカンリーグは1920年以来28年ぶりのクリーブランド・インディアンス、ナショナルリーグは1914年以来35年ぶりの出場ボストン・ブレーブスの対戦となった。結果は4勝2敗でクリーブランド・インディアンスが28年ぶり2回目の優勝。1948年のワールドシリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 1958年のワールドシリーズ

    1958年のワールドシリーズから見たアトランタ・ブレーブスアトランタ・ブレーブス

    第55回ワールドシリーズ。アメリカンリーグはニューヨーク・ヤンキース。ナショナルリーグはミルウォーキー・ブレーブスの前年と同カードの対戦となった。結果は4勝3敗でニューヨーク・ヤンキースが前年の雪辱を果たし2年ぶり18回目の優勝。1958年のワールドシリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 1914年のワールドシリーズ

    1914年のワールドシリーズから見たアトランタ・ブレーブスアトランタ・ブレーブス

    第11回ワールドシリーズ。アメリカンリーグは昨年の覇者フィラデルフィア・アスレチックスとナショナルリーグはワールドシリーズ初出場のボストン・ブレーブスとの対戦となった。結果は4勝0敗でボストン・ブレーブスが初優勝。ワールドシリーズ初のスウィープ。1914年のワールドシリーズ フレッシュアイペディアより)

  • ホセ・クルーズ・ジュニア

    ホセ・クルーズ・ジュニアから見たアトランタ・ブレーブスアトランタ・ブレーブス

    6月1日、ドラフト15巡目でアトランタ・ブレーブスから指名を受けたが、クルーズは契約せず、地元のライス大学へ進学。1年の時から3年連続でオール・アメリカンに選出され、に日米大学野球選手権大会では5番打者を務めた。ホセ・クルーズ・ジュニア フレッシュアイペディアより)

  • キッド・ニコルズ

    キッド・ニコルズから見たアトランタ・ブレーブスアトランタ・ブレーブス

    キッド・ニコルズ(Charles Augustus "Kid" Nichols、1869年9月14日 - 1953年4月11日)は、1890年代 - 1900年代のアメリカ・メジャーリーグの野球選手。主なポジションは投手。ウィスコンシン州マディソン生まれ。右投げ両打ち。1890年代のボストン(現アトランタ・ブレーブス)のエースとして活躍、デビューから12年で300勝に到達した。キッド・ニコルズ フレッシュアイペディアより)

743件中 81 - 90件表示

「アトランタ・ブレーブス」のニューストピックワード