前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
129件中 1 - 10件表示
  • アトランタ・ブレーブス

    アトランタ・ブレーブスから見たアンドリュー・ジョーンズ

    2005年までに14年連続(ストライキによりシーズンが途中で終了した1994年を除く)で地区優勝を遂げるが、2000年以降は6年連続でリーグ優勝を逃した。2002年からスモルツがクローザーに転向(2005年から再び先発に復帰。2009年にボストン・レッドソックスに移籍)、2003年にはグラビンがメッツに移籍(2008年にブレーブスに復帰)、2004年にはマダックスがカブスに移籍するなど、先発三本柱も過去のものとなった。2006年には地区3位となり、史上最長のポストシーズン連続進出記録は14年で途切れた。2007年もポストシーズンまであと一歩と迫ったものの、地区3位でシーズンを終えた。2008年にはチームは生え抜きのスター選手であるアンドリュー・ジョーンズをロサンゼルス・ドジャースに放出。チームの刷新を図るも、結果は72勝90敗と大きく負け越し、地区4位に終わった。この年にはチッパー・ジョーンズが6月中旬まで4割を超える高打率を維持し、シーズン4割超えの期待がかかったが、その後の故障の影響もあり最終的に打率.364で首位打者を獲得するに留まった。シーズンオフには、デレク・ロウ、ハビアー・バスケス、川上憲伸らを獲得している。アトランタ・ブレーブス フレッシュアイペディアより)

  • アトランタ・ブレーブス

    アトランタ・ブレーブスから見たクリント・イーストウッド

    クリント・イーストウッドの映画『人生の特等席』では主人公がこの球団のスカウト一筋だったという設定になっている。アトランタ・ブレーブス フレッシュアイペディアより)

  • アトランタ・ブレーブス

    アトランタ・ブレーブスから見た川上憲伸

    2005年までに14年連続(ストライキによりシーズンが途中で終了した1994年を除く)で地区優勝を遂げるが、2000年以降は6年連続でリーグ優勝を逃した。2002年からスモルツがクローザーに転向(2005年から再び先発に復帰。2009年にボストン・レッドソックスに移籍)、2003年にはグラビンがメッツに移籍(2008年にブレーブスに復帰)、2004年にはマダックスがカブスに移籍するなど、先発三本柱も過去のものとなった。2006年には地区3位となり、史上最長のポストシーズン連続進出記録は14年で途切れた。2007年もポストシーズンまであと一歩と迫ったものの、地区3位でシーズンを終えた。2008年にはチームは生え抜きのスター選手であるアンドリュー・ジョーンズをロサンゼルス・ドジャースに放出。チームの刷新を図るも、結果は72勝90敗と大きく負け越し、地区4位に終わった。この年にはチッパー・ジョーンズが6月中旬まで4割を超える高打率を維持し、シーズン4割超えの期待がかかったが、その後の故障の影響もあり最終的に打率.364で首位打者を獲得するに留まった。シーズンオフには、デレク・ロウ、ハビアー・バスケス、川上憲伸らを獲得している。アトランタ・ブレーブス フレッシュアイペディアより)

  • アトランタ・ブレーブス

    アトランタ・ブレーブスから見た斎藤隆 (野球)

    2009年シーズン終了後には、ビリー・ワグナー、斎藤隆らを獲得している。アトランタ・ブレーブス フレッシュアイペディアより)

  • アトランタ・ブレーブス

    アトランタ・ブレーブスから見たサンフランシスコ・ジャイアンツ

    転機となったのは1913年、名将として知られていたジョージ・スターリングの監督就任である。1913年に5位に浮上したブレーブスだが、1914年は開幕当初に4勝18敗と散々な成績で下位に低迷していた。7月4日の段階で26勝40敗となり、首位であるニューヨーク・ジャイアンツ(現・サンフランシスコ・ジャイアンツ)との差は15ゲームと大きく開いていた(当時ジャイアンツは名将ジョン・マグローの下、ブレーブスに代わってナ・リーグで圧倒的強さを誇っていた)が、ブレーブスはここから快進撃をみせ、68勝19敗という驚異的な勝率で勝ち上がり、終わってみれば94勝59敗で、2位ジャイアンツに10.5ゲーム差という大差をつけてリーグ優勝を果たしたのだった。初出場となったワールドシリーズでは、フィラデルフィア・アスレチックス(現・オークランド・アスレチックス)と対戦。アスレチックスは前年のワールドシリーズを制しており、アスレチックス有利という下馬評だったが、ワールドシリーズ初の4連勝で制し、初のワールドチャンピオンに輝いた。この年のブレーブスの躍進は「ミラクル・ブレーブス」と呼ばれ、球史に名を残すこととなった。アトランタ・ブレーブス フレッシュアイペディアより)

  • アトランタ・ブレーブス

    アトランタ・ブレーブスから見たニューヨーク・ヤンキース

    地元意識の強い国民性のため、「北のニューヨーク・ヤンキース、南のアトランタ・ブレーブス」とライバル視され語られることも多いが、「アメリカンリーグではヤンキース、ナショナルリーグではブレーブス」と両方を贔屓にするファンも数多くいる。アトランタ・ブレーブス フレッシュアイペディアより)

  • アトランタ・ブレーブス

    アトランタ・ブレーブスから見たタイム・ワーナー

    ターナー・フィールドの項でも触れているが、かつてはターナー・ブロードキャスティング・システム(TBS)がオーナー企業だった。1996年、TBSはアメリカ国内の巨大メディアグループであるタイム・ワーナーに買収された。地元ジョージア州を中心としたアメリカ南東部で高い人気を誇るとともに、TBSを中心とした主催試合の全国放送が多く(その代わり、TBSはブレーブスに対する放映権料とは別にMLBに対していわゆる「スーパーステーション税」を支払っていた)一般での認知度が高い、MLBで最も人気のある球団の1つである。TBSが2008年シーズンからMLBのレギュラーシーズン全国放送を行うため(メジャーリーグベースボールの項参照)、ブレーブス戦の放送はTBSが運営するアトランタの地上波局WPCH-TVに移行する。アトランタ・ブレーブス フレッシュアイペディアより)

  • アトランタ・ブレーブス

    アトランタ・ブレーブスから見たジャスティン・アップトン

    2013年は得点力不足解消の為、タンパベイ・レイズから兄B.J.、アリゾナ・ダイヤモンドバックスから弟ジャスティンのアップトン兄弟を獲得した。怪我人が続出し、苦しいシーズンだったが若手の台頭もあり、8年ぶりの地区優勝を果たした。11月10日、新築される総工費6億7200万ドルのサントラスト・パークに、2017年シーズンから本拠地を移転すると発表した。アトランタ・ブレーブス フレッシュアイペディアより)

  • アトランタ・ブレーブス

    アトランタ・ブレーブスから見たグレッグ・マダックス

    1966年にアトランタに移転し、再び長い低迷期に入るものの1991年に復活。ボビー・コックス監督の下、グレッグ・マダックス、トム・グラビン、ジョン・スモルツの先発三本柱を中心に黄金時代を築く。1991年から2005年まで、14年連続(ストでシーズンが打ち切りとなった1994年を除く)の地区優勝を遂げる。ポストシーズンには弱く、同地区のフロリダ・マーリンズがこの間に1997年、2003年といずれもワイルドカードで出場し、共にワールドシリーズ優勝に輝いたのとは対照的に、リーグ優勝は1991年・1992年・1995年・1996年・1999年の5回ありながら、ワールドシリーズ優勝は1995年の1回のみであった。アトランタ・ブレーブス フレッシュアイペディアより)

  • アトランタ・ブレーブス

    アトランタ・ブレーブスから見たトム・グラビン

    1966年にアトランタに移転し、再び長い低迷期に入るものの1991年に復活。ボビー・コックス監督の下、グレッグ・マダックス、トム・グラビン、ジョン・スモルツの先発三本柱を中心に黄金時代を築く。1991年から2005年まで、14年連続(ストでシーズンが打ち切りとなった1994年を除く)の地区優勝を遂げる。ポストシーズンには弱く、同地区のフロリダ・マーリンズがこの間に1997年、2003年といずれもワイルドカードで出場し、共にワールドシリーズ優勝に輝いたのとは対照的に、リーグ優勝は1991年・1992年・1995年・1996年・1999年の5回ありながら、ワールドシリーズ優勝は1995年の1回のみであった。アトランタ・ブレーブス フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
129件中 1 - 10件表示

「アトランタ・ブレーブス」のニューストピックワード