2 3 4 5 6 7 8 9 10 11
103件中 91 - 100件表示
  • アトランタ・ブレーブス

    アトランタ・ブレーブスから見たリーグチャンピオンシップシリーズ

    アトランタに移籍した初年度こそ、観客動員は153万人を記録するなど、まずまずの人気を誇った。チームの下位低迷が続くと、こちらでも徐々に人気は下落した。同年にはNFLのアトランタ・ファルコンズも誕生し、絶大な人気を誇っていたのとは対照的だった。1969年、東西地区制となり、ブレーブスは西地区に在籍する。この年にはナックルボールで知られるフィル・ニークロ、44本塁打を記録したアーロンらの活躍で、初の地区優勝を果たした。リーグ優勝決定シリーズでは、「ミラクル・メッツ」と呼ばれ、快進撃を続けていたニューヨーク・メッツにあっさりと3連敗し、リーグ優勝を逃している。アトランタ・ブレーブス フレッシュアイペディアより)

  • アトランタ・ブレーブス

    アトランタ・ブレーブスから見たブレーブス・フィールド

    この年のワールドシリーズはレッドソックスの本拠地球場であるフェンウェイ・パークで行われている。これはブレーブス本拠地球場であるサウス・エンド・グラウンズがシリーズを開催するには小さすぎるということがあり、代替球場として同じボストンにあるフェンウェイ・パークが選ばれている。その後、ブレーブスのワールドシリーズ制覇に気をよくしたオーナーのジェームス・ガフニーによって、ブレーブスにも新球場であるブレーブス・フィールドが建設されることとなり、新球場が完成する1915年のシーズン途中まで、再びフェンウェイ・パークを間借りしている。アトランタ・ブレーブス フレッシュアイペディアより)

  • アトランタ・ブレーブス

    アトランタ・ブレーブスから見たナショナルリーグ東地区

    アトランタ・ブレーブス(Atlanta Braves、略称:ATL)は、アメリカMLB、ナショナルリーグ東地区所属のプロ野球チーム。本拠地はジョージア州アトランタにあるターナー・フィールド。1871年にボストン・レッドストッキングスという名で創設された、MLB最古の球団。アトランタ・ブレーブス フレッシュアイペディアより)

  • アトランタ・ブレーブス

    アトランタ・ブレーブスから見たアトランタ (ジョージア州)

    アトランタ・ブレーブス(Atlanta Braves、略称:ATL)は、アメリカMLB、ナショナルリーグ東地区所属のプロ野球チーム。本拠地はジョージア州アトランタにあるターナー・フィールド。1871年にボストン・レッドストッキングスという名で創設された、MLB最古の球団。アトランタ・ブレーブス フレッシュアイペディアより)

  • アトランタ・ブレーブス

    アトランタ・ブレーブスから見た打点王

    1959年はロサンゼルス・ドジャースと同率首位に並び、3試合のプレーオフを行ったが、2連敗でリーグ3連覇を逸した。1960年代に入ると徐々にチームは低迷し、それと共に客足も鈍くなった。その間にはスパーンが13度目の20勝、アーロンが本塁打王や打点王を獲得するなど、選手の活躍は相変わらずだったが、個人の成績とは裏腹にリーグ優勝には届かなかった。1965年には観客数が55万人まで落ち込み、球団は球場賃貸契約の終了と共にアトランタへの移転を決定した。アトランタ・ブレーブス フレッシュアイペディアより)

  • アトランタ・ブレーブス

    アトランタ・ブレーブスから見た1996年のワールドシリーズ

    1994年、2地区制から3地区制となり、ブレーブスは東地区所属となった。この年はストライキの影響でシーズンが中断され、2位でシーズンを終えている。1995年は先発三本柱がフル稼働し、新人でもチッパー・ジョーンズが台頭したことで、2位のメッツに21ゲーム差をつける大差で地区優勝を果たした。リーグ優勝決定シリーズでは、シンシナティ・レッズを3勝1敗で下すと、ワールドシリーズでは、こちらも圧倒的な強さで優勝したインディアンスを4勝2敗で破り、1957年以来となるワールドチャンピオンに輝いた。1996年は先発三本柱の中でもスモルツの活躍が大きく、24勝8敗・276奪三振でサイ・ヤング賞を獲得している。リーグ優勝も果たしたが、ワールドシリーズではヤンキースに2勝4敗で敗れている。アトランタ・ブレーブス フレッシュアイペディアより)

  • アトランタ・ブレーブス

    アトランタ・ブレーブスから見た1995年のワールドシリーズ

    1994年、2地区制から3地区制となり、ブレーブスは東地区所属となった。この年はストライキの影響でシーズンが中断され、2位でシーズンを終えている。1995年は先発三本柱がフル稼働し、新人でもチッパー・ジョーンズが台頭したことで、2位のメッツに21ゲーム差をつける大差で地区優勝を果たした。リーグ優勝決定シリーズでは、シンシナティ・レッズを3勝1敗で下すと、ワールドシリーズでは、こちらも圧倒的な強さで優勝したインディアンスを4勝2敗で破り、1957年以来となるワールドチャンピオンに輝いた。1996年は先発三本柱の中でもスモルツの活躍が大きく、24勝8敗・276奪三振でサイ・ヤング賞を獲得している。リーグ優勝も果たしたが、ワールドシリーズではヤンキースに2勝4敗で敗れている。アトランタ・ブレーブス フレッシュアイペディアより)

  • アトランタ・ブレーブス

    アトランタ・ブレーブスから見た全米プロ野球選手協会

    全米初のプロ野球チームであったシンシナティ・レッドストッキングスは、選手への報酬が負担となって1870年に解体されるが、当時の監督ハリー・ライトら数人の選手は、スポーツに理解のあったボストンの実業家アイバース・ホイットニー・アダムスの誘いでボストンに赴くことになる。1871年1月、アダムスの出資の元でボストンを本拠地としたボストン・レッドストッキングスが創設され、2ヶ月後に創立された全米初のプロ野球リーグであるナショナル・アソシエーションに加盟した。初年度は3位に終わったが、翌1872年から1875年まで4連覇を果たした。なお、同リーグに加盟したチームは9つあり、その中には現在も残るレッドストッキングス(現:ブレーブス)の他にシカゴ・ホワイトストッキングス(現・シカゴ・カブス)もあった。アトランタ・ブレーブス フレッシュアイペディアより)

  • アトランタ・ブレーブス

    アトランタ・ブレーブスから見た1957年のワールドシリーズ

    元々、野球熱は高かったが、MLB球団がなかったミルウォーキー(現・ボルチモア・オリオールズが当初ミルウォーキーを本拠地としていたが、1年で移転した)で、ブレーブス(ミルウォーキーを本拠地とした経験のある球団はブルワーズを名乗ることが多かったが、当球団はブレーブスの愛称のまま活動した)は熱烈な歓迎を受けた。移籍初年度の1953年、新球場であるカウンティ・スタジアムでは、182万人という当時のナ・リーグ史上最多となる観客動員を記録し、その勢いに乗ってチームもリーグ2位に浮上した。この年にはエディ・マシューズが本塁打王を獲得し、1954年にはボストン時代にスカウトしたハンク・アーロンがメジャーデビューするなど、この2人を中心とした新たなスター選手の台頭も重なることとなった。1954年から4シーズン続けて観客数は200万人を超え、1957年には移転後初のリーグ優勝を果たした。ワールドシリーズではケーシー・ステンゲル率いるヤンキースとの激戦を制し、4勝3敗で43年ぶりのワールドチャンピオンに輝いた。1958年にもリーグ優勝を果たし、ワールドシリーズでは再度ヤンキースと対戦したが、今度は3勝4敗で敗れた。アトランタ・ブレーブス フレッシュアイペディアより)

  • アトランタ・ブレーブス

    アトランタ・ブレーブスから見たゼネラル・マネージャー

    1990年のシーズン途中、GMを務めていたボビー・コックスがGM兼任監督に就任する。コックスはベテランのマーフィーを放出すると、代わりに新人のデービッド・ジャスティスをレギュラーに定着させ、この年の新人王獲得の活躍を引き出す。1991年、コックスは監督専任となり、カージナルスから獲得したテリー・ペンドルトンが首位打者とMVPを獲得する活躍をみせ、投手陣でもトム・グラビンがサイ・ヤング賞を獲得、ジョン・スモルツ、スティーブ・エイベリーといった若手選手も台頭したことで、MLB史上初となる前年最下位からの地区優勝を果たした。リーグ優勝決定シリーズでもピッツバーグ・パイレーツを下し、ブレーブスとしては33年ぶり、アトランタに移転して初のリーグ優勝を果たした。ワールドシリーズでは、これまた前年最下位だったミネソタ・ツインズと対戦し、史上初の前年最下位チーム同士のワールドシリーズとなった。このシリーズは球史に残る激戦となり、延長戦3試合、サヨナラ試合4試合という戦いの末、3勝4敗で敗れた。アトランタ・ブレーブス フレッシュアイペディアより)

2 3 4 5 6 7 8 9 10 11
103件中 91 - 100件表示

「アトランタ・ブレーブス」のニューストピックワード