103件中 51 - 60件表示
  • アトランタ・ブレーブス

    アトランタ・ブレーブスから見たオークランド・アスレチックス

    転機となったのは1913年、名将として知られていたジョージ・スターリングの監督就任である。1913年に5位に浮上したブレーブスだが、1914年は開幕当初に4勝18敗と散々な成績で下位に低迷していた。7月4日の段階で26勝40敗となり、首位であるニューヨーク・ジャイアンツ(現・サンフランシスコ・ジャイアンツ)との差は15ゲームと大きく開いていた(当時ジャイアンツは名将ジョン・マグローの下、ブレーブスに代わってナ・リーグで圧倒的強さを誇っていた)が、ブレーブスはここから快進撃をみせ、68勝19敗という驚異的な勝率で勝ち上がり、終わってみれば94勝59敗で、2位ジャイアンツに10.5ゲーム差という大差をつけてリーグ優勝を果たしたのだった。初出場となったワールドシリーズでは、フィラデルフィア・アスレチックス(現・オークランド・アスレチックス)と対戦。アスレチックスは前年のワールドシリーズを制しており、アスレチックス有利という下馬評だったが、ワールドシリーズ初の4連勝で制し、初のワールドチャンピオンに輝いた。この年のブレーブスの躍進は「ミラクル・ブレーブス」と呼ばれ、球史に名を残すこととなった。アトランタ・ブレーブス フレッシュアイペディアより)

  • アトランタ・ブレーブス

    アトランタ・ブレーブスから見たピッツバーグ・パイレーツ

    1990年のシーズン途中、GMを務めていたボビー・コックスがGM兼任監督に就任する。コックスはベテランのマーフィーを放出すると、代わりに新人のデービッド・ジャスティスをレギュラーに定着させ、この年の新人王獲得の活躍を引き出す。1991年、コックスは監督専任となり、カージナルスから獲得したテリー・ペンドルトンが首位打者とMVPを獲得する活躍をみせ、投手陣でもトム・グラビンがサイ・ヤング賞を獲得、ジョン・スモルツ、スティーブ・エイベリーといった若手選手も台頭したことで、MLB史上初となる前年最下位からの地区優勝を果たした。リーグ優勝決定シリーズでもピッツバーグ・パイレーツを下し、ブレーブスとしては33年ぶり、アトランタに移転して初のリーグ優勝を果たした。ワールドシリーズでは、これまた前年最下位だったミネソタ・ツインズと対戦し、史上初の前年最下位チーム同士のワールドシリーズとなった。このシリーズは球史に残る激戦となり、延長戦3試合、サヨナラ試合4試合という戦いの末、3勝4敗で敗れた。アトランタ・ブレーブス フレッシュアイペディアより)

  • アトランタ・ブレーブス

    アトランタ・ブレーブスから見たNFL

    アトランタに移籍した初年度こそ、観客動員は153万人を記録するなど、まずまずの人気を誇った。チームの下位低迷が続くと、こちらでも徐々に人気は下落した。同年にはNFLのアトランタ・ファルコンズも誕生し、絶大な人気を誇っていたのとは対照的だった。1969年、東西地区制となり、ブレーブスは西地区に在籍する。この年にはナックルボールで知られるフィル・ニークロ、44本塁打を記録したアーロンらの活躍で、初の地区優勝を果たした。リーグ優勝決定シリーズでは、「ミラクル・メッツ」と呼ばれ、快進撃を続けていたニューヨーク・メッツにあっさりと3連敗し、リーグ優勝を逃している。アトランタ・ブレーブス フレッシュアイペディアより)

  • アトランタ・ブレーブス

    アトランタ・ブレーブスから見たニューヨーク・メッツ

    アトランタに移籍した初年度こそ、観客動員は153万人を記録するなど、まずまずの人気を誇った。チームの下位低迷が続くと、こちらでも徐々に人気は下落した。同年にはNFLのアトランタ・ファルコンズも誕生し、絶大な人気を誇っていたのとは対照的だった。1969年、東西地区制となり、ブレーブスは西地区に在籍する。この年にはナックルボールで知られるフィル・ニークロ、44本塁打を記録したアーロンらの活躍で、初の地区優勝を果たした。リーグ優勝決定シリーズでは、「ミラクル・メッツ」と呼ばれ、快進撃を続けていたニューヨーク・メッツにあっさりと3連敗し、リーグ優勝を逃している。アトランタ・ブレーブス フレッシュアイペディアより)

  • アトランタ・ブレーブス

    アトランタ・ブレーブスから見たシンシナティ・レッズ

    1994年、2地区制から3地区制となり、ブレーブスは東地区所属となった。この年はストライキの影響でシーズンが中断され、2位でシーズンを終えている。1995年は先発三本柱がフル稼働し、新人でもチッパー・ジョーンズが台頭したことで、2位のメッツに21ゲーム差をつける大差で地区優勝を果たした。リーグ優勝決定シリーズでは、シンシナティ・レッズを3勝1敗で下すと、ワールドシリーズでは、こちらも圧倒的な強さで優勝したインディアンスを4勝2敗で破り、1957年以来となるワールドチャンピオンに輝いた。1996年は先発三本柱の中でもスモルツの活躍が大きく、24勝8敗・276奪三振でサイ・ヤング賞を獲得している。リーグ優勝も果たしたが、ワールドシリーズではヤンキースに2勝4敗で敗れている。アトランタ・ブレーブス フレッシュアイペディアより)

  • アトランタ・ブレーブス

    アトランタ・ブレーブスから見たクリーブランド・インディアンス

    1948年にはスパーンとセインの2人で39勝という大車輪の活躍で、「Spahn and Sain and pray for rain.(スパーンとセインで勝ったら、あとは雨を祈れ)」という名文句が生まれる程だった。この年、91勝62敗という成績で、24年ぶりとなるリーグ優勝を果たした。ワールドシリーズではクリーブランド・インディアンスと対戦し、どちらのチームも久々のワールドシリーズ出場という顔合わせになったが、2勝4敗で敗れた。その後は優勝とは縁がなくなり、久々のリーグ優勝で一時的に増加した観客数も激減。1952年に観客数が28万人まで減少したところで、ミルウォーキーへの移転が決定し、慣れ親しんだボストンを離れることとなった。アトランタ・ブレーブス フレッシュアイペディアより)

  • アトランタ・ブレーブス

    アトランタ・ブレーブスから見たサンディエゴ・パドレス

    1997年には新球場のターナー・フィールドが開場。チームも当然のように地区優勝を果たすが、ワイルドカードを獲得したフロリダ・マーリンズに破れ、リーグ優勝はならなかった。1998年もリーグ優勝決定シリーズでサンディエゴ・パドレスに敗れてしまう。2年連続でリーグ優勝を逃し、雪辱に燃える1999年にはワイルドカードを獲得したメッツを下し、3年ぶりのリーグ優勝を果たすものの、再びヤンキースとの対戦となったワールドシリーズでは手も足も出ず4連敗で終わった。アトランタ・ブレーブス フレッシュアイペディアより)

  • アトランタ・ブレーブス

    アトランタ・ブレーブスから見たアイバース・ホイットニー・アダムス

    全米初のプロ野球チームであったシンシナティ・レッドストッキングスは、選手への報酬が負担となって1870年に解体されるが、当時の監督ハリー・ライトら数人の選手は、スポーツに理解のあったボストンの実業家アイバース・ホイットニー・アダムスの誘いでボストンに赴くことになる。1871年1月、アダムスの出資の元でボストンを本拠地としたボストン・レッドストッキングスが創設され、2ヶ月後に創立された全米初のプロ野球リーグであるナショナル・アソシエーションに加盟した。初年度は3位に終わったが、翌1872年から1875年まで4連覇を果たした。なお、同リーグに加盟したチームは9つあり、その中には現在も残るレッドストッキングス(現:ブレーブス)の他にシカゴ・ホワイトストッキングス(現・シカゴ・カブス)もあった。アトランタ・ブレーブス フレッシュアイペディアより)

  • アトランタ・ブレーブス

    アトランタ・ブレーブスから見たミネソタ・ツインズ

    1990年のシーズン途中、GMを務めていたボビー・コックスがGM兼任監督に就任する。コックスはベテランのマーフィーを放出すると、代わりに新人のデービッド・ジャスティスをレギュラーに定着させ、この年の新人王獲得の活躍を引き出す。1991年、コックスは監督専任となり、カージナルスから獲得したテリー・ペンドルトンが首位打者とMVPを獲得する活躍をみせ、投手陣でもトム・グラビンがサイ・ヤング賞を獲得、ジョン・スモルツ、スティーブ・エイベリーといった若手選手も台頭したことで、MLB史上初となる前年最下位からの地区優勝を果たした。リーグ優勝決定シリーズでもピッツバーグ・パイレーツを下し、ブレーブスとしては33年ぶり、アトランタに移転して初のリーグ優勝を果たした。ワールドシリーズでは、これまた前年最下位だったミネソタ・ツインズと対戦し、史上初の前年最下位チーム同士のワールドシリーズとなった。このシリーズは球史に残る激戦となり、延長戦3試合、サヨナラ試合4試合という戦いの末、3勝4敗で敗れた。アトランタ・ブレーブス フレッシュアイペディアより)

  • アトランタ・ブレーブス

    アトランタ・ブレーブスから見た東京ヤクルトスワローズ

    アーロンの記録達成後はこれといった話題もなく、チームの低迷と相まって人気はますます落ち込んでいった。1976年にはターナー・ブロードキャスティング・システムがチームを買収。1976年のシーズン途中には、チームの低迷に業を煮やしたオーナーのテッド・ターナーが自ら監督を務め、1試合限りで退任させられる珍事もあった。1980年代に入ると、ニークロやデール・マーフィー、日本プロ野球のヤクルトスワローズにも在籍したボブ・ホーナーといった選手がチームを支えた。1982年にはジョー・トーリ監督の下、久々の地区優勝を果たすが、セントルイス・カージナルスに3連敗し、リーグ優勝はならなかった。その後、上記の選手も次々と退団し、1988年から1990年には3年連続地区最下位に沈むなど、まさに暗黒時代を迎えていた。アトランタ・ブレーブス フレッシュアイペディアより)

103件中 51 - 60件表示

「アトランタ・ブレーブス」のニューストピックワード