129件中 81 - 90件表示
  • アトランタ・ブレーブス

    アトランタ・ブレーブスから見たボルチモア・オリオールズ

    元々、野球熱は高かったが、MLB球団がなかったミルウォーキー(現・ボルチモア・オリオールズが当初ミルウォーキーを本拠地としていたが、1年で移転した)で、ブレーブス(ミルウォーキーを本拠地とした経験のある球団はブルワーズを名乗ることが多かったが、当球団はブレーブスの愛称のまま活動した)は熱烈な歓迎を受けた。移籍初年度の1953年、新球場であるカウンティ・スタジアムでは、182万人という当時のナ・リーグ史上最多となる観客動員を記録し、その勢いに乗ってチームもリーグ2位に浮上した。この年にはエディ・マシューズが本塁打王を獲得し、1954年にはボストン時代にスカウトしたハンク・アーロンがメジャーデビューするなど、この2人を中心とした新たなスター選手の台頭も重なることとなった。1954年から4シーズン続けて観客数は200万人を超え、1957年には移転後初のリーグ優勝を果たした。ワールドシリーズではケーシー・ステンゲル率いるヤンキースとの激戦を制し、4勝3敗で43年ぶりのワールドチャンピオンに輝いた。1958年にもリーグ優勝を果たし、ワールドシリーズでは再度ヤンキースと対戦したが、今度は3勝4敗で敗れた。アトランタ・ブレーブス フレッシュアイペディアより)

  • アトランタ・ブレーブス

    アトランタ・ブレーブスから見たワールドシリーズ

    1871年にボストン・レッドストッキングスとして創立され、1876年のナショナルリーグ創設に参加したMLB最古の球団である。創設当時加入した8球団のうち、現在も残っているのはレッドストッキングス(現・ブレーブス)とシカゴ・ホワイトストッキングス(現・シカゴ・カブス)の二つ。1898年までに8度のリーグ優勝を遂げた。1912年、ボストン・ブレーブスに球団名を変更。1914年にワールドシリーズ初制覇を果たした。アトランタ・ブレーブス フレッシュアイペディアより)

  • アトランタ・ブレーブス

    アトランタ・ブレーブスから見たワシントン・ナショナルズ

    2012年は、3月にジョーンズがこのシーズン限りで引退を表明。自慢の投手陣を軸に地区優勝はワシントン・ナショナルズにさらわれたものの、ワイルドカードで2年ぶりのポストシーズン進出を果たした。ポストシーズンでは同年から新設されたワイルドカードゲームでセントルイス・カージナルスと対戦したが3対6で敗れ、ディビジョンシリーズ進出はならなかった。アトランタ・ブレーブス フレッシュアイペディアより)

  • アトランタ・ブレーブス

    アトランタ・ブレーブスから見たアトランタ・ファルコンズ

    アトランタに移籍した初年度こそ、観客動員は153万人を記録するなど、まずまずの人気を誇った。チームの下位低迷が続くと、こちらでも徐々に人気は下落した。同年にはNFLのアトランタ・ファルコンズも誕生し、絶大な人気を誇っていたのとは対照的だった。1969年、東西地区制となり、ブレーブスは西地区に在籍する。この年にはナックルボールで知られるフィル・ニークロ、44本塁打を記録したアーロンらの活躍で、初の地区優勝を果たした。リーグ優勝決定シリーズでは、「ミラクル・メッツ」と呼ばれ、快進撃を続けていたニューヨーク・メッツにあっさりと3連敗し、リーグ優勝を逃している。アトランタ・ブレーブス フレッシュアイペディアより)

  • アトランタ・ブレーブス

    アトランタ・ブレーブスから見たデトロイト・タイガース

    2016年は開幕9連敗でシーズン序盤からつまずいた。9勝28敗となった5月16日にはゴンザレス監督が解任され、三塁コーチのブライアン・スニッカーが監督代行に就任した。1990年以来26年ぶりの地区最下位でシーズンを終えたが、後半戦は37勝35敗と勝ち越した。10月2日のデトロイト・タイガースとのシーズン最終戦がターナーフィールドでの最後の試合となった。アトランタ・ブレーブス フレッシュアイペディアより)

  • アトランタ・ブレーブス

    アトランタ・ブレーブスから見たストライキ

    1966年にアトランタに移転し、再び長い低迷期に入るものの1991年に復活。ボビー・コックス監督の下、グレッグ・マダックス、トム・グラビン、ジョン・スモルツの先発三本柱を中心に黄金時代を築く。1991年から2005年まで、14年連続(ストでシーズンが打ち切りとなった1994年を除く)の地区優勝を遂げる。ポストシーズンには弱く、同地区のフロリダ・マーリンズがこの間に1997年、2003年といずれもワイルドカードで出場し、共にワールドシリーズ優勝に輝いたのとは対照的に、リーグ優勝は1991年・1992年・1995年・1996年・1999年の5回ありながら、ワールドシリーズ優勝は1995年の1回のみであった。アトランタ・ブレーブス フレッシュアイペディアより)

  • アトランタ・ブレーブス

    アトランタ・ブレーブスから見たリバティメディア

    2007年2月12日、タイム・ワーナーと同じくアメリカの巨大メディア企業であるリバティメディアとの間で、リバティメディアが保有するタイム・ワーナー株式とブレーブスを交換することで交渉が成立、同年5月16日に、オーナー会議でチーム譲渡が満場一致で承認された。評価額は4億5000万ドル(約545億円)。アトランタ・ブレーブス フレッシュアイペディアより)

  • アトランタ・ブレーブス

    アトランタ・ブレーブスから見たナショナルリーグ

    アトランタ・ブレーブス(、略称:ATL)は、メジャーリーグベースボール(以下、MLB)ナショナルリーグ東地区所属のプロ野球チーム。本拠地はジョージア州アトランタの郊外カンバーランドにあるサントラスト・パーク。1871年にボストン・レッドストッキングスという名で創設された。MLB最古の球団。アトランタ・ブレーブス フレッシュアイペディアより)

  • アトランタ・ブレーブス

    アトランタ・ブレーブスから見た首位打者 (MLB)

    1914年の躍進後、ブレーブスは再びリーグ優勝から遠ざかることとなる。1936年までに1915年と1916年、1932年と1933年の4シーズンを除いて、勝率5割を切るシーズンが続いた。レッドソックスがボストンのみならず、全米でも屈指の人気を誇るチームに成長するのとは対照的にブレーブスの人気は次第に下降し、本拠地球場のブレーブス・フィールドでは観客減に悩まされた。1923年からエミル・フックスがオーナーとなり、1928年にはロジャース・ホーンスビーをチームに招いた。ホーンスビーは首位打者を獲得するなど、額面どおりの活躍を見せたが、チームは低迷したままだった。この年のオフにはホーンスビーをカブスに1対5プラス20万ドルという当時としては破格のトレードで放出し、1929年にはフックス自らが監督を務めたが、状況は全く改善されなかった。元判事のこの人物は、アマチュア野球で捕手をやっていた程度の経験しか無かった。選手たちは監督の命令を無視し、コーチのジョニー・エバースの指示を仰いだ。ある時などエバースが「カウント2ボール1ストライクですが、どうしますか?」と聞くと、「ホームランを打つように言え」と返事をした。アトランタ・ブレーブス フレッシュアイペディアより)

  • アトランタ・ブレーブス

    アトランタ・ブレーブスから見たワイルドカード (スポーツ)

    1966年にアトランタに移転し、再び長い低迷期に入るものの1991年に復活。ボビー・コックス監督の下、グレッグ・マダックス、トム・グラビン、ジョン・スモルツの先発三本柱を中心に黄金時代を築く。1991年から2005年まで、14年連続(ストでシーズンが打ち切りとなった1994年を除く)の地区優勝を遂げる。ポストシーズンには弱く、同地区のフロリダ・マーリンズがこの間に1997年、2003年といずれもワイルドカードで出場し、共にワールドシリーズ優勝に輝いたのとは対照的に、リーグ優勝は1991年・1992年・1995年・1996年・1999年の5回ありながら、ワールドシリーズ優勝は1995年の1回のみであった。アトランタ・ブレーブス フレッシュアイペディアより)

129件中 81 - 90件表示

「アトランタ・ブレーブス」のニューストピックワード