前へ 1 2 3
28件中 1 - 10件表示
  • 第74回東京優駿

    第74回東京優駿から見たアドマイヤオーラアドマイヤオーラ

    同年の牡馬クラシック第1弾である皐月賞はヴィクトリーが優勝した。また前年のJRA賞最優秀2歳牝馬に輝き、桜花賞2着から牝馬としては1996年のビワハイジ以来の出走となるウオッカが参戦を表明していた。レース前の人気は前走の皐月賞で3着に敗退したとはいえ東京コース全勝で敗れた皐月賞でも見事な末脚を見せたフサイチホウオーが1番人気。また、武豊がレース直前にアドマイヤオーラの騎手を降板させられる(岩田康誠への乗り替わり、武は代わりにタスカータソルテに騎乗する)という事態が発生し、それまで蜜月だった馬主の近藤利一との決別が噂されるなど、波乱ムードが漂っていた。第74回東京優駿 フレッシュアイペディアより)

  • ビワハイジ

    ビワハイジから見たアドマイヤオーラアドマイヤオーラ

    第3子アドマイヤジャパンが京成杯を勝ち、クラシックでも皐月賞3着、菊花賞2着と好走、ディープインパクトのライバルとして活躍した。また、第4子アドマイヤオーラがシンザン記念と皐月賞トライアルの弥生賞を勝利した。さらに、第6子ブエナビスタは阪神ジュベナイルフィリーズ(旧・阪神3歳牝馬ステークス)を勝ち、母娘制覇を果たしている。後に桜花賞・オークスに勝利し、牝馬二冠も達成したほか、天皇賞(秋)やジャパンカップで牡馬相手に優勝した。ビワハイジ フレッシュアイペディアより)

  • ウオッカ

    ウオッカから見たアドマイヤオーラアドマイヤオーラ

    京都記念から始動。同世代のアドマイヤオーラが1番人気、ウオッカが2番人気に支持される均衡した評価の中レースが始まる。レースでは好スタートを決めるものの、直後にトウカイトリックに馬体をぶつけられた結果、外側によれて馬群からはやや置いて行かれた形となる。その後、向こう正面ではまたも折り合いを欠き、4角地点で最後方から3頭目の位置から伸びあぐね、最後の最後で鋭い末脚を繰り出すも、6着に敗れた。ウオッカ フレッシュアイペディアより)

  • 馬なり1ハロン劇場

    馬なり1ハロン劇場から見たアドマイヤオーラアドマイヤオーラ

    兄のダイワメジャーをからかうなど無邪気な性格。当初はアドマイヤオーラと仲が良く、いずれも母・スカーレットブーケに「同父の禁断の恋」と誤解されていた。ウオッカとはお互いを認め合う良きライバルであり、引退後もいっしょに新年会を開いて本音を語り合うなど親しく接している。馬なり1ハロン劇場 フレッシュアイペディアより)

  • ココナッツパンチ

    ココナッツパンチから見たアドマイヤオーラアドマイヤオーラ

    2007年2月11日、東京芝1600mの新馬戦でデビューし1番人気で快勝。続く3月4日の弥生賞ではアドマイヤオーラの2着に入り皐月賞の優先出走権を獲得した。そして参戦した4月15日の皐月賞は前走で垣間見せたレースセンスから4番人気に推されるも、大幅な馬体重の減少などキャリアの浅さを見せ9着。その後トライアルには使わずに馬体回復のため短期放牧をはさんで東京優駿(日本ダービー)に向かうも除外されてしまう。仕方なく東京優駿(日本ダービー)と同日(5月27日)に行われた目黒記念に出走し、51kgという軽ハンデに恵まれ古馬との初対決で2着と健闘した。しかし、目黒記念の翌日に左後肢の管骨(第3中足骨)に骨折が判明し休養に入った。ココナッツパンチ フレッシュアイペディアより)

  • 東 奈緒美

    東奈緒美から見たアドマイヤオーラアドマイヤオーラ

    2009年1月4日の中山金杯で3着だったミヤビランベリの複勝(11番人気990円)を的中。その翌日2009年1月5日に行われた京都金杯では3連単43690円の万馬券を的中。1着のタマモサポート(7番人気)、2着のマルカシェンク(3番人気)、3着のファリダット(2番人気)、4着のアドマイヤオーラ(1番人気)という、結果1?4着までに入った4頭の3連単ボックス馬券で万馬券を的中してみせた。東奈緒美 フレッシュアイペディアより)

  • 第67回皐月賞

    第67回皐月賞から見たアドマイヤオーラアドマイヤオーラ

    1番人気はアドマイヤオーラ(弥生賞優勝)。2番人気はデビュー4連勝中のフサイチホウオー、3番人気はドリームジャーニー、ココナッツパンチ、ナムラマース(毎日杯優勝)と続いた。第67回皐月賞 フレッシュアイペディアより)

  • アドマイヤキッス

    アドマイヤキッスから見たアドマイヤオーラアドマイヤオーラ

    年が明け、古馬となった4歳シーズンは追い込んでは届かずのレースが続き、7戦して最高着順は府中牝馬ステークスと連覇を狙った愛知杯の3着が最高という成績だった。さらに、アドマイヤオーラの問題も有り武豊が鞍上から降ろされてしまう。しかし2008年初戦の京都牝馬ステークスで差し切り勝ちを収め、1年2ヶ月振りに重賞4勝目をあげた。なお、この勝利はサンデーサイレンス産駒のJRA通算2700勝、安藤勝己のJRA通算800勝と記念の勝利であった。アドマイヤキッス フレッシュアイペディアより)

  • 松田博資

    松田博資から見たアドマイヤオーラアドマイヤオーラ

    アドマイヤオーラ(2007年シンザン記念、弥生賞 2008年京都記念)松田博資 フレッシュアイペディアより)

  • 馬インフルエンザ

    馬インフルエンザから見たアドマイヤオーラアドマイヤオーラ

    2008年、3月に行われるドバイミーティングへの選出馬となった7頭が1月31日に発表されたが条件付での遠征となる。条件の詳細は2月1日に発表され、日本とアラブ首長国連邦(UAE)間によって決まった条件は、(1)出国5日以内に馬インフルエンザ検査を行い陰性であること、(2)出国前21日間、馬インフルエンザの発生がない施設にいること、(3)アラブ首長国連邦が要求する方法で馬インフルエンザワクチンが接種されていること、の3つの条件を満たさなければ遠征及び出走はできないことになる。検疫期間自体は通常の5日間で、輸出検査は指定された競馬場の国際厩舎となるため、出走馬は(2)の条件を満たして3月は非開催の京都競馬場で調整されることになる。後に4頭が追加選出され、最終的に遠征を敢行したのはイイデケンシン、アドマイヤオーラ、ウオッカ、ヴァーミリアンの4頭となった。馬インフルエンザ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3
28件中 1 - 10件表示

「アドマイヤオーラ」のニューストピックワード