28件中 11 - 20件表示
  • アーキペンコ

    アーキペンコから見たアドマイヤオーラアドマイヤオーラ

    古馬となっての2戦目のアル・ファヒディ・フォート(G2)を制して久々に勝利を挙げると、続くドバイデューティーフリーで3着(日本調教馬のウオッカ、アドマイヤオーラに先着)と善戦した。その後は香港へ転戦し、クイーンエリザベス2世カップを制してG1競走初勝利を挙げた。続いてアーリントンミリオンステークスに出走するも2着とG1連勝はならなかった。アーキペンコ フレッシュアイペディアより)

  • ダルジナ

    ダルジナから見たアドマイヤオーラアドマイヤオーラ

    2008年のドバイデューティーフリーに一次登録を行い、3月29日に行われる同レースに出走した。レースでは、ロスの少ない内側から一度は抜けて先頭に立ち、そのまま押し切ると思われたが、逃げたジェイペグの二の脚にゴール前で捕まえられて2着と惜敗。しかし、同じ四歳牝馬のウオッカやフィンシャルベオらや、牡馬のリテラトやアドマイヤオーラには先着した。ダルジナ フレッシュアイペディアより)

  • トーセンレーヴ

    トーセンレーヴから見たアドマイヤオーラアドマイヤオーラ

    母・ビワハイジは阪神3歳牝馬ステークス優勝など重賞3勝。半兄にアドマイヤジャパン、アドマイヤオーラ、半姉にブエナビスタ、全妹にジョワドヴィーヴルがいる。トーセンレーヴ フレッシュアイペディアより)

  • ドリームジャーニー

    ドリームジャーニーから見たアドマイヤオーラアドマイヤオーラ

    3歳の初戦は弥生賞から。シンザン記念を勝ったアドマイヤオーラに続く2番人気になった。レースは中団から進み、最後の直線で伸びてくるも、進路を妨害される不利を受けたことも影響し、3着に敗れた。皐月賞では8着に敗れ、続く第74回東京優駿では、直線で鋭い伸び脚を見せたものの5着に敗れ、休養に入った。ドリームジャーニー フレッシュアイペディアより)

  • フサイチホウオー

    フサイチホウオーから見たアドマイヤオーラアドマイヤオーラ

    2007年は共同通信杯から始動、ダイレクトキャッチをクビ差振り切って優勝し、無敗で重賞を3連勝するとともに、共同通信杯の親子制覇を達成した。その後の皐月賞では、父と同じ1番枠からのスタート。父のように出遅れることは無かったが、後方待機の競馬を強いられ1番人気のアドマイヤオーラと互いに牽制し合っている間にマイペースで逃げたヴィクトリーとサンツェッペリンを、最後の直線で追い込むがとらえ切れず、父と同じ3着と初めて土をつけられた。また、皐月賞ではデビュー以来初の2番人気で、これも父と全く同じであった。フサイチホウオー フレッシュアイペディアより)

  • オパールカップ

    オパールカップから見たアドマイヤオーラアドマイヤオーラ

    本競走は2008年からスタリオンシリーズ競走に指定されており、2012年は「アドマイヤオーラ賞」として優勝馬の馬主に副賞として種牡馬の配合権利が贈られる。オパールカップ フレッシュアイペディアより)

  • ヴィクトリー (競走馬)

    ヴィクトリー (競走馬)から見たアドマイヤオーラアドマイヤオーラ

    迎えた皐月賞当日、弥生賞優勝馬アドマイヤオーラや、デビュー以来4戦4勝・重賞3勝で無敗のフサイチホウオーなどの重賞優勝馬が人気を集め、ヴィクトリーはトライアルを1番人気で制したにも関わらず7番人気と低評価であった。レースでは2コーナーあたりからハナを奪うと、2番手のサンツェッペリンとともにペースを落とし、レースの主導権を掴んで進めた。そして最後の直線では、互いに牽制し合って仕掛けが遅れたフサイチホウオーやアドマイヤオーラを尻目に、サンツェッペリンとの叩き合いを制し、ゴール直前ようやく追い込んできたフサイチホウオーの追撃も凌いでゴール、皐月賞を勝利した。鞍上の田中勝春は初騎乗であったが、馬の行く気を損ねずに先行し、折り合いをつけて自分のペースに持ち込んだ好騎乗が光った。また、田中はこの勝利で自身の中央競馬JpnI(GI)連敗記録「139」をストップさせた。なお、このレースの配当は、最後まで先頭争いをしたサンツェッペリン(15番人気)が2着に入り、3連単では1,623,250円を記録するなど高配当となった。ヴィクトリー (競走馬) フレッシュアイペディアより)

  • アドマイヤフジ

    アドマイヤフジから見たアドマイヤオーラアドマイヤオーラ

    その後国内のG1レースでは賞金の不足が見込まれたことから、一旦は第1希望香港ヴァーズ、第2希望香港カップにそれぞれ予備登録を行い海外遠征を目指した。しかしこれも馬インフルエンザの余波で調整が難航し、回避することになる。調整自体はその後も順調に続けられ、年末には鳴尾記念に出走。5番人気だったが、初騎乗の川田将雅の手綱に導かれ、同馬主のアドマイヤオーラと同着の3着となった。その後第52回有馬記念に登録を行っていたが、回避している。アドマイヤフジ フレッシュアイペディアより)

  • ブエナビスタ (競走馬)

    ブエナビスタ (競走馬)から見たアドマイヤオーラアドマイヤオーラ

    母・ビワハイジは阪神3歳牝馬ステークス優勝など重賞3勝。半兄にアドマイヤジャパン、アドマイヤオーラ、半弟にトーセンレーヴ、半妹にジョワドヴィーヴルがいる。ブエナビスタ (競走馬) フレッシュアイペディアより)

  • ダイワスカーレット

    ダイワスカーレットから見たアドマイヤオーラアドマイヤオーラ

    デビューは2006年11月19日、京都競馬場第5競走の新馬戦(芝2000m)で安藤勝己を鞍上に先行策からほぼ馬なりで快勝した。安藤勝己は以後全レースで騎乗することになる。なお同日のメインレースのマイルチャンピオンシップでは半兄のダイワメジャーが優勝し、兄妹同日勝利を挙げ話題になった。続く中京2歳ステークスでは同じく先行策から評判馬アドマイヤオーラの追撃を余裕を残して封じ、デビュー2連勝を飾った。ダイワスカーレット フレッシュアイペディアより)

28件中 11 - 20件表示

「アドマイヤオーラ」のニューストピックワード