28件中 11 - 20件表示
  • アドマイヤキッス

    アドマイヤキッスから見たアドマイヤオーラアドマイヤオーラ

    年が明け、古馬となった4歳シーズンは追い込んでは届かずのレースが続き、7戦して最高着順は府中牝馬ステークスと連覇を狙った愛知杯の3着が最高という成績だった。さらに、アドマイヤオーラの問題も有り武豊が鞍上から降ろされてしまう。しかし2008年初戦の京都牝馬ステークスで差し切り勝ちを収め、1年2ヶ月振りに重賞4勝目をあげた。なお、この勝利はサンデーサイレンス産駒のJRA通算2700勝、安藤勝己のJRA通算800勝と記念の勝利であった。アドマイヤキッス フレッシュアイペディアより)

  • サングレアル

    サングレアルから見たアドマイヤオーラアドマイヤオーラ

    母・ビワハイジは阪神3歳牝馬ステークス優勝など重賞3勝。半兄にアドマイヤジャパン、アドマイヤオーラ、半弟にトーセンレーヴ、半姉にブエナビスタ、ジョワドヴィーヴルがいる。サングレアル フレッシュアイペディアより)

  • 藤原英昭

    藤原英昭から見たアドマイヤオーラアドマイヤオーラ

    2007年の日本ダービーでは、前哨戦の京都新聞杯を岩田康誠騎乗で勝利したタスカータソルテに、武豊が騎乗した。これは、この年の有力馬であったアドマイヤオーラの陣営が、それまで主戦を務めていた武をダービーの1週前に降板させ、タスカータソルテに騎乗すると思われていた岩田に騎乗依頼を行ったことで、タスカータソルテの騎手と武の騎乗馬の双方が空白になってしまったためである。武はこのタスカータソルテの騎乗依頼を深く感謝していた。1藤原英昭 フレッシュアイペディアより)

  • アドマイヤフジ

    アドマイヤフジから見たアドマイヤオーラアドマイヤオーラ

    その後国内のG1レースでは賞金の不足が見込まれたことから、一旦は第1希望香港ヴァーズ、第2希望香港カップにそれぞれ予備登録を行い海外遠征を目指した。しかしこれも馬インフルエンザの余波で調整が難航し、回避することになる。調整自体はその後も順調に続けられ、年末には鳴尾記念に出走。5番人気だったが、初騎乗の川田将雅の手綱に導かれ、同馬主のアドマイヤオーラと同着の3着となった。その後第52回有馬記念に登録を行っていたが、回避している。アドマイヤフジ フレッシュアイペディアより)

  • 2010年の日本競馬

    2010年の日本競馬から見たアドマイヤオーラアドマイヤオーラ

    9月2日 - アドマイヤオーラ(2007年シンザン記念)2010年の日本競馬 フレッシュアイペディアより)

  • アプリコットフィズ

    アプリコットフィズから見たアドマイヤオーラアドマイヤオーラ

    近親には曾祖母Santa Lucianaを同じくするビワハイジ(阪神3歳牝馬ステークス)やその仔であるアドマイヤジャパン、アドマイヤオーラ、ブエナビスタ、トーセンレーヴ、ジョワドヴィーヴル、サングレアルがいる。アプリコットフィズ フレッシュアイペディアより)

  • トーセンレーヴ

    トーセンレーヴから見たアドマイヤオーラアドマイヤオーラ

    母・ビワハイジは阪神3歳牝馬ステークス優勝など重賞3勝。半兄にアドマイヤジャパン、アドマイヤオーラ、半姉にブエナビスタ、全妹にジョワドヴィーヴル、半妹にサングレアルがいる。トーセンレーヴ フレッシュアイペディアより)

  • 第67回皐月賞

    第67回皐月賞から見たアドマイヤオーラアドマイヤオーラ

    1番人気は弥生賞を勝ったアドマイヤオーラ。2番人気はラジオNIKKEI杯2歳ステークスを含む3つの重賞勝ちしてデビュー4連勝中のフサイチホウオー、3番人気は朝日杯フューチュリティステークス勝ちのドリームジャーニー、ココナッツパンチ、ナムラマース(毎日杯優勝)と続いた。第67回皐月賞 フレッシュアイペディアより)

  • アグネスタキオン

    アグネスタキオンから見たアドマイヤオーラアドマイヤオーラ

    アドマイヤオーラ(京都記念、弥生賞、シンザン記念)- 種牡馬アグネスタキオン フレッシュアイペディアより)

  • ヴィクトリー (競走馬)

    ヴィクトリー (競走馬)から見たアドマイヤオーラアドマイヤオーラ

    迎えた皐月賞当日、弥生賞優勝馬アドマイヤオーラや、デビュー以来4戦4勝・重賞3勝で無敗のフサイチホウオーなどの重賞優勝馬が人気を集め、ヴィクトリーはトライアルを1番人気で制したにも関わらず7番人気と低評価であった。レースでは2コーナーあたりからハナを奪うと、2番手のサンツェッペリンとともにペースを落とし、レースの主導権を掴んで進めた。そして最後の直線では、互いに牽制し合って仕掛けが遅れたフサイチホウオーやアドマイヤオーラを尻目に、サンツェッペリンとの叩き合いを制し、ゴール直前ようやく追い込んできたフサイチホウオーの追撃も凌いでゴール、皐月賞を勝利した。鞍上の田中勝春は初騎乗であったが、馬の行く気を損ねずに先行し、折り合いをつけて自分のペースに持ち込んだ好騎乗が光った。また、田中はこの勝利で自身の中央競馬JpnI(GI)連敗記録「139」をストップさせた。なお、このレースの配当は、最後まで先頭争いをしたサンツェッペリン(15番人気)が2着に入り、3連単では1,623,250円を記録するなど高配当となった。ヴィクトリー (競走馬) フレッシュアイペディアより)

28件中 11 - 20件表示

「アドマイヤオーラ」のニューストピックワード