1 2 3 次へ
28件中 21 - 28件表示
  • フサイチホウオー

    フサイチホウオーから見たアドマイヤオーラアドマイヤオーラ

    2007年は共同通信杯から始動、ダイレクトキャッチをクビ差振り切って優勝し、無敗で重賞を3連勝するとともに、共同通信杯の親子制覇を達成した。その後の皐月賞では、父と同じ1番枠からのスタート。父のように出遅れることは無かったが、後方待機の競馬を強いられ1番人気のアドマイヤオーラと互いに牽制し合っている間にマイペースで逃げたヴィクトリーとサンツェッペリンを、最後の直線で追い込むがとらえ切れず、父と同じ3着と初めて土をつけられた。また、皐月賞ではデビュー以来初の2番人気で、これも父と全く同じであった。フサイチホウオー フレッシュアイペディアより)

  • ドリームジャーニー

    ドリームジャーニーから見たアドマイヤオーラアドマイヤオーラ

    3歳の初戦は弥生賞から。シンザン記念を勝ったアドマイヤオーラに続く2番人気になった。レースは中団から進み、最後の直線で伸びてくるも、進路を妨害される不利を受けたことも影響し、3着に敗れた。皐月賞では8着に敗れ、続く第74回東京優駿では、直線で鋭い伸び脚を見せたものの5着に敗れ、休養に入った。ドリームジャーニー フレッシュアイペディアより)

  • アドマイヤジャパン

    アドマイヤジャパンから見たアドマイヤオーラアドマイヤオーラ

    半弟には弥生賞、シンザン記念、京都記念を勝ったアドマイヤオーラ(父アグネスタキオン)、半妹には阪神ジュベナイルフィリーズ、桜花賞、優駿牝馬、ヴィクトリアマイル、天皇賞(秋)、ジャパンカップを勝ったブエナビスタ(父スペシャルウィーク)、エプソムカップを勝ったトーセンレーヴ(父ディープインパクト)、阪神ジュベナイルフィリーズを勝ったジョワドヴィーヴル(父ディープインパクト)、フローラステークスを勝ったサングレアル(父ゼンノロブロイ)がいる。アドマイヤジャパン フレッシュアイペディアより)

  • エアスマップ

    エアスマップから見たアドマイヤオーラアドマイヤオーラ

    近親には祖母Santa Lucianaの孫にあたるビワハイジ(阪神3歳牝馬ステークス)やその仔であるアドマイヤジャパン、アドマイヤオーラ、ブエナビスタ、トーセンレーヴ、ジョワドヴィーヴルがいる。エアスマップ フレッシュアイペディアより)

  • 松田博資

    松田博資から見たアドマイヤオーラアドマイヤオーラ

    アドマイヤオーラ(2007年シンザン記念、2007年弥生賞、2008年京都記念)松田博資 フレッシュアイペディアより)

  • ブライアンズタイム

    ブライアンズタイムから見たアドマイヤオーラアドマイヤオーラ

    クロスクリーガー:父アドマイヤオーラ(レパードステークス、兵庫チャンピオンシップ)ブライアンズタイム フレッシュアイペディアより)

  • ダイワスカーレット

    ダイワスカーレットから見たアドマイヤオーラアドマイヤオーラ

    デビューは2006年11月19日、京都競馬場第5競走の新馬戦(芝2000m)。陣営は武豊に騎乗を依頼したが、先約があったために安藤勝己が騎乗することとなった。レースでは、先行策からほぼ馬なりで快勝した。安藤勝己は以後全レースで騎乗することになる。なお同日のメインレースのマイルチャンピオンシップでは半兄のダイワメジャーが優勝し、兄妹同日勝利を挙げ話題になった。続く中京2歳ステークスでは同じく先行策から評判馬アドマイヤオーラの追撃を余裕を残して封じ、デビュー2連勝を飾った。ダイワスカーレット フレッシュアイペディアより)

  • ブエナビスタ (競走馬)

    ブエナビスタ (競走馬)から見たアドマイヤオーラアドマイヤオーラ

    母・ビワハイジは阪神3歳牝馬ステークス優勝など重賞3勝。半兄にアドマイヤジャパン、アドマイヤオーラ、半弟にトーセンレーヴ、半妹にジョワドヴィーヴル、サングレアルがいる。ブエナビスタ (競走馬) フレッシュアイペディアより)

1 2 3 次へ
28件中 21 - 28件表示

「アドマイヤオーラ」のニューストピックワード