前へ 1 2 3 4 5
48件中 1 - 10件表示
  • アドマイヤオーラ

    アドマイヤオーラから見た武豊

    2006年11月4日、鞍上に武豊を迎え、先行してデビュー勝ちを収める。アドマイヤオーラ フレッシュアイペディアより)

  • アドマイヤオーラ

    アドマイヤオーラから見た岩田康誠

    2007年の緒戦は重賞初挑戦となったシンザン記念。主戦騎手の武豊が、前年12月に開催された香港競馬での騎手招待競走のアクシデントで騎乗停止処分を受けていたため、半兄アドマイヤジャパンに騎乗経験のある岩田康誠に乗り替わった。前走で先着を許したダイワスカーレット、前年の朝日杯フューチュリティステークスで好走したローレルゲレイロに次ぐ3番人気での出走となったが、今度はダイワスカーレットを完璧に差し切り重賞初制覇を挙げる。アドマイヤオーラ フレッシュアイペディアより)

  • アドマイヤオーラ

    アドマイヤオーラから見たダイワスカーレット

    続いて中京2歳ステークスに向かうが、中団追走から直線鋭い末脚を繰り出すもダイワスカーレットに半馬身差及ばず2着に敗れる。アドマイヤオーラ フレッシュアイペディアより)

  • アドマイヤオーラ

    アドマイヤオーラから見た皐月賞

    続いて皐月賞トライアルの弥生賞に出走すると、道中は中団に控え直線で早めに先頭に立ち、外からココナッツパンチが迫るともう一度伸びて完勝。断然の1番人気に応え重賞2勝目を挙げるとともに、皐月賞の優先出走権を得た。続く皐月賞では無敗のフサイチホウオーを押さえて一番人気に支持されたが、レースはフサイチホウオーをアドマイヤオーラがマークする形で2頭が後方に控えるという展開になり、互いに牽制(けんせい)し合っている間にレース途中でハナを奪ったヴィクトリーらに逃げ切られ4着と敗戦した。レース後、武豊は「位置取りが悪くなってしまった」と語った。アドマイヤオーラ フレッシュアイペディアより)

  • アドマイヤオーラ

    アドマイヤオーラから見たディープインパクト (競走馬)

    半弟にエプソムカップを優勝したトーセンレーヴ(父ディープインパクト)。アドマイヤオーラ フレッシュアイペディアより)

  • アドマイヤオーラ

    アドマイヤオーラから見たジャパンカップ

    半妹に阪神ジュベナイルフィリーズ・桜花賞・優駿牝馬・ヴィクトリアマイル・天皇賞(秋)・ジャパンカップを優勝したブエナビスタ(父スペシャルウィーク)。アドマイヤオーラ フレッシュアイペディアより)

  • アドマイヤオーラ

    アドマイヤオーラから見た重賞

    2007年の緒戦は重賞初挑戦となったシンザン記念。主戦騎手の武豊が、前年12月に開催された香港競馬での騎手招待競走のアクシデントで騎乗停止処分を受けていたため、半兄アドマイヤジャパンに騎乗経験のある岩田康誠に乗り替わった。前走で先着を許したダイワスカーレット、前年の朝日杯フューチュリティステークスで好走したローレルゲレイロに次ぐ3番人気での出走となったが、今度はダイワスカーレットを完璧に差し切り重賞初制覇を挙げる。アドマイヤオーラ フレッシュアイペディアより)

  • アドマイヤオーラ

    アドマイヤオーラから見た朝日杯フューチュリティステークス

    2007年の緒戦は重賞初挑戦となったシンザン記念。主戦騎手の武豊が、前年12月に開催された香港競馬での騎手招待競走のアクシデントで騎乗停止処分を受けていたため、半兄アドマイヤジャパンに騎乗経験のある岩田康誠に乗り替わった。前走で先着を許したダイワスカーレット、前年の朝日杯フューチュリティステークスで好走したローレルゲレイロに次ぐ3番人気での出走となったが、今度はダイワスカーレットを完璧に差し切り重賞初制覇を挙げる。アドマイヤオーラ フレッシュアイペディアより)

  • アドマイヤオーラ

    アドマイヤオーラから見た東京優駿

    東京優駿(日本ダービー)1週間前に鞍上が武豊から岩田康誠に急遽変更された。レースでは、中団から鋭く伸びはしたものの、先に抜け出したウオッカ、そして逃げて粘るアサクサキングスを捕らえることができず3着に敗れた。後日レース中に左後肢を骨折していたことが判明し療養に入った。アドマイヤオーラ フレッシュアイペディアより)

  • アドマイヤオーラ

    アドマイヤオーラから見たアーネストリー

    5月29日の金鯱賞で長期休養から復帰、道中は中団で待機するも直線で伸び切れずアーネストリーの5着に終わった。続く6月27日の福島テレビオープンでは好位追走から4コーナーで先頭に並びかけるも直線で伸びを欠き3着に終わった。その後、8月1日の小倉記念に出走予定だったが、馬場入場後に故障を発症し自身2度目の競走除外となった。8月29日の新潟記念では終始後方追走のまま17着と殿負けに終わった。9月2日付けで競走馬登録を抹消。優駿スタリオンステーションで種牡馬として繋養されることになった。アドマイヤオーラ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5
48件中 1 - 10件表示

「アドマイヤオーラ」のニューストピックワード