48件中 11 - 20件表示
  • アドマイヤオーラ

    アドマイヤオーラから見たヴィクトリアマイル

    半妹に阪神ジュベナイルフィリーズ・桜花賞・優駿牝馬・ヴィクトリアマイル・天皇賞(秋)・ジャパンカップを優勝したブエナビスタ(父スペシャルウィーク)。アドマイヤオーラ フレッシュアイペディアより)

  • アドマイヤオーラ

    アドマイヤオーラから見た宝塚記念

    2008年は京都金杯から始動。1番人気に支持されたが2着に敗れた。しかし、続く京都記念では、中団から直線で鋭く伸び復帰後初勝利を重賞勝利で飾り、レース後の2月28日にドバイデューティーフリーへの追加選出馬となったことが発表された。同じくドバイデューティーフリーの選出馬となり遠征するウオッカら3頭と共に3月15日に出国し、3月29日にレースが行われた。レースでは、馬群に囲まれ後方からのレースとなり、そのまま抜け出せず9着だった。レース後は遠征馬3頭と共に4月3日に関西国際空港に到着し、三木ホースランドパークで輸入検疫を受ける。当初はクイーンエリザベス2世カップへの出走も視野に入れられていたが回避した。そして5月31日の金鯱賞に出走、1番人気に支持されたが、道悪の影響もあって直線伸びきれず6着に敗れた。6月12日には第49回宝塚記念ファン投票の最終結果で9位となる2万9923票を獲得したことが発表され、6月29日に行われる宝塚記念へ出走したが、最下位の14着に敗れる。また、レースより4日後の7月2日に右橈側手根骨々折が判明し療養に入った。その後回復し、11月6日に栗東トレーニングセンターへ帰厩した。アドマイヤオーラ フレッシュアイペディアより)

  • アドマイヤオーラ

    アドマイヤオーラから見た優駿牝馬

    半妹に阪神ジュベナイルフィリーズ・桜花賞・優駿牝馬・ヴィクトリアマイル・天皇賞(秋)・ジャパンカップを優勝したブエナビスタ(父スペシャルウィーク)。アドマイヤオーラ フレッシュアイペディアより)

  • アドマイヤオーラ

    アドマイヤオーラから見た天皇賞(秋)

    半妹に阪神ジュベナイルフィリーズ・桜花賞・優駿牝馬・ヴィクトリアマイル・天皇賞(秋)・ジャパンカップを優勝したブエナビスタ(父スペシャルウィーク)。アドマイヤオーラ フレッシュアイペディアより)

  • アドマイヤオーラ

    アドマイヤオーラから見た桜花賞

    半妹に阪神ジュベナイルフィリーズ・桜花賞・優駿牝馬・ヴィクトリアマイル・天皇賞(秋)・ジャパンカップを優勝したブエナビスタ(父スペシャルウィーク)。アドマイヤオーラ フレッシュアイペディアより)

  • アドマイヤオーラ

    アドマイヤオーラから見た競走馬

    アドマイヤオーラ('''')は日本の元競走馬である。アドマイヤオーラ フレッシュアイペディアより)

  • アドマイヤオーラ

    アドマイヤオーラから見たアドマイヤフジ

    骨折は軽度のもので、10月26日に帰厩し、12月8日の鳴尾記念で実戦復帰を果たす。復帰戦は同馬主のアドマイヤフジと同着の3着に入った。アドマイヤオーラ フレッシュアイペディアより)

  • アドマイヤオーラ

    アドマイヤオーラから見た関西国際空港

    2008年は京都金杯から始動。1番人気に支持されたが2着に敗れた。しかし、続く京都記念では、中団から直線で鋭く伸び復帰後初勝利を重賞勝利で飾り、レース後の2月28日にドバイデューティーフリーへの追加選出馬となったことが発表された。同じくドバイデューティーフリーの選出馬となり遠征するウオッカら3頭と共に3月15日に出国し、3月29日にレースが行われた。レースでは、馬群に囲まれ後方からのレースとなり、そのまま抜け出せず9着だった。レース後は遠征馬3頭と共に4月3日に関西国際空港に到着し、三木ホースランドパークで輸入検疫を受ける。当初はクイーンエリザベス2世カップへの出走も視野に入れられていたが回避した。そして5月31日の金鯱賞に出走、1番人気に支持されたが、道悪の影響もあって直線伸びきれず6着に敗れた。6月12日には第49回宝塚記念ファン投票の最終結果で9位となる2万9923票を獲得したことが発表され、6月29日に行われる宝塚記念へ出走したが、最下位の14着に敗れる。また、レースより4日後の7月2日に右橈側手根骨々折が判明し療養に入った。その後回復し、11月6日に栗東トレーニングセンターへ帰厩した。アドマイヤオーラ フレッシュアイペディアより)

  • アドマイヤオーラ

    アドマイヤオーラから見た新潟記念

    5月29日の金鯱賞で長期休養から復帰、道中は中団で待機するも直線で伸び切れずアーネストリーの5着に終わった。続く6月27日の福島テレビオープンでは好位追走から4コーナーで先頭に並びかけるも直線で伸びを欠き3着に終わった。その後、8月1日の小倉記念に出走予定だったが、馬場入場後に故障を発症し自身2度目の競走除外となった。8月29日の新潟記念では終始後方追走のまま17着と殿負けに終わった。9月2日付けで競走馬登録を抹消。優駿スタリオンステーションで種牡馬として繋養されることになった。アドマイヤオーラ フレッシュアイペディアより)

  • アドマイヤオーラ

    アドマイヤオーラから見た菊花賞

    半兄に菊花賞2着・京成杯を優勝したアドマイヤジャパン(父サンデーサイレンス)。アドマイヤオーラ フレッシュアイペディアより)

48件中 11 - 20件表示

「アドマイヤオーラ」のニューストピックワード