前へ 1 2 3 4 5 6
51件中 1 - 10件表示
  • 松田博資

    松田博資から見たアドマイヤムーンアドマイヤムーン

    佐賀県出身。騎手時代は「障害の松田」と呼ばれ、障害競走で通算150勝の中央競馬史上最多記録(当時)を樹立。調教師転向後は、それぞれ2007年、2010年のJRA年度代表馬に選出されたアドマイヤムーンとブエナビスタ、クラシック二冠牝馬ベガ、その産駒でGI競走7勝を挙げたアドマイヤドンなど、数々のGI優勝馬を管理している。2006年度JRA賞優秀技術調教師、2006年・2007年度同最多賞金獲得調教師。愛称は「マツパク」。松田博資 フレッシュアイペディアより)

  • ダーレー・ジャパン

    ダーレー・ジャパンから見たアドマイヤムーンアドマイヤムーン

    350万円 - アドマイヤムーン(2008年 - )ダーレー・ジャパン フレッシュアイペディアより)

  • エンドスウィープ

    エンドスウィープから見たアドマイヤムーンアドマイヤムーン

    2002年の産駒からは、桜花賞、NHKマイルカップを制し、牝馬初の変則2冠を達成したラインクラフトが誕生し、翌年の2003年にデビューした産駒は勝ち上がり率で0.390を残し、JRAの2歳リーディングサイヤーランキングでもサンデーサイレンス・フジキセキ・サクラバクシンオーに次ぐ4位に入っている。翌2004年にはJRAリーディング6位、2005年には11位の成績を残した。アドマイヤムーンなど2003年生まれの産駒が最後の世代となる。エンドスウィープ フレッシュアイペディアより)

  • ケイティーズ

    ケイティーズから見たアドマイヤムーンアドマイヤムーン

    1989年11月、ファシグティプトン社主催のセールへアリダーの仔を受胎した状態で上場され、日本から参加していた阿部雅一郎が100万ドルで落札した。このセールで阿部は計3頭の繁殖牝馬を購買、他の2頭は日本へ送られたが、ケイティーズだけは調教師の中野隆良の進言でアメリカに残され、ケンタッキー州のテイラーメイドファームに預託繋養された。以後は1998年に売却されるまで、交配・出産をアメリカで行い、産駒は日本で走るという形が取られ、セール時に受胎していたヒシアリダーは日本で走った後種牡馬入りした。阿部購買後の第2仔ヒシアマゾンはGI競走の阪神3歳牝馬ステークス、エリザベス女王杯を含め、牡馬も相手に9つの重賞に勝利した。他にヒシナイル、ヒシピナクルも重賞勝利を挙げている。また、第1仔ケイティーズファースト、第3仔ホワットケイティーディドは繁殖牝馬として日本で良績を残し、前者は2007年のJRA年度代表馬アドマイヤムーンの祖母、後者は日本に輸入され、2008年のJRA賞最優秀短距離馬スリープレスナイトの母となった。ケイティーズ フレッシュアイペディアより)

  • ラジオNIKKEI杯2歳ステークス

    ラジオNIKKEI杯2歳ステークスから見たアドマイヤムーンアドマイヤムーン

    特に2000年は翌年の皐月賞を制するアグネスタキオン、東京優駿・ジャパンカップを制し年度代表馬となるジャングルポケット、NHKマイルカップ・ジャパンカップダートを制するクロフネの3頭で決着する非常にレベルの高いレースとなった。ほかにも優勝馬からはナリタタイシン、タヤスツヨシ、アドマイヤベガ、ザッツザプレンティ、ロジユニヴァース、ヴィクトワールピサが、出走馬からはゴールドシップ(2011年2着、2012年皐月賞・菊花賞優勝)、ヴィクトリー(2006年2着、2007年皐月賞優勝)、アサクサキングス(2006年5着、2007年菊花賞優勝)が、他にもヴァーミリアン(2004年優勝、クラシックは不振だったが後にダートGI/JpnIを9勝)、コスモバルク(2003年優勝、地方競馬所属として史上初。後にシンガポール航空インターナショナルカップ優勝)、アドマイヤムーン(2005年2着、ドバイデューティフリーなどGI3勝)、ヒルノダムール(2009年4着、2011年天皇賞(春)優勝)、ダノンシャンティ(2010年3着、2011年NHKマイルカッブ優勝)、ハタノヴァンクール(2011年15着、2012年ジャパンダートダービー優勝)など多数のクラシックホースやGIホース、無数の重賞勝馬を生み出している。ラジオNIKKEI杯2歳ステークス フレッシュアイペディアより)

  • メイショウサムソン

    メイショウサムソンから見たアドマイヤムーンアドマイヤムーン

    続いての第48回宝塚記念ではファン投票で1位に選出されながら2番人気で出走。レースではじっくり中盤で控え直線半ばでカワカミプリンセスをかわして先頭に立つものの、最後にメイショウサムソンをマークしていたアドマイヤムーンとの叩き合いの末交わされ2着に敗れた。なお、この2頭の叩き合いで3着には2馬身の着差をつけていることから、負けてなお強しという結果となった。メイショウサムソン フレッシュアイペディアより)

  • 近藤利一

    近藤利一から見たアドマイヤムーンアドマイヤムーン

    2007年にはアドマイヤムーンがドバイデューティーフリーに優勝し、海外G1を初めて制覇した。そして春のGI戦線を締め括る宝塚記念でも優勝。その後アドマイヤムーンをダーレー・ジャパンに金銭トレードしたことでも話題となった。近藤利一 フレッシュアイペディアより)

  • 2007年の日本競馬

    2007年の日本競馬から見たアドマイヤムーンアドマイヤムーン

    11月28日 - 今年7月に中央競馬の馬主登録が認可された「ダーレー・ジャパン・ファーム」がわずか4か月で馬主登録を抹消する手続きに入ったことが判明。同ファームは11月25日のジャパンカップを制したアドマイヤムーンを所有していた。2007年の日本競馬 フレッシュアイペディアより)

  • サンデーサイレンス

    サンデーサイレンスから見たアドマイヤムーンアドマイヤムーン

    アドマイヤムーン:ドバイデューティーフリー、宝塚記念、ジャパンカップ(父エンドスウィープ・母マイケイティーズ)サンデーサイレンス フレッシュアイペディアより)

  • 第136回天皇賞

    第136回天皇賞から見たアドマイヤムーンアドマイヤムーン

    まず注目を集めたのが、2006年牡馬2冠で天皇賞(春)優勝馬メイショウサムソンと、そのメイショウサムソンと同世代にして、この年のドバイデューティーフリーを勝ち、前回の宝塚記念では同馬を破ったアドマイヤムーンの4か月ぶりの対決である。他にも、前走の宝塚記念では大敗したものの、前年このレースの覇者で2007年安田記念優勝馬ダイワメジャー、シンガポール航空国際カップ優勝馬シャドウゲイト、ダート交流重賞のJpnI帝王賞優勝馬ボンネビルレコードと2007年のGI・JpnIを制した馬の他、2006年シンガポール航空国際カップ優勝馬コスモバルク、2004年の菊花賞・2006年メルボルンカップ優勝馬デルタブルースと7頭のGI・JpnI優勝経験馬が出走する豪華な顔ぶれとなった。第136回天皇賞 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6
51件中 1 - 10件表示

「アドマイヤムーン」のニューストピックワード