51件中 21 - 30件表示
  • アドマイヤメイン

    アドマイヤメインから見たアドマイヤムーンアドマイヤムーン

    2003年当歳のセレクトセールにおいて1億3900万円で落札された。同世代でクラシック戦線を戦った馬主が同じアドマイヤムーンとは対照的に、逃げを得意とする馬である。馬名の由来は冠名アドマイヤ+中心となる、の意である。アドマイヤメイン フレッシュアイペディアより)

  • アイポッパー

    アイポッパーから見たアドマイヤムーンアドマイヤムーン

    2007年の阪神大賞典では、武豊を背に先行策からゴール前で1番人気のドリームパスポートを抑えて優勝し重賞2連勝を果たした。続く天皇賞(春)では鞍上に安藤勝己を迎え(武はアドマイヤムーンの香港遠征の為不在)、二冠馬メイショウサムソンや前年のメルボルンカップ勝ち馬デルタブルースらを抑え1番人気に押された。しかし、スタートで出負けし、メイショウサムソンの4着に終わった。レース後に左第1指骨剥離骨折が判明し、休養を余儀なくされた。11月に栗東に帰厩したものの馬インフルエンザに感染する不運も重なり、結局2007年後半は全休することになった。アイポッパー フレッシュアイペディアより)

  • 柴山雄一

    柴山雄一から見たアドマイヤムーンアドマイヤムーン

    しかし、同年天皇賞・秋にエイシンデピュティに騎乗した際、内にいたコスモバルクが斜行したのを見て馬が過剰に反応し、外に急激に斜行。外にいたアグネスアーク、シャドウゲイト、アドマイヤムーン、ダイワメジャーに大きな不利を与えてしまった。レース後の審議の結果、騎乗馬は8着→14着に降着、自身も11月3日から11月11日まで、開催日4日間の騎乗停止処分となった。柴山雄一 フレッシュアイペディアより)

  • ムハンマド・ビン・ラーシド・アール・マクトゥーム

    ムハンマド・ビン・ラーシド・アール・マクトゥームから見たアドマイヤムーンアドマイヤムーン

    ダーレージャパンは関連会社であるダーレー・ジャパン・ファーム有限会社が2007年に中央競馬の馬主免許を取得し、約40億円のトレードで獲得したアドマイヤムーン(2007年ドバイデューティーフリー、宝塚記念優勝)を中央競馬における所有馬第1号とするなど、今後の動向が注目されていた。しかし、11月1日にダーレージャパングループの代表である高橋力を解任、11月27日に中央競馬馬主登録を抹消申請したため、日本への進出計画がほぼ白紙に戻る形になった。ムハンマド・ビン・ラーシド・アール・マクトゥーム フレッシュアイペディアより)

  • イングリッシュチャンネル

    イングリッシュチャンネルから見たアドマイヤムーンアドマイヤムーン

    5歳時も初戦をレコードタイム勝利する。この後アラブ首長国連邦に遠征、ドバイデューティーフリーに出走するが、優勝馬アドマイヤムーンから14馬身離された12着と大敗した。しかし帰国後、ユナイテッドネーションステークス、ターフクラシックスをそれぞれ連覇し、3度目のブリーダーズカップ・ターフに出走。7馬身差の圧勝でアメリカ芝路線の頂点に立った。ジャパンカップにも予備登録を済ませていたが、結局このレースを最後に現役を引退、ケンタッキー州レキシントンにあるハリケーンホールファーム(Hurricane Hall Farm)で種牡馬入りした。2009年の種付けシーズン後にレーンズエンドファームに移動する。イングリッシュチャンネル フレッシュアイペディアより)

  • コスモバルク

    コスモバルクから見たアドマイヤムーンアドマイヤムーン

    天皇賞(秋)では単勝3番人気に支持された。レースでは前半は中団よりやや前の6番手で折り合い、直線で追い出しを図るとやや苦しがる素振りを見せながらも、3着に入ったアドマイヤムーンといっしょに伸びてきた。しかし前を行くダイワメジャーらを捕らえきれず、0.3秒差の4着に敗れた。続くジャパンカップでは、ディープインパクト・ハーツクライなどの強豪が揃い、単勝6番人気(40.9倍)と評価を下げる。レースではひさびさの逃げを打つとスローペースに持ち込み、最後の直線でも粘って4着に入った。その後は第51回有馬記念に出走し、中団の9番手辺りを追走したが直線では手応えがなく、11着と大敗した。なおレース後の12月27日、大井競馬場の招きで東京大賞典当日の同場パドックに姿を見せた。コスモバルク フレッシュアイペディアより)

  • ショウナンタキオン

    ショウナンタキオンから見たアドマイヤムーンアドマイヤムーン

    翌2006年の初戦は共同通信杯。3番人気に推されるが、前走同様先行したフサイチリシャールや、追い込んできたアドマイヤムーンを差し切れず、またも4着に終わる。さらに迎えた皐月賞では、17着と敗れた。その後ダービーを自重し、美浦地区の牧場で放牧された。ショウナンタキオン フレッシュアイペディアより)

  • ドリームパスポート

    ドリームパスポートから見たアドマイヤムーンアドマイヤムーン

    皐月賞では重賞3勝馬アドマイヤムーンや評判馬のフサイチジャンクなどが有力視される中、鞍上が大レースでの実績のない高田潤が騎乗することもあってか10番人気と低評価であったがレースでは直線でインコースの狭いところを鋭く伸びて追い込み、メイショウサムソンの2着に入った。続く東京優駿(日本ダービー)では距離適性の不安が囁かれ、またも7番人気と低評価であった。レースは、最後の直線で後方12番手の位置からよく伸びてきたが、前をとらえ切れずにまたしてもメイショウサムソンの3着と敗れた。ドリームパスポート フレッシュアイペディアより)

  • フサイチリシャール

    フサイチリシャールから見たアドマイヤムーンアドマイヤムーン

    3歳はクラシック路線を進んだが、皐月賞へのステップ2戦こそアドマイヤムーン、メイショウサムソンといった強豪と僅差の2着と健闘したが、迎えた皐月賞、NHKマイルカップ、東京優駿(日本ダービー)の三連戦ではいずれも5、6、8着と精彩を欠いた。夏の休養を経ての秋も緒戦を4着、父が得意としたダート戦にも出走したが5着、13着と大敗し、以降短距離路線に転じる。12月にこの年創設されたGII阪神カップに出走し、距離不安も囁かれたがGI優勝馬の力を見せて約1年ぶりの勝利を挙げ、阪神カップの初代優勝馬となった。フサイチリシャール フレッシュアイペディアより)

  • フサイチジャンク

    フサイチジャンクから見たアドマイヤムーンアドマイヤムーン

    2005年暮れの中山競馬の新馬戦でデビューし1番人気に応えて快勝すると、翌2006年の福寿草特別も勝ち上がりデビュー2連勝。この勝利は鞍上の武豊にとってJRA通算2700勝のメモリアルとなった。さらに若駒ステークス、若葉ステークスも制してデビュー4連勝を遂げ、皐月賞への優先出走権を得た。迎えた皐月賞では武豊がアドマイヤムーンに騎乗するため、鞍上が岩田康誠に変更。当日は2番人気に推された。しかしレースでは先行したメイショウサムソンを捉えることが出来ず、3着に敗れた。フサイチジャンク フレッシュアイペディアより)

51件中 21 - 30件表示

「アドマイヤムーン」のニューストピックワード