49件中 21 - 30件表示
  • シンコウラブリイ

    シンコウラブリイから見たアドマイヤムーンアドマイヤムーン

    2010年:フューチャステップ(牡 鹿毛 父アドマイヤムーン 13戦1勝)シンコウラブリイ フレッシュアイペディアより)

  • レオアクティブ

    レオアクティブから見たアドマイヤムーンアドマイヤムーン

    6月中山のスプリント戦でデビュー。松岡正海騎乗で馬っ気を出しながらも最速の上がりで3着。連闘で臨んだ同条件の未勝利戦で初勝利を挙げた。この勝利はアドマイヤムーン産駒のJRA初勝利となった。レオアクティブ フレッシュアイペディアより)

  • ベラミロード

    ベラミロードから見たアドマイヤムーンアドマイヤムーン

    2010年 メイケイペガムーン 牝(父アドマイヤムーン)15戦2勝(引退・繁殖牝馬)ベラミロード フレッシュアイペディアより)

  • HORSERIDERS

    HORSERIDERSから見たアドマイヤムーンアドマイヤムーン

    2008年10月10日、『HORSERIDERS EXTENDED EDITION』(-エクステンデッド エディション)として新規ホースカード100枚を追加したバージョンが稼働した。この追加ホースカードには新登場となる馬(ローブデコルテ、トールポピーなど)、レアカードとして再登場した馬(ヴァーミリアン、アドマイヤムーンなど)、能力値の変更があった馬(コスモバルクなど)などが含まれている。HORSERIDERS フレッシュアイペディアより)

  • 星雲賞 (競馬)

    星雲賞 (競馬)から見たアドマイヤムーンアドマイヤムーン

    スタリオンシリーズに指定されており、アドマイヤムーンの次年度配合権利が優勝馬生産牧場への副賞となっている。星雲賞 (競馬) フレッシュアイペディアより)

  • ファインチョイス

    ファインチョイスから見たアドマイヤムーンアドマイヤムーン

    2011年7月23日、函館競馬場で行われた芝1200mのメイクデビュー戦に出走し、2番手から抜け出し初勝利を果たす。次走の函館2歳ステークスでは3番手を追走し勝利。連勝で重賞初勝利を果たすとともにアドマイヤムーン産駒も重賞初勝利となった。また、鞍上の上村洋行にとっては2008年のスプリンターズステークスをスリープレスナイトで制して以来約3年ぶりの重賞勝利となった。ファインチョイス フレッシュアイペディアより)

  • 第73回東京優駿

    第73回東京優駿から見たアドマイヤムーンアドマイヤムーン

    同年の皐月賞では、前年のJRA賞最優秀2歳牡馬となった朝日杯フューチュリティステークスの覇者フサイチリシャール、弥生賞馬アドマイヤムーン、セレクトセールで3億3千万円の最高落札価格馬で皐月賞前まで無敗の4連勝を挙げていたフサイチジャンクに注目が集まっていた。人気もこれらの馬が集めていたが、優勝したのはスプリングステークスを勝ったメイショウサムソンであった。第73回東京優駿 フレッシュアイペディアより)

  • 第135回天皇賞

    第135回天皇賞から見たアドマイヤムーンアドマイヤムーン

    そして本年の古馬中長距離路線は、一つ年を重ねた6歳以上古馬と、4歳古馬との争いとなった。前年古馬中長距離路線のなかではダイワメジャー、デルタブルース、ポップロック、コスモバルクら6歳馬が中核となり、4歳馬ではメイショウサムソン、アドマイヤムーン、ドリームパスポート、アドマイヤメインらが中核となった。その内、本年の天皇賞(春)を目指したのはデルタブルース、メイショウサムソン、ドリームパスポートの3頭となった。またGI路線から外れた中長距離路線ではアイポッパー、トウカイトリック、マツリダゴッホらが頭角をあらわし、天皇賞(春)を狙っていた。第135回天皇賞 フレッシュアイペディアより)

  • 第48回宝塚記念

    第48回宝塚記念から見たアドマイヤムーンアドマイヤムーン

    この年の天皇賞(春)を制し、この競走後は凱旋門賞への出走を計画している前年の牡馬二冠馬メイショウサムソン、そのメイショウサムソンに前年は苦杯をなめたが、この年の海外G1ドバイデューティーフリーを制しメイショウサムソンに雪辱を誓うアドマイヤムーン、同じくこの年の海外G1シンガポール航空国際カップを制したシャドウゲイト、その前年度優勝馬コスモバルク、前年度JRA賞最優秀短距離馬で前走の安田記念を制したGI競走4勝馬ダイワメジャー、前年の牝馬二冠馬カワカミプリンセス、そして64年振りに牝馬としてこの年の日本ダービーを制し、メイショウサムソンと共に凱旋門賞への出走も視野に入れているウオッカと実に7頭ものGI・JpnI馬が参戦し、他にも目黒記念優勝馬ポップロック、この年の日本ダービー2着できさらぎ賞優勝馬アサクサキングス、中山記念優勝馬ローエングリンなどこの年の重賞戦線の中心となった馬が名を揃えた。同競走史上初となるフルゲート(最大出走可能頭数)18頭立てとなり、18頭中17頭が重賞優勝馬という春の「グランプリ」に相応しい陣容となった。単勝人気はウオッカ、メイショウサムソン、アドマイヤムーンの順に続いた。第48回宝塚記念 フレッシュアイペディアより)

  • 第40回宝塚記念

    第40回宝塚記念から見たアドマイヤムーンアドマイヤムーン

    これから8年後の第48回宝塚記念でも似たようなレース展開、結果となった。スペシャルウィークと同じく、春の天皇賞馬のメイショウサムソンをアドマイヤムーンが終始マークし、最後の直線で2頭が馬群から抜け出し、直線半ばでアドマイヤムーンがメイショウサムソンを向き去るという結果となっている。また、2頭とも4歳馬(旧5歳)であったというのも同じである。第40回宝塚記念 フレッシュアイペディアより)

49件中 21 - 30件表示

「アドマイヤムーン」のニューストピックワード