49件中 31 - 40件表示
  • マツリダゴッホ

    マツリダゴッホから見たアドマイヤムーンアドマイヤムーン

    2005年8月21日、札幌競馬場の新馬戦で蛯名正義を鞍上にデビュー。2着に7馬身差をつけて勝利したことにより注目される。その勢いで札幌2歳ステークスに向かい、アドマイヤムーンに次ぐ2番人気に推されるが同馬の6着に敗れた。その後5か月の休養に入る。マツリダゴッホ フレッシュアイペディアより)

  • ドリームパスポート

    ドリームパスポートから見たアドマイヤムーンアドマイヤムーン

    皐月賞では重賞3勝馬アドマイヤムーンや評判馬のフサイチジャンクなどが有力視される中、鞍上が大レースでの実績のない高田潤が騎乗することもあってか10番人気と低評価であったがレースでは直線でインコースの狭いところを鋭く伸びて追い込み、メイショウサムソンの2着に入った。続く東京優駿(日本ダービー)では距離適性の不安が囁かれ、またも7番人気と低評価であった。レースは、最後の直線で後方12番手の位置からよく伸びてきたが、前をとらえ切れずにまたしてもメイショウサムソンの3着と敗れた。ドリームパスポート フレッシュアイペディアより)

  • アイポッパー

    アイポッパーから見たアドマイヤムーンアドマイヤムーン

    2007年の阪神大賞典では、武豊を背に先行策からゴール前で1番人気のドリームパスポートを抑えて優勝し重賞2連勝を果たした。続く天皇賞(春)では鞍上に安藤勝己を迎え(武はアドマイヤムーンに騎乗するべく香港に遠征したため不在)、二冠馬メイショウサムソンや前年のメルボルンカップ勝ち馬デルタブルースらを抑えて1番人気に推された。しかし、スタートで出負けし、メイショウサムソンの4着に終わった。レース後に左第1指骨剥離骨折が判明し、休養を余儀なくされた。11月に栗東に帰厩したものの馬インフルエンザに感染する不運も重なり、結局、2007年の後半は全休することになった。アイポッパー フレッシュアイペディアより)

  • サクラメガワンダー

    サクラメガワンダーから見たアドマイヤムーンアドマイヤムーン

    2005年7月の2歳新馬でデビューし、4着。8月の未勝利戦では上がり3F32秒9の末脚を見せるも、サイレントプライドに敗れ2着。11月の未勝利戦で3戦目にして初勝利を挙げると、次走エリカ賞ではタマモサポート、アドマイヤメインという後の重賞勝利馬2頭を下し連勝。重賞初挑戦となったラジオたんぱ杯2歳ステークスでは1番人気のアドマイヤムーンを差しきって優勝、3連勝で初重賞制覇を飾った。サクラメガワンダー フレッシュアイペディアより)

  • トウカイトリック

    トウカイトリックから見たアドマイヤムーンアドマイヤムーン

    6月24日にトウカイトリックは「第48回宝塚記念」に出走、ウオッカやアドマイヤムーン、ダイワメジャーやコスモバルクらが顔を揃えたが、トウカイトリックは18頭中14番人気でほとんど力量を評価されず、実際の競走も10番手付近の追走で9着入線と見せ場なく人気通りの決着に終わった。トウカイトリック フレッシュアイペディアより)

  • フサイチジャンク

    フサイチジャンクから見たアドマイヤムーンアドマイヤムーン

    2005年暮れの中山競馬の新馬戦でデビューし1番人気に応えて快勝すると、翌2006年の福寿草特別も勝ち上がりデビュー2連勝。この勝利は鞍上の武豊にとってJRA通算2700勝のメモリアルとなった。さらに若駒ステークス、若葉ステークスも制してデビュー4連勝を遂げ、皐月賞への優先出走権を得た。迎えた皐月賞では武豊がアドマイヤムーンに騎乗するため、鞍上が岩田康誠に変更。当日は2番人気に推された。しかしレースでは先行したメイショウサムソンを捉えることが出来ず、3着に敗れた。フサイチジャンク フレッシュアイペディアより)

  • コスモバルク

    コスモバルクから見たアドマイヤムーンアドマイヤムーン

    天皇賞(秋)では単勝3番人気に支持された。レースでは前半は中団よりやや前の6番手で折り合い、直線で追い出しを図るとやや苦しがる素振りを見せながらも、3着に入ったアドマイヤムーンといっしょに伸びてきた。しかし前を行くダイワメジャーらを捕らえきれず、0.3秒差の4着に敗れた。続くジャパンカップでは、ディープインパクト・ハーツクライなどの強豪が揃い、単勝6番人気(40.9倍)と評価を下げる。レースではひさびさの逃げを打つとスローペースに持ち込み、最後の直線でも粘って4着に入った。その後は第51回有馬記念に出走し、中団の9番手辺りを追走したが直線では手応えがなく、11着と大敗した。なおレース後の12月27日、大井競馬場の招きで東京大賞典当日の同場パドックに姿を見せた。コスモバルク フレッシュアイペディアより)

  • 主戦騎手

    主戦騎手から見たアドマイヤムーンアドマイヤムーン

    現在では武豊が主戦騎手を務める競走馬が、複数GI競走に出走することがよくある。1998年の宝塚記念でのエアグルーヴとサイレンススズカの選択や、1997年の有馬記念でのマーベラスサンデーとエアグルーヴとの選択、2006年の皐月賞でのアドマイヤムーンとフサイチジャンクの選択などがある(いずれの競走も前競走馬に騎乗した)。GI競走には比較的レベルの高い競走馬が出走してくるため、以前に武豊が手綱を取ったことがある競走馬が多い。主戦騎手 フレッシュアイペディアより)

  • ムハンマド・ビン・ラーシド・アール・マクトゥーム

    ムハンマド・ビン・ラーシド・アール・マクトゥームから見たアドマイヤムーンアドマイヤムーン

    ダーレージャパンは関連会社であるダーレー・ジャパン・ファーム有限会社が2007年に中央競馬の馬主免許を取得し、約40億円のトレードで獲得したアドマイヤムーン(2007年ドバイデューティーフリー、宝塚記念優勝)を中央競馬における所有馬第1号とした。しかし、11月1日にダーレージャパングループの代表である高橋力を解任し、11月27日には中央競馬馬主登録を抹消申請した。ムハンマド・ビン・ラーシド・アール・マクトゥーム フレッシュアイペディアより)

  • ダイワメジャー

    ダイワメジャーから見たアドマイヤムーンアドマイヤムーン

    2007年、アラブ首長国連邦・ドバイで行われるドバイデューティフリーへの招待を受け、天皇賞で3着に退けたアドマイヤムーンと共に出走。当年は日本からの2騎を含め、出走16頭中8頭が国際GI優勝馬という顔ぶれで、4つのG1競走が行われるドバイミーティングの中でも特に出走馬の層が厚いとされた。そうした中でダイワメジャーは調教において際だった動きを見せており、イギリスのブックメーカーの中にはダイワメジャーが1番人気になったものもあった。ダイワメジャー フレッシュアイペディアより)

49件中 31 - 40件表示

「アドマイヤムーン」のニューストピックワード