51件中 31 - 40件表示
  • プライド (競走馬)

    プライド (競走馬)から見たアドマイヤムーンアドマイヤムーン

    2006年シーズンは鞍上がルメールに戻る。初戦のガネー賞こそ4着に終わったものの、続くコリーダ賞を勝って迎えたサンクルー大賞で、圧倒的1番人気に推されていたハリケーンランをゴール寸前で捕らえG1初制覇を果たす。2ヵ月半ほど間隔の開いた次走のフォワ賞はシロッコ、ハリケーンランからクビ+クビ差の3着に敗れたが、このレースをあくまで凱旋門賞へのステップと捉えていた陣営にとっては上々の内容であり、3年連続の挑戦となったその凱旋門賞では、後方追走から最後の直線で日本馬ディープインパクトをかわし、レイルリンクに次ぐ2着に食い込んだ。この後、前年に続き出走したチャンピオンステークスでハリケーンランらを退けて3馬身差の圧勝を収め、さらに年末の香港カップではアドマイヤムーンの外からの追い込みをハナ差凌ぎ切り勝利した。プライド (競走馬) フレッシュアイペディアより)

  • 道営記念

    道営記念から見たアドマイヤムーンアドマイヤムーン

    スタリオンシリーズ競走に指定されており、2012年はアドマイヤムーンの種付権が副賞として贈られる。道営記念 フレッシュアイペディアより)

  • ショウリダバンザイ

    ショウリダバンザイから見たアドマイヤムーンアドマイヤムーン

    父プリサイスエンドについては同馬の項を参照。母オレンジスペシャルは未出走馬。4代母Mortefontaineの産駒にはアイリッシュ1000ギニーに優勝し、日本でアドマイヤムーン、ヒシアマゾン、スリープレスナイトを輩出する名牝系の祖となったKatiesがいる。ショウリダバンザイ フレッシュアイペディアより)

  • ベラミロード

    ベラミロードから見たアドマイヤムーンアドマイヤムーン

    2010年 メイケイペガムーン 牝(父アドマイヤムーンベラミロード フレッシュアイペディアより)

  • サクラメガワンダー

    サクラメガワンダーから見たアドマイヤムーンアドマイヤムーン

    2005年7月の2歳新馬でデビューし、4着。8月の未勝利戦では上がり3F32秒9の末脚を見せるも、サイレントプライドに敗れ2着。11月の未勝利戦で3戦目にして初勝利を挙げると、次走エリカ賞ではタマモサポート、アドマイヤメインという後の重賞勝利馬2頭を下し連勝。重賞初挑戦となったラジオたんぱ杯2歳ステークスでは1番人気のアドマイヤムーンを差しきって優勝、3連勝で初重賞制覇を飾った。サクラメガワンダー フレッシュアイペディアより)

  • スリープレスナイト

    スリープレスナイトから見たアドマイヤムーンアドマイヤムーン

    母はアメリカ産で3勝を上げており、半妹にエリザベス女王杯などを制したヒシアマゾン、フェアリーステークス勝ちのヒシナイル、ローズステークスを制したヒシピナクルがいる。また、祖母のKatiesの一族からは2007年JRA賞年度代表馬に選出されたアドマイヤムーンが出ている。スリープレスナイト フレッシュアイペディアより)

  • ポップロック (競走馬)

    ポップロック (競走馬)から見たアドマイヤムーンアドマイヤムーン

    2007年は京都記念で始動。1番人気に支持されたが、アドマイヤムーンを捕らえ切れずクビ差の2着に敗れた。その後予定通り遠征し、ドバイシーマクラシックに挑戦したが6着に敗れた。帰国後は前年に勝利した目黒記念に出走。58.5kgを背負う厳しいハンデながら、直線で内から抜け出し粘り切り連覇を達成した。ポップロック (競走馬) フレッシュアイペディアより)

  • マツリダゴッホ

    マツリダゴッホから見たアドマイヤムーンアドマイヤムーン

    2005年8月21日、札幌競馬場の新馬戦で蛯名正義を鞍上にデビュー。2着に7馬身差をつけて勝利したことにより注目される。その勢いで札幌2歳ステークスに向かい、アドマイヤムーンに次ぐ2番人気に推されるが同馬の6着に敗れた。その後5か月の休養に入る。マツリダゴッホ フレッシュアイペディアより)

  • アドマイヤフジ

    アドマイヤフジから見たアドマイヤムーンアドマイヤムーン

    一息入れて挑んだ目黒記念では斤量も0.5kg減り、57kgでの出走となった。6番人気ながらハナに行く構えまで見せる2番手からレースを進め、ポップロックの3着となり、復帰後初の掲示板を確保した。ただ賞金不足は如何ともしがたく、登録した第48回宝塚記念も、賞金不足で当初は出走はできない見込みだった。最終的にスイープトウショウが回避したため、最後の1枠に滑り込む形で出走した。レースでは13番人気ながら直線ではよく伸び、アドマイヤムーンから0.5差の4着に入線。実力が衰えていないことを示した。アドマイヤフジ フレッシュアイペディアより)

  • ヴィヴァパタカ

    ヴィヴァパタカから見たアドマイヤムーンアドマイヤムーン

    その後は少し精彩を欠いていたものの、2007年春には前年6着に敗れたクイーンエリザベス2世カップでヴェンジェンスオブレイン、アドマイヤムーン等を抑え国際G1制覇を果たす。さらに香港チャンピオンズ&チャターカップでもヴェンジェンスオブレインを再度破って連覇を達成、この活躍により2006/2007年シーズンの香港最優秀中距離馬のタイトルを獲得した。ヴィヴァパタカ フレッシュアイペディアより)

51件中 31 - 40件表示

「アドマイヤムーン」のニューストピックワード