51件中 41 - 50件表示
  • レオアクティブ

    レオアクティブから見たアドマイヤムーンアドマイヤムーン

    6月中山のスプリント戦でデビュー。松岡正海騎乗で馬っ気を出しながらも最速の上がりで3着。連闘で臨んだ同条件の未勝利戦で初勝利を挙げた。この勝利はアドマイヤムーン産駒のJRA初勝利となった。レオアクティブ フレッシュアイペディアより)

  • ダイワスカーレット

    ダイワスカーレットから見たアドマイヤムーンアドマイヤムーン

    この年内GI3勝に加え有馬記念2着、ダービー馬ウオッカにはGIで3回対戦してすべて先着したことが評価され、JRA賞年度代表馬の座こそ海外戦を含むGI3勝のアドマイヤムーンに譲ったものの、ウオッカを抑えてJRA賞最優秀3歳牝馬およびJRA賞最優秀父内国産馬を受賞した。JRA賞最優秀父内国産馬はこの年限りで廃止されており、本馬が最後の受賞馬となった。なお牝馬の有馬記念連対は1994年のヒシアマゾン以来13年ぶりであり、このレースで2003年のスティルインラブを抜いて牝馬のJRA年間獲得賞金額歴代1位となった。ダイワスカーレット フレッシュアイペディアより)

  • 京都記念

    京都記念から見たアドマイヤムーンアドマイヤムーン

    関西圏では日経新春杯に続く古馬の芝のGII競走であるが負担重量が別定なのでGI級の有力馬が年明け後の始動のレースとして出走するケースも多く、本競走から阪神大賞典や大阪杯をステップとして天皇賞(春)に向かう傾向がある。また、日程的にドバイミーティング(ドバイデューティーフリーやドバイシーマクラシックなど)、クイーンエリザベス2世カップのステップレースとなり、2007年にはアドマイヤムーンがこのレースとドバイデューティーフリーで連勝を飾った。京都記念 フレッシュアイペディアより)

  • 日本調教馬の日本国外への遠征

    日本調教馬の日本国外への遠征から見たアドマイヤムーンアドマイヤムーン

    2007年にはアドマイヤムーンがドバイデューティーフリーを制し、その後、日本国内で宝塚記念勝利後、高額でシェイク・モハメドが率いるダーレーグループに移籍した。また、シンガポール航空インターナショナルカップで、シャドウゲイト、コスモバルクが1、2着を占めた。日本調教馬の日本国外への遠征 フレッシュアイペディアより)

  • ブリーダーズゴールドカップ

    ブリーダーズゴールドカップから見たアドマイヤムーンアドマイヤムーン

    アドマイヤムーン賞(2008年 - 2010年)ブリーダーズゴールドカップ フレッシュアイペディアより)

  • ダイワメジャー

    ダイワメジャーから見たアドマイヤムーンアドマイヤムーン

    2007年は初の海外遠征で始動。ドバイデューティーフリーに出走し、いつものように先行策をとった。直線で早めに先頭に立つが、終始外を回らされたのが響いたのか、後方から追い込んできたアドマイヤムーンなどに交わされ3着に敗れた。日本に戻り、次の安田記念はスズカフェニックスに続く2番人気に支持される。レースでは先頭集団を見るような形で終始内側を走り、最後の直線で徐々に順位を上げてゆき、ゴール手前で逃げていたコンゴウリキシオーをクビ差で差し切り、安田記念3度目の挑戦にして悲願の初制覇を成し遂げた。前残りが多かったこの日の馬場を考え、丁寧にラチ沿いを走らせてロスを防いだ上、鞭を一発も入れずに腕の扱きだけで追った安藤の好騎乗も光った。また、この勝利でサンデーサイレンス産駒の安田記念初制覇も成し遂げた。また、皐月賞馬が6歳時にGIに優勝したのも初めてのことであるなど、記録ずくしの勝利であった。続いて第48回宝塚記念に出走。史上初の安田記念→宝塚記念制覇が期待され5番人気に支持されたが、馬体重が516kgと16kg減ったのが響き12着に大敗した。神経質な性格だったために前年リニューアルされた出張馬房の劣悪な環境に対応できず馬体重を大きく減らしてしまったとされる。レース後は社台ファームに放牧に出され、馬インフルエンザによる移動制限の影響で9月7日に帰厩した。輸送は他馬と感染しないように貸切で行われた。ダイワメジャー フレッシュアイペディアより)

  • タイキシャトル

    タイキシャトルから見たアドマイヤムーンアドマイヤムーン

    ファインチョイス - 牝、父アドマイヤムーン(函館2歳ステークス)タイキシャトル フレッシュアイペディアより)

  • 札幌2歳ステークス

    札幌2歳ステークスから見たアドマイヤムーンアドマイヤムーン

    1996年までは札幌競馬場→函館競馬場の順に開催していたため、2歳馬による最初の重賞競走として施行していたが、1997年に函館競馬場と開催順を入れ替えるとともに、2歳馬の距離体系の整備の一環として、施行距離が芝1800mに変更され、中央競馬北海道開催のフィナーレを飾る競走となった。夏競馬で唯一の2歳馬による中距離の重賞競走となったため、翌年のクラシック路線を占う意味で重要なステップレースとして位置づけられている。第35回優勝のジャングルポケット、第43回優勝のロジユニヴァースは翌年の日本ダービーを制覇し、また、第40回優勝のアドマイヤムーンはクラシック制覇こそならなかったが、古馬になってから中距離GIを3勝した。このほか、第35回3着のテイエムオーシャンは翌年の桜花賞と秋華賞、第46回2着のゴールドシップは翌年の皐月賞と菊花賞、第38回9着のスズカマンボは古馬になって天皇賞(春)を制している。札幌2歳ステークス フレッシュアイペディアより)

  • マイケイティーズ

    マイケイティーズから見たアドマイヤムーンアドマイヤムーン

    マイケイティーズとは日本生まれの繁殖牝馬である。1998年にノーザンファームで誕生したが、その後は競走馬とならず同牧場で繁殖牝馬となり、2003年にのちのGI優勝馬アドマイヤムーンを産んだ。マイケイティーズ フレッシュアイペディアより)

  • ノーザンファーム

    ノーザンファームから見たアドマイヤムーンアドマイヤムーン

    アドマイヤムーン(2003年産:2007年ドバイデューティーフリー、宝塚記念、ジャパンカップ)ノーザンファーム フレッシュアイペディアより)

51件中 41 - 50件表示

「アドマイヤムーン」のニューストピックワード