77件中 11 - 20件表示
  • アドマイヤムーン

    アドマイヤムーンから見たサクラメガワンダー

    2005年7月10日、函館競馬場の第5競走でデビューし、5番人気ながらも勝利を挙げる。以降本田優とコンビを組み、クローバー賞と札幌2歳ステークスを勝利し3連勝したが、4戦目のラジオたんぱ杯2歳ステークスでは1番人気に推されるもサクラメガワンダーに交わされハナ差の2着に終わり、初の敗北を喫した。アドマイヤムーン フレッシュアイペディアより)

  • アドマイヤムーン

    アドマイヤムーンから見た天皇賞

    夏には札幌記念に出走。このレースで初の古馬との対決となったが、後方から差し切り勝利を収めクラシックでの雪辱を果たした。鞍上の武豊は「札幌記念から馬が変わってきた」と振り返っており、その後も安定した成績をおさめていることからしてもこの頃から本格化してきたといえるだろう。次走は菊花賞ではなく、天皇賞(秋)に出走した。しかし後方から追い込んできたものの届かず3着に敗れた。その後香港カップに出走。凱旋門賞2着馬のプライドに僅かの差で2着に敗れた。アドマイヤムーン フレッシュアイペディアより)

  • アドマイヤムーン

    アドマイヤムーンから見た凱旋門賞

    夏には札幌記念に出走。このレースで初の古馬との対決となったが、後方から差し切り勝利を収めクラシックでの雪辱を果たした。鞍上の武豊は「札幌記念から馬が変わってきた」と振り返っており、その後も安定した成績をおさめていることからしてもこの頃から本格化してきたといえるだろう。次走は菊花賞ではなく、天皇賞(秋)に出走した。しかし後方から追い込んできたものの届かず3着に敗れた。その後香港カップに出走。凱旋門賞2着馬のプライドに僅かの差で2着に敗れた。アドマイヤムーン フレッシュアイペディアより)

  • アドマイヤムーン

    アドマイヤムーンから見た重賞

    2006年の初戦は共同通信杯。この競走から武豊に乗り替わった。フサイチリシャールの2番人気に推される。1番人気のフサイチリシャールが先行するが、最後の直線で差しきり重賞2勝目をあげた。続いての弥生賞では唯一敗戦を喫したサクラメガワンダーなどを相手に最後の直線で差し切り勝利、皐月賞の優先出走権を得た。武豊が無敗での皐月賞出走となったフサイチジャンクとどちらに騎乗するか注目されたが、アドマイヤムーンに騎乗することが決定した。しかし、結果はメイショウサムソンの4着に敗れフサイチジャンクにも先着を許してしまった。アドマイヤムーン フレッシュアイペディアより)

  • アドマイヤムーン

    アドマイヤムーンから見たアドマイヤキッス

    さらに次走東京優駿(日本ダービー)でもアドマイヤメインとどちらに騎乗するかが注目されたが武豊はアドマイヤムーンに騎乗した(調教師から「アドマイヤ頼むな」と言われ、武豊はその前の週のアドマイヤキッスのことだと思って返事したらムーンに乗ることになっていたと武豊TVで本人が言っている)。結果はまたしてもメイショウサムソンの7着に敗れ、アドマイヤメインにも先着を許す結果となってしまった。アドマイヤムーン フレッシュアイペディアより)

  • アドマイヤムーン

    アドマイヤムーンから見たディープインパクト (競走馬)

    香港カップ後、馬主の近藤利一はアドマイヤムーンをこの年の有馬記念に出走させると発言。実際に僚馬のアドマイヤメイン、アドマイヤフジとともに有馬記念に登録した。ディープインパクトの引退レースであったが、近藤がこの年の天皇賞を前に「ディープが(天皇賞に)出走しても豊は譲らん!」と発言していたため出走した場合、武豊がどちらを選択するのか話題になったが結局、アドマイヤムーンは回避した。アドマイヤムーン フレッシュアイペディアより)

  • アドマイヤムーン

    アドマイヤムーンから見たダイワメジャー

    2007年は京都記念からスタートした。59kgの斤量を背負い、また有馬記念2着のポップロックが出走したこともあってポップロックに次ぐ2番人気に留まった。しかしレースでは中団から鋭く伸び、最後はポップロックの追い込みをクビ差だけ粘り切り勝利を収めた。その後ドバイデューティーフリーに出走し、ダイワメジャーやこの年のブリーダーズカップ・ターフを制するイングリッシュチャンネル、リンガリといった強豪を抑えて勝利。悲願のG1初制覇は海外遠征によるもので、このレースでのレーティングは125ポンドと評価された。その後、日本では未だ異例とも言える海外を転戦するローテーションを組み、ドバイから日本へは戻らず直接香港に移動し、香港G1・クイーンエリザベス2世カップに出走した。しかし、後方から追い込むもスローペースのレース展開があわず、3着に終わる。アドマイヤムーン フレッシュアイペディアより)

  • アドマイヤムーン

    アドマイヤムーンから見たジャパンカップ

    アドマイヤムーン(英語表記:、香港表記:)とは日本中央競馬会に所属していた競走馬である。2007年のドバイデューティーフリー、宝塚記念、ジャパンカップなどに優勝し、同年の年度代表馬に選出された。2008年春からは種牡馬として供用されている。JRAによるヒーロー列伝のキャッチコピーは「世界が見上げた月。」アドマイヤムーン フレッシュアイペディアより)

  • アドマイヤムーン

    アドマイヤムーンから見たメイショウサムソン

    2006年の初戦は共同通信杯。この競走から武豊に乗り替わった。フサイチリシャールの2番人気に推される。1番人気のフサイチリシャールが先行するが、最後の直線で差しきり重賞2勝目をあげた。続いての弥生賞では唯一敗戦を喫したサクラメガワンダーなどを相手に最後の直線で差し切り勝利、皐月賞の優先出走権を得た。武豊が無敗での皐月賞出走となったフサイチジャンクとどちらに騎乗するか注目されたが、アドマイヤムーンに騎乗することが決定した。しかし、結果はメイショウサムソンの4着に敗れフサイチジャンクにも先着を許してしまった。アドマイヤムーン フレッシュアイペディアより)

  • アドマイヤムーン

    アドマイヤムーンから見たエリザベス女王杯

    近親には、曾祖母・Katiesを母に持つヒシアマゾン(エリザベス女王杯等)やスリープレスナイト(スプリンターズステークス)がいる。アドマイヤムーン フレッシュアイペディアより)

77件中 11 - 20件表示

「アドマイヤムーン」のニューストピックワード