101件中 21 - 30件表示
  • アドマイヤムーン

    アドマイヤムーンから見た宝塚記念

    アドマイヤムーン(英語表記:、香港表記:)とは日本中央競馬会に所属していた競走馬である。2007年のドバイデューティーフリー、宝塚記念、ジャパンカップなどに優勝し、同年の年度代表馬に選出された。2008年春からは種牡馬として供用されている。JRAによるヒーロー列伝のキャッチコピーは「世界が見上げた月。」アドマイヤムーン フレッシュアイペディアより)

  • アドマイヤムーン

    アドマイヤムーンから見た天皇賞

    夏には札幌記念に出走。このレースで初の古馬との対決となったが、後に鞍上の武が「札幌記念から馬が変わってきた」と振り返った通りに後方から差し切り勝利を収め、クラシックでの雪辱を果たした。次走は菊花賞ではなく、天皇賞(秋)に出走した。しかし後方から追い込んできたものの届かず3着に敗れた。その後香港カップに出走。凱旋門賞2着馬のプライドに僅かの差で2着に敗れた。アドマイヤムーン フレッシュアイペディアより)

  • アドマイヤムーン

    アドマイヤムーンから見た凱旋門賞

    夏には札幌記念に出走。このレースで初の古馬との対決となったが、後に鞍上の武が「札幌記念から馬が変わってきた」と振り返った通りに後方から差し切り勝利を収め、クラシックでの雪辱を果たした。次走は菊花賞ではなく、天皇賞(秋)に出走した。しかし後方から追い込んできたものの届かず3着に敗れた。その後香港カップに出走。凱旋門賞2着馬のプライドに僅かの差で2着に敗れた。アドマイヤムーン フレッシュアイペディアより)

  • アドマイヤムーン

    アドマイヤムーンから見た小倉サマージャンプ

    オースミムーン(2013年小倉サマージャンプ、阪神ジャンプステークス、東京ハイジャンプ、2014年京都ジャンプステークス、2015年東京ジャンプステークス、阪神ジャンプステークス)アドマイヤムーン フレッシュアイペディアより)

  • アドマイヤムーン

    アドマイヤムーンから見た馬インフルエンザ

    レース後は天皇賞(秋)を目指して山元トレーニングセンターに放牧中だった7月27日に「ダーレー・グループ」の日本法人であるダーレー・ジャパンによる所有権移転が明らかとなり、8月9日に所有権の移譲が日本中央競馬会によって行われた。この結果、日本国内での馬主変更という形となり、厩舎も従来の松田博資厩舎所属のままとなった。8月26日には前哨戦を使わずに第136回天皇賞へ直行することが発表された。当馬はその後ノーザンファームに移動し、9月14日に帰厩した。10月12日に発表されたトップ50ワールドリーディングホースでは、宝塚記念を制したことにより122ポンドの評価を得て15位タイとなった。なお、昨年と同じく香港カップに予備登録を行っていたが、10月23日に馬インフルエンザの影響で検疫期間が1ヶ月かかることから回避することとなった。アドマイヤムーン フレッシュアイペディアより)

  • アドマイヤムーン

    アドマイヤムーンから見た2009年

    2008年2月18日に種牡馬入り後初めての展示会に参加し、競走馬時代よりも約50kg増えた530kgで登場した。父エンドスウィープと相性の良かった繁殖牝馬との交配も行われる。初年度の種付け料は500万円と設定され、初年度には300頭を超える種付け希望から厳選した138頭の牝馬との種付けを行い、種付け頭数を抑えたため受胎率も極めて良好である。なお、種牡馬生活2年目となる2009年の種付け料は400万円(出生条件:産駒誕生後30日以内支払)に設定された。また、この年は前年に申込のオファーを絞りすぎた反省からか、種付け頭数を大きく増やして195頭の牝馬との種付けを行った。アドマイヤムーン フレッシュアイペディアより)

  • アドマイヤムーン

    アドマイヤムーンから見たダーレー・ジャパン

    レース後は天皇賞(秋)を目指して山元トレーニングセンターに放牧中だった7月27日に「ダーレー・グループ」の日本法人であるダーレー・ジャパンによる所有権移転が明らかとなり、8月9日に所有権の移譲が日本中央競馬会によって行われた。この結果、日本国内での馬主変更という形となり、厩舎も従来の松田博資厩舎所属のままとなった。8月26日には前哨戦を使わずに第136回天皇賞へ直行することが発表された。当馬はその後ノーザンファームに移動し、9月14日に帰厩した。10月12日に発表されたトップ50ワールドリーディングホースでは、宝塚記念を制したことにより122ポンドの評価を得て15位タイとなった。なお、昨年と同じく香港カップに予備登録を行っていたが、10月23日に馬インフルエンザの影響で検疫期間が1ヶ月かかることから回避することとなった。アドマイヤムーン フレッシュアイペディアより)

  • アドマイヤムーン

    アドマイヤムーンから見たダーレー・ジャパン・スタリオン・コンプレックス

    そして迎えた天皇賞(秋)では4ヶ月ぶりの実戦ながら2番人気に支持され、鞍上にかつての主戦騎手・武豊を迎えたメイショウサムソンとの今年2度目の対決であったが、直線で他馬からの走行妨害があったことも響き6着という結果に終わり、圧勝したメイショウサムソンとは対照的な結果となった。このレースの後の10月31日に、2008年からダーレー・ジャパン・スタリオン・コンプレックスにて種牡馬入りし、初年度の種付料が同場最高額の500万円(受胎確認後9月末日支払い、フリーリターン特約付き)となること、天皇賞(秋)で他馬と接触した影響がなかったことから、11月25日のジャパンカップに出走することが発表された。また、11月4日に発表されたトップ50ワールドリーディングホースでは、前回と同じ122ポンドの評価を得たが、順位は17位タイとなった。アドマイヤムーン フレッシュアイペディアより)

  • アドマイヤムーン

    アドマイヤムーンから見た有馬記念

    香港カップ後、馬主の近藤利一はアドマイヤムーンをこの年の有馬記念に出走させると発言。実際に僚馬のアドマイヤメイン、アドマイヤフジとともに有馬記念に登録した。ディープインパクトの引退レースであったが、近藤がこの年の天皇賞を前に「ディープが(天皇賞に)出走しても豊は譲らん!」と発言していたため出走した場合、武豊がどちらを選択するのか話題になったが結局、アドマイヤムーンは回避した。アドマイヤムーン フレッシュアイペディアより)

  • アドマイヤムーン

    アドマイヤムーンから見た高松宮記念 (競馬)

    セイウンコウセイ (2017年高松宮記念アドマイヤムーン フレッシュアイペディアより)

101件中 21 - 30件表示

「アドマイヤムーン」のニューストピックワード