77件中 31 - 40件表示
  • アドマイヤムーン

    アドマイヤムーンから見たイングリッシュチャンネル

    2007年は京都記念からスタートした。59kgの斤量を背負い、また有馬記念2着のポップロックが出走したこともあってポップロックに次ぐ2番人気に留まった。しかしレースでは中団から鋭く伸び、最後はポップロックの追い込みをクビ差だけ粘り切り勝利を収めた。その後ドバイデューティーフリーに出走し、ダイワメジャーやこの年のブリーダーズカップ・ターフを制するイングリッシュチャンネル、リンガリといった強豪を抑えて勝利。悲願のG1初制覇は海外遠征によるもので、このレースでのレーティングは125ポンドと評価された。その後、日本では未だ異例とも言える海外を転戦するローテーションを組み、ドバイから日本へは戻らず直接香港に移動し、香港G1・クイーンエリザベス2世カップに出走した。しかし、後方から追い込むもスローペースのレース展開があわず、3着に終わる。アドマイヤムーン フレッシュアイペディアより)

  • アドマイヤムーン

    アドマイヤムーンから見たブリーダーズカップ・ターフ

    2007年は京都記念からスタートした。59kgの斤量を背負い、また有馬記念2着のポップロックが出走したこともあってポップロックに次ぐ2番人気に留まった。しかしレースでは中団から鋭く伸び、最後はポップロックの追い込みをクビ差だけ粘り切り勝利を収めた。その後ドバイデューティーフリーに出走し、ダイワメジャーやこの年のブリーダーズカップ・ターフを制するイングリッシュチャンネル、リンガリといった強豪を抑えて勝利。悲願のG1初制覇は海外遠征によるもので、このレースでのレーティングは125ポンドと評価された。その後、日本では未だ異例とも言える海外を転戦するローテーションを組み、ドバイから日本へは戻らず直接香港に移動し、香港G1・クイーンエリザベス2世カップに出走した。しかし、後方から追い込むもスローペースのレース展開があわず、3着に終わる。アドマイヤムーン フレッシュアイペディアより)

  • アドマイヤムーン

    アドマイヤムーンから見た種牡馬

    アドマイヤムーン(英語表記:、香港表記:)とは日本中央競馬会に所属していた競走馬である。2007年のドバイデューティーフリー、宝塚記念、ジャパンカップなどに優勝し、同年の年度代表馬に選出された。2008年春からは種牡馬として供用されている。JRAによるヒーロー列伝のキャッチコピーは「世界が見上げた月。」アドマイヤムーン フレッシュアイペディアより)

  • アドマイヤムーン

    アドマイヤムーンから見た京成杯オータムハンデキャップ

    レオアクティブ(京王杯2歳ステークス、京成杯オータムハンデキャップアドマイヤムーン フレッシュアイペディアより)

  • アドマイヤムーン

    アドマイヤムーンから見たスリープレスナイト

    近親には、曾祖母・Katiesを母に持つヒシアマゾン(エリザベス女王杯等)やスリープレスナイト(スプリンターズステークス)がいる。アドマイヤムーン フレッシュアイペディアより)

  • アドマイヤムーン

    アドマイヤムーンから見たJRA賞最優秀4歳以上牡馬

    2008年、2007年度のJRA賞が1月5日に発表され、年度代表馬とJRA賞最優秀4歳以上牡馬を受賞した。また1月15日には2007年度のワールド・サラブレッド・レースホース・ランキングが発表され、日本馬最高の125ポンドを獲得し、ブリーダーズカップ・ターフを制したイングリッシュチャンネル(English Channel)とアイリッシュダービーを9馬身差で制したソルジャーオブフォーチュン(Soldier of Fortune)と並ぶ総合7位タイにランキングした。4月4日に発表されたトップ50ワールドリーディングホース(対象期間は2007年10月1日から2008年3月31日までのレース)では、123ポンドの評価を得て日本馬最上位の第5位タイとなった。アドマイヤムーン フレッシュアイペディアより)

  • アドマイヤムーン

    アドマイヤムーンから見たドバイデューティーフリー

    アドマイヤムーン(英語表記:、香港表記:)とは日本中央競馬会に所属していた競走馬である。2007年のドバイデューティーフリー、宝塚記念、ジャパンカップなどに優勝し、同年の年度代表馬に選出された。2008年春からは種牡馬として供用されている。JRAによるヒーロー列伝のキャッチコピーは「世界が見上げた月。」アドマイヤムーン フレッシュアイペディアより)

  • アドマイヤムーン

    アドマイヤムーンから見たアドマイヤメイン

    さらに次走東京優駿(日本ダービー)でもアドマイヤメインとどちらに騎乗するかが注目されたが武豊はアドマイヤムーンに騎乗した(調教師から「アドマイヤ頼むな」と言われ、武豊はその前の週のアドマイヤキッスのことだと思って返事したらムーンに乗ることになっていたと武豊TVで本人が言っている)。結果はまたしてもメイショウサムソンの7着に敗れ、アドマイヤメインにも先着を許す結果となってしまった。アドマイヤムーン フレッシュアイペディアより)

  • アドマイヤムーン

    アドマイヤムーンから見た第52回有馬記念

    ジャパンカップでは前走敗れたことや、距離不安をささやかれていたこともあり5番人気にとどまる。掛かったことも影響してか道中は普段よりも前に位置し、ロスの少ない内側を通って直線で早めに先頭に立つと、最後はポップロックの追撃をアタマ差しのぎきり勝利を飾った。大方の予想では後方からレースを進めると予想されたが、それとは違い先行して押し切るという今までとは違う勝ち方を見せた。レース後、このレースをもって現役を引退することが発表され、2007年12月4日付で競走馬登録を抹消、翌12月5日に北海道のダーレー・ジャパン・スタリオン・コンプレックスに移動した。なお、アドマイヤムーン自身の登録抹消年月日は12月4日となっているが、引退発表後の11月28日付でダーレー・ジャパン・ファームは中央競馬の馬主登録抹消手続きを行っている。ちなみに、出走に至らなかったが、12月6日に発表された有馬記念?ファン投票の最終結果で5位となる6万4886票を獲得した。アドマイヤムーン フレッシュアイペディアより)

  • アドマイヤムーン

    アドマイヤムーンから見たキログラム

    2007年は京都記念からスタートした。59kgの斤量を背負い、また有馬記念2着のポップロックが出走したこともあってポップロックに次ぐ2番人気に留まった。しかしレースでは中団から鋭く伸び、最後はポップロックの追い込みをクビ差だけ粘り切り勝利を収めた。その後ドバイデューティーフリーに出走し、ダイワメジャーやこの年のブリーダーズカップ・ターフを制するイングリッシュチャンネル、リンガリといった強豪を抑えて勝利。悲願のG1初制覇は海外遠征によるもので、このレースでのレーティングは125ポンドと評価された。その後、日本では未だ異例とも言える海外を転戦するローテーションを組み、ドバイから日本へは戻らず直接香港に移動し、香港G1・クイーンエリザベス2世カップに出走した。しかし、後方から追い込むもスローペースのレース展開があわず、3着に終わる。アドマイヤムーン フレッシュアイペディアより)

77件中 31 - 40件表示

「アドマイヤムーン」のニューストピックワード