101件中 41 - 50件表示
  • アドマイヤムーン

    アドマイヤムーンから見た函館競馬場

    2005年7月10日、函館競馬場の第5競走でデビューし、5番人気ながらも勝利を挙げる。以降本田優とコンビを組み、クローバー賞と札幌2歳ステークスを勝利し3連勝したが、4戦目のラジオたんぱ杯2歳ステークスでは1番人気に推されるもサクラメガワンダーに交わされハナ差の2着に終わり、初の敗北を喫した。アドマイヤムーン フレッシュアイペディアより)

  • アドマイヤムーン

    アドマイヤムーンから見たファインチョイス

    2011年に初年度産駒がデビュー。同年の函館2歳ステークスをファインチョイスが優勝し、重賞初勝利をあげた。アドマイヤムーン フレッシュアイペディアより)

  • アドマイヤムーン

    アドマイヤムーンから見たソルジャーオブフォーチュン

    2007年度のJRA賞が 2008年 1月5日に発表され、年度代表馬とJRA賞最優秀4歳以上牡馬を受賞した。また1月15日には2007年度のワールド・サラブレッド・レースホース・ランキングが発表され、日本馬最高の125ポンドを獲得し、ブリーダーズカップ・ターフを制したイングリッシュチャンネル(English Channel)とアイリッシュダービーを9馬身差で制したソルジャーオブフォーチュン(Soldier of Fortune)と並ぶ総合7位タイにランキングした。4月4日に発表されたトップ50ワールドリーディングホース(対象期間は2007年10月1日から2008年3月31日までのレース)では、123ポンドの評価を得て日本馬最上位の第5位タイとなった。アドマイヤムーン フレッシュアイペディアより)

  • アドマイヤムーン

    アドマイヤムーンから見たローズステークス

    祖母ケイティーズファーストの孫にダガーズアラベスク(東京2歳優駿牝馬など)、曾祖母Katiesの仔にヒシアマゾン(エリザベス女王杯等)、ヒシナイル(フェアリーステークス)、ヒシピナクル(ローズステークス)、Katiesの孫スリープレスナイト(スプリンターズステークス)がいる。その他近親馬については、ケイティーズを参照。アドマイヤムーン フレッシュアイペディアより)

  • アドマイヤムーン

    アドマイヤムーンから見た主戦騎手

    帰国後は第48回宝塚記念に向け調整が進められたが武豊の降板が決定し、岩田康誠への乗り替りとなった(それまでの主戦騎手だった武豊はポップロックに騎乗した)。道中はメイショウサムソンをマークする形で中団を進み最後の直線ではいち早く抜け出していたメイショウサムソンが馬体を合わせてきたが、残り100mあたりで振り切りメイショウサムソンに1/2馬身差をつけて国内GI初制覇を果たすと共に、皐月賞と日本ダービーで苦杯をなめたメイショウサムソンに雪辱を果たした。レースでのレーティングは前年の覇者ディープインパクトと同じ124ポンドと評価された。また、8月11日に発表されたJPNサラブレッドランキングの2007年度上半期において125ポンド(Mile)の評価を得た。アドマイヤムーン フレッシュアイペディアより)

  • アドマイヤムーン

    アドマイヤムーンから見たスリープレスナイト

    祖母ケイティーズファーストの孫にダガーズアラベスク(東京2歳優駿牝馬など)、曾祖母Katiesの仔にヒシアマゾン(エリザベス女王杯等)、ヒシナイル(フェアリーステークス)、ヒシピナクル(ローズステークス)、Katiesの孫スリープレスナイト(スプリンターズステークス)がいる。その他近親馬については、ケイティーズを参照。アドマイヤムーン フレッシュアイペディアより)

  • アドマイヤムーン

    アドマイヤムーンから見た京都ジャンプステークス

    オースミムーン(2013年小倉サマージャンプ、阪神ジャンプステークス、東京ハイジャンプ、2014年京都ジャンプステークス、2015年東京ジャンプステークス、阪神ジャンプステークス)アドマイヤムーン フレッシュアイペディアより)

  • アドマイヤムーン

    アドマイヤムーンから見たダーレーグループ

    Admire Moon | Japan - ダーレーグループアドマイヤムーン フレッシュアイペディアより)

  • アドマイヤムーン

    アドマイヤムーンから見たJRA賞最優秀4歳以上牡馬

    2007年度のJRA賞が 2008年 1月5日に発表され、年度代表馬とJRA賞最優秀4歳以上牡馬を受賞した。また1月15日には2007年度のワールド・サラブレッド・レースホース・ランキングが発表され、日本馬最高の125ポンドを獲得し、ブリーダーズカップ・ターフを制したイングリッシュチャンネル(English Channel)とアイリッシュダービーを9馬身差で制したソルジャーオブフォーチュン(Soldier of Fortune)と並ぶ総合7位タイにランキングした。4月4日に発表されたトップ50ワールドリーディングホース(対象期間は2007年10月1日から2008年3月31日までのレース)では、123ポンドの評価を得て日本馬最上位の第5位タイとなった。アドマイヤムーン フレッシュアイペディアより)

  • アドマイヤムーン

    アドマイヤムーンから見たシルクロードステークス

    ファインニードル(2017年セントウルステークス、2018年シルクロードステークス、高松宮記念)アドマイヤムーン フレッシュアイペディアより)

101件中 41 - 50件表示

「アドマイヤムーン」のニューストピックワード