101件中 61 - 70件表示
  • アドマイヤムーン

    アドマイヤムーンから見たOROターフスプリント

    コウセン(2017年桂樹杯、ハーベストカップ、OROターフスプリントアドマイヤムーン フレッシュアイペディアより)

  • アドマイヤムーン

    アドマイヤムーンから見た第52回有馬記念

    ジャパンカップでは前走敗れたことや、距離不安をささやかれていたこともあり5番人気にとどまる。掛かったことも影響してか道中は普段よりも前方でレースを進め、ロスの少ない内側を通って直線で早めに先頭に立つと、最後はポップロックの追撃をアタマ差しのぎきり勝利を飾った。大方の予想では後方からレースを進めると予想されたが、それとは違い先行して押し切るという新境地を見せた。レース後、このレースをもって現役を引退することが発表され、2007年12月4日付で競走馬登録を抹消、翌12月5日に北海道のダーレー・ジャパン・スタリオン・コンプレックスに移動した。なお、アドマイヤムーン自身の登録抹消年月日は12月4日となっているが、引退発表後の11月28日付でダーレー・ジャパン・ファームは中央競馬の馬主登録抹消手続きを行っている。ちなみに、出走に至らなかったが、12月6日に発表された有馬記念ファン投票の最終結果で5位となる6万4886票を獲得した。アドマイヤムーン フレッシュアイペディアより)

  • アドマイヤムーン

    アドマイヤムーンから見たキログラム

    2007年は京都記念からスタートした。59kgの斤量を背負い、また有馬記念2着のポップロックが出走したこともあってポップロックに次ぐ2番人気に留まった。しかしレースでは中団から鋭く伸び、最後はポップロックの追い込みをクビ差だけ粘り切り勝利を収めた。その後ドバイデューティーフリーに出走し、ダイワメジャーやこの年のブリーダーズカップ・ターフを制するイングリッシュチャンネル、リンガリといった強豪を抑えて勝利。悲願のG1初制覇は海外遠征によるもので、このレースでのレーティングは125ポンドと評価された。その後、日本では未だ異例とも言える海外を転戦するローテーションを組み、ドバイから日本へは戻らず直接香港に移動し、香港G1・クイーンエリザベス2世カップに出走した。しかし、後方から追い込むもスローペースのレース展開があわず、3着に終わる。アドマイヤムーン フレッシュアイペディアより)

  • アドマイヤムーン

    アドマイヤムーンから見た斤量

    2007年は京都記念からスタートした。59kgの斤量を背負い、また有馬記念2着のポップロックが出走したこともあってポップロックに次ぐ2番人気に留まった。しかしレースでは中団から鋭く伸び、最後はポップロックの追い込みをクビ差だけ粘り切り勝利を収めた。その後ドバイデューティーフリーに出走し、ダイワメジャーやこの年のブリーダーズカップ・ターフを制するイングリッシュチャンネル、リンガリといった強豪を抑えて勝利。悲願のG1初制覇は海外遠征によるもので、このレースでのレーティングは125ポンドと評価された。その後、日本では未だ異例とも言える海外を転戦するローテーションを組み、ドバイから日本へは戻らず直接香港に移動し、香港G1・クイーンエリザベス2世カップに出走した。しかし、後方から追い込むもスローペースのレース展開があわず、3着に終わる。アドマイヤムーン フレッシュアイペディアより)

  • アドマイヤムーン

    アドマイヤムーンから見た東京2歳優駿牝馬

    祖母ケイティーズファーストの孫にダガーズアラベスク(東京2歳優駿牝馬など)、曾祖母Katiesの仔にヒシアマゾン(エリザベス女王杯等)、ヒシナイル(フェアリーステークス)、ヒシピナクル(ローズステークス)、Katiesの孫スリープレスナイト(スプリンターズステークス)がいる。その他近親馬については、ケイティーズを参照。アドマイヤムーン フレッシュアイペディアより)

  • アドマイヤムーン

    アドマイヤムーンから見た東京ジャンプステークス

    オースミムーン(2013年小倉サマージャンプ、阪神ジャンプステークス、東京ハイジャンプ、2014年京都ジャンプステークス、2015年東京ジャンプステークス、阪神ジャンプステークス)アドマイヤムーン フレッシュアイペディアより)

  • アドマイヤムーン

    アドマイヤムーンから見たプライド (競走馬)

    夏には札幌記念に出走。このレースで初の古馬との対決となったが、後に鞍上の武が「札幌記念から馬が変わってきた」と振り返った通りに後方から差し切り勝利を収め、クラシックでの雪辱を果たした。次走は菊花賞ではなく、天皇賞(秋)に出走した。しかし後方から追い込んできたものの届かず3着に敗れた。その後香港カップに出走。凱旋門賞2着馬のプライドに僅かの差で2着に敗れた。アドマイヤムーン フレッシュアイペディアより)

  • アドマイヤムーン

    アドマイヤムーンから見たオースミムーン

    オースミムーン(2013年小倉サマージャンプ、阪神ジャンプステークス、東京ハイジャンプ、2014年京都ジャンプステークス、2015年東京ジャンプステークス、阪神ジャンプステークス)アドマイヤムーン フレッシュアイペディアより)

  • アドマイヤムーン

    アドマイヤムーンから見た共同通信杯

    2006年の初戦は共同通信杯。この競走から武豊に乗り替わった。フサイチリシャールの2番人気に推される。1番人気のフサイチリシャールが先行するが、最後の直線で差しきり重賞2勝目をあげた。続いての弥生賞では唯一敗戦を喫したサクラメガワンダーなどを相手に最後の直線で差し切り勝利、皐月賞の優先出走権を得た。武豊が無敗での皐月賞出走となったフサイチジャンクとどちらに騎乗するか注目されたが、アドマイヤムーンに騎乗することが決定した。しかし、結果はメイショウサムソンの4着に敗れフサイチジャンクにも先着を許してしまった。アドマイヤムーン フレッシュアイペディアより)

  • アドマイヤムーン

    アドマイヤムーンから見たメートル

    帰国後は第48回宝塚記念に向け調整が進められたが武豊の降板が決定し、岩田康誠への乗り替りとなった(それまでの主戦騎手だった武豊はポップロックに騎乗した)。道中はメイショウサムソンをマークする形で中団を進み最後の直線ではいち早く抜け出していたメイショウサムソンが馬体を合わせてきたが、残り100mあたりで振り切りメイショウサムソンに1/2馬身差をつけて国内GI初制覇を果たすと共に、皐月賞と日本ダービーで苦杯をなめたメイショウサムソンに雪辱を果たした。レースでのレーティングは前年の覇者ディープインパクトと同じ124ポンドと評価された。また、8月11日に発表されたJPNサラブレッドランキングの2007年度上半期において125ポンド(Mile)の評価を得た。アドマイヤムーン フレッシュアイペディアより)

101件中 61 - 70件表示

「アドマイヤムーン」のニューストピックワード