77件中 61 - 70件表示
  • アドマイヤムーン

    アドマイヤムーンから見た函館競馬場

    2005年7月10日、函館競馬場の第5競走でデビューし、5番人気ながらも勝利を挙げる。以降本田優とコンビを組み、クローバー賞と札幌2歳ステークスを勝利し3連勝したが、4戦目のラジオたんぱ杯2歳ステークスでは1番人気に推されるもサクラメガワンダーに交わされハナ差の2着に終わり、初の敗北を喫した。アドマイヤムーン フレッシュアイペディアより)

  • アドマイヤムーン

    アドマイヤムーンから見たソルジャーオブフォーチュン

    2008年、2007年度のJRA賞が1月5日に発表され、年度代表馬とJRA賞最優秀4歳以上牡馬を受賞した。また1月15日には2007年度のワールド・サラブレッド・レースホース・ランキングが発表され、日本馬最高の125ポンドを獲得し、ブリーダーズカップ・ターフを制したイングリッシュチャンネル(English Channel)とアイリッシュダービーを9馬身差で制したソルジャーオブフォーチュン(Soldier of Fortune)と並ぶ総合7位タイにランキングした。4月4日に発表されたトップ50ワールドリーディングホース(対象期間は2007年10月1日から2008年3月31日までのレース)では、123ポンドの評価を得て日本馬最上位の第5位タイとなった。アドマイヤムーン フレッシュアイペディアより)

  • アドマイヤムーン

    アドマイヤムーンから見た主戦騎手

    帰国後は第48回宝塚記念に向け調整が進められたが武豊の降板が決定し、岩田康誠への乗り替りとなった(それまでの主戦騎手だった武豊はポップロックに騎乗した)。道中はメイショウサムソンをマークする形で中団を進み最後の直線ではいち早く抜け出していたメイショウサムソンが馬体を合わせてきたが、残り100mあたりで振り切りメイショウサムソンに1/2馬身差をつけて国内GI初制覇を果たすと共に、皐月賞と日本ダービーで苦杯をなめたメイショウサムソンに雪辱を果たした。レースでのレーティングは前年の覇者ディープインパクトと同じ124ポンドと評価された。また、8月11日に発表されたJPNサラブレッドランキングの2007年度上半期において125ポンド(Mile)の評価を得た。アドマイヤムーン フレッシュアイペディアより)

  • アドマイヤムーン

    アドマイヤムーンから見たダーレーグループ

    Admire Moon | Japan - ダーレーグループアドマイヤムーン フレッシュアイペディアより)

  • アドマイヤムーン

    アドマイヤムーンから見た古馬

    夏には札幌記念に出走。このレースで初の古馬との対決となったが、後方から差し切り勝利を収めクラシックでの雪辱を果たした。鞍上の武豊は「札幌記念から馬が変わってきた」と振り返っており、その後も安定した成績をおさめていることからしてもこの頃から本格化してきたといえるだろう。次走は菊花賞ではなく、天皇賞(秋)に出走した。しかし後方から追い込んできたものの届かず3着に敗れた。その後香港カップに出走。凱旋門賞2着馬のプライドに僅かの差で2着に敗れた。アドマイヤムーン フレッシュアイペディアより)

  • アドマイヤムーン

    アドマイヤムーンから見た第136回天皇賞

    レース後は天皇賞(秋)を目指して山元トレーニングセンターに放牧中だった7月27日に「ダーレー・グループ」の日本法人であるダーレー・ジャパンによる所有権移転が明らかとなり、8月9日に所有権の移譲が日本中央競馬会によって行われた。この結果、日本国内での馬主変更という形となり、厩舎も従来の松田博資厩舎所属のままとなった。8月26日にはトライアルを使わずに第136回天皇賞へ直行することが発表された。当馬はその後ノーザンファームに移動し、9月14日に帰厩した。10月12日に発表されたトップ50ワールドリーディングホースでは、宝塚記念を制したことにより122ポンドの評価を得て15位タイとなった。なお、昨年と同じく香港カップに予備登録を行っていたが、10月23日に馬インフルエンザの影響で検疫期間が1ヶ月かかることから回避することとなった。アドマイヤムーン フレッシュアイペディアより)

  • アドマイヤムーン

    アドマイヤムーンから見たフレンチデピュティ

    2007年のセレクトセールで半弟が高額で落札され話題となった。1日目にアドマイヤコブラ(父・フレンチデピュティ)が2億5000万円、2日目にアドマイヤガッツ(父・クロフネ)が3億円という価格で同じく近藤利一オーナーに落札された。アドマイヤムーン フレッシュアイペディアより)

  • アドマイヤムーン

    アドマイヤムーンから見たラジオNIKKEI杯2歳ステークス

    2005年7月10日、函館競馬場の第5競走でデビューし、5番人気ながらも勝利を挙げる。以降本田優とコンビを組み、クローバー賞と札幌2歳ステークスを勝利し3連勝したが、4戦目のラジオたんぱ杯2歳ステークスでは1番人気に推されるもサクラメガワンダーに交わされハナ差の2着に終わり、初の敗北を喫した。アドマイヤムーン フレッシュアイペディアより)

  • アドマイヤムーン

    アドマイヤムーンから見たクラシック (競馬)

    夏には札幌記念に出走。このレースで初の古馬との対決となったが、後方から差し切り勝利を収めクラシックでの雪辱を果たした。鞍上の武豊は「札幌記念から馬が変わってきた」と振り返っており、その後も安定した成績をおさめていることからしてもこの頃から本格化してきたといえるだろう。次走は菊花賞ではなく、天皇賞(秋)に出走した。しかし後方から追い込んできたものの届かず3着に敗れた。その後香港カップに出走。凱旋門賞2着馬のプライドに僅かの差で2着に敗れた。アドマイヤムーン フレッシュアイペディアより)

  • アドマイヤムーン

    アドマイヤムーンから見た第27回ジャパンカップ

    そして迎えた天皇賞(秋)では4ヶ月ぶりの実戦ながら2番人気に支持され、鞍上にかつてのアドマイヤムーンの主戦騎手武豊を迎えたライバル・メイショウサムソンとの今年2度目の対決であったが直線で他馬の走行妨害の被害も重なって6着という結果に終わり、圧勝したメイショウサムソンとは対照的な結果となった。このレースの後の10月31日に、2008年からダーレー・ジャパン・スタリオン・コンプレックスにて種牡馬入りし、初年度の種付料が同場最高額の500万円(受胎確認後9月末日支払い、フリーリターン特約付き)となること、天皇賞(秋)で他馬と接触した影響がなかったことから、11月25日のジャパンカップに出走することが発表された。また、11月4日に発表されたトップ50ワールドリーディングホースでは、前回と同じ122ポンドの評価を得たが、順位は17位タイとなった。アドマイヤムーン フレッシュアイペディアより)

77件中 61 - 70件表示

「アドマイヤムーン」のニューストピックワード