101件中 71 - 80件表示
  • アドマイヤムーン

    アドマイヤムーンから見たフサイチジャンク

    2006年の初戦は共同通信杯。この競走から武豊に乗り替わった。フサイチリシャールの2番人気に推される。1番人気のフサイチリシャールが先行するが、最後の直線で差しきり重賞2勝目をあげた。続いての弥生賞では唯一敗戦を喫したサクラメガワンダーなどを相手に最後の直線で差し切り勝利、皐月賞の優先出走権を得た。武豊が無敗での皐月賞出走となったフサイチジャンクとどちらに騎乗するか注目されたが、アドマイヤムーンに騎乗することが決定した。しかし、結果はメイショウサムソンの4着に敗れフサイチジャンクにも先着を許してしまった。アドマイヤムーン フレッシュアイペディアより)

  • アドマイヤムーン

    アドマイヤムーンから見た弥生賞

    2006年の初戦は共同通信杯。この競走から武豊に乗り替わった。フサイチリシャールの2番人気に推される。1番人気のフサイチリシャールが先行するが、最後の直線で差しきり重賞2勝目をあげた。続いての弥生賞では唯一敗戦を喫したサクラメガワンダーなどを相手に最後の直線で差し切り勝利、皐月賞の優先出走権を得た。武豊が無敗での皐月賞出走となったフサイチジャンクとどちらに騎乗するか注目されたが、アドマイヤムーンに騎乗することが決定した。しかし、結果はメイショウサムソンの4着に敗れフサイチジャンクにも先着を許してしまった。アドマイヤムーン フレッシュアイペディアより)

  • アドマイヤムーン

    アドマイヤムーンから見た第48回宝塚記念

    帰国後は第48回宝塚記念に向け調整が進められたが武豊の降板が決定し、岩田康誠への乗り替りとなった(それまでの主戦騎手だった武豊はポップロックに騎乗した)。道中はメイショウサムソンをマークする形で中団を進み最後の直線ではいち早く抜け出していたメイショウサムソンが馬体を合わせてきたが、残り100mあたりで振り切りメイショウサムソンに1/2馬身差をつけて国内GI初制覇を果たすと共に、皐月賞と日本ダービーで苦杯をなめたメイショウサムソンに雪辱を果たした。レースでのレーティングは前年の覇者ディープインパクトと同じ124ポンドと評価された。また、8月11日に発表されたJPNサラブレッドランキングの2007年度上半期において125ポンド(Mile)の評価を得た。アドマイヤムーン フレッシュアイペディアより)

  • アドマイヤムーン

    アドマイヤムーンから見た朝日チャレンジカップ

    アルキメデス(2013年朝日チャレンジカップアドマイヤムーン フレッシュアイペディアより)

  • アドマイヤムーン

    アドマイヤムーンから見た阪神ジャンプステークス

    オースミムーン(2013年小倉サマージャンプ、阪神ジャンプステークス、東京ハイジャンプ、2014年京都ジャンプステークス、2015年東京ジャンプステークス、阪神ジャンプステークス)アドマイヤムーン フレッシュアイペディアより)

  • アドマイヤムーン

    アドマイヤムーンから見た英語

    アドマイヤムーン(英語表記:、香港表記:)とは日本中央競馬会に所属していた競走馬である。2007年のドバイデューティーフリー、宝塚記念、ジャパンカップなどに優勝し、同年の年度代表馬に選出された。2008年春からは種牡馬として供用されている。JRAによるヒーロー列伝のキャッチコピーは「世界が見上げた月。」アドマイヤムーン フレッシュアイペディアより)

  • アドマイヤムーン

    アドマイヤムーンから見た繁殖牝馬

    2008年2月18日に種牡馬入り後初めての展示会に参加し、競走馬時代よりも約50kg増えた530kgで登場した。父エンドスウィープと相性の良かった繁殖牝馬との交配も行われる。初年度の種付け料は500万円と設定され、初年度には300頭を超える種付け希望から厳選した138頭の牝馬との種付けを行い、種付け頭数を抑えたため受胎率も極めて良好である。なお、種牡馬生活2年目となる2009年の種付け料は400万円(出生条件:産駒誕生後30日以内支払)に設定された。また、この年は前年に申込のオファーを絞りすぎた反省からか、種付け頭数を大きく増やして195頭の牝馬との種付けを行った。アドマイヤムーン フレッシュアイペディアより)

  • アドマイヤムーン

    アドマイヤムーンから見たフサイチリシャール

    2006年の初戦は共同通信杯。この競走から武豊に乗り替わった。フサイチリシャールの2番人気に推される。1番人気のフサイチリシャールが先行するが、最後の直線で差しきり重賞2勝目をあげた。続いての弥生賞では唯一敗戦を喫したサクラメガワンダーなどを相手に最後の直線で差し切り勝利、皐月賞の優先出走権を得た。武豊が無敗での皐月賞出走となったフサイチジャンクとどちらに騎乗するか注目されたが、アドマイヤムーンに騎乗することが決定した。しかし、結果はメイショウサムソンの4着に敗れフサイチジャンクにも先着を許してしまった。アドマイヤムーン フレッシュアイペディアより)

  • アドマイヤムーン

    アドマイヤムーンから見たドバイターフ

    アドマイヤムーン(英語表記:、香港表記:)とは日本中央競馬会に所属していた競走馬である。2007年のドバイデューティーフリー、宝塚記念、ジャパンカップなどに優勝し、同年の年度代表馬に選出された。2008年春からは種牡馬として供用されている。JRAによるヒーロー列伝のキャッチコピーは「世界が見上げた月。」アドマイヤムーン フレッシュアイペディアより)

  • アドマイヤムーン

    アドマイヤムーンから見た京王杯2歳ステークス

    レオアクティブ(2011年京王杯2歳ステークス、2012年京成杯オータムハンデキャップ)アドマイヤムーン フレッシュアイペディアより)

101件中 71 - 80件表示

「アドマイヤムーン」のニューストピックワード