アドリアン・ムトゥ ニュース&Wiki etc.

アドリアン・ムトゥ(Adrian Mutu、1979年1月8日 - )は、ルーマニア・ピテシュティ出身の同国代表、セリエA・フィオレンティーナのサッカー選手。ポジションはFW及びMF。 (出典:Wikipedia)

「アドリアン・ムトゥ」Q&A

  • Q&A

    ルーマニア代表で中田英寿の元チームメイト、アドリアン・ムトゥについてです。彼のプレー…

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2013年4月19日 20:27

  • Q&A

    EURO2008を加味して欧州選抜を勝手に選んで見ました。評価をお願いします。自分の…

    [続きを読む]

    回答数:3質問日時 - 2008年6月24日 14:22

  • Q&A

    以下の条件で選抜チームを作るとしたら??①同一国籍の選手がいないこと②現在同じクラブ…

    [続きを読む]

    回答数:5質問日時 - 2008年1月19日 19:40

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「アドリアン・ムトゥ」のつながり調べ

  • チェーザレ・プランデッリ

    チェーザレ・プランデッリから見たアドリアン・ムトゥ

    ストライカーの育成に定評がある監督でアルベルト・ジラルディーノ、アドリアン・ムトゥを覚醒させた人物として知られる。日本ではパルマ時代に中田英寿と起用法を巡って対立したことで話題を集めた。(チェーザレ・プランデッリ フレッシュアイペディアより)

  • パンタレオ・コルヴィーノ

    パンタレオ・コルヴィーノから見たアドリアン・ムトゥ

    2006年冬にはズドラヴコ・クズマノヴィッチを獲得がほぼ決まっていたパレルモから強奪するなど、時にその手口は強引とも呼べるが、後にパレルモのSDリーノ・フォスキは「それがカルチョメルカートの交渉術であり、コルヴィーノが1枚上手だっただけだ」と逆に評価している。しかし一方で、この年にレッチェ時代の若手選手獲得に対して、イタリアサッカー協会が定める規定に違反したとして6ヶ月の活動停止処分が下されている。2006年の夏の移籍市場では主軸となるアドリアン・ムトゥやファビオ・リヴェラーニを獲得し、若手とベテランを融合させたチーム作りを画策する。(パンタレオ・コルヴィーノ フレッシュアイペディアより)

「アドリアン・ムトゥ」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ