前へ 1 2 3
30件中 1 - 10件表示
  • ニコラエ・ディカ

    ニコラエ・ディカから見たアドリアン・ムトゥアドリアン・ムトゥ

    CSガズ・メタン・メディアシュ戦 (2-1) で、加入後初にしてディヴィジアA初出場を飾る。アドリアン・ムトゥとがそれぞれ名門のFCディナモ・ブカレストとFCステアウア・ブカレストへ移籍後は主将を務めてチームを牽引し、89試合34試合を記録するプレーに国内の強豪の関心を集めた。ニコラエ・ディカ フレッシュアイペディアより)

  • ステヴァン・ヨヴェティッチ

    ステヴァン・ヨヴェティッチから見たアドリアン・ムトゥアドリアン・ムトゥ

    2008-09シーズンが始まると、チーム内で絶対的なエースであるアドリアン・ムトゥの控えというポジションでスタートした。後半戦はムトゥの怪我による長期離脱もあり出場機会を増やし、2009年4月5日に行われた、カンピオナートのアタランタ戦においてPKによりセリエA初得点をする。試合に出場すれば随所に才能の片鱗を披露したが、得点に結びつけることは困難であり移籍初年度はリーグ戦で1得点するに留まった。ステヴァン・ヨヴェティッチ フレッシュアイペディアより)

  • パンタレオ・コルヴィーノ

    パンタレオ・コルヴィーノから見たアドリアン・ムトゥアドリアン・ムトゥ

    2006年冬にはズドラヴコ・クズマノヴィッチを獲得がほぼ決まっていたパレルモから強奪するなど、時にその手口は強引とも呼べるが、後にパレルモのSDリーノ・フォスキは「それがカルチョメルカートの交渉術であり、コルヴィーノが1枚上手だっただけだ」と逆に評価している。しかし一方で、この年にレッチェ時代の若手選手獲得に対して、イタリアサッカー連盟が定める規定に違反したとして6ヶ月の活動停止処分が下されている。2006年の夏の移籍市場では主軸となるアドリアン・ムトゥやファビオ・リヴェラーニを獲得し、若手とベテランを融合させたチーム作りを画策する。パンタレオ・コルヴィーノ フレッシュアイペディアより)

  • コルネル・ディヌ

    コルネル・ディヌから見たアドリアン・ムトゥアドリアン・ムトゥ

    1984年には古巣ディナモの監督に就任し、その後はいくつかの中小クラブの監督を務めた。1992年、の後任としてルーマニア代表に就任し、選手時代にライバルのFCステアウア・ブカレストのエースとしてディヌの好敵手だったアンゲル・ヨルダネスクに引き継ぐまで指揮を執った。1990年代後半以降には3度に渡ってディナモの監督に就任し、アドリアン・ムトゥなどを擁した1999-2000シーズンには、ディヴィジア1とクパ・ロムニエイの2冠を達成。1990年代のディナモはタイトルから遠ざかっていたため、ディヴィジア1制覇は8シーズンぶりであり、2冠は10シーズンぶりだった。ルーマニアのスーパーカップであるスーペルクパ・ロムニエイは、単一クラブが2冠を達成した場合には行なわれないため、2000年のスーペルクパは行なわれず、優勝クラブなしとなっている。クパ・ロムニエイでは2000-01シーズンに2連覇を達成した。2000-01シーズン途中には、ディナモのキャプテンを務めていたカタリン・ヒルダンが親善試合中に心停止を起こし、そのまま亡くなるという悲劇があった。2001年にいったんディナモの監督を退いたが、2002年に再び就任して2003年まで指揮した。2002-03シーズン最後までは指揮をとらなかったが、このシーズンのディナモはスーペルクパ・ロムニエイで準優勝し、クパ・ロムニエイで優勝している。コルネル・ディヌ フレッシュアイペディアより)

  • カタリン・ヒルダン

    カタリン・ヒルダンから見たアドリアン・ムトゥアドリアン・ムトゥ

    イルフォヴ県のブラネシュティに生まれ、8歳の時に兄弟とともにオリンピアというラグビークラブでスポーツを始めた。2年後の1986年夏にはFCディナモ・ブカレストの下部組織に加入し、フローレンティン・ペトレ、などとともにプレーした。1994年10月2日、FCステアウア・ブカレストとのエテルヌル・ダービーでトップチームデビューした。デビューから数ヶ月後にはディヴィジア2(2部)のにレンタル移籍し、1995-96シーズン終了後のディヴィジア1(1部)昇格に貢献した。1996年夏にはコルネル・ディヌ監督によってディナモに呼び戻され、数年後には「レッド・ドッグス」のキャプテンに就任した。1997-98シーズンはライバルのステアウアなどに次ぐ6位、1998-99シーズンはFCラピド・ブカレストに次ぐ2位に終わったが、1999-2000シーズンのディナモはアドリアン・ムトゥなどを擁し、9年ぶりのリーグ優勝を果たした。カタリン・ヒルダン フレッシュアイペディアより)

  • ヴィクトル・ピツルカ

    ヴィクトル・ピツルカから見たアドリアン・ムトゥアドリアン・ムトゥ

    2004年12月、アンゲル・ヨルダネスクの後任として再度代表監督となる。アドリアン・ムトゥを中核に据えた堅守速攻のサッカーでUEFA EURO 2008予選を突破。本大会ではオランダ、イタリア、フランスと同じグループとなり、全敗も予想されたがフランスに0-0、イタリアと1-1で引き分ける。最終戦でオランダに0-2で敗れ決勝トーナメント進出を逃したものの勝ち点2をあげグループリーグC組3位に食い込む手腕を見せた。ヴィクトル・ピツルカ フレッシュアイペディアより)

  • クリスティアン・タナセ

    クリスティアン・タナセから見たアドリアン・ムトゥアドリアン・ムトゥ

    クリスティアン・タナセ(Cristian Tănase, 1987年2月18日 - )は、ルーマニア・ピテシュティ出身の同国代表サッカー選手。ポジションはFW、MF。アドリアン・ムトゥに例えられる才能の持ち主。クリスティアン・タナセ フレッシュアイペディアより)

  • アルトゥーロ・ルポリ

    アルトゥーロ・ルポリから見たアドリアン・ムトゥアドリアン・ムトゥ

    2007-08シーズンはアーセナルと契約延長はせず、移籍金フリーでACFフィオレンティーナに完全移籍した。アドリアン・ムトゥ、ジャンパオロ・パッツィーニ、クリスティアン・ヴィエリが在籍する同クラブも前線の層が厚く、前半戦の出場はカップ戦の1試合のみに留まった。これを受けてルポリは出場機会を得るために移籍を志願し、2008年1月にセリエBに所属するトレヴィーゾFCへとレンタル移籍した。アルトゥーロ・ルポリ フレッシュアイペディアより)

  • ガブリエル・タマシュ

    ガブリエル・タマシュから見たアドリアン・ムトゥアドリアン・ムトゥ

    2003年3月、スロバキア戦でルーマニア代表デビューした。2006年に行われたUEFA U-21欧州選手権予選ではキャプテンを務め、グループを3位で終えた。ルーマニア代表では守備陣の中心として活躍し、EURO2008ではフランス、イタリアを相手に秀逸なパフォーマンスを見せた。2011年8月11日、代表合宿中に飲酒して宿舎に戻ったことが発覚し、アドリアン・ムトゥとともに代表から永久追放された。その後謝罪したことにより、2試合の出場停止を経て、ムトゥとともにEURO2012予選のベラルーシ、アルバニアとの2連戦で復帰を果たしている。ガブリエル・タマシュ フレッシュアイペディアより)

  • チェーザレ・プランデッリ

    チェーザレ・プランデッリから見たアドリアン・ムトゥアドリアン・ムトゥ

    ストライカーの育成に実績がある監督でアルベルト・ジラルディーノ、アドリアン・ムトゥを覚醒させた人物として知られる。日本ではパルマ時代に中田英寿と起用法を巡って対立したことで話題を集めた。チェーザレ・プランデッリ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3
30件中 1 - 10件表示