前へ 1 2 3
23件中 1 - 10件表示
  • ステヴァン・ヨヴェティッチ

    ステヴァン・ヨヴェティッチから見たアドリアン・ムトゥアドリアン・ムトゥ

    2008-09シーズンが始まると、チーム内で絶対的なエースであるアドリアン・ムトゥの控えというポジションでスタートした。後半戦はムトゥの怪我による長期離脱もあり出場機会を増やし、2009年4月5日に行われた、カンピオナートのアタランタ戦においてPKによりセリエA初得点をする。試合に出場すれば随所に才能の片鱗を披露したが、得点に結びつけることは困難であり移籍初年度はリーグ戦で1得点するに留まった。ステヴァン・ヨヴェティッチ フレッシュアイペディアより)

  • アドリアン

    アドリアンから見たアドリアン・ムトゥアドリアン・ムトゥ

    アドリアン・ムトゥ (Adrian Mutu) - サッカー選手。アドリアン フレッシュアイペディアより)

  • アルトゥーロ・ルポリ

    アルトゥーロ・ルポリから見たアドリアン・ムトゥアドリアン・ムトゥ

    アーセナルと契約延長はせず、移籍金フリーでフィオレンティーナに完全移籍した。アドリアン・ムトゥ、ジャンパオロ・パッツィーニ、クリスティアン・ヴィエリが在籍する同クラブも前線の層が厚く、前半戦の出場はカップ戦の1試合のみに留まった。これを受けてルポリは出場機会を得るために移籍を志願し、2008年1月にセリエBに所属するトレヴィーゾFCへとレンタル移籍した。アルトゥーロ・ルポリ フレッシュアイペディアより)

  • アレッサンドロ・ロジーナ

    アレッサンドロ・ロジーナから見たアドリアン・ムトゥアドリアン・ムトゥ

    数々のテクニックや優れたパスセンス、鋭いドリブルなどから、フランチェスコ・トッティの後継者に推す声も多い。イタリア南部のカラブリア州出身で、パルマFCの入団テストに合格したために北部のクレモナ県に引っ越した。この地で工業高校の情報管理科を卒業している。パルマFCではチェーザレ・プランデッリ監督の下で、アドリアン・ムトゥやアドリアーノのいたチームで主に控えでプレーした。パルマFCからエラス・ヴェローナを経てトリノFCに移籍した。トリノFCにおいては、その圧倒的な存在感からキャプテンに任命され、苦戦するチームを鼓舞した。2006-07シーズン、アルベルト・ザッケローニ監督はロジーナをメンバーから外して大敗したことで会長の怒りを買い、結果として監督を辞めさせられた。2008-09シーズンは18位でセリエBに降格した。ロジーナ自身もPKを除くとわずか1得点と不調だった。2009年7月、移籍金700万ユーロ(約9億4000万円)でFCゼニト・サンクトペテルブルクに移籍した。アレッサンドロ・ロジーナ フレッシュアイペディアより)

  • ファビオ・リヴェラーニ

    ファビオ・リヴェラーニから見たアドリアン・ムトゥアドリアン・ムトゥ

    前年度にルカ・トーニの活躍により大躍進を成し遂げたフィオレンティーナのチェーザレ・プランデッリ監督は、トーニの高さをさらに活かすために良質なレジスタを求めていた。そこに白羽の矢が立ったのがリヴェラーニである。リヴェラーニ自身も年齢的に残り少ないキャリアを全うでき、且つ、望むような給料を払えるクラブを探していたので、移籍交渉はすんなりとまとまった。カルチョ・スキャンダルにより勝ち点の減点を余儀なくされたチームをトーニ、アドリアン・ムトゥ等とともに牽引し、UEFAカップ出場圏内である5位にチームを導いた。ファビオ・リヴェラーニ フレッシュアイペディアより)

  • ジャンパオロ・パッツィーニ

    ジャンパオロ・パッツィーニから見たアドリアン・ムトゥアドリアン・ムトゥ

    開幕前にU-21イタリア代表の試合で負った怪我のため長期間離脱し、前半戦を棒に振る。復帰1戦目の古巣アタランタ戦においてドッピエッタ(2得点)を記録した。復帰後は、トーニの控えであり続ける事に不満を訴え、冬の移籍市場でのレンタル移籍を志願するも、アドリアン・ムトゥ等のチームメイトやチェーザレ・プランデッリ監督の説得に応じ、シーズン終了まで残留した。最終的にこのシーズンは24試合出場、7得点している。ジャンパオロ・パッツィーニ フレッシュアイペディアより)

  • クリスティアン・パヌッチ

    クリスティアン・パヌッチから見たアドリアン・ムトゥアドリアン・ムトゥ

    代表としての成績はクラブでの成績ほどは思わしくなく、UEFA EURO '96では予選こそレギュラーで出場するも本大会前に当時のアッリーゴ・サッキ監督と対立しメンバーリストから漏れてしまう。ワールドカップフランス大会でも当時監督のチェーザレ・マルディーニに嫌われメンバーから漏れた。ワールドカップ日韓大会には出場している。イタリアが優勝したワールドカップドイツ大会にはインテル時代から犬猿の仲であるマルチェロ・リッピ監督が率いていたため、出場できなかった。その後監督がロベルト・ドナドーニに代わってからは代表に招集されている。UEFA EURO 2008予選のスコットランド戦では後半終了間際にアンドレア・ピルロのフリーキックをヘディングで決める決勝点を挙げ、イタリアの本戦出場を決めた。UEFA EURO 2008ではファビオ・カンナヴァーロの怪我によりセンターバックとして出場。グループリーグのルーマニア戦ではアドリアン・ムトゥにPKを与えてしまう(PK自体はジャンルイジ・ブッフォンがセーブ)が、自らゴールを決めて引き分けに持ち込んだ。大会終了後、ドナドーニが退任し、再びリッピが就任したため、その後代表に招集されることはなかった。クリスティアン・パヌッチ フレッシュアイペディアより)

  • チェーザレ・プランデッリ

    チェーザレ・プランデッリから見たアドリアン・ムトゥアドリアン・ムトゥ

    ストライカーの育成に実績がある監督でアルベルト・ジラルディーノ、アドリアン・ムトゥを覚醒させた人物として知られる。日本ではパルマ時代に中田英寿と起用法を巡って対立したことで話題を集めた。チェーザレ・プランデッリ フレッシュアイペディアより)

  • エイドゥル・グジョンセン

    エイドゥル・グジョンセンから見たアドリアン・ムトゥアドリアン・ムトゥ

    2003年、チェルシーのオーナーにロマン・アブラモヴィッチがやって来るとアドリアン・ムトゥ, エルナン・クレスポ, ディディエ・ドログバといった高価で知名度の高いビッグネームを次々と獲得したことにより出場機会が減少するかに思われていた。これにもかかわらず、2003-04, 2004-05シーズンとレギュラーとしてプレーし2004-05シーズンには、リーグ戦で12ゴールを挙げタイトル獲得に大きく貢献した。また、同シーズンのUEFAチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦FCバルセロナ相手にゴールを決め4-2の勝利に貢献した。エイドゥル・グジョンセン フレッシュアイペディアより)

  • ヴィクトル・ピツルカ

    ヴィクトル・ピツルカから見たアドリアン・ムトゥアドリアン・ムトゥ

    2004年12月、アンゲル・ヨルダネスクの後任として再度代表監督となる。アドリアン・ムトゥを中核に据えた堅守速攻のサッカーでUEFA欧州選手権2008予選を突破。本大会ではオランダ、イタリア、フランスと同じグループとなり、全敗も予想されたがフランスに0-0、イタリアと1-1で引き分ける。最終戦でオランダに0-2で敗れ決勝トーナメント進出を逃したものの勝ち点2をあげグループリーグC組3位に食い込む手腕を見せた。ヴィクトル・ピツルカ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3
23件中 1 - 10件表示