23件中 11 - 20件表示
  • ガブリエル・タマシュ

    ガブリエル・タマシュから見たアドリアン・ムトゥアドリアン・ムトゥ

    2003年3月、スロバキア戦でルーマニア代表デビューした。2006年に行われたUEFA U-21欧州選手権予選ではキャプテンを務め、グループを3位で終えた。ルーマニア代表では守備陣の中心として活躍し、UEFA EURO 2008ではフランス、イタリアを相手に秀逸なパフォーマンスを見せた。2011年8月11日、代表合宿中に飲酒して宿舎に戻ったことが発覚し、アドリアン・ムトゥとともに代表から永久追放された。その後謝罪したことにより、2試合の出場停止を経て、ムトゥとともにUEFA EURO 2012予選のベラルーシ、アルバニアとの2連戦で復帰を果たしている。ガブリエル・タマシュ フレッシュアイペディアより)

  • マリオ・フリック

    マリオ・フリックから見たアドリアン・ムトゥアドリアン・ムトゥ

    2001年、セリエAのヴェローナに移籍。アルベルト・マレザーニ監督による3-4-3の攻撃型フォーメーションの前線をアドリアン・ムトゥ、マウロ・カモラネージと形成した。24試合で7得点を挙げるが、チームはセリエBに降格。シーズン終了後、セリエBのテルナーナ・カルチョに移籍。テルナーナで4シーズンプレー後、ACシエナに移籍し、再びセリエAでプレーした。マリオ・フリック フレッシュアイペディアより)

  • クリスティアン・タナセ

    クリスティアン・タナセから見たアドリアン・ムトゥアドリアン・ムトゥ

    クリスティアン・タナセ(Cristian Tănase,1987年2月18日- )は、ルーマニアのサッカー選手。ポジションはFW、MF。アドリアン・ムトゥに例えられる才能の持ち主。クリスティアン・タナセ フレッシュアイペディアより)

  • パンタレオ・コルヴィーノ

    パンタレオ・コルヴィーノから見たアドリアン・ムトゥアドリアン・ムトゥ

    2006年冬にはズドラヴコ・クズマノヴィッチを獲得がほぼ決まっていたパレルモから強奪するなど、時にその手口は強引とも呼べるが、後にパレルモのSDリーノ・フォスキは「それがカルチョメルカートの交渉術であり、コルヴィーノが1枚上手だっただけだ」と逆に評価している。しかし一方で、この年にレッチェ時代の若手選手獲得に対して、イタリアサッカー協会が定める規定に違反したとして6ヶ月の活動停止処分が下されている。2006年の夏の移籍市場では主軸となるアドリアン・ムトゥやファビオ・リヴェラーニを獲得し、若手とベテランを融合させたチーム作りを画策する。パンタレオ・コルヴィーノ フレッシュアイペディアより)

  • カールトン・コール

    カールトン・コールから見たアドリアン・ムトゥアドリアン・ムトゥ

    コールは、2003年夏にチェルシーと6年の契約を結んだが、アドリアン・ムトゥ, グジョンセン, ハッセルバインク, ミカエル・フォルセルと先発を争うこととなり、2003年8月にシーズン最後までの契約でチャールトン・アスレティックFCへと貸し出された。コールは、チャールトンでリーグとカップ戦で22試合に出場6ゴールを決め、2003-04シーズンにプレミアリーグを7位でフィニッシュするのに貢献した。チャールトンは、引き続き2004-05シーズンもクラブに留めたがったが、2004年7月にコールは次のシーズンをアストン・ヴィラFCで過ごすこととなった。チャールトンは、チェルシーへスコット・パーカーを移籍させた取り引きの一環で、コールが再びチャールトンへ貸し出されることを期待していたが、この電撃的な動きはオフに論争を巻き起こした。後に両クラブが和解し、この論争は終了した。コールは、2004年8月の2-0と勝利したサウサンプトンFC戦で移籍後初ゴールを決めたのを含め、ヴィラでリーグとカップで30試合に出場3ゴールを決めた。2005年2月にU-21イングランド代表に招集されたコールは、U-21オランダ戦で膝を負傷してしまい、シーズン途中で離脱した。カールトン・コール フレッシュアイペディアより)

  • ジャンルイジ・ブッフォン

    ジャンルイジ・ブッフォンから見たアドリアン・ムトゥアドリアン・ムトゥ

    調子の上がらないチームの中、グループリーグ第2節のルーマニア戦でアドリアン・ムトゥのPKを止めるなど獅子奮迅の活躍を見せたが、チームは準々決勝でスペインにPK戦の末、敗れた。また、大会直前にファビオ・カンナバーロが負傷離脱したため、ルーマニア戦を除く3試合をキャプテンとして臨んだ。4試合出場4失点。ジャンルイジ・ブッフォン フレッシュアイペディアより)

  • 1月8日

    1月8日から見たアドリアン・ムトゥアドリアン・ムトゥ

    1979年 - アドリアン・ムトゥ、サッカー選手1月8日 フレッシュアイペディアより)

  • ルーマニア

    ルーマニアから見たアドリアン・ムトゥアドリアン・ムトゥ

    他のヨーロッパ各国同様、サッカーが盛んである。サッカールーマニア代表は強豪とは言えないが、強豪に強い「大物食い」として知られており、ゲオルゲ・ハジ、ゲオルゲ・ポペスク、クリスティアン・キヴ、アドリアン・ムトゥ、チプリアン・マリカなど名の知れた選手は多い。:Category:ルーマニアのサッカー選手も参照。また女子体操競技においては、ナディア・コマネチ、シモナ・アマナール、アンドレーア・ラドゥカンなどの五輪金メダリストを多数輩出し、中国、ロシアに並ぶ世界屈指の強豪国である。また、K-1で活躍中のダニエル・ギタもルーマニアの選手である。ルーマニア フレッシュアイペディアより)

  • アルベルト・ジラルディーノ

    アルベルト・ジラルディーノから見たアドリアン・ムトゥアドリアン・ムトゥ

    2000年7月1日にピアチェンツァとの共同保有の条件でヘラス・ヴェローナへ移籍。2002-2003シーズンにはパルマFCへ移籍。当初は出番が少なかったが、2002-2003シーズン終了後にアドリアーノ、アドリアン・ムトゥらが移籍した事で、出場機会が増えた。2003-2004シーズンには定位置を確保し23得点を記録、アンドリー・シェフチェンコ(ACミラン・当時)に次ぐ得点ランキング2位(イタリア人では1位)という結果で終え、その知名度が一気に高まる。2004年のUEFA U-21欧州選手権ではダニエレ・デ・ロッシらとともに出場して優勝し、大会最優秀選手に輝いた。2004年8月30日にはイタリア代表に初選出され、9月4日のノルウェー戦(パレルモ)で代表デビューを飾った。同年10月13日、ベラルーシ戦で代表初ゴールを記録した。アルベルト・ジラルディーノ フレッシュアイペディアより)

  • 中田英寿

    中田英寿から見たアドリアン・ムトゥアドリアン・ムトゥ

    2002-03シーズンから指揮をとったチェーザレ・プランデッリ監督には右サイドハーフでレギュラーとして起用された。アドリアーノとアドリアン・ムトゥを生かす徹底したチーム戦術がとられた。中田自身は敵地でのユベントス戦で得点するなどユベントス・キラーぶりも見せたものの、アドリアーノ、ムトゥにボールが集まることが多くボールに触れる回数は減少した。シーズン後半になると失点の多さから守備的なチーム戦術へ変更、中田の動きを右サイドに張りつくように厳しく制約した。中田英寿 フレッシュアイペディアより)

23件中 11 - 20件表示