30件中 11 - 20件表示
  • カールトン・コール

    カールトン・コールから見たアドリアン・ムトゥアドリアン・ムトゥ

    2003年夏にチェルシーと契約を新たに6年延長させた一方でアドリアン・ムトゥ、グジョンセン、ハッセルバインク、ミカエル・フォルセルと定位置を争うこととなり、最終的に2003年8月に同2003-04シーズン終了までチャールトン・アスレティックFCへ貸し出されることが決定した。チャールトンでは公式戦で22試6得点を記録してシーズンを7位で終了させることに貢献した。その活躍からチャールトン側からは、続く2004-05シーズンもチームの戦力として残留を望まれていたものの、2004年7月にアストン・ヴィラFCで2004-05シーズンを過ごすことが決定となった。チャールトンとしては、スコット・パーカーをチェルシーへ移籍させた取り引きの一環としてコールが再度チームに貸し出されることを期待していたものだったため、この動きは論争を巻き起こりはしたが、後に両クラブは和解したことで論争は終了した。カールトン・コール フレッシュアイペディアより)

  • FCディナモ・ブカレスト

    FCディナモ・ブカレストから見たアドリアン・ムトゥアドリアン・ムトゥ

    1999年夏には主力選手の多くを売却し、1999-2000シーズンのUEFAカップ・1回戦ではSLベンフィカ(ポルトガル)と対戦し、エスタディオ・ダ・ルスでのファーストレグには1-0で勝利を収めたが、ブカレストのセカンドレグには0-2で敗れて敗退した。しかし、リーグ戦では(前半戦のみ)アドリアン・ムトゥを擁して8シーズンぶりの優勝を果たした。2000-01シーズンのUEFAチャンピオンズリーグでは予選2回戦でポロニア・ワルシャワ(ポーランド)に敗れ、リーグ戦もステアウアに優勝をさらわれた。しかし2001-02シーズンにはタイトルを奪還した。同シーズンのUEFAカップでは予選でKSディナモ・ティラナ(アルバニア)を破ったが、本選1回戦でグラスホッパー・チューリッヒ(スイス)に敗れた。2002年には再び多くの選手の売却を余儀なくされ、2002-03シーズンの成績に大きく影響した。中盤戦までは2位や3位につけていたが、7連敗を喫して9位まで落ち込んだこともあり、最終的には6位に終わった。UEFAチャンピオンズリーグでは予選2回戦でクラブ・ブルッヘ(ベルギー)に敗れた。クパ・ロムニエイでは準決勝でFCアストラ・プロイェシュティを、決勝でナツィオナル・ブカレストを破り、2シーズンぶり10回目の優勝を飾った。2003-04シーズンのUEFAカップ1回戦ではFCシャフタール・ドネツク(ウクライナ)に勝利したが、2回戦でFCスパルタク・モスクワに敗れた。リーグ戦ではステアウアと熾烈な優勝争いを演じ、僅差で優勝を決めた。クパ・ロムニエイでは決勝でFCオツェルル・ガラツィを下して2連覇を果たした。FCディナモ・ブカレスト フレッシュアイペディアより)

  • エイドゥル・グジョンセン

    エイドゥル・グジョンセンから見たアドリアン・ムトゥアドリアン・ムトゥ

    2003年、チェルシーのオーナーにロマン・アブラモヴィッチがやって来るとアドリアン・ムトゥ, エルナン・クレスポ, ディディエ・ドログバといった高価で知名度の高いビッグネームを次々と獲得したことにより出場機会が減少するかに思われていた。これにもかかわらず、2003-04, 2004-05シーズンとレギュラーとしてプレーし2004-05シーズンには、リーグ戦で12ゴールを挙げタイトル獲得に大きく貢献した。また、同シーズンのUEFAチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦FCバルセロナ相手にゴールを決め4-2の勝利に貢献した。エイドゥル・グジョンセン フレッシュアイペディアより)

  • アドリアン

    アドリアンから見たアドリアン・ムトゥアドリアン・ムトゥ

    アドリアン・ムトゥ (Adrian Mutu) - サッカー選手。アドリアン フレッシュアイペディアより)

  • クリスティアン・パヌッチ

    クリスティアン・パヌッチから見たアドリアン・ムトゥアドリアン・ムトゥ

    代表としての成績はクラブでの成績ほどは思わしくなく、EURO1996では予選こそレギュラーで出場するも本大会前に当時のアッリーゴ・サッキ監督と対立しメンバーリストから漏れてしまう。ワールドカップフランス大会でも当時監督のチェーザレ・マルディーニに嫌われメンバーから漏れた。ワールドカップ日韓大会には出場している。イタリアが優勝したワールドカップドイツ大会にはインテル時代から犬猿の仲であるマルチェロ・リッピ監督が率いていたため、出場できなかった。その後監督がロベルト・ドナドーニに代わってからは代表に招集されている。EURO2008予選のスコットランド戦では後半終了間際にアンドレア・ピルロのフリーキックをヘディングで決める決勝点を挙げ、イタリアの本戦出場を決めた。EURO2008ではファビオ・カンナヴァーロの怪我によりセンターバックとして出場。グループリーグのルーマニア戦ではアドリアン・ムトゥにPKを与えてしまう(PK自体はジャンルイジ・ブッフォンがセーブ)が、自らゴールを決めて引き分けに持ち込んだ。大会終了後、ドナドーニが退任し、再びリッピが就任したため、その後代表に招集されることはなかった。クリスティアン・パヌッチ フレッシュアイペディアより)

  • アルベルト・ジラルディーノ

    アルベルト・ジラルディーノから見たアドリアン・ムトゥアドリアン・ムトゥ

    2000年7月1日にピアチェンツァとの共同保有の条件でエラス・ヴェローナFCへ移籍。2002-03シーズンにはパルマFCへ移籍。当初は出番が少なかったが、2002-03シーズン終了後にアドリアーノ、アドリアン・ムトゥらが移籍した事で出場機会が増えた。2003-04シーズンには定位置を確保し23得点を記録、アンドリー・シェフチェンコに次ぐ得点ランキング2位(イタリア人では1位)という結果で終え、その知名度が一気に高まる。2004年のUEFA U-21欧州選手権ではダニエレ・デ・ロッシらとともに出場して優勝し、大会最優秀選手に輝いた。2004年8月30日にはイタリア代表に初選出され、9月4日のノルウェー戦(パレルモ)で代表デビューを飾った。同年10月13日、ベラルーシ戦で代表初ゴールを記録した。アルベルト・ジラルディーノ フレッシュアイペディアより)

  • ジャンパオロ・パッツィーニ

    ジャンパオロ・パッツィーニから見たアドリアン・ムトゥアドリアン・ムトゥ

    開幕前にU-21イタリア代表の試合で負った怪我のため長期間離脱し、前半戦を棒に振る。復帰1戦目の古巣アタランタ戦においてドッピエッタ(2得点)を記録した。復帰後は、トーニの控えであり続ける事に不満を訴え、冬の移籍市場でのレンタル移籍を志願するも、アドリアン・ムトゥ等のチームメイトやチェーザレ・プランデッリ監督の説得に応じ、シーズン終了まで残留した。最終的にこのシーズンは24試合出場、7得点している。ジャンパオロ・パッツィーニ フレッシュアイペディアより)

  • マリオ・フリック

    マリオ・フリックから見たアドリアン・ムトゥアドリアン・ムトゥ

    2001年、セリエAのエラス・ヴェローナFCに移籍。アルベルト・マレザーニ監督による3-4-3の攻撃型フォーメーションの前線をアドリアン・ムトゥ、マウロ・カモラネージと形成した。24試合で7得点を挙げるが、チームはセリエBに降格。シーズン終了後、セリエBのテルナーナ・カルチョに移籍。テルナーナで4シーズンプレー後、ACシエーナに移籍し再びセリエAでプレーした。マリオ・フリック フレッシュアイペディアより)

  • アドリアーノ・レイテ・リベイロ

    アドリアーノ・レイテ・リベイロから見たアドリアン・ムトゥアドリアン・ムトゥ

    パルマでは、アドリアン・ムトゥ、中田英寿と共に前線を形成し、得点を量産。その活躍が認められ、再びインテルへ移籍しエースに成長。父の死を乗り越えた後は、ゴール後に両手で天を指すようになった。2004年南米選手権と2005年FIFAコンフェデレーションズカップでは得点王とMVPに選ばれるなどの活躍で同国を優勝に導きブラジル代表におけるポジションを確固たるものとした。アドリアーノ・レイテ・リベイロ フレッシュアイペディアより)

  • バネル・ニコリツァ

    バネル・ニコリツァから見たアドリアン・ムトゥアドリアン・ムトゥ

    2004年から2005年にはU-21ルーマニア代表として13試合に出場した。2005年11月にコートジボワール戦でルーマニアA代表デビューし、2007年6月2日にUEFA EURO 2008予選のスロベニア戦で初得点を記録。本大会出場の結果を得て、2008年3月25日にトラヤン・バセスク大統領からMedalia Meritul Sportiv(スポーツ功労メダル)を授かった。同年6月に行われたUEFA EURO 2008本大会ではグループリーグ2試合に出場した。2011年8月11日のサンマリノとの親善試合では、アドリアン・ムトゥとガブリエル・タマシュの両名が不在だったことで初めてキャプテンを務めた。バネル・ニコリツァ フレッシュアイペディアより)

30件中 11 - 20件表示