1 2 3 次へ
23件中 21 - 23件表示
  • ACFフィオレンティーナ

    ACFフィオレンティーナから見たアドリアン・ムトゥアドリアン・ムトゥ

    勝ち点の大幅剥奪から始まった2006-07シーズンであったが、トーニの破壊力は健在であり、クラブは連戦連勝、勝ち点剥奪がなければチャンピオンズリーグ圏内のリーグ3位(最終順位は5位)というシーズンとなった。またシーズン中にレギュラーポジションを獲得し成長したアレッサンドロ・ガンベリーニやゴールキーパーのセバスティアン・フレイを中心とした守備陣も奮闘し、チームはリーグ最少失点でシーズンを終えた。トーニはこのシーズン限りでバイエルン・ミュンヘンに去ったが、長い放浪の末フィオレンティーナでかつての輝きを取り戻したアドリアン・ムトゥ、チェーザレ・プランデッリ監督就任以降じっくりと育ててきた若手のジャンパオロ・パッツィーニやモントリーヴォがクラブの屋台骨を支える存在へと成長し、2007-08シーズンはリーグ戦4位、UEFAカップ準決勝進出というセリエA復帰後最高の成績で終わった。ACFフィオレンティーナ フレッシュアイペディアより)

  • アドリアーノ・レイテ・リベイロ

    アドリアーノ・レイテ・リベイロから見たアドリアン・ムトゥアドリアン・ムトゥ

    パルマでは、アドリアン・ムトゥ、中田英寿と共に前線を形成し、得点を量産。その活躍が認められ、再びインテルへ移籍し、獅子奮迅のパフォーマンスを見せてエースに成長。特に、父の死を乗り越えた後の活躍は素晴らしく、ゴール後に両手で天を指すようになった。2004年南米選手権と2005年FIFAコンフェデレーションズカップでは共に得点王とMVPに選ばれるなどの大活躍で同国を優勝に導きブラジル代表におけるポジションを確固たるものとした。アドリアーノ・レイテ・リベイロ フレッシュアイペディアより)

  • ファビオ・カペッロ

    ファビオ・カペッロから見たアドリアン・ムトゥアドリアン・ムトゥ

    また、試合途中に投入した選手をわずか5分で下げたことが何度かあり、アドリアン・ムトゥやデヤン・サビチェビッチがその被害者となっている。一方で、悪童と名高かったズラタン・イブラヒモビッチやアントニオ・カッサーノなどを起用し続け、問題も多かったが上手くチームにフィットさせた例もある。ファビオ・カペッロ フレッシュアイペディアより)

1 2 3 次へ
23件中 21 - 23件表示