1 2 3 次へ
30件中 21 - 30件表示
  • ディルク・マルセリス

    ディルク・マルセリスから見たアドリアン・ムトゥアドリアン・ムトゥ

    UEFAカップのトッテナム戦ではディミタール・ベルバトフを抑え、ACFフィオレンティーナ(イタリア)戦ではアドリアン・ムトゥを抑える活躍を見せた。これらの活躍でU-21オランダ代表のフォーペ・デ・ハーン監督の目にとまり、デ・ハーン監督は「なんと! 我々は再び真のディフェンダーを見つけたのだ」と述べた。U-21オランダ代表デビューを果たし、センターバックだけではなく右サイドバックとしてもプレーした。ディルク・マルセリス フレッシュアイペディアより)

  • ファビオ・カペッロ

    ファビオ・カペッロから見たアドリアン・ムトゥアドリアン・ムトゥ

    試合途中に投入した選手をわずか5分で下げたことが何度かあり、アドリアン・ムトゥやデヤン・サビチェビッチがその被害者となった。一方で、悪童と名高かったズラタン・イブラヒモビッチやアントニオ・カッサーノなどを起用し続け、問題も多かったが上手くチームにフィットさせた例もある他、レギュラークラスの選手を複数確保しシーズンを通して使い分けるという、現在では強豪クラブの常識となったターンオーバー制を初めに確立した人物とされる。ファビオ・カペッロ フレッシュアイペディアより)

  • ファビオ・リヴェラーニ

    ファビオ・リヴェラーニから見たアドリアン・ムトゥアドリアン・ムトゥ

    2006-2007シーズン、前年度にルカ・トーニの活躍によりリーグ9位に躍進したACFフィオレンティーナのチェーザレ・プランデッリ監督は、彼の高さをさらに活かすために良質なレジスタを求めていた。そこでリヴェラーニに白羽の矢が立ち、自身も残りのキャリアを全うでき且つ希望する給料を支払えるクラブを探していたため、移籍交渉は順調に進行した。カルチョ・スキャンダルにより勝ち点の減点を余儀なくされたクラブをトーニやアドリアン・ムトゥ等と共に牽引し、UEFAカップ出場圏内である5位にクラブを導いた。ファビオ・リヴェラーニ フレッシュアイペディアより)

  • 1月8日

    1月8日から見たアドリアン・ムトゥアドリアン・ムトゥ

    1979年 - アドリアン・ムトゥ、サッカー選手1月8日 フレッシュアイペディアより)

  • ヴァレリ・ボジノフ

    ヴァレリ・ボジノフから見たアドリアン・ムトゥアドリアン・ムトゥ

    2006年7月10日にアドリアン・ムトゥと交換で2部のユヴェントスFCへ1年間のレンタル移籍で加入した。リーグ優勝を果たしたものの、18試合で5得点を力をフルに示すことが出来ず、シーズン終了後には再びフィオレンティーナへ戻った。ヴァレリ・ボジノフ フレッシュアイペディアより)

  • ジャンルイジ・ブッフォン

    ジャンルイジ・ブッフォンから見たアドリアン・ムトゥアドリアン・ムトゥ

    EURO2008では、調子の上がらないチームの中、グループリーグ第2節のルーマニア戦でアドリアン・ムトゥのPKを止めるなど活躍を見せたが、チームは準々決勝でスペインにPK戦の末、敗れた。また、大会直前にファビオ・カンナバーロが負傷離脱したため、ルーマニア戦を除く3試合をキャプテンとして臨んだ。4試合出場4失点。ジャンルイジ・ブッフォン フレッシュアイペディアより)

  • ルーマニア

    ルーマニアから見たアドリアン・ムトゥアドリアン・ムトゥ

    他のヨーロッパ各国同様、サッカーが盛んである。サッカールーマニア代表は強豪とは言えないが、強豪に強い「大物食い」として知られており、ゲオルゲ・ハジ、ゲオルゲ・ポペスク、クリスティアン・キヴ、アドリアン・ムトゥ、チプリアン・マリカなど名の知れた選手は多い(:Category:ルーマニアのサッカー選手も参照)。ルーマニア フレッシュアイペディアより)

  • 中田英寿

    中田英寿から見たアドリアン・ムトゥアドリアン・ムトゥ

    2002-03シーズンから指揮をとったチェーザレ・プランデッリ監督には右サイドハーフでレギュラーとして起用される。アドリアーノ、アドリアン・ムトゥと共に構成された攻撃陣はイタリアメディアから『トリアイナ(三叉の槍)』と称される高い攻撃力を発揮し、中田は敵地でのユヴェントス戦で先制点を決めるなどユヴェントス・キラーとしても賞賛された。しかしシーズン後半になると、手数をかけずFWに預ける守備的なチーム戦術へ変更された影響を受け、中田は攻撃よりも右サイドでの守備に奔走することを求められていった。中田英寿 フレッシュアイペディアより)

  • ACFフィオレンティーナ

    ACFフィオレンティーナから見たアドリアン・ムトゥアドリアン・ムトゥ

    勝ち点の大幅剥奪から始まった2006-07シーズンであったが、トーニの破壊力は健在であり、クラブは連戦連勝、勝ち点剥奪がなければチャンピオンズリーグ圏内のリーグ3位(最終順位は5位)というシーズンとなった。またシーズン中にレギュラーポジションを獲得し成長したアレッサンドロ・ガンベリーニやゴールキーパーのセバスティアン・フレイを中心とした守備陣も奮闘し、チームはリーグ最少失点でシーズンを終えた。トーニはこのシーズン限りでバイエルン・ミュンヘンに去ったが、長い放浪の末フィオレンティーナでかつての輝きを取り戻したアドリアン・ムトゥ、チェーザレ・プランデッリ監督就任以降じっくりと育ててきた若手のジャンパオロ・パッツィーニやモントリーヴォがクラブの屋台骨を支える存在へと成長し、2007-08シーズンはリーグ戦4位、UEFAカップ準決勝進出というセリエA復帰後最高の成績で終わった。ACFフィオレンティーナ フレッシュアイペディアより)

  • アレッサンドロ・ロジーナ

    アレッサンドロ・ロジーナから見たアドリアン・ムトゥアドリアン・ムトゥ

    数々のテクニックや優れたパスセンス、鋭いドリブルなどから、フランチェスコ・トッティの後継者に推す声も多い。イタリア南部のカラブリア州出身で、パルマFCの入団テストに合格したために北部のクレモナ県に引っ越した。この地で工業高校の情報管理科を卒業している。パルマFCではチェーザレ・プランデッリ監督の下で、アドリアン・ムトゥやアドリアーノのいたチームで主に控えでプレーした。パルマFCからエラス・ヴェローナFCを経てトリノFCに移籍した。トリノFCにおいては、その圧倒的な存在感からキャプテンに任命され、苦戦するチームを鼓舞した。2006-07シーズン、アルベルト・ザッケローニ監督はロジーナをメンバーから外して大敗したことで会長の怒りを買い、結果として監督を辞めさせられた。2008-09シーズンは18位でセリエBに降格した。ロジーナ自身もPKを除くとわずか1得点と不調だった。アレッサンドロ・ロジーナ フレッシュアイペディアより)

1 2 3 次へ
30件中 21 - 30件表示