64件中 31 - 40件表示
  • アドリアン・ムトゥ

    アドリアン・ムトゥから見たインテルナツィオナーレ・ミラノ

    1999年12月1日にイタリアのインテルナツィオナーレ・ミラノへ移籍。イタリアでの初得点は、コッパ・イタリアでの対ACミラン戦であった。渡伊1年目はリーグ戦は無得点に終わるものの10試合出場し、カップ戦では計2得点をあげた。2000年7月1日にはエラス・ヴェローナFCに共同保有の形で移籍。移籍後1年目はカンピオナートのSSラツィオ戦、SSCナポリ戦、にそれぞれ重要な得点をし、ASバーリ戦ではドッピエッタ(2得点)を達成した。2年目には1シーズン12得点をマークし、自身は再びセリエAの上位クラブから注目を集めるが、チームは低迷し2001-02シーズン終了後セリエBに降格してしまう。クラブは降格に伴い、ムトゥの保有権を売却することになる。2002-03シーズンはパルマFCでプレーし、攻撃の要として活躍。アドリアーノ、中田英寿と3トップを形成し、リーグ戦で31試合出場18得点と渡伊後最高の成績でシーズンを終えた。UEFAカップにおいても4試合出場中4得点をマークする。アドリアン・ムトゥ フレッシュアイペディアより)

  • アドリアン・ムトゥ

    アドリアン・ムトゥから見たガゼッタ・デロ・スポルト

    加入1年目となる2006-07シーズンはリーグ戦33試合出場で16得点、多くのアシストも決め、カルチョ・スキャンダルのペナルティにより15ポイント勝ち点を減らされたチームをリーグ5位の座に導く。このシーズン、ムトゥはイタリア全国紙のガゼッタ・デロ・スポルト紙の試合採点の平均点が最高の選手であり、イタリア放送協会やDatasportからはグッドプレーヤー賞を送られ、かつての恩師の下で復活を果たした。2007-08シーズンはリーグ戦29試合出場中17得点し、UEFAチャンピオンズリーグ出場権の得られるリーグ4位の座に貢献、加えてUEFAカップでは6得点を挙げ準決勝進出に導いた。ルカ・トーニが去った後のフィオレンティーナのエースストライカーとしての地位を確固たるものとした。アドリアン・ムトゥ フレッシュアイペディアより)

  • アドリアン・ムトゥ

    アドリアン・ムトゥから見たイタリア放送協会

    加入1年目となる2006-07シーズンはリーグ戦33試合出場で16得点、多くのアシストも決め、カルチョ・スキャンダルのペナルティにより15ポイント勝ち点を減らされたチームをリーグ5位の座に導く。このシーズン、ムトゥはイタリア全国紙のガゼッタ・デロ・スポルト紙の試合採点の平均点が最高の選手であり、イタリア放送協会やDatasportからはグッドプレーヤー賞を送られ、かつての恩師の下で復活を果たした。2007-08シーズンはリーグ戦29試合出場中17得点し、UEFAチャンピオンズリーグ出場権の得られるリーグ4位の座に貢献、加えてUEFAカップでは6得点を挙げ準決勝進出に導いた。ルカ・トーニが去った後のフィオレンティーナのエースストライカーとしての地位を確固たるものとした。アドリアン・ムトゥ フレッシュアイペディアより)

  • アドリアン・ムトゥ

    アドリアン・ムトゥから見たカルチョ・スキャンダル

    ゲオルゲ・ハジ引退後のルーマニアサッカー界の牽引者であり、パルマFCやACFフィオレンティーナでの活躍から2000年代のセリエA外国人選手を代表する選手である。多くのスキャンダルにも見舞われ、2004年に自らが引き起こしたドーピング問題(コカイン摂取)では解雇・長期に渡る出場停止処分と、自身のキャリアに多大な影響を与えることとなった。2006年には間接的にではあるがカルチョーポリに巻き込まれる。その後のフィオレンティーナにて復活を果たすも、前述のドーピング問題における訴訟や、2010年には再びドーピング問題を引き起こすなど波乱に満ちたサッカー人生を送った。プレイヤーとしてはセカンドトップやトレクァルティスタとしてフィオレンティーナを牽引する存在であり、フィオレンティーナのティフォージからは敬意を込めてフェノメーノ(Fenomeno※イタリア語で「超常現象」や「怪物」の意)と呼ばれた。また、キャリアを通じて自らを救ったチェーザレ・プランデッリとファビオ・カペッロの両監督には深く感謝していると語っている。アドリアン・ムトゥ フレッシュアイペディアより)

  • アドリアン・ムトゥ

    アドリアン・ムトゥから見たセリエA (サッカー)

    ゲオルゲ・ハジ引退後のルーマニアサッカー界の牽引者であり、パルマFCやACFフィオレンティーナでの活躍から2000年代のセリエA外国人選手を代表する選手である。多くのスキャンダルにも見舞われ、2004年に自らが引き起こしたドーピング問題(コカイン摂取)では解雇・長期に渡る出場停止処分と、自身のキャリアに多大な影響を与えることとなった。2006年には間接的にではあるがカルチョーポリに巻き込まれる。その後のフィオレンティーナにて復活を果たすも、前述のドーピング問題における訴訟や、2010年には再びドーピング問題を引き起こすなど波乱に満ちたサッカー人生を送った。プレイヤーとしてはセカンドトップやトレクァルティスタとしてフィオレンティーナを牽引する存在であり、フィオレンティーナのティフォージからは敬意を込めてフェノメーノ(Fenomeno※イタリア語で「超常現象」や「怪物」の意)と呼ばれた。また、キャリアを通じて自らを救ったチェーザレ・プランデッリとファビオ・カペッロの両監督には深く感謝していると語っている。アドリアン・ムトゥ フレッシュアイペディアより)

  • アドリアン・ムトゥ

    アドリアン・ムトゥから見たセリエB (サッカー)

    1999年12月1日にイタリアのインテルナツィオナーレ・ミラノへ移籍。イタリアでの初得点は、コッパ・イタリアでの対ACミラン戦であった。渡伊1年目はリーグ戦は無得点に終わるものの10試合出場し、カップ戦では計2得点をあげた。2000年7月1日にはエラス・ヴェローナFCに共同保有の形で移籍。移籍後1年目はカンピオナートのSSラツィオ戦、SSCナポリ戦、にそれぞれ重要な得点をし、ASバーリ戦ではドッピエッタ(2得点)を達成した。2年目には1シーズン12得点をマークし、自身は再びセリエAの上位クラブから注目を集めるが、チームは低迷し2001-02シーズン終了後セリエBに降格してしまう。クラブは降格に伴い、ムトゥの保有権を売却することになる。2002-03シーズンはパルマFCでプレーし、攻撃の要として活躍。アドリアーノ、中田英寿と3トップを形成し、リーグ戦で31試合出場18得点と渡伊後最高の成績でシーズンを終えた。UEFAカップにおいても4試合出場中4得点をマークする。アドリアン・ムトゥ フレッシュアイペディアより)

  • アドリアン・ムトゥ

    アドリアン・ムトゥから見たコッパ・イタリア

    1999年12月1日にイタリアのインテルナツィオナーレ・ミラノへ移籍。イタリアでの初得点は、コッパ・イタリアでの対ACミラン戦であった。渡伊1年目はリーグ戦は無得点に終わるものの10試合出場し、カップ戦では計2得点をあげた。2000年7月1日にはエラス・ヴェローナFCに共同保有の形で移籍。移籍後1年目はカンピオナートのSSラツィオ戦、SSCナポリ戦、にそれぞれ重要な得点をし、ASバーリ戦ではドッピエッタ(2得点)を達成した。2年目には1シーズン12得点をマークし、自身は再びセリエAの上位クラブから注目を集めるが、チームは低迷し2001-02シーズン終了後セリエBに降格してしまう。クラブは降格に伴い、ムトゥの保有権を売却することになる。2002-03シーズンはパルマFCでプレーし、攻撃の要として活躍。アドリアーノ、中田英寿と3トップを形成し、リーグ戦で31試合出場18得点と渡伊後最高の成績でシーズンを終えた。UEFAカップにおいても4試合出場中4得点をマークする。アドリアン・ムトゥ フレッシュアイペディアより)

  • アドリアン・ムトゥ

    アドリアン・ムトゥから見たフットボール・アソシエーション

    2003年8月1日にはイングランドのチェルシーFCへ加入し、同年のルーマニア最優秀選手に選出されるなど順風満帆かに思われたが、2004年10月19日にドーピング検査でコカインの陽性反応を示し、7ヶ月のプロ公式戦出場資格の剥奪と2万ポンドの罰金がイングランドサッカー協会から言い渡された。長期の試合出場停止を余儀なくされ、チェルシーを解雇された。アドリアン・ムトゥ フレッシュアイペディアより)

  • アドリアン・ムトゥ

    アドリアン・ムトゥから見たリーグ・アン

    2012年8月22日、フランスのACアジャクシオへ移籍した。アドリアン・ムトゥ フレッシュアイペディアより)

  • アドリアン・ムトゥ

    アドリアン・ムトゥから見たデブレツェニVSC

    復帰後のキャリアを順調に築いていたが、2008年6月6日にFIFA特別委員会から約1700万ユーロの罰金をチェルシーに支払うことが命じられる。チェルシー在籍時に解雇理由となったドーピング検査におけるコカイン反応の陽性により、チェルシー側が「ムトゥは契約約款に違反し、クラブに1900万ユーロの経済的損失を与えた」と訴えていたためである。その後、スポーツ仲裁裁判所 (CAS) に提訴し、処分は一時保留となった。こういった流れを受け、2008-09シーズンが開幕する直前には好条件を提示したASローマと一度はサインを交わすが、プランデッリ監督の強い要請により当時フィオレンティーナ会長のアンドレア・デッラ・ヴァッレが話を白紙に戻した。このシーズンは新たに加わったアルベルト・ジラルディーノとのコンビでチームの好調を支えたが、代表戦で負った肘の怪我や、その復帰後には膝の治療等で長期離脱する。しかし出場すればチームに決定的なものを与え、リーグ戦19試合出場ながら13得点している。2009-10シーズンはリーグ開幕戦の対ボローニャFC戦で得点する。多額の罰金問題を抱え、精神的に追い詰められていた状況であったがチャンピオンズリーグの対デブレツェニVSCおいても得点し、チームの決勝トーナメント進出に貢献した。アドリアン・ムトゥ フレッシュアイペディアより)

64件中 31 - 40件表示