前へ 1 2 3 4 5
41件中 1 - 10件表示
  • カテリナ・ボンダレンコ

    カテリナ・ボンダレンコから見たアナ・イバノビッチアナ・イバノビッチ

    ボンダレンコ家の3姉妹は、ともにテニスコーチである両親の手ほどきでテニスを始めた。末娘のカテリナは4歳からプレーを始め、2000年に14歳でプロ入りしたが、しばらくジュニア選手の大会に出場し、2004年ウィンブルドンのジュニア女子シングルス決勝でアナ・イバノビッチ(セルビア)を 6-4, 6-7, 6-2 で破って優勝した。2005年から女子テニス国別対抗戦・フェドカップのウクライナ代表選手に選出される。2008年全豪オープンでは、シングルスは1回戦でアラバン・レザイ(フランス)に敗れたが、姉のアリョーナと組んだダブルスで活躍する。姉妹ペアは準々決勝で第1シードのリーゼル・フーバー(アメリカ)&カーラ・ブラック(ジンバブエ)を 6-3, 6-2 のストレートで破ると、準決勝でスペインペアのビルヒニア・ルアノ・パスクアル&アナベル・メディナ・ガリゲス組に勝ち、決勝戦ではビクトリア・アザレンカ(ベラルーシ)&シャハー・ピアー(イスラエル)組に 2-6, 6-1, 6-4 の逆転勝利を収めた。カテリナはグランドスラム大会で、ツアー経歴を通じて初めてのタイトルを獲得した。カテリナ・ボンダレンコ フレッシュアイペディアより)

  • 中村藍子

    中村藍子から見たアナ・イバノビッチアナ・イバノビッチ

    2006年の全豪オープンで、中村は初めての4大大会3回戦進出を果たしたが、第7シードのパティ・シュナイダー(スイス)に 2-6, 3-6 で敗れた。その後全仏オープン・ウィンブルドンとも初戦敗退に終わったが、7月15日-16日にかけて東京・有明コロシアムで行われたフェドカップの「ワールドグループ・プレーオフ」で日本はオーストリアに5戦全勝で勝ち、2007年度フェド杯で「ワールドグループ」(最上位グループ、8ヶ国で構成)の出場権を獲得した。日本にとっては1997年以来10年ぶりとなるワールドグループ復帰を決めた団体戦で、中村はシングルス第3試合でオーストリア代表のバルバラ・シュワルツを 6-2, 7-5 で破った。4大大会年間最終戦の全米オープンでは、2回戦で第16シードのアナ・イバノビッチ(セルビア)に敗れる。10月第2週の「ジャパン・オープン」で、中村は初めてのWTAツアー大会決勝進出を果たしたが、第1シードのマリオン・バルトリ(フランス)に 6-2, 2-6, 2-6 の逆転で敗れて準優勝に終わった。バルトリもフォアハンド・ストローク、バックハンド・ストロークとも両手打ちの選手で、フォア・バックとも両手打ちの選手どうしで行われた女子ツアーの決勝戦は史上初めての出来事であった。中村藍子 フレッシュアイペディアより)

  • マリア・シャラポワ

    マリア・シャラポワから見たアナ・イバノビッチアナ・イバノビッチ

    2007年の全豪オープンで、シャラポワは初めて決勝戦に進出したが、世界ランキング81位のノーシードから勝ち上がったセリーナ・ウィリアムズに 1-6, 2-6 で完敗し、ここでは準優勝に終わった。この後全仏オープンで初の準決勝に進出し、アナ・イバノビッチ(セルビア)に 2-6, 1-6 で敗れた。また、全米オープンでは3回戦でアグニエシュカ・ラドワンスカ(ポーランド)に不覚を取り、あっさりと大会連覇を逃してしまう。ツアー年間最終戦のWTAツアー選手権では、3年ぶり2度目の決勝戦でジュスティーヌ・エナンに 7-5, 5-7, 3-6 で敗れた。マリア・シャラポワ フレッシュアイペディアより)

  • ニコル・バイディソバ

    ニコル・バイディソバから見たアナ・イバノビッチアナ・イバノビッチ

    2007年の全豪オープンで、バイディソバは第10シードから自身2度目の4大大会準決勝に勝ち進んだが、過去にこの大会で2003年・2005年と2度の優勝経験を持つセリーナ・ウィリアムズに 6-7, 4-6 で敗れた。この年はウィンブルドンで初のベスト8進出がある。バイディソバは4回戦で大会前年優勝者のアメリ・モレスモを破ったが、続く準々決勝でアナ・イバノビッチ(セルビア)に 6-4, 2-6, 5-7 で逆転負けした。2008年はウィンブルドンで2年連続のベスト8に入ったが、準々決勝で鄭潔(中国)に 2-6, 7-5, 1-6 で敗れ、(2年前の4回戦と同じように)中国人選手に道を阻まれた。ニコル・バイディソバ フレッシュアイペディアより)

  • 2009年ウィンブルドン選手権女子シングルス

    2009年ウィンブルドン選手権女子シングルスから見たアナ・イバノビッチアナ・イバノビッチ

    アナ・イバノビッチ ''(4回戦, 途中棄権)2009年ウィンブルドン選手権女子シングルス フレッシュアイペディアより)

  • 2007年全仏オープン

    2007年全仏オープンから見たアナ・イバノビッチアナ・イバノビッチ

    ジュスティーヌ・エナン def. アナ・イバノビッチ, 6?1, 6?22007年全仏オープン フレッシュアイペディアより)

  • 2008年全豪オープン

    2008年全豪オープンから見たアナ・イバノビッチアナ・イバノビッチ

    マリア・シャラポワ def. アナ・イバノビッチ, 7?5, 6?32008年全豪オープン フレッシュアイペディアより)

  • 2008年全仏オープン

    2008年全仏オープンから見たアナ・イバノビッチアナ・イバノビッチ

    アナ・イバノビッチ def. ディナラ・サフィナ, 6?4, 6?32008年全仏オープン フレッシュアイペディアより)

  • ジュリー・クワン

    ジュリー・クワンから見たアナ・イバノビッチアナ・イバノビッチ

    クワンは少女時代にアメリ・モレスモと同じクラブでテニスを習っていたが、アメリカ・サウスカロライナ州にあるクレムゾン大学に入学し、大学で数学の学位を取得した。2002年から2005年まで大学の学生テニス選手として活動したことから、彼女のプロテニスツアーでの経歴開始はかなり遅い。クワンが世界的な知名度を獲得したのは、2008年全米オープンの女子シングルス3回戦進出だった。それまでツアー成績が良くなかったことから、彼女は2008年度を最後にプロテニス界から撤退しようかと考えたという(女子ツアー公式プロフィールによる)。この全米オープンで、彼女は予選3試合を勝ち上がり、初めて4大大会のシングルス本戦出場権を得た。2回戦で当年度の全仏オープン優勝者、第1シードのアナ・イバノビッチ(セルビア)を 6-3, 4-6, 6-3 で破る大番狂わせを起こし、クワンは25歳にして一躍有名になった。続く3回戦では、かつて同じクラブの練習仲間であったモレスモに 4-6, 4-6 のストレートで敗退した。ジュリー・クワン フレッシュアイペディアより)

  • ロザンナ・デ・ロス・リオス

    ロザンナ・デ・ロス・リオスから見たアナ・イバノビッチアナ・イバノビッチ

    デ・ロス・リオスは2007年、13年ぶりにフェドカップのパラグアイ代表選手に復帰した。2008年に入り、再び彼女のツアー成績は復調に向かう。全仏オープン1回戦ではマルタ・ドマホフスカ(ポーランド)に 6-3, 3-6, 1-6 で敗れ、ウィンブルドンでは1回戦で第1シードのアナ・イバノビッチ(セルビア)と顔を合わせた。全米オープンにおいて、ロザンナ・デ・ロス・リオスは6年ぶりの初戦突破を果たし、2回戦で第7シードのビーナス・ウィリアムズに 0-6, 3-6 で敗れる。2009年にはウィンブルドンで7年ぶり2度目の2回戦に進み、第1シードのディナラ・サフィナ(ロシア)に 3-6, 5-7 で敗れた。ロザンナ・デ・ロス・リオス フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5
41件中 1 - 10件表示

「アナ・イワノビッチ」のニューストピックワード