50件中 11 - 20件表示
  • エレナ・バルタチャ

    エレナ・バルタチャから見たアナ・イバノビッチアナ・イバノビッチ

    WTAツアーではシングルス、ダブルスともに決勝進出はないが、2002年よりフェドカップイギリス代表となり、地元で開催された2012年ロンドン五輪に出場した。1回戦でアグネシュ・サバイに 6-3, 6-3 で勝利し初戦を突破し、2回戦でアナ・イバノビッチに 4-6, 6-7 で敗れた。エレナ・バルタチャ フレッシュアイペディアより)

  • ジュリー・クワン

    ジュリー・クワンから見たアナ・イバノビッチアナ・イバノビッチ

    クワンは少女時代にアメリ・モレスモと同じクラブでテニスを習っていたが、アメリカ・サウスカロライナ州にあるクレムゾン大学に入学し、大学で数学の学位を取得した。2002年から2005年まで大学の学生テニス選手として活動したことから、彼女のプロテニスツアーでの経歴開始はかなり遅い。クワンが世界的な知名度を獲得したのは、2008年全米オープンの女子シングルス3回戦進出だった。それまでツアー成績が良くなかったことから、彼女は2008年度を最後にプロテニス界から撤退しようかと考えたという(女子ツアー公式プロフィールによる)。この全米オープンで、彼女は予選3試合を勝ち上がり、初めて4大大会のシングルス本戦出場権を得た。2回戦で当年度の全仏オープン優勝者、第1シードのアナ・イバノビッチ(セルビア)を 6-3, 4-6, 6-3 で破る大番狂わせを起こし、クワンは25歳にして一躍有名になった。続く3回戦では、かつて同じクラブの練習仲間であったモレスモに 4-6, 4-6 のストレートで敗退した。ジュリー・クワン フレッシュアイペディアより)

  • 2008年全豪オープン

    2008年全豪オープンから見たアナ・イバノビッチアナ・イバノビッチ

    マリア・シャラポワ def. アナ・イバノビッチ, 7?5, 6?32008年全豪オープン フレッシュアイペディアより)

  • 2004年ウィンブルドン選手権

    2004年ウィンブルドン選手権から見たアナ・イバノビッチアナ・イバノビッチ

    カテリナ・ボンダレンコ def. アナ・イバノビッチ, 6?4, 6?7(2), 6?22004年ウィンブルドン選手権 フレッシュアイペディアより)

  • 2007年全仏オープン

    2007年全仏オープンから見たアナ・イバノビッチアナ・イバノビッチ

    ジュスティーヌ・エナン def. アナ・イバノビッチ, 6?1, 6?22007年全仏オープン フレッシュアイペディアより)

  • 2008年全仏オープン

    2008年全仏オープンから見たアナ・イバノビッチアナ・イバノビッチ

    アナ・イバノビッチ def. ディナラ・サフィナ, 6?4, 6?32008年全仏オープン フレッシュアイペディアより)

  • ディナラ・サフィナ

    ディナラ・サフィナから見たアナ・イバノビッチアナ・イバノビッチ

    2008年5月の「カタール・テレコム・ドイツ・オープン」で、サフィナは3回戦でジュスティーヌ・エナンを 5-7, 6-3, 6-1 で破って勝ち進み、決勝で同じロシアのエレーナ・デメンチェワを破って優勝した。全仏オープン4回戦で、サフィナは第1シードのマリア・シャラポワを 6-7, 7-6, 6-2 で破ると、準々決勝でデメンチェワ、準決勝でクズネツォワに勝ち、初めての4大大会シングルス決勝進出を決めた。決勝戦では第2シードのアナ・イバノビッチ(セルビア)に 4-6, 3-6 で敗れた。8月の北京五輪では第6シードから決勝に進み、デメンチェワに 6-3, 5-7, 3-6 の逆転で敗れて銀メダリストになった。このオリンピック女子シングルスでは、デメンチェワが金メダル、サフィナが銀メダル、ベラ・ズボナレワが銅メダルを獲得したため、3つのメダルをすべてロシア勢が独占した。全米オープンでは、初進出の準決勝でセリーナ・ウィリアムズに敗れた。全米オープン終了後、日本の東レ パン・パシフィック・オープン・テニストーナメントで初優勝を挙げた。ディナラ・サフィナ フレッシュアイペディアより)

  • ダニエラ・ハンチュコバ

    ダニエラ・ハンチュコバから見たアナ・イバノビッチアナ・イバノビッチ

    2007年3月、ハンチュコバはインディアンウェルズ・マスターズ決勝でスベトラーナ・クズネツォワを 6-3, 6-4 で破り、同大会で5年ぶり2度目の優勝を飾った。ハンチュコバの女子ツアー大会シングルス優勝も、これが5年ぶりの2勝目になる。2008年全豪オープンで、ハンチュコバは準々決勝でアグニエシュカ・ラドワンスカ(ポーランド)を破った後、続く準決勝でアナ・イバノビッチ(セルビア)に 6-0, 3-6, 4-6 の逆転で敗れ、初の決勝進出を逃した。それまでのハンチュコバは、4大大会女子シングルスではベスト8止まりの成績だったが、この大会で自己最高成績を更新したことになる。ダニエラ・ハンチュコバ フレッシュアイペディアより)

  • 瀬間友里加

    瀬間友里加から見たアナ・イバノビッチアナ・イバノビッチ

    7歳でテニスを始め、ジュニア時代には2000年に全日本ジュニアテニス選手権14歳以下シングルスベスト4、2001年には全国中学生テニス選手権大会シングルス優勝(この大会では妹の詠里花と組んだダブルスでも準優勝を遂げた)。中学卒業後は米国に1年間留学を経て、東京立正高在学中の2004年には引き続き国内大会の全日本ジュニア18歳以下部門で単複ベスト4 の好成績を収める一方、国際大会においても2004年全豪オープンジュニアシングルス部門にて予選を勝ち上がり、アナ・イバノビッチ(セルビア)との3回戦まで進出。2004年全仏オープンではジュニアダブルス部門に出場、アラ・クドリャフツェワ(ロシア)と組みベスト8進出などの成績を残した。また前年の2003年よりアマチュアの高校生ながらシニアのITFサーキット大会にも出場するようになり、2004年9月にはITF1万ドル大会の広島国際オープンシングルスで準優勝、翌10月に開催されたITF1万ドル大会の昭和の森ヘッドオープンシングルスでは優勝を果たす等、早くから国内トップジュニアの一人として活躍していた。瀬間友里加 フレッシュアイペディアより)

  • マリア・キリレンコ

    マリア・キリレンコから見たアナ・イバノビッチアナ・イバノビッチ

    2005年9月に「チャイナ・オープン」でツアー初優勝を果たしたキリレンコは、10月のジャパン・オープンでもニコル・バイディソバとの準決勝まで勝ち進んだ。日本のトーナメントでは、2006年の東レ パン・パシフィック・オープン・テニストーナメントの女子ダブルスでアナ・イバノビッチ(セルビア)と組んだ準決勝進出もある。マリア・キリレンコ フレッシュアイペディアより)

50件中 11 - 20件表示

「アナ・イワノビッチ」のニューストピックワード