41件中 31 - 40件表示
  • アグニエシュカ・ラドワンスカ

    アグニエシュカ・ラドワンスカから見たアナ・イバノビッチアナ・イバノビッチ

    2007年全豪オープンでは本戦直接出場を果たし、2回戦で第13シードのアナ・イバノビッチ(セルビア)に敗れた。5月のトルコ・イスタンブール大会で、ラドワンスカ姉妹は女子ツアー大会のダブルス初優勝を果たす。8月のスウェーデン・ストックホルム大会にて、ラドワンスカは決勝でベラ・ドゥシェビナ(ロシア)を 6-1, 6-1 で破り、シングルスでも初優勝を飾った。これはポーランドの女子選手がWTAツアーで獲得した最初のシングルス・タイトルである。全米オープンで「第30シード」を得たラドワンスカは、1回戦で日本の森上亜希子に勝ち、3回戦で大会前年優勝者のマリア・シャラポワを 6-4, 1-6, 6-2 で破る勝利を挙げたが、4回戦でシャハー・ピアー(イスラエル)に 4-6, 1-6 で敗れた。アグニエシュカ・ラドワンスカ フレッシュアイペディアより)

  • エレナ・ヤンコビッチ

    エレナ・ヤンコビッチから見たアナ・イバノビッチアナ・イバノビッチ

    2007年のシーズンに入ると、ヤンコビッチは女子ツアーで年間4勝をマークし、世界ランキングでも大きく躍進した。同年の全仏オープンでも初の準決勝進出を決めたが、ここでもエナンに敗れた。この大会では、ライバルのアナ・イバノビッチが女子シングルス準優勝者になった。続くウィンブルドンで、ヤンコビッチはジェイミー・マレー(アンディ・マレーの兄)と混合ダブルスのペアを組み、決勝でヨナス・ビョルクマン(スウェーデン)&アリシア・モリク(オーストラリア)組を 6-4, 3-6, 6-1 で破って初優勝した。エレナ・ヤンコビッチ フレッシュアイペディアより)

  • サラ・エラニ

    サラ・エラニから見たアナ・イバノビッチアナ・イバノビッチ

    2012年全仏オープンでは3回戦でアナ・イバノビッチ、4回戦でスベトラーナ・クズネツォワの過去の全仏優勝者に勝利して全豪に続きベスト8に進出。準々決勝でアンゲリク・ケルバーを 6?3, 7?6(2) で破り初めてトップ10プレイヤーに勝利した。(エラニはこれまでトップ10プレイヤーと28回対戦したが一度も勝利を挙げることが出来なかった。)準決勝ではサマンサ・ストーサーを破り第21シードから決勝に進出した。決勝ではマリア・シャラポワに 3?6, 2?6 で敗れて準優勝となった。全米オープンでも4回戦でアンゲリク・ケルバーに 7?6(5), 6?3 で勝利しベスト8に進出した。準々決勝ではロベルタ・ビンチに 6?2, 6?4 で勝利しベスト4に進出。イタリア人として初の全米ベスト4入りを果たした。準決勝ではセリーナ・ウィリアムズに 1?6, 2?6 で完敗した。最終戦のWTAツアー選手権にも初出場しランキングを6位まで上げた。サラ・エラニ フレッシュアイペディアより)

  • 瀬間友里加

    瀬間友里加から見たアナ・イバノビッチアナ・イバノビッチ

    7歳でテニスを始め、ジュニア時代には2000年に全日本ジュニアテニス選手権14歳以下シングルスベスト4、2001年には全国中学生テニス選手権大会シングルス優勝(この大会では妹の詠里花と組んだダブルスでも準優勝を遂げた)。中学卒業後は米国に1年間留学を経て、東京立正高在学中の2004年には引き続き国内大会の全日本ジュニア18歳以下部門で単複ベスト4 の好成績を収める一方、国際大会においても2004年全豪オープンジュニアシングルス部門にて予選を勝ち上がり、アナ・イバノビッチ(セルビア)との3回戦まで進出。2004年全仏オープンではジュニアダブルス部門に出場、アラ・クドリャフツェワ(ロシア)と組みベスト8進出などの成績を残した。また前年の2003年よりアマチュアの高校生ながらシニアのITFサーキット大会にも出場するようになり、2004年9月にはITF1万ドル大会の広島国際オープンシングルスで準優勝、翌10月に開催されたITF1万ドル大会の昭和の森ヘッドオープンシングルスでは優勝を果たす等、早くから国内トップジュニアの一人として活躍していた。瀬間友里加 フレッシュアイペディアより)

  • マルチナ・ヒンギス

    マルチナ・ヒンギスから見たアナ・イバノビッチアナ・イバノビッチ

    2007年の全豪オープンでは、2年連続でクライシュテルスに準々決勝で敗れたが、東レ パン・パシフィック・オープン・テニストーナメントの決勝でアナ・イバノビッチ(セルビア)を 6-4, 6-2 で破り、大会最多の5度目の優勝を遂げた。3月初頭にはカタール・ドーハ大会のダブルスでマリア・キリレンコ(ロシア)とペアを組んで優勝し、復帰後のダブルス初優勝を果たした。この優勝が最後の優勝になった。マルチナ・ヒンギス フレッシュアイペディアより)

  • ダニエラ・ハンチュコバ

    ダニエラ・ハンチュコバから見たアナ・イバノビッチアナ・イバノビッチ

    2007年3月、ハンチュコバはインディアンウェルズ・マスターズ決勝でスベトラーナ・クズネツォワを 6-3, 6-4 で破り、同大会で5年ぶり2度目の優勝を飾った。ハンチュコバの女子ツアー大会シングルス優勝も、これが5年ぶりの2勝目になる。2008年全豪オープンで、ハンチュコバは準々決勝でアグニエシュカ・ラドワンスカ(ポーランド)を破った後、続く準決勝でアナ・イバノビッチ(セルビア)に 6-0, 3-6, 4-6 の逆転で敗れ、初の決勝進出を逃した。それまでのハンチュコバは、4大大会女子シングルスではベスト8止まりの成績だったが、この大会で自己最高成績を更新したことになる。ダニエラ・ハンチュコバ フレッシュアイペディアより)

  • キム・クライシュテルス

    キム・クライシュテルスから見たアナ・イバノビッチアナ・イバノビッチ

    2012年、前年優勝した全豪オープンでは、準決勝でビクトリア・アザレンカに 4-6, 6-1, 3-6 で敗退した。5月に全米オープンを最後に2度目の現役引退をすることを発表した。7月のロンドン五輪で最初で最後のオリンピックに出場した。3回戦でアナ・イバノビッチに 6-3, 6-4 で勝利しベスト8に進出した。準々決勝ではマリア・シャラポワに 2-6, 5-7 で敗れた。そして8月の全米オープンは第23シードで臨むも、2回戦でイギリスの新鋭、ローラ・ロブソンに 6-7(4), 6-7(5) で敗北した。同大会ではダブルス、混合ダブルスでもエントリーしたが、それぞれ1回戦、2回戦で敗退し、現役生活にピリオドが打たれた。キム・クライシュテルス フレッシュアイペディアより)

  • ビーナス・ウィリアムズ

    ビーナス・ウィリアムズから見たアナ・イバノビッチアナ・イバノビッチ

    2006年ウィンブルドンでは3回戦で姿を消したが、2007年の同選手権で再び返り咲く。ビーナスは世界ランキング31位(第23シード)の位置だったが、4回戦でシャラポワ、準々決勝でスベトラーナ・クズネツォワ、準決勝でアナ・イバノビッチを破り、決勝ではマリオン・バルトリを 6-4, 6-1 で退け、2年ぶり4度目の優勝を達成した。コンピューター・ランキングが導入されて以来、ウィンブルドン史上最も低いランキングでの優勝者となった(それまでの記録も、2年前のビーナス自身による16位での優勝)。2008年ウィンブルドンでは、5年ぶりに妹セリーナとの「姉妹対決の決勝」を実現させ、姉のビーナスが 7-5, 6-4 のストレート勝ちを収めた。これでビーナスの4大大会シングルス優勝は「7勝」となり、ウィンブルドン女子シングルス「5勝」は、同選手権の単独6位記録となる。2009年ウィンブルドンでは、2年連続の姉妹対決決勝でセリーナに 6-7, 2-6 で敗れ、3連覇を逃した。ビーナス・ウィリアムズ フレッシュアイペディアより)

  • ディナラ・サフィナ

    ディナラ・サフィナから見たアナ・イバノビッチアナ・イバノビッチ

    2008年5月の「カタール・テレコム・ドイツ・オープン」で、サフィナは3回戦でジュスティーヌ・エナンを 5-7, 6-3, 6-1 で破って勝ち進み、決勝で同じロシアのエレーナ・デメンチェワを破って優勝した。全仏オープン4回戦で、サフィナは第1シードのマリア・シャラポワを 6-7, 7-6, 6-2 で破ると、準々決勝でデメンチェワ、準決勝でクズネツォワに勝ち、初めての4大大会シングルス決勝進出を決めた。決勝戦では第2シードのアナ・イバノビッチ(セルビア)に 4-6, 3-6 で敗れた。8月の北京五輪では第6シードから決勝に進み、デメンチェワに 6-3, 5-7, 3-6 の逆転で敗れて銀メダリストになった。このオリンピック女子シングルスでは、デメンチェワが金メダル、サフィナが銀メダル、ベラ・ズボナレワが銅メダルを獲得したため、3つのメダルをすべてロシア勢が独占した。全米オープンでは、初進出の準決勝でセリーナ・ウィリアムズに敗れた。全米オープン終了後、日本の東レ パン・パシフィック・オープン・テニストーナメントで初優勝を挙げた。ディナラ・サフィナ フレッシュアイペディアより)

  • 1987年

    1987年から見たアナ・イバノビッチアナ・イバノビッチ

    11月6日 - アナ・イバノビッチ、プロテニス選手1987年 フレッシュアイペディアより)

41件中 31 - 40件表示

「アナ・イワノビッチ」のニューストピックワード