50件中 31 - 40件表示
  • 2008年のスポーツ

    2008年のスポーツから見たアナ・イバノビッチアナ・イバノビッチ

    女子シングルス優勝:アナ・イバノビッチ()(初優勝)2008年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • ネマニャ・ヴィディッチ

    ネマニャ・ヴィディッチから見たアナ・イバノビッチアナ・イバノビッチ

    2006年7月15日、ベオグラード大学経済学部の学生であるアナ・イヴァノヴィッチ(Ana Ivanović, セルビア人の同姓同名のテニスプレーヤーとは別人)と結婚。ネマニャ・ヴィディッチ フレッシュアイペディアより)

  • アグニエシュカ・ラドワンスカ

    アグニエシュカ・ラドワンスカから見たアナ・イバノビッチアナ・イバノビッチ

    2007年全豪オープンでは本戦直接出場を果たし、2回戦で第13シードのアナ・イバノビッチ(セルビア)に敗れた。5月のトルコ・イスタンブール大会で、ラドワンスカ姉妹は女子ツアー大会のダブルス初優勝を果たす。8月のスウェーデン・ストックホルム大会にて、ラドワンスカは決勝でベラ・ドゥシェビナを 6-1, 6-1 で破り、シングルスでも初優勝を飾った。これはポーランドの女子選手がWTAツアーで獲得した最初のシングルス・タイトルである。全米オープンで「第30シード」を得たラドワンスカは、1回戦で日本の森上亜希子に勝ち、3回戦で大会前年優勝者のマリア・シャラポワを 6-4, 1-6, 6-2 で破る勝利を挙げたが、4回戦でシャハー・ピアーに 4-6, 1-6 で敗れた。アグニエシュカ・ラドワンスカ フレッシュアイペディアより)

  • アナスタシア・パブリュチェンコワ

    アナスタシア・パブリュチェンコワから見たアナ・イバノビッチアナ・イバノビッチ

    2008年5月、パブリュチェンコワはモロッコ・フェズ大会のダブルスでソラナ・チルステアと組んで優勝し、ここで初めての女子ツアータイトルを獲得した。この後全仏オープンで一般の部にデビューする。10月にジャパン・オープンで来日し、シングルス・ダブルスともベスト8に入った。2009年3月のインディアンウェルズ・マスターズ準々決勝で、パブリュチェンコワはジュニア時代からのライバルであるアグニエシュカ・ラドワンスカを 7-6, 6-4 で破る勝利を挙げ、アナ・イバノビッチとの準決勝まで進出した。この大規模なトーナメントでのベスト4進出により、彼女は初めて世界トップ30に入る。4月には女子テニス国別対抗戦・フェドカップ準決勝のイタリア戦で2試合に起用され、団体戦デビューも果たした。全仏オープンにおいて、パブリュチェンコワは17歳10か月で「第27シード」に選ばれ、大会最年少のシード選手になった。全仏では3回戦で第1シードのディナラ・サフィナに 2-6, 0-6 で完敗した。アナスタシア・パブリュチェンコワ フレッシュアイペディアより)

  • サラ・エラニ

    サラ・エラニから見たアナ・イバノビッチアナ・イバノビッチ

    2012年全仏オープンでは3回戦でアナ・イバノビッチ、4回戦でスベトラーナ・クズネツォワの過去の全仏優勝者に勝利して全豪に続きベスト8に進出。準々決勝でアンゲリク・ケルバーを 6?3, 7?6(2) で破り初めてトップ10プレイヤーに勝利した。(エラニはこれまでトップ10プレイヤーと28回対戦したが一度も勝利を挙げることが出来なかった。)準決勝ではサマンサ・ストーサーを破り第21シードから決勝に進出した。決勝ではマリア・シャラポワに 3?6, 2?6 で敗れて準優勝となった。全米オープンでも4回戦でアンゲリク・ケルバーに 7?6(5), 6?3 で勝利しベスト8に進出した。準々決勝ではロベルタ・ビンチに 6?2, 6?4 で勝利しベスト4に進出。イタリア人として初の全米ベスト4入りを果たした。準決勝ではセリーナ・ウィリアムズに 1?6, 2?6 で完敗した。最終戦のWTAツアー選手権にも初出場した。サラ・エラニ フレッシュアイペディアより)

  • モナ・バルテル

    モナ・バルテルから見たアナ・イバノビッチアナ・イバノビッチ

    地元のポルシェ・テニス・グランプリでは1回戦でアナ・イバノビッチを 7-5, 7-6(4)、2回戦では当時世界ランキング7位のマリオン・バルトリを 6-3, 6-1 で破りベスト8に進出した。準々決勝では世界ランキング1位のビクトリア・アザレンカに 4-6, 7-6(3), 5-7 で敗れた。7月のロンドン五輪に直前欠場したアンドレア・ペトコビッチの代役としてオリンピックに初出場した。シングルス1回戦でポーランドのウルシュラ・ラドワンスカに 4-6, 3-6 で敗れた。モナ・バルテル フレッシュアイペディアより)

  • エカテリーナ・マカロワ

    エカテリーナ・マカロワから見たアナ・イバノビッチアナ・イバノビッチ

    2011年全豪オープン1回戦でアナ・イバノビッチを 3-6, 6-4, 10-8、3回戦でナディア・ペトロワを 6-2, 3-6, 8-6 で破り、4大大会初のシングルス4回戦に進出。4回戦では優勝したキム・クライシュテルスに 6-7(3), 2-6 で敗れた。全仏オープンでも4回戦に進出し、ビクトリア・アザレンカに 2-6, 3-6 で敗れた。エカテリーナ・マカロワ フレッシュアイペディアより)

  • ビーナス・ウィリアムズ

    ビーナス・ウィリアムズから見たアナ・イバノビッチアナ・イバノビッチ

    2006年ウィンブルドンでは3回戦で姿を消したが、2007年では、世界ランキング31位(第23シード)だったが、4回戦でシャラポワ、準々決勝でスベトラーナ・クズネツォワ、準決勝でアナ・イバノビッチ、決勝ではマリオン・バルトリを 6-4, 6-1 で退け、2年ぶり4度目の優勝を達成。コンピューター・ランキングが導入されて以来、ウィンブルドン史上最も低いランキングでの優勝者となった(これは、2年前のビーナス自身による16位での優勝を更新したもの)。2008年ウィンブルドンの決勝戦では、5年ぶりに姉妹対決を実現させ、ビーナスが 7-5, 6-4 のストレート勝ちを収めた。これでビーナスの4大大会シングルス優勝は「7勝」となり、ウィンブルドン女子シングルス「5勝」は、同選手権の単独6位記録となる。2009年ウィンブルドンでは、2年連続の姉妹対決決勝となったが、 6-7, 2-6 で敗れ、3連覇を逃した。ビーナス・ウィリアムズ フレッシュアイペディアより)

  • アナベル・メディナ・ガリゲス

    アナベル・メディナ・ガリゲスから見たアナ・イバノビッチアナ・イバノビッチ

    アナベル・メディナ・ガリゲスは2005年・2006年の2年連続で、女子ツアーでシングルス年間2勝を記録した。2007年は全仏オープン直前の大会にあたるフランス・ストラスブール大会で、第1シードのアメリ・モレスモを 6-4, 4-6, 6-4 で破った優勝がある。続く全仏オープンで、メディナ・ガリゲスは2002年全豪オープン以来5年ぶりの4大大会4回戦進出を果たしたが、初進出の全仏4回戦では第7シードのアナ・イバノビッチに 3-6, 6-3, 3-6 のフルセットで敗れた。アナベル・メディナ・ガリゲス フレッシュアイペディアより)

  • ローラ・ロブソン

    ローラ・ロブソンから見たアナ・イバノビッチアナ・イバノビッチ

    両手打ちから放たれる強烈なグラウンドストロークと左利きのサーブがロブソンの武器であり、その実力は2008年ウィンブルドン選手権ジュニアシングルス優勝の時点で「既にジュニアの中でもトップクラス」と評された。その一方でこの時点での左右のフットワークについては不得意であると指摘されている またメンタル面では試合中常に平静を保っている点が賞賛されており、トップ選手に必要なメンタルとテクニックを既に兼ね備えていると評されている。コメンテーターのサイモン・リードは「彼女に必要とされる全ての技術は、既に彼女に備わっている」とし、元グランドスラム王者のパット・キャッシュは「彼女はすべてのテニス技能において進歩する特性を持つ」「特別な才能」の持ち主であると、ロブソンのテニス選手としての万能さを評した。イギリスの元トップ選手であったサマンサ・スミスは「既に彼女はテニス選手としての基盤が完成しており、弱点は全くない」、「私が見てきた中でも最高の14歳の一人」とコメントしている。現役選手からの評価も高く、2008年のフォルティス選手権でロブソンのプレーを見た元シングルス世界ランク1位のアナ・イバノビッチは、「彼女は14歳なのに、非常に強烈なハードヒットをしますね」とロブソンのストロークを賞賛し、2010年のHPオープンで対戦したクルム伊達公子は「彼女はとても若く、多くの可能性を持つ選手」と評した。ローラ・ロブソン フレッシュアイペディアより)

50件中 31 - 40件表示

「アナ・イワノビッチ」のニューストピックワード