前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
13232件中 1 - 10件表示
  • 伊藤あしゅら紅丸

    伊藤あしゅら紅丸から見た漫画漫画

    伊藤 あしゅら 紅丸(いとう あしゅら べにまる、1950年12月25日 - )は、日本の漫画家、イラストレーター、CGクリエイター、ギター・アナリスト、ミュージシャン。肩書きは多数。元クリーチャーズ取締役。ゲーム業界のみならず、アニメや漫画など様々な分野に精通し、広い人脈を持つ。自らを“業界の鵺”と評す。豹柄をこよなく愛す。伊藤あしゅら紅丸 フレッシュアイペディアより)

  • アダルトゲーム

    アダルトゲームから見た漫画漫画

    ゲーム内のイベント画面やキャラクターの立ち姿のグラフィックについては、日本ではマンガ・アニメ調の平面的な2次元コンピュータグラフィックスによる静止画像がそのほとんどを占めており、3次元コンピュータグラフィックスのキャラクターを用いた作品は存在するが少数派である。海外のアダルトソフトでは一般的なポルノ女優によるヌード実写映像の作品は少ない。アダルトゲーム フレッシュアイペディアより)

  • トーキョーオタクモード

    トーキョーオタクモードから見た漫画漫画

    Tokyo Otaku Mode(トーキョー・オタク・モード)は、国外向けに日本のサブカルチャーコンテンツである、アニメ、漫画、ゲーム、音楽、ファッションなどの情報発信を行ったり、商品をインターネットを通して通信販売(電子商取引)する会社の1つ。トーキョーオタクモード フレッシュアイペディアより)

  • マンガ学

    マンガ学から見た漫画漫画

    マンガ学 - マンガによるマンガのためのマンガ理論 -(マンガがく、原題Understanding Comics: The Invisible Art)は漫画で書かれた漫画理論書である。アメリカの漫画家スコット・マクラウドの原作・画による。マンガにしかできない表現、魅力について存分に紹介されている。カラー印刷。日本語訳は美術出版社から刊行された。 ISBN 4-568-50198-9マンガ学 フレッシュアイペディアより)

  • イラストレーション

    イラストレーションから見た漫画漫画

    挿絵はイラストレーションそのものであり、絵本や漫画もイラストレーションに含まれ、もしくはイラストレーションを構成要素として持つが、これらはイラストレーションという呼称が普及した1960年代以前から存在していたため固有の呼称が用いられている。建築物の完成予想図(建築パース)もイラストレーションの一種である。イラストレーション フレッシュアイペディアより)

  • メディアミックス

    メディアミックスから見た漫画漫画

    1970年代には自主映画、CMディレクター出身の大林宣彦が東宝で映画『HOUSE』を撮ろうとして、企画としては1975年に東宝の会議を通ったものの撮影所の助監督経験のない大林が監督することに、当時の東宝の助監督たちが猛反対し、その後2年の間、映画製作は始まらず。この事態に業を煮やした大林は「『HOUSE』映画化を実験するキャンペーン」と銘打って、映画製作より先に『HOUSE』ブームを起こしてやろうと積極的にメディアに露出したり、『HOUSE』をラジオドラマにしたり、コミック化、ノベライズ化など、大林主導で「メディアミックス」を仕掛けていき、これらが功を奏して知名度が上がって話題となり、東宝も企画を進めざるを得なくなって、2年後の1977年にようやく本体の映画化が決まったことがあった。既存の映画界とは別のところで仕事をしていた大林と角川春樹は、ほぼ同時期にそれぞれの方法で「メディアミックス」を仕掛けていた。これを「メディアミックス」の先駆と評価する見方もある。大林の「メディアミックス」の成功は、助監督経験のない、撮影所育ちでない映画監督の出現という映画界に新しい流れを生み出している。大林と角川が「メディアミックス」のヒントを得たのは、ともに1970年のアメリカ映画『ある愛の詩』である。メディアミックス フレッシュアイペディアより)

  • 小説化

    小説化から見た漫画漫画

    古典文学、音楽、映画、漫画、ドラマ、コンピュータゲームなど、あらゆる創作物が対象とされ、特にサブカルチャーの分野では英語に由来するノベライズ(novelize)と言う表記が好んで使われる。ノベライズは本来動詞で「小説化する」と言う意味であるが、カタカナ語では「小説化された作品」自体を表す名詞としても多用されている。また、本来の「小説化」、「小説化された作品」を意味するノベライゼーション(novelization)も同じくカタカナ語として利用されている。著作権法上は翻案の一形態にあたる。小説化 フレッシュアイペディアより)

  • ソムリエ (漫画)

    ソムリエ (漫画)から見た漫画漫画

    『ソムリエ』は、原作:城アラキ、漫画:甲斐谷忍、監修:堀賢一による日本の漫画。集英社の雑誌『MANGAオールマン』に連載された。単行本は全9巻(絶版)、文庫本は全6巻。天才ソムリエ、佐竹城を主人公としている。ソムリエ (漫画) フレッシュアイペディアより)

  • 西村理香

    西村理香から見た漫画漫画

    1980年代初頭から成人漫画雑誌、イラストやコミックなどの分野で起こったロリコンブームは、1970年頃から始まった美術写真集で少女ヌードを出版する版元と連携し過熱したが写真家清岡純子の作品が法摘発されたのち社会意識の変化から1988年頃には低迷した。一定のコンセンサスが成立し漫画は描写で自主規制を強め、写真集の出版数は激減し社会倫理から企画制作で日本人モデルを起用する事自体に困難が付きまとう事態となったが1990年前後から新進気鋭の力武靖ら写真家がおもに東南アジア人モデルを起用した写真集の刊行を開始した。一連の制作で篠原茜などに続くモデルの一人に西村は登場した。西村理香 フレッシュアイペディアより)

  • 近未来

    近未来から見た漫画漫画

    近未来(きんみらい)は、比較的近い未来の時代を指す語。小説、映画、アニメーション、漫画、ゲームなど、フィクションの分野で空想世界として語られる事が多い。又、ノンフィクションの色彩が濃厚な分野では、近い未来の現実世界を予測する内容として語られる傾向を持っている。近未来 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
13232件中 1 - 10件表示

「アニメ・漫画・特撮」のニューストピックワード