13232件中 131 - 140件表示
  • ものしりクイズ おしゃべりまちゃ

    ものしりクイズ おしゃべりまちゃから見た漫画漫画

    同年に日本初の業務用クイズゲームとして発売された「コンピュータークイズ 頭の体操」(ユニエンタープライズ)や、人気クイズ番組のゲーム化として当時人気を博した「アメリカ横断ウルトラクイズ」(タイトー)に追従して発売されたクイズゲーム。コミカルな女の子のマスコットキャラクター「おちゃま・まちゃ」がゲームの演出を盛り上げてくれることと、随所で「まちゃ」の声が合成音声(基板には音源として HC-55516 を搭載)によって流されること、および漫画にアニメ、SFなどのサブカルチャーにまつわる問題ジャンルが用意されていることが特徴である。ものしりクイズ おしゃべりまちゃ フレッシュアイペディアより)

  • 蛍火の杜へ

    蛍火の杜へから見た漫画漫画

    『蛍火の杜へ』(ほたるびのもりへ)は、緑川ゆきによる日本の漫画作品、及び同作品を表題とした漫画短編集。蛍火の杜へ フレッシュアイペディアより)

  • アカイイト

    アカイイトから見た漫画漫画

    『アカイイト』はサクセスより発売された和風伝奇ホラーアドベンチャーゲーム。およびこれを原作とする漫画作品。アカイイト フレッシュアイペディアより)

  • 戯画

    戯画から見た漫画漫画

    戯画(ぎが)は、おかしみのある絵、または戯れに書かれた絵のこと。落書き、風刺画、漫画、カリカチュアなどと重なる面が多く、これらと明確には区別し難い。「戯画」の名を冠した作品としては鳥羽僧正(伝)による『鳥獣人物戯画』が著名である。戯画 フレッシュアイペディアより)

  • スカトロジー

    スカトロジーから見た漫画漫画

    糞便にまつわる文化・芸術面での活動は、しばしば「不潔で下賎な物」とされるが、人格形成において排泄行為の及ぼす影響から鑑みれば、決して軽んじることが出来ない。中には感情面での激情を、糞便の意外性を持って表現せしめる芸術活動も存在し、またこれら傾向は文学や、もっと大衆的な漫画の表現上においても見出すことが出来る。スカトロジー フレッシュアイペディアより)

  • 子供はわかってあげない

    子供はわかってあげないから見た漫画漫画

    『子供はわかってあげない』は、田島列島による日本の漫画作品。『モーニング』(講談社)にて、2014年14号から2014年35号まで連載された漫画。単行本は上下巻。子供はわかってあげない フレッシュアイペディアより)

  • コスプレ系飲食店

    コスプレ系飲食店から見た漫画漫画

    コスプレ系飲食店(コスプレけいいんしょくてん)とは、漫画やアニメを中心としたサブカルチャー、とりわけおたく文化を取り入れ、店員がコスプレをして接客を行う飲食店である。喫茶店ないしは居酒屋などを業態とする物が多い。コスプレ系飲食店 フレッシュアイペディアより)

  • 戦時猛獣処分

    戦時猛獣処分から見た漫画漫画

    戦後、本件を題材にした創作作品がいくつか作られた。最もよく知られているのは、上野動物園のゾウの悲劇を基にした土家由岐雄の童話『かわいそうなぞう』(1951年)で、同書を通して戦時猛獣処分が広く知られることとなった。他にも、飯森広一が漫画『トンキー物語』(1971年)や、藤子・F・不二雄が漫画『ドラえもん』作中の「ぞうとおじさん(コミックス5巻収録)」で上野動物園で行われた戦時猛獣処分について描いている。戦時猛獣処分 フレッシュアイペディアより)

  • トリツキくん

    トリツキくんから見た漫画漫画

    『トリツキくん』は、高田裕三による日本の麻雀漫画である。「別冊近代麻雀」(1989年2月号 - 1990年5月号)および「シンバッド」(1990年9月号 - 1991年3月号)に連載され、その後竹書房よりバンブー・コミックス全1巻として発刊された。トリツキくん フレッシュアイペディアより)

  • シャングリ・ラ (池上永一の小説)

    シャングリ・ラ (池上永一の小説)から見た漫画漫画

    『シャングリ・ラ』(SHANGRI-LA)は、池上永一による日本のSF小説。2008年に漫画化、2009年にテレビアニメ化された。シャングリ・ラ (池上永一の小説) フレッシュアイペディアより)

13232件中 131 - 140件表示

「アニメ・漫画・特撮」のニューストピックワード