1 2 3 4 5 6 7 8 9 次へ
85件中 81 - 85件表示
  • 漫画

    漫画から見たパンチ (雑誌)

    19世紀には、新聞紙上での風刺漫画が人気を博した。1841年、イギリスで風刺漫画雑誌『パンチ』が創刊された。1843年に、『パンチ』は当時フレスコ画の下絵(カートゥーン)展示会を行っていたイギリスの国会議事堂を揶揄して、誌上に掲載された風刺漫画を「カートゥーン (cartoon)」と名付けた。この用語は漫画を表す一般的な英語となり、現代でも使われている。同種の風刺漫画雑誌として、ヨーロッパ大陸ではドイツの『フリーゲンデ・ブレッター』やフランスの『シャリバリ』があり、アメリカ合衆国では『ジャッジ』と『パック』が人気を博していた。漫画 フレッシュアイペディアより)

  • 漫画

    漫画から見たふきだし

    コマやフキダシなど独特の形式に沿っている。漫画 フレッシュアイペディアより)

  • 漫画

    漫画から見たヨーロッパ

    19世紀には、新聞紙上での風刺漫画が人気を博した。1841年、イギリスで風刺漫画雑誌『パンチ』が創刊された。1843年に、『パンチ』は当時フレスコ画の下絵(カートゥーン)展示会を行っていたイギリスの国会議事堂を揶揄して、誌上に掲載された風刺漫画を「カートゥーン (cartoon)」と名付けた。この用語は漫画を表す一般的な英語となり、現代でも使われている。同種の風刺漫画雑誌として、ヨーロッパ大陸ではドイツの『フリーゲンデ・ブレッター』やフランスの『シャリバリ』があり、アメリカ合衆国では『ジャッジ』と『パック』が人気を博していた。漫画 フレッシュアイペディアより)

  • 漫画

    漫画から見たタブロイド判

    その他にも、1929年には新聞漫画を再版した『ザ・ファニーズ』が出版されている。この漫画はアメリカ合衆国においてニューススタンドで発売された、最初の4色印刷の漫画として評価されており、タブロイド判のサイズで印刷されていた。この判型は当時の新聞の日曜版と混同されやすく、売り上げを伸ばせなかったため、36号で廃刊となった。漫画 フレッシュアイペディアより)

  • 漫画

    漫画から見た王立スペイン語アカデミー

    スペイン語では、アメリカンコミックのようなストーリー性のあるものはそのまま comic(コミック) 、もっと軽い、どちらかと言えば子供向けのものは tebeo(テベオ、単語の由来は後述**) 、風刺画、戯画のようなものは historieta (イストリエタ)、viñeta (ビニェータ)、caricatura (カリカトゥーラ)等と呼ばれる。近年スペインでは絵やストーリーのスタイルが日本の漫画から大きな影響を受けている作品群はそのまま manga(マンガ) と呼ばれ、2012年には王立スペイン語アカデミー編纂のスペイン語辞書第23版にも外来語として記載されるようになった。 漫画 フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 5 6 7 8 9 次へ
85件中 81 - 85件表示

「アニメ・漫画・特撮」のニューストピックワード