アピシット・ウェチャチワ ニュース&Wiki etc.

民主党(みんしゅとう、Democrat Party、'')は、タイ王国の政党。タイ貢献党と共に二大政党制を構成している。タクシン元首相派のタイ貢献党に対し、反タクシン派の立場を取る政党である。 (出典:Wikipedia)

「アピシット・ウェチャチワ」最新ニュース

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「民主党 (タイ)」のつながり調べ

  • タイの歴史 (1973年 - )

    タイの歴史 (1973年 - )から見た民主党 (タイ)

    その夜、サガットは憲法の停止と民主党政権の終わりを宣言しクーデターを企てた。セーニー首相は退陣し、軍は超保守的な元裁判官ターニン・クライウィチエンを首相に就任させ、大学、メディアおよび官庁の全面的な粛清を行った。何千人もの学生、インテリ、および他の左派は、バンコクから逃れて北部と東北部の共産党の反政府勢力に合流し、安全地帯だったラオスの基地を中心に活動した。他の亡命した左派にはタマサート大学の黄培謙博士や権威ある経済学者、大学の学長も含まれていた。経済はターニンの政策よりも、冷え切った外国からの投資のために重大な困難に陥り、新体制は民主化への試みと同じように不安定だった。1977年10月、サガットは再びクーデターを企ててターニンを退陣させ、司令官が首相に就任した。1978年、政府は「繁栄する国を造るために共に働く」ことを厭わないタイの共産主義者に住宅、家族との再会および安全を含む恩赦を申し出た。(タイの歴史 (1973年 - ) フレッシュアイペディアより)

  • チュワン・リークパイ

    チュワン・リークパイから見た民主党 (タイ)

    首相(第27・30代)、法務相、商務相、教育相、民主党党首を歴任した。(チュワン・リークパイ フレッシュアイペディアより)

「民主党 (タイ)」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「アピシット・ウェチャチワ」のニューストピックワード