前へ 1 2
13件中 1 - 10件表示
  • チュワン・リークパイ

    チュワン・リークパイから見た民主党 (タイ)民主党 (タイ)

    首相(第27・30代)、法務相、商務相、教育相、民主党党首を歴任した。チュワン・リークパイ フレッシュアイペディアより)

  • タイ貢献党

    タイ貢献党から見た民主党 (タイ)民主党 (タイ)

    「国民の力党」を前身とするタクシン元首相派の政党である。民主党と共に二大政党制を構成し、2012年現在の与党。タイ貢献党 フレッシュアイペディアより)

  • アピシット・ウェーチャチーワ

    アピシット・ウェーチャチーワから見た民主党 (タイ)民主党 (タイ)

    アピシット・ウェーチャチーワ(、、1964年8月3日 - )は、タイ王国の政治家。2008年から2011年まで、首相を務めた。下院議員、民主党党首である。アピシット・ウェーチャチーワ フレッシュアイペディアより)

  • タイの歴史 (1973年 - )

    タイの歴史 (1973年 - )から見た民主党 (タイ)民主党 (タイ)

    その夜、サガットは憲法の停止と民主党政権の終わりを宣言しクーデターを企てた。セーニー首相は退陣し、軍は超保守的な元裁判官ターニン・クライウィチエンを首相に就任させ、大学、メディアおよび官庁の全面的な粛清を行った。何千人もの学生、インテリ、および他の左派は、バンコクから逃れて北部と東北部の共産党の反政府勢力に合流し、安全地帯だったラオスの基地を中心に活動した。他の亡命した左派にはタマサート大学の黄培謙博士、尊敬された経済学者および学長も含まれた。経済はターニンの政策のではなく、怯えた外国人投資家のために重大な困難に陥り、新体制は民主主義の試みと同じくらい不安定だった。1977年10月、サガットは再びクーデターを企て、ターニンを退陣させ司令官が首相に就任した。1978年、政府は「繁栄する国を造るために共に働く」ことを構わないと思っているタイの共産主義者に住宅、家族との再会および安全を含む恩赦を申し出た。タイの歴史 (1973年 - ) フレッシュアイペディアより)

  • クアン・アパイウォン

    クアン・アパイウォンから見た民主党 (タイ)民主党 (タイ)

    バタンバン(現・カンボジア領)の名家に生まれる。1924年にフランスリヨン大学電気工学部を卒業し、帰国後の1928年に郵便電信局の電信技師となる。1932年のタイ立憲革命に参加して翌年に官選国会議員となる。人民党文官派指導者の一人とみなされて要職を歴任した。日本と結んでいたプレーク・ピブーンソンクラーム(ビブン)首相が失脚した第2次世界大戦末期から終結直後にかけての1944年8月1日?1945年8月31日・1946年1月31日?同年3月24日・1947年11月10日?1948年4月8日の3度にわたって首相を務め、複数の閣僚を兼務した。この間の1946年1月に結成された民主党に参加して総裁となって民選国会議員にも選ばれている。だが、1948年4月にビブン元首相を支持する軍部の政変によってアパイウォンは政権を追われた。この政変によりタイはビブンによる軍事政権となった。アパイウォンは民主党総裁として民主主義を擁護して軍事政権と争った。軍事政権や軍部も人望のある彼との全面対決を避け、独裁政権を率いたサリット・タナラット元帥も1959年にアパイウォンを通信審議会議長に任命して彼の懐柔を図っている。日本との関係も深く、1961年に来日している。クアン・アパイウォン フレッシュアイペディアより)

  • セーニー・プラーモート

    セーニー・プラーモートから見た民主党 (タイ)民主党 (タイ)

    モムラーチャウォン・セーニー・プラーモート()はタイの政治家である。民主党に所属し首相を3度務めた。また、タイ王室の一員でもあった。セーニー・プラーモート フレッシュアイペディアより)

  • 人民の力党

    人民の力党から見た民主党 (タイ)民主党 (タイ)

    そのため、タクシン派で判決では失職しなかった議員のうち多くが、新たに設立していたタイ貢献党(プアタイ党)に参加したため、同党が事実上の国民の力党の後継政党となった。しかし、連立与党だった他の政党と国民の力党の一部の派閥が、野党であった民主党との連立に切り替えたため、タクシン派は7年ぶりに野党となる。人民の力党 フレッシュアイペディアより)

  • タイ王国

    タイ王国から見た民主党 (タイ)民主党 (タイ)

    2006年に軍事クーデターが発生し、1997年タイ王国憲法による民政が停止された。クーデターは国王の介入により収拾され、軍事政権が発足した。同年暫定憲法が公布され、スラユット・チュラーノンが暫定首相に着任した。2007年には2007年タイ王国憲法が公布され、民政復帰が開始された。2007年12月に下院選挙、2008年3月に上院選挙が行われている。2008年1月には選挙の結果を受け、クーデターで政権を追われたタクシン系の文民のサマック・スントラウェートが首相に就任した。サマック首相はテレビ出演を巡るスキャンダルで辞任、10月にタクシン元首相の義弟であるソムチャーイ・ウォンサワットが首相に就任したが、憲法裁判所から選挙違反のため解党命令が出され失職。12月には民主党のアピシット・ウェートチャーチーワが首相となる。タイ王国 フレッシュアイペディアより)

  • タイの政党

    タイの政党から見た民主党 (タイ)民主党 (タイ)

    ここ最近の傾向としてタクシンが圧倒的に優勢であると見なされてきたため、タクシン率いるタイ愛国党が周辺勢力を吸収しながらその勢力を広げてきたが、2006年の下院総選挙が無効とされ、さらに2007年5月30日に同党への解党判決が憲法裁判所によって出されたことにより、再び多数の政党が乱立し分極的多党制に近い状況が出現する可能性が高まっている。しかし2007年12月の選挙の結果は予想に反して中小政党が伸びず、国民の力党と民主党による2大政党制の傾向が強まった。タイの政党 フレッシュアイペディアより)

  • 大衆党

    大衆党から見た民主党 (タイ)民主党 (タイ)

    大衆党(たいしゅうとう พรรคมหาชน)はタイ王国の政党の一つ。2003年7月に民主党から分裂し成立した。一部メディアでは民衆党、マハーチョン党、公衆党とも。以前の民主党政権時代に副首相であったサナン・カチョンプラーサートやアネーク・ラオタンマラットによって創設。同年7月19日に発表された党の方針では、国立の教育機関の授業料無料、保険制度の拡充などの社会福祉政策に重点を置き、その他、地方分権、議員定数削減などの方針を掲げる。タイの政党の中では比較的左派と見られているが、逆にそのことやサナンへの公職追放判決が災いして党勢を伸ばしきれず、05年の下院総選挙では2議席にとどまった。07年の総選挙では主要メンバーが離脱したため、ゼロ議席に終わった。11年の総選挙ではやや党勢を復調させ、1議席を獲得した。大衆党 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2
13件中 1 - 10件表示