前へ 1 2
19件中 1 - 10件表示
  • チュワン・リークパイ

    チュワン・リークパイから見た民主党 (タイ)民主党 (タイ)

    首相(第27・30代)、法務相、商務相、教育相、民主党党首を歴任した。チュワン・リークパイ フレッシュアイペディアより)

  • アピシット・ウェーチャチーワ

    アピシット・ウェーチャチーワから見た民主党 (タイ)民主党 (タイ)

    アピシット・ウェーチャチーワ(、、1964年8月3日 - )は、タイ王国の政治家。2008年から2011年まで首相を務めた。下院議員、民主党党首である。中国名・袁馬克。アピシット・ウェーチャチーワ フレッシュアイペディアより)

  • タイ貢献党

    タイ貢献党から見た民主党 (タイ)民主党 (タイ)

    タクシン・チナワットが結成したタイ愛国党の流れをくむ国民の力党を前身とするタクシン派の政党である。民主党と共に二大政党制を構成する。タイ貢献党 フレッシュアイペディアより)

  • 2013年タイ反政府デモ

    2013年タイ反政府デモから見たタイ民主党民主党 (タイ)

    2013年タイ反政府デモ(2013ねんタイはんせいふデモ)は、2013年11月25日から、タイの反タクシン派野党民主党のステープ・トゥアクスパン元副首相が反タクシン派政権の樹立を狙って主導している大規模なデモ(一揆)であり、インラック・シナワトラ首相の辞任を要求している。政府を支持するタクシン派と反政府派の衝突により、今までに少なくとも30人が死亡した。2013年タイ反政府デモ フレッシュアイペディアより)

  • タイの歴史 (1973年 - )

    タイの歴史 (1973年 - )から見た民主党 (タイ)民主党 (タイ)

    その夜、サガットは憲法の停止と民主党政権の終わりを宣言しクーデターを企てた。セーニー首相は退陣し、軍は超保守的な元裁判官ターニン・クライウィチエンを首相に就任させ、大学、メディアおよび官庁の全面的な粛清を行った。何千人もの学生、インテリ、および他の左派は、バンコクから逃れて北部と東北部の共産党の反政府勢力に合流し、安全地帯だったラオスの基地を中心に活動した。他の亡命した左派にはタマサート大学の黄培謙博士や権威ある経済学者、大学の学長も含まれていた。経済はターニンの政策よりも、冷え切った外国からの投資のために重大な困難に陥り、新体制は民主化への試みと同じように不安定だった。1977年10月、サガットは再びクーデターを企ててターニンを退陣させ、司令官が首相に就任した。1978年、政府は「繁栄する国を造るために共に働く」ことを厭わないタイの共産主義者に住宅、家族との再会および安全を含む恩赦を申し出た。タイの歴史 (1973年 - ) フレッシュアイペディアより)

  • セーニー・プラーモート

    セーニー・プラーモートから見た民主党 (タイ)民主党 (タイ)

    モムラーチャウォン・セーニー・プラーモート(、1905年5月26日 - 1997年7月28日)は、タイの政治家である。民主党に所属し首相を3度務めた。また、タイ王室の一員でもあった。セーニー・プラーモート フレッシュアイペディアより)

  • ステープ・トゥアクスパン

    ステープ・トゥアクスパンから見たタイ民主党民主党 (タイ)

    1979年、下院選にタイ民主党から立候補し初当選した。その後、下院選に9回連続当選し、農相(1986年-1988年、1992年-1994年)、運輸相(1997年-2000年)などを歴任する。2005年から民主党幹事長に就任し、2011年まで務めた。2008年からアピシット・ウェーチャチーワ政権で、治安担当の副首相に就任した。ステープ・トゥアクスパン フレッシュアイペディアより)

  • アピラック・コーサヨーティン

    アピラック・コーサヨーティンから見た民主党 (タイ)民主党 (タイ)

    2004年に行われたバンコクの総選挙では野党、民主党の後援を受けて立候補した。選挙では与党タイ愛国党の後援を受けたパウィーナー・ホンサクンが有力視されていたが、バンコク市民の与党嫌いの風潮を反映し、同年8月28日の選挙では30万票の差を付け圧勝した。当選当時は民主党推薦であるアピラックと勢力拡大を狙う愛国党のタクシン首相の摩擦が懸念されたが、すぐさま双方が協力をする事を表明した。現在は民主党の副党首も兼ねる。アピラック・コーサヨーティン フレッシュアイペディアより)

  • クアン・アパイウォン

    クアン・アパイウォンから見た民主党 (タイ)民主党 (タイ)

    1932年のタイ立憲革命に参加して翌年に官選国会議員となる。人民党文官派指導者の一人とみなされて要職を歴任した。日本と結んでいたプレーク・ピブーンソンクラーム(ビブン)首相が失脚した第2次世界大戦末期から終結直後にかけての1944年8月1日?1945年8月31日・1946年1月31日?同年3月24日の2度にわたって首相を務め、複数の閣僚を兼務した。この間の1946年1月に結成された民主党に参加して総裁となって民選国会議員にも選ばれている。クアン・アパイウォン フレッシュアイペディアより)

  • タイの政党

    タイの政党から見た民主党 (タイ)民主党 (タイ)

    ここ最近の傾向としてタクシンが圧倒的に優勢であると見なされてきたため、タクシン率いるタイ愛国党が周辺勢力を吸収しながらその勢力を広げてきたが、2006年の下院総選挙が無効とされ、さらに2007年5月30日に同党への解党判決が憲法裁判所によって出されたことにより、再び多数の政党が乱立し分極的多党制に近い状況が出現する可能性が高まっている。しかし2007年12月の選挙の結果は予想に反して中小政党が伸びず、国民の力党と民主党による二大政党制の傾向が強まった。タイの政党 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2
19件中 1 - 10件表示