1 2 次へ
19件中 11 - 19件表示
  • 大衆党

    大衆党から見た民主党 (タイ)民主党 (タイ)

    大衆党(たいしゅうとう พรรคมหาชน)はタイ王国の政党の一つ。2003年7月に民主党から分裂し成立した。一部メディアでは民衆党、マハーチョン党、公衆党とも。以前の民主党政権時代に副首相であったサナン・カチョンプラーサートやアネーク・ラオタンマラットによって創設。同年7月19日に発表された党の方針では、国立の教育機関の授業料無料、保険制度の拡充などの社会福祉政策に重点を置き、その他、地方分権、議員定数削減などの方針を掲げる。タイの政党の中では比較的左派と見られているが、逆にそのことやサナンへの公職追放判決が災いして党勢を伸ばしきれず、05年の下院総選挙では2議席にとどまった。07年の総選挙では主要メンバーが離脱したため、ゼロ議席に終わった。11年の総選挙ではやや党勢を復調させ、1議席を獲得した。大衆党 フレッシュアイペディアより)

  • 人民の力党

    人民の力党から見た民主党 (タイ)民主党 (タイ)

    そのため、タクシン派で判決では失職しなかった議員のうち多くが、新たに設立していたタイ貢献党(プアタイ党)に参加したため、同党が事実上の国民の力党の後継政党となった。しかし、連立与党だった他の政党と国民の力党の一部の派閥が、野党であった民主党との連立に切り替えたため、タクシン派は7年ぶりに野党となった。人民の力党 フレッシュアイペディアより)

  • 自由タイ運動

    自由タイ運動から見たタイ民主党民主党 (タイ)

    クアン・アパイウォン(タイ民主党党首、第4,7,10代首相)自由タイ運動 フレッシュアイペディアより)

  • タイの政治

    タイの政治から見た民主党 (タイ)民主党 (タイ)

    2006年4月2日に下院選挙が行われたが、民主党など主要政党はボイコットし、タクシン・チナワット首相が率いる与党のタイ愛国党が大半の議席を占めた。しかし、プミポン国王が野党不参加の総選挙の可否について憲法裁判所の判断を求め、同裁判所は下院選挙無効の裁定を下した。やり直し選挙には与野党とも参加する意向を示していた中、9月、クーデターが発生。「民主主義統治改革評議会」が三権を停止した。その後、新憲法の起草、新憲法の同意を得る国民投票を経た後、下院選挙が行われ、2008年2月6日、サマック・スントラウェート内閣が発足した。民政復帰は2006年9月の軍部によるクーデター以来。タイの政治 フレッシュアイペディアより)

  • 2014年

    2014年から見た民主党 (タイ)民主党 (タイ)

    2月2日 - タイ王国下院総選挙。最大野党民主党が選挙をボイコット、南部9県では投票中止となったため、総選挙を「全国で同一の日に行う」と定めた同国憲法に違反するとして、同党が同月4日、選挙無効を同国憲法裁判所に提訴。2014年 フレッシュアイペディアより)

  • プリーディー・パノムヨン

    プリーディー・パノムヨンから見た民主党 (タイ)民主党 (タイ)

    近年、保守的王党派の政治家スラック・シワラック (:th:???????? ????????)がプリーディーのもっとも熱心な支持者として台頭している。自由タイ運動がタイの主権を維持することとなったのは、やはり事実として、プリーディーに対する生前の批判については、1947年に政権に復帰したピブンら軍部と、セーニー及び彼の率いる民主党の共同謀議であったと逆に批判している。プリーディー・パノムヨン フレッシュアイペディアより)

  • タイの歴史

    タイの歴史から見た民主党 (タイ)民主党 (タイ)

    1947年11月、陸軍によるでプリーディーが亡命し、自由タイは終焉を迎えた。民主党のクアン・アパイウォンが首相に擁立されたが、翌1948年には陸軍の圧力により辞任を余儀なくされ、「ピブーンの返り咲き」と呼ばれるピブーンソンクラームによる軍事政権(1948-1957年)が開始された。タイの歴史 フレッシュアイペディアより)

  • タイ王国

    タイ王国から見た民主党 (タイ)民主党 (タイ)

    2007年8月には、2007年タイ王国憲法が公布され、民政復帰が開始された。2007年12月23日に下院選挙が実施され、2008年1月に選挙の結果を受け、クーデターで政権を追われたタクシン元首相派の文民であるサマック・スントラウェート元バンコク都知事が首相に就任した。しかし、同年9月に反タクシン元首相派寄りとされる憲法裁判所は、サマック首相の民放テレビ出演を違憲として、サマック首相を失職させるという司法クーデターを起こした。10月にはタクシン元首相の義弟であるソムチャーイ・ウォンサワットが首相に就任したが、再び憲法裁判所は、前年からの選挙違反を表向きの理由にして、与党の国民の力党に解党命令を出し、ソムチャイ首相も失職させた。これにより、同年12月、野党の民主党が総選挙を経ずに政権を獲得し、アピシット・ウェーチャチーワが首相となる。タイ王国 フレッシュアイペディアより)

  • タイ民主党

    タイ民主党から見た民主党 (タイ)民主党 (タイ)

    タイ民主党 フレッシュアイペディアより)

1 2 次へ
19件中 11 - 19件表示