1 2 次へ
13件中 11 - 13件表示
  • タイの政治

    タイの政治から見た民主党 (タイ)民主党 (タイ)

    2006年4月2日に下院選挙が行われたが、民主党など主要政党はボイコットし、タクシン・チナワット首相が率いる与党のタイ愛国党が大半の議席を占めた。しかし、プミポン国王が野党不参加の総選挙の可否について憲法裁判所の判断を求め、同裁判所は下院選挙無効の裁定を下した。やり直し選挙には与野党とも参加する意向を示していた中、9月、クーデターが発生。「民主主義統治改革評議会」が三権を停止した。その後、新憲法の起草、新憲法の同意を得る国民投票を経た後、下院選挙が行われ、2008年2月6日、サマック・スントラウェート内閣が発足した。民政復帰は2006年9月の軍部によるクーデター以来。タイの政治 フレッシュアイペディアより)

  • アピラック・コーサヨーティン

    アピラック・コーサヨーティンから見た民主党 (タイ)民主党 (タイ)

    2004年に行われたバンコクの総選挙では野党、民主党の後援を受けて立候補した。選挙では与党タイ愛国党の後援を受けたパウィーナー・ホンサクンが有力視されていたが、バンコク市民の与党嫌いの風潮を反映し、同年8月28日の選挙では30万票の差を付け圧勝した。当選当時は民主党推薦であるアピラックと勢力拡大を狙う愛国党のタクシン首相の摩擦が懸念されたが、すぐさま双方が協力をする事を表明した。現在は民主党の副党首も兼ねる。アピラック・コーサヨーティン フレッシュアイペディアより)

  • タイ民主党

    タイ民主党から見た民主党 (タイ)民主党 (タイ)

    タイ民主党 フレッシュアイペディアより)

1 2 次へ
13件中 11 - 13件表示