前へ 1 2 3 4 5 6
53件中 1 - 10件表示
  • 民主党 (タイ)

    民主党 (タイ)から見たステープ・トゥアクスパン

    2013年から元副首相のステープ・トゥアクスパンが事実上の指導者となり、民主主義・議会主義を否定し、民主党の一党独裁による「人民評議会」や、利益団体の代表による「人民議会」の設置を主張するデモを展開するようになる(後述)。民主党 (タイ) フレッシュアイペディアより)

  • 民主党 (タイ)

    民主党 (タイ)から見たソムチャーイ・ウォンサワット

    2008年12月15日、反タクシン派による社会危機に乗じて発生した司法クーデターでタクシン元首相派のソムチャーイ・ウォンサワット内閣が崩壊すると、軍部と特権階級に支援された民主党が政権を掌握し、政権崩壊に伴う下院臨時議会においてアピシット・ウェーチャチーワが新首相に指名されアピシット内閣を組織し、2001年以来の政権復帰を果たした。民主党 (タイ) フレッシュアイペディアより)

  • 民主党 (タイ)

    民主党 (タイ)から見たタクシン・チナワット

    与党・野党を繰り返し、1992年?1995年、1997年?2001年にチュワン・リークパイが2度首相になるなど、数多くの首相を輩出した。厚い支持基盤を特権階級や軍部、バンコクの中産階級に持つ。タクシン政権下では野党だったが、軍事クーデター後は、党勢の回復が伝えられている。しかし、総選挙では一度もタクシン元首相派に勝利したことがない。民主党 (タイ) フレッシュアイペディアより)

  • 民主党 (タイ)

    民主党 (タイ)から見た村本博之

    村本博之‐暗黒の土曜日事件に巻き込まれ、国軍による発砲で死亡したロイター通信の日本人カメラマン。民主党 (タイ) フレッシュアイペディアより)

  • 民主党 (タイ)

    民主党 (タイ)から見たロイター通信

    村本博之‐暗黒の土曜日事件に巻き込まれ、国軍による発砲で死亡したロイター通信の日本人カメラマン。民主党 (タイ) フレッシュアイペディアより)

  • 民主党 (タイ)

    民主党 (タイ)から見たインラック・シナワトラ

    党首のアピシットもデモを全面的に支持し、民主党所属153人の全下院議員が議員辞職することを表明した。また、連敗中の総選挙を避けつつ、タクシン元首相派のインラック政権打倒を果たしたいとして、民主主義・議会主義を放棄し、2014年2月に予定される総選挙をボイコットすることを正式に決定した。民主党 (タイ) フレッシュアイペディアより)

  • 民主党 (タイ)

    民主党 (タイ)から見たアピシット・ウェーチャチーワ

    バンコク前都知事のアピラック・コーサヨーティンも所属しており、現在の党首は、前首相のアピシット・ウェーチャチーワ民主党 (タイ) フレッシュアイペディアより)

  • 民主党 (タイ)

    民主党 (タイ)から見たクワン・アパイウォン

    現存するタイ最古の政党で、1946年(タイ仏暦2483年)設立。新聞サヤーム・ラット紙の創設者であり、小説家、芸能人でもあるククリット・プラーモートや戦後に二度首相を務めたクワン・アパイウォンが中心となって設立された。傾向としては立憲君主制、文民政治、中道リベラルなど穏健派の色彩が強かった。アジア地域のリベラル政党からなるアジア・リベラル民主評議会に参加している。民主党 (タイ) フレッシュアイペディアより)

  • 民主党 (タイ)

    民主党 (タイ)から見たククリット・プラーモート

    現存するタイ最古の政党で、1946年(タイ仏暦2483年)設立。新聞サヤーム・ラット紙の創設者であり、小説家、芸能人でもあるククリット・プラーモートや戦後に二度首相を務めたクワン・アパイウォンが中心となって設立された。傾向としては立憲君主制、文民政治、中道リベラルなど穏健派の色彩が強かった。アジア地域のリベラル政党からなるアジア・リベラル民主評議会に参加している。民主党 (タイ) フレッシュアイペディアより)

  • 民主党 (タイ)

    民主党 (タイ)から見たアピラック・コーサヨーティン

    バンコク前都知事のアピラック・コーサヨーティンも所属しており、現在の党首は、前首相のアピシット・ウェーチャチーワ。民主党 (タイ) フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6
53件中 1 - 10件表示