53件中 21 - 30件表示
  • 民主党 (タイ)

    民主党 (タイ)から見た領土問題

    アピシット内閣は、特権階級だけでなく、中産階級の支持を広げる政策を標榜する一方で、混乱による国民の不満を外にそらすため、強烈な国粋主義・民族主義にもとづく露骨な強硬外交を掲げ、2011年に領土問題を抱えるカンボジアの攻撃を強行し、住民を巻き込んだ武力紛争を引き起こした。この紛争により、双方の兵士や住民ら30人近くが死亡し、100人以上が負傷した。また、政権への批判は国王への反逆とみなし、国家警察や国軍などを動員して厳重な統制を行い、タクシン元首相派の多くの市民を虐殺した(暗黒の土曜日事件)。民主党 (タイ) フレッシュアイペディアより)

  • 民主党 (タイ)

    民主党 (タイ)から見た国粋主義

    アピシット内閣は、特権階級だけでなく、中産階級の支持を広げる政策を標榜する一方で、混乱による国民の不満を外にそらすため、強烈な国粋主義・民族主義にもとづく露骨な強硬外交を掲げ、2011年に領土問題を抱えるカンボジアの攻撃を強行し、住民を巻き込んだ武力紛争を引き起こした。この紛争により、双方の兵士や住民ら30人近くが死亡し、100人以上が負傷した。また、政権への批判は国王への反逆とみなし、国家警察や国軍などを動員して厳重な統制を行い、タクシン元首相派の多くの市民を虐殺した(暗黒の土曜日事件)。民主党 (タイ) フレッシュアイペディアより)

  • 民主党 (タイ)

    民主党 (タイ)から見た二大政党制

    民主党(みんしゅとう、Democrat Party、'')は、タイ王国の政党。タイ貢献党と共に二大政党制を構成している。タクシン元首相派のタイ貢献党に対し、反タクシン派の立場を取る政党である。民主党 (タイ) フレッシュアイペディアより)

  • 民主党 (タイ)

    民主党 (タイ)から見た利益団体

    2013年から元副首相のステープ・トゥアクスパンが事実上の指導者となり、民主主義・議会主義を否定し、民主党の一党独裁による「人民評議会」や、利益団体の代表による「人民議会」の設置を主張するデモを展開するようになる(後述)。民主党 (タイ) フレッシュアイペディアより)

  • 民主党 (タイ)

    民主党 (タイ)から見たタイ王国

    民主党(みんしゅとう、Democrat Party、'')は、タイ王国の政党。タイ貢献党と共に二大政党制を構成している。タクシン元首相派のタイ貢献党に対し、反タクシン派の立場を取る政党である。民主党 (タイ) フレッシュアイペディアより)

  • 民主党 (タイ)

    民主党 (タイ)から見た立憲君主制

    現存するタイ最古の政党で、1946年(タイ仏暦2483年)設立。新聞サヤーム・ラット紙の創設者であり、小説家、芸能人でもあるククリット・プラーモートや戦後に二度首相を務めたクワン・アパイウォンが中心となって設立された。傾向としては立憲君主制、文民政治、中道リベラルなど穏健派の色彩が強かった。アジア地域のリベラル政党からなるアジア・リベラル民主評議会に参加している。民主党 (タイ) フレッシュアイペディアより)

  • 民主党 (タイ)

    民主党 (タイ)から見た武力紛争

    アピシット内閣は、特権階級だけでなく、中産階級の支持を広げる政策を標榜する一方で、混乱による国民の不満を外にそらすため、強烈な国粋主義・民族主義にもとづく露骨な強硬外交を掲げ、2011年に領土問題を抱えるカンボジアの攻撃を強行し、住民を巻き込んだ武力紛争を引き起こした。この紛争により、双方の兵士や住民ら30人近くが死亡し、100人以上が負傷した。また、政権への批判は国王への反逆とみなし、国家警察や国軍などを動員して厳重な統制を行い、タクシン元首相派の多くの市民を虐殺した(暗黒の土曜日事件)。民主党 (タイ) フレッシュアイペディアより)

  • 民主党 (タイ)

    民主党 (タイ)から見た文民

    現存するタイ最古の政党で、1946年(タイ仏暦2483年)設立。新聞サヤーム・ラット紙の創設者であり、小説家、芸能人でもあるククリット・プラーモートや戦後に二度首相を務めたクワン・アパイウォンが中心となって設立された。傾向としては立憲君主制、文民政治、中道リベラルなど穏健派の色彩が強かった。アジア地域のリベラル政党からなるアジア・リベラル民主評議会に参加している。民主党 (タイ) フレッシュアイペディアより)

  • 民主党 (タイ)

    民主党 (タイ)から見たタイ下院

    党首のアピシットもデモを全面的に支持し、民主党所属153人の全下院議員が議員辞職することを表明した。また、連敗中の総選挙を避けつつ、タクシン元首相派のインラック政権打倒を果たしたいとして、民主主義・議会主義を放棄し、2014年2月に予定される総選挙をボイコットすることを正式に決定した。民主党 (タイ) フレッシュアイペディアより)

  • 民主党 (タイ)

    民主党 (タイ)から見たカンボジア

    アピシット内閣は、特権階級だけでなく、中産階級の支持を広げる政策を標榜する一方で、混乱による国民の不満を外にそらすため、強烈な国粋主義・民族主義にもとづく露骨な強硬外交を掲げ、2011年に領土問題を抱えるカンボジアの攻撃を強行し、住民を巻き込んだ武力紛争を引き起こした。この紛争により、双方の兵士や住民ら30人近くが死亡し、100人以上が負傷した。また、政権への批判は国王への反逆とみなし、国家警察や国軍などを動員して厳重な統制を行い、タクシン元首相派の多くの市民を虐殺した(暗黒の土曜日事件)。民主党 (タイ) フレッシュアイペディアより)

53件中 21 - 30件表示