前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
2215件中 1 - 10件表示
  • 知るを楽しむ放送作品リスト

    知るを楽しむ放送作品リストから見たアフガニスタンアフガニスタン

    2006年6-7月 「アフガニスタン・命の水を求めて(ある日本人医師の苦闘)」中村哲知るを楽しむ放送作品リスト フレッシュアイペディアより)

  • クイズ!ヘキサゴンIIの備考欄・ハプニング

    クイズ!ヘキサゴンIIの備考欄・ハプニングから見たアフガニスタンアフガニスタン

    松尾貴史がこの日から導入されたNGワードである「アフガニスタン」と書き、減点された。松尾やチームのメンバーはNGワードが「アフガニスタン」であることに抗議したが、紳助は「アフガニスタンとカザフスタンしか思い浮かばなかったんや」と反論した。なお、守備側の高木美保も「アフガニスタン」と書いており、NGワードになっていなくても得点は入っていなかった。松尾と高木はNGワードの初の適用例となった。クイズ!ヘキサゴンIIの備考欄・ハプニング フレッシュアイペディアより)

  • 仏教徒による宗教的迫害

    仏教徒による宗教的迫害から見たアフガニスタンアフガニスタン

    ただし、アフガニスタンの様にイスラーム世界に組み入れられた地域では、迫害や差別は逆転していると言える。実際、ターリバーン勢力による仏像破壊は、世界中からの非難を浴びせられている。仏教徒による宗教的迫害 フレッシュアイペディアより)

  • 中東

    中東から見たアフガニスタンアフガニスタン

    中東(ちゅうとう、)は、狭義の地域概念では、インド以西のアフガニスタンを除く西アジアとアフリカ北東部の総称。西ヨーロッパから見た文化の同一性や距離感によって、おおまかに定義される地政学あるいは国際政治学上の地理区分。中東 フレッシュアイペディアより)

  • ギルザイ部族連合

    ギルザイ部族連合から見たアフガニスタンアフガニスタン

    ギルザイ部族連合はパシュトゥーン人の二大部族連合の1つである。アフガニスタンのガズニー州を中心とする東アフガニスタンの部族で構成されている。ギルザイ部族連合は18世紀にホターキー朝を興した。もう1つの部族連合であるドゥッラーニー部族連合と比べて、部族数は2倍だと言う。ギルザイ部族連合 フレッシュアイペディアより)

  • パックボット

    パックボットから見たアフガニスタンアフガニスタン

    パックボット(PackBot)は、米iRobot社がゲンギスの包摂アーキテクチャ(Subsumption Architecture; SA)理論を取り入れて開発した人工知能搭載の軍用遠隔操作多目的ロボットであり、911テロ事件での捜索、イラクやアフガニスタンなど戦場での偵察や爆弾処理などに使用され実績を挙げている。パックボット フレッシュアイペディアより)

  • スタファン・デ・ミストゥラ

    スタファン・デ・ミストゥラから見たアフガニスタンアフガニスタン

    1988年から1991年まで、アフガニスタン調整部の資金調達・対外関係の指揮官を務めた。スタファン・デ・ミストゥラ フレッシュアイペディアより)

  • MRAP

    MRAPから見たアフガニスタンアフガニスタン

    MRAP(英語:Mine Resistant Ambush Protected、エムラップ、耐地雷・伏撃防護車両)は、アメリカ国防総省がイラク駐留軍やアフガニスタンに配備するために大量購入を行っている装輪装甲車輌の一群である。MRAP フレッシュアイペディアより)

  • ウサーマ・ビン・ラーディン

    ウサーマ・ビン・ラーディンから見たアフガニスタンアフガニスタン

    ウサーマは、ムハンマド・ビン・ラーディンの10番目の妻でシリア生まれのハミド・アル=アッタスの子(最初の男児)としてサウジアラビアのリヤドで生まれ育った。生年はウサーマ自身がアルジャジーラとのインタビューで1957年3月10日である、と述べている。アラブの部族社会では事業を拡大するためには事業を行う地域を支配する部族長の娘を嫁にもらわなければならず、ムハンマド・ビン・ラーディンは22回の結婚をし55人の子供を儲けることになったが、最初の妻以外はウサーマの母のように短期間で離婚している。ウサーマを始め妻子の大半は40代を過ぎて事業が拡大してからの子供たちである。ウサーマはその17番目の子である。ムハンマドは妻ハミドとウサーマ生誕直後に離婚、ハミドは同じ部族のムハンマド・アル=アッタスと再婚し新しい夫との間に4人の子を儲けた。ウサーマはその新しい兄弟の頭として成長した。このためウサーマはラディーン族ではなくアッタス族の社会で幼少期を過ごし実の父とは一緒に暮らしたことがない。敬虔なワッハーブ派ムスリムとして育てられ、世俗の学校に通ったがエリート教育がなされた。ウサーマの実父・ムハンマド・ビン・ラーディンはウサーマが10歳の時に飛行機事故で死亡している。ウサーマは高校時代にイスラム原理主義に触れたとも言われる。ウサーマは17歳の時、シリアのラタキアで最初の結婚をした(最初の妻とは2001年に離婚)。CNNによるとウサーマは他に4度の結婚歴があり、子供の数は20人を越える(子供らの多くは2001年以降、イランに亡命している)。ウサーマは、ジッダのキング・アブドゥルアズィーズ大学経済管理学部に入学するが、宗教や詩作に向かいクルアーンやジハードの研究に没頭した。慈善活動に精力的に参加する一方、バーナード・モントゴメリーなどの軍記物を好んで読んだ。ウサーマはムスリム同胞団に加入、サイイド・クトゥブの思想に引き付けられる。さらに同大学で教鞭をとっていたムスリム同胞団のアブドゥッラー・アッザームの教えを受け、師と仰ぐようになった。ウサーマは自身に影響を与えた人物として、クトゥブとアッザームの名を挙げている。ウサーマはシャリーアの復権だけがイスラム世界を正しい道に導き、社会主義・共産主義・民主主義・国民主義・汎アラブ主義などは打倒されるべき対象であると述べている(後年、「ムハンマド・オマル支配下のアフガニスタンだけが唯一のイスラム国家である」とも述べている)。従って反セム主義でシーア派・スーフィズムを異端であると攻撃対象にする思想が形成された。イスラエルの後見人というだけでなく、退廃的で堕落的な文化と規定して反米であった。厳格なサラフィー主義から、ウサーマは音楽や映画などにも不寛容であった。一方でウサーマは乗馬とサッカーをするのを非常に好んだ。ウサーマは、1979年に大学で学位取得後、少しの間、クルアーンの規定の遵守を監督する勧善懲悪委員会(ムタワ)に勤務していた。ウサーマ・ビン・ラーディン フレッシュアイペディアより)

  • RQ-1 プレデター

    RQ-1 プレデターから見たアフガニスタンアフガニスタン

    主な任務は偵察やヘルファイアミサイルによる対地攻撃(武装型のMQ-1のみ)で、1995年の配備以降ボスニア(セルビア)、アフガニスタン、パキスタン、イラク、およびイエメンで作戦に参加している。RQ-1 プレデター フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
2215件中 1 - 10件表示

「アフガニスタン」のニューストピックワード