1610件中 91 - 100件表示
  • アメリカ合衆国の外交史

    アメリカ合衆国の外交史から見たアフガニスタンアフガニスタン

    冷戦は、地球規模の戦争は無かったものの、地域的代理戦争が続いたことで特徴付けられる。すなわち、アメリカ合衆国とソビエト連邦の属国や代理国の間の戦争が行われた。朝鮮戦争、イラン政府の転覆、ベトナム戦争、中東の六日戦とヨム・キプル戦争がこの例であり、後にはアフガニスタンの反ソビエト勢力ムジャーヒディーンに対する援助(サイクロン作戦)があった。外交面では北大西洋条約機構(NATO)の設立と、中華人民共和国とのデタントの開始があった。この期間、アメリカ合衆国には成功も失敗もあった。1980年代には、ロナルド・レーガン大統領が指導した大規模な軍備拡張計画の下で、レーガンとソビエト連邦指導者ミハイル・ゴルバチョフとの間の外交努力もあり、雪解けが訪れ、ソビエト連邦はグラスノスチ(情報公開)政策の下でその崩壊に繋がった。アメリカ合衆国の外交史 フレッシュアイペディアより)

  • 君主制

    君主制から見たアフガニスタンアフガニスタン

    アフガニスタン王国 → (1973年)アフガニスタン共和国(現アフガニスタン・イスラム共和国君主制 フレッシュアイペディアより)

  • アヘン

    アヘンから見たアフガニスタンアフガニスタン

    以前は、東南アジアのタイ・ラオス・ミャンマーに跨る「黄金の三角地帯」で多く栽培されていたが、抑制対策が功を奏してその地帯での栽培は大きく減少した。2009年の国連薬物犯罪事務所の報告によれば、アヘンの94%はアフガニスタンで栽培されている。2010年にはケシの病害により生産量が減少、アヘンの農場出荷額が$64/kg から$169/kgへと高騰した。アヘン フレッシュアイペディアより)

  • ヨーグルト

    ヨーグルトから見たアフガニスタンアフガニスタン

    アフガニスタン:マースト(māst、ダリー語)ヨーグルト フレッシュアイペディアより)

  • 麻薬

    麻薬から見たアフガニスタンアフガニスタン

    黄金の三角地帯と並ぶ、世界最大の麻薬及び覚せい剤密造地帯。アフガニスタン(ニームルーズ州)・パキスタン(バローチスターン州)、イランの国境が交錯している。黄金の三日月地帯と呼ばれる由縁は、アフガニスタン東部のジャラーラーバードから南部のカンダハールを経由し、南西部のザランジ地方に至る国境地帯が三日月形をしているため。麻薬 フレッシュアイペディアより)

  • 西南アジア

    西南アジアから見たアフガニスタンアフガニスタン

    西南アジア(せいなんあじあ)はアジアの一角を指す地域概念であるが、場合によって指し示す地理範囲が大きく異なるので、注意を要する。英語でSouthwest Asia、 Southwestern Asiaの場合、一般にアフガニスタンからトルコ、エジプトに至る地域を指す。西南アジア フレッシュアイペディアより)

  • インドの歴史

    インドの歴史から見たアフガニスタンアフガニスタン

    リグ・ヴェーダによれば、紀元前12世紀頃(前1200年のカタストロフ)に(現ヘラートを中心とするアフガニスタンの古称)のバラタ族・トリツ族(ともにインド・アーリア人の一部族。アーリアはアレイヴァのラテン語表記でアフガニスタンの意)がカイバル峠を越えてパンジャーブ地方に進出し、先住民を征服し、移住した(十王戦争)。バラタ族の社会は、いくつかの部族集団によって構成されていた。部族を率いたものを「ラージャン」と称し、ラージャンの統制下で戦争などが遂行された。ラージャンの地位は世襲されることが多かったが、部族の構成員からの支持を前提としており、その権力は専制的なものではなかったとされる。インドの歴史 フレッシュアイペディアより)

  • ラダック

    ラダックから見たアフガニスタンアフガニスタン

    ラダック (Ladakh,チベット語:??????? la dwags) はインドのジャンムー・カシミール州東部の地方の呼称。広義にはザンスカールおよび、現在パキスタンの支配下となっているバルティスターンを含む、ヒマラヤ山脈とカラコルム山脈に挟まれた一帯を指し、カシミールの東側半分以上を占める。かつてはラダック王国という独立した仏教国であったが、19世紀にカシミールの藩王国に併合された。現在では行政区画の名称としては使用されていない。中華人民共和国との国境に接し、アフガニスタン北部にも近い。中国が実効支配するアクサイチンも、かつてはラダックの支配下であった。ラダック フレッシュアイペディアより)

  • モンゴル帝国

    モンゴル帝国から見たアフガニスタンアフガニスタン

    モンゴル帝国の創始者チンギス・カンと『四駿四狗』やその他の後継者たちはモンゴルから領土を大きく拡大し、西は東ヨーロッパ、アナトリア(現在のトルコ)、シリア、南はアフガニスタン、チベット、ミャンマー、東は中国、朝鮮半島まで、ユーラシア大陸を横断する帝国を作り上げた。最盛期の領土面積は約3300万km?で、地球上の陸地の約25%を統治し、当時の人口は1億人を超えていた。モンゴル帝国 フレッシュアイペディアより)

  • 自爆テロ

    自爆テロから見たアフガニスタンアフガニスタン

    特にイラク戦争以降、イスラム教徒のあいだで火に油を注ぐように、反欧米感情が高まり、イスラム世界を中心に世界各国に拡散する傾向にある。たとえば、今まで自爆テロのなかったヨーロッパでも、2004年のマドリード列車爆破テロで実行犯の一部が逮捕のさい自爆したほか、2005年のロンドン・バス爆破テロでイスラム系住民の若者が自爆。アフガニスタンにおいては、ソ連のアフガニスタン侵攻や軍閥内戦時代にもほとんど見られなかった自爆テロが、近年になって首都カブールなどで頻発している。いずれもイラク戦争で伸張したアルカーイダの影響が大きいと指摘されている。最近では、テロリストがストリートチルドレンなどの子供を騙し荷物(爆弾)を兵士に渡した所でタイマーなどで爆発させるといった手段を用い、さらに洗脳しやすい子供が狩り出されている。また貧困層がよく狩り出される。他にも、自爆死したテロリストの家族について、家族の自爆死の精神的ショックを利用してマインドコントロールを行い、絶望感と攻撃対象への憎悪を煽り、その家族をさらに自爆テロ犯に仕立て上げる様な事も行われている。ただし、しばしば行われる誤解は、自爆テロが宗教的観点に基づくというものや、貧困層の人間や子供を使われることが多いというものだが、実際には政治基盤が悪く官僚や党の権力が弱い、国民的な民主的国家における世論の操作に用いられるものであり、宗教よりは精神病理に関係がある事が認められている。また、チェチェンやクルド系のテロ以外では成人男性が多く、中産階級や大学出の人間が大半である。実際にはむしろテロの方ではなく、テロの対象である外国地域が宗教国家に属している事が多い。自爆テロ フレッシュアイペディアより)

1610件中 91 - 100件表示

「アフガニスタン」のニューストピックワード