2215件中 91 - 100件表示
  • 山岳部隊司令部 (スペイン陸軍)

    山岳部隊司令部 (スペイン陸軍)から見たアフガニスタンアフガニスタン

    これまでに5,000人以上の将兵がボスニア、コソボ、アルバニアおよびアフガニスタンでの平和維持活動に従事している。旅団によるその他の活動や演習は1980年3月から1982年7月に実施されたアラサン作戦、1981年と1995年冬にハカで開催されたユニバーシアードや1992年に開催されたバルセロナオリンピックの支援、1996年8月にラス・ニエベス(Las Nieves)の大災害、ヨーロッパ・ユースオリンピック・フェスティバル07、ノルマ・ヘネラル05/07などがある。山岳部隊司令部 (スペイン陸軍) フレッシュアイペディアより)

  • チャップマン基地自爆テロ事件

    チャップマン基地自爆テロ事件から見たアフガニスタンアフガニスタン

    チャップマン基地自爆テロ事件(チャップマンきちじばくテロじけん)とは、2009年12月30日にアフガニスタンホースト州にあるチャップマン基地でおきた自爆テロ事件である。チャップマン基地自爆テロ事件 フレッシュアイペディアより)

  • サッファール朝

    サッファール朝から見たアフガニスタンアフガニスタン

    サッファール朝(ペルシア語: ????? ???????)は、地域(現在のイラン南東部スィースターン・バルーチェスターン州およびアフガニスタン南西部)を中心に存在した王朝。サッファール朝 フレッシュアイペディアより)

  • ジャラール・ウッディーン・ルーミー

    ジャラール・ウッディーン・ルーミーから見たアフガニスタンアフガニスタン

    イランではアラビア語で「我らの師」を意味するマウラーナー ?????? mawlānā のペルシア語形であるモウラーナー/メウラーナー mowlānā 、同じく「我が師」モウラヴィー mowlāvī で呼ばれ、トルコでもトルコ語形であるメヴラーナー mevlânâ と呼ばれる。アナトリア(ルーム地方)で主に活躍したため、単に「ルーミー」とも呼ばれる。ルーミーとはローマの人のことで、後年に住んだアナトリアが以前東ローマ帝国(アラビア語ではルーム)の領土だったことによる。イラン、アフガニスタン、中央アジアでは「ルーミー」ではなく、彼の生誕地と考えられているバルフに由来する「バルヒー(Balkhī、)」の名前で呼ばれることが多い。「マウラーナー」と尊称された高名はウラマーやスーフィーは史上数多いが、イランからトルコまでの地域では、ペルシア語文学史上に多大な功績を残しかつ偉大なスーフィーであったため、「マウラーナー」といった場合特にこのジャラール・ウッディーン・ムハンマド・ルーミーを指す場合が一般的である。「メヴラーナ・ジェラレッディン・ルミ」と表記されることもある。ジャラール・ウッディーン・ルーミー フレッシュアイペディアより)

  • 英露協商

    英露協商から見たアフガニスタンアフガニスタン

    英露協商(えいろきょうしょう、、)とは、1907年にイギリスとロシアが結んだ協約。イラン、アフガニスタン、チベットにおける両国の勢力範囲を決定した。これによりイギリスとロシアは対立関係が解消し、両国はドイツの3B政策や汎ゲルマン主義に対抗することとなった。これにより露仏同盟、英仏協商と合わせて三国協商(英仏露協商)が成立する。英露協商 フレッシュアイペディアより)

  • アフガニスタン=ウズベキスタン友好橋

    アフガニスタン=ウズベキスタン友好橋から見たアフガニスタンアフガニスタン

    アフガニスタン=ウズベキスタン友好橋(アフガニスタン=ウズベキスタンゆうこうきょう、)は、国境を接するウズベキスタン・スルハンダリヤ州のテルメズとアフガニスタン・バルフ州のハイーラターンの間を流れるアムダリヤ川に架かる鉄道道路併用橋である。この橋は1982年にソビエト連邦によって建設された。アフガニスタン=ウズベキスタン友好橋 フレッシュアイペディアより)

  • 南アジア地域協力連合

    南アジア地域協力連合から見たアフガニスタンアフガニスタン

    南アジア地域協力連合(みなみアジアちいききょうりょくれんごう、英:South Asia Association for Regional Cooperation、略称:SAARC)は、南アジアの福祉増進と生活水準向上を図り経済的成長社会進歩、文化発展を進めるため1985年に創設された地域協力組織。7ヵ国で発足した。その後アフガニスタンが加盟した。本部はネパールのカトマンズにある。南アジア地域協力連合 フレッシュアイペディアより)

  • 外国ユーザーリスト

    外国ユーザーリストから見たアフガニスタンアフガニスタン

    2017年5月24日に改訂、公表されたリストには、アフガニスタン(2組織)、アラブ首長国連邦(7組織)、イスラエル(2組織)、イラン(206組織)、インド(4組織)、エジプト(1組織)、北朝鮮(142組織)、シリア(20組織)、台湾(1組織)、中国(51組織)、パキスタン(38組織)、香港(3組織)、レバノン(3組織)の計13ヶ国(地域)にわたる、481組織(2ヶ国にまたがる1組織を含む)が挙げられている。外国ユーザーリスト フレッシュアイペディアより)

  • ティムールの征服戦争

    ティムールの征服戦争から見たアフガニスタンアフガニスタン

    ティムールとフサインは追手に遭いながらも独立戦争の下準備を進め、アフガニスタン南部で挙兵する。チャガタイ軍はスィースターンを攻撃するが、この時にティムールは右腕と右足に負傷を負い、一生の間引き摺ることになる。その後、チャガタイ軍は北上するが、馳せ参じる者は増えて6千騎にまでなった。連合軍はワフシャーン川を挟んで2万のモグール軍と対峙する。夜半のティムールの奇襲が功を奏し、モグール軍は退却した。しかもトゥグルク・ティムールの訃報を受けて本国に逃げ帰ったのである。かくしてマルワーンはティムールとフサインの手に帰し、1364年にサマルカンドでクリルタイが開かれ、チャガタイ家のカーブル・シャーが新ハーンとなった。ティムールの征服戦争 フレッシュアイペディアより)

  • ペルシア語

    ペルシア語から見たアフガニスタンアフガニスタン

    おもにイラン・タジキスタン・アフガニスタン及びウズベキスタン・ロシア・コーカサス地方・バーレーン・イラクの一部でも話される。母語話者は4600万人を超えるとされている。イラン、タジキスタンでは唯一の公用語とされ、アフガニスタンではパシュトー語とともに公用語とされている。ペルシア語は複数中心地言語のひとつであり、イラン、アフガニスタン、タジキスタンでそれぞれ標準語が別個に定められている。ペルシア語 フレッシュアイペディアより)

2215件中 91 - 100件表示

「アフガニスタン」のニューストピックワード