1610件中 121 - 130件表示
  • アメリカ軍

    アメリカ軍から見たアフガニスタンアフガニスタン

    アフガニスタン〔7,500人〕(アフガン攻撃から継続。最盛期は約2万人。2006年にNATOに指揮権が移譲アメリカ軍 フレッシュアイペディアより)

  • パルティア

    パルティアから見たアフガニスタンアフガニスタン

    古典ギリシア語ないしラテン語である「パルティア」は元々、パルティア王国の故地である東北イランのパルサワ(古代ペルシア語:Parthava)を転写した地名でしかないが、王国の領域は現在でいうアルメニア、イラク、グルジア、トルコ東部、シリア東部、トルクメニスタン、アフガニスタン、タジキスタン、パキスタン、クウェート、サウジアラビアのペルシャ湾岸部、バーレーン、カタール、アラブ首長国連邦の領域にまで拡大した。最も初期の都はミトラダトケルタ、次いでカスピ海南岸のヘカトンピュロス、更に遷都してバビロニアのクテシフォン(現在のイラク)。パルティア フレッシュアイペディアより)

  • クシャーナ朝

    クシャーナ朝から見たアフガニスタンアフガニスタン

    クシャーナ人の使用した言語は、中期イラン語で東イラン語に属すと考えられるバクトリア語である。アラム系文字で筆記される場合が多いイラン語としては唯一ギリシア文字系で筆記された。既存のギリシア文字24個に加え、アイスランド語の「Þ」に形状の似た1の音価を持つ文字を加えた25字が用いられた。現在残されている最古の資料はクジュラ・カドフィセスの子と目されるヴィマ・タクト王の銘になる碑文である。つい最近までバクトリア語の研究は貨幣研究と1957年にスルフ・コタルで出土したカニシカ王碑文など若干の碑文以外に資料が無く、ほとんど謎の言語であったが、近年アフガニスタンで碑刻資料と皮革書簡文書が大量に発見されたことによって飛躍的に解明が進んだ。クシャーナ朝 フレッシュアイペディアより)

  • 深作欣二

    深作欣二から見たアフガニスタンアフガニスタン

    4月13日 - 東映本社でクランクアップ報告の記者会見。アフガニスタン・ヒンドゥークシュ地方での田園風景撮影計画を発表。深作欣二 フレッシュアイペディアより)

  • 蝗害

    蝗害から見たアフガニスタンアフガニスタン

    幼虫の駆除に対して、FAOは機械的な除去、農薬を使っての除去の2つを併用して対策している。例えばアフガニスタンで2005年5月に行われた作戦では、21,000ヘクタールは機械で除去、81,000ヘクタールは合成ピレスロイドを使っての化学的駆除を行っている。FAOの8月の報告によると、バッタの発生時期と上手く重なったこともあってこの作戦は成功し、産卵が減ったために2006年には大幅に対策地域を減らすことに成功したという。また、2006年からは昆虫に対する接触毒であるジフルベンズロン(diflubenzuron)の併用も始めている。蝗害 フレッシュアイペディアより)

  • 007 リビング・デイライツ

    007 リビング・デイライツから見たアフガニスタンアフガニスタン

    ところが、カーラがコスコフの甘言に乗ってしまい、ボンドはカーラとともに捕らわれてアフガニスタンのソ連空軍基地に連行されてしまう。だが、Qの秘密兵器により脱出。牢屋にいた対ソ抵抗組織「ムジャハディン」の副司令官カムランを助けたことによって彼のところへ身を寄せる。ボンドとカーラはコスコフ達がそこで、地元のアフガン商人「白豹団」から、横領した公金のダイヤモンドでアヘンを仕入れていることを知る。それを阻止するため、カムランの協力を得て、アヘンを満載した輸送機を奪い、息詰まる空中での死闘の末、ネクロスを倒す。そして、CIAのライターとともにウィテカーの屋敷に突入するボンド。ウィテカーを倒したボンドの前にプーシキンが現れ、コスコフを逮捕する。プーシキンはボンドに感謝を表し、カーラの亡命を認めるのだった。007 リビング・デイライツ フレッシュアイペディアより)

  • ターリバーン

    ターリバーンから見たアフガニスタンアフガニスタン

    ターリバーン(طالبان、Tālibān、英:Taliban)は、パキスタンとアフガニスタンで活動するイスラム主義運動。1996年から2001年11月頃までアフガニスタンの大部分を実効支配し、アフガニスタン・イスラーム首長国(ターリバーン政権)を樹立した(国際的には一部国家を除いて承認されず)。日本語メディアでは通常タリバン(またはタリバーン)と表記される。ターリバーン フレッシュアイペディアより)

  • 冷戦

    冷戦から見たアフガニスタンアフガニスタン

    1978年に成立した共産主義政権を支えるために、1979年にソ連がアフガニスタンに侵攻した。このため、西側世論が反発して東西は再度緊張、影響は1980年モスクワオリンピックの西側ボイコットとして現れた。東側は報復として、1984年のロサンゼルスオリンピックをボイコットした。またアメリカはアフガニスタンの反共勢力「ムジャヒディン」を援助したため、ソ連はアフガニスタンを完全に制圧することができなかった。侵攻の長期化によってソ連財政は逼迫し、アメリカは間接的にソ連を弱体化することに成功した。冷戦 フレッシュアイペディアより)

  • ビシュケク

    ビシュケクから見たアフガニスタンアフガニスタン

    1845年からロシア帝国の侵攻が始った。1860年、ロシア軍は一時この地を占領したが、部隊撤退後、コーカンド・ハン国が奪還した。1862年、ロシア軍は再び占領し、翌年、ロシアに編入され、ピシュペク(Pishpek、ロシア語:Пишпек)と呼ばれるようになる。肥沃なチェルノーゼムのためロシア各地から農民の入植が推進される。一方、キルギス人はパミール高原やアフガニスタンに脱出する。ビシュケク フレッシュアイペディアより)

  • 渡部 陽一

    渡部陽一から見たアフガニスタンアフガニスタン

    バラエティー番組などのテレビ出演には葛藤もあったというが、バラエティー番組に出演したことは、今では良かったと思っている。「子供から年配の方にまで、イラク、アフガニスタン、レバノン、パレスチナ、スーダンといった世界のことを伝えられ、少しでも『アフガニスタンって、どんな国なの?』と思ってもらえるようになるのが、一番うれしい。」と述べている。渡部陽一 フレッシュアイペディアより)

1610件中 121 - 130件表示

「アフガニスタン」のニューストピックワード