2215件中 121 - 130件表示
  • インド・グリーク朝

    インド・グリーク朝から見たアフガニスタンアフガニスタン

    こうして支配者となったアレクサンドロス大王によってバクトリア(現在のアフガニスタン北部を中心とした地域)からインダス川流域にかけての地方にギリシア人都市が多数建設され、まとまった数のギリシア人が移住するに至った。紀元前4世紀末頃、これらの地域にセレウコス朝を開いたセレウコス1世がその支配権を獲得すべく遠征を行ったが、北西インド地方ではチャンドラグプタ王の建てたマウリヤ朝がセレウコス朝を圧倒し、その支配権を確保した。このため、北西インドに移住したギリシア人は、その後マウリヤ朝の支配下に入ることとなる。インド・グリーク朝 フレッシュアイペディアより)

  • イランの国際関係

    イランの国際関係から見たアフガニスタンアフガニスタン

    パリ条約 (1857年) (同条約によりイランはヘラートほかアフガニスタン諸地域に対する領有権主張を放棄)イランの国際関係 フレッシュアイペディアより)

  • ジハード

    ジハードから見たアフガニスタンアフガニスタン

    もっとも広い意味でのジハードは、すべてのムスリムに課される義務を指している。神の意志にしたがい、神の意志を実現して倫理的な生活を営むために、説教、教育、実例および文書などによってイスラーム共同体の拡大のため、ムスリム一人ひとりとしても、イスラーム共同体としても、おこなうべき義務なのである。また、「ジハード」には、イスラーム教とイスラーム共同体を外部からの攻撃から守る権利(実際には義務)という意味もある。20世紀後半にあっても、1978年からのソ連のアフガニスタン紛争において、アフガニスタンのムジャーヒディーン(後述)が、ソヴィエト連邦の占領に対し、10年におよぶ長いジハードを戦ってきた。ジハード フレッシュアイペディアより)

  • バルーチスターン

    バルーチスターンから見たアフガニスタンアフガニスタン

    バルーチスターン(Baluchistan、)とは、現パキスタンの西南(バローチスターン州)、イラン東南(スィースターン・バルーチェスターン州)、アフガニスタン南部にまたがる地方。バローチスターン(Balochistan)とも呼ばれる。バルーチスターン フレッシュアイペディアより)

  • 2013年のジョージア

    2013年のジョージアから見たアフガニスタンアフガニスタン

    5月13日 ? アフガニスタンのヘルマンド州を拠点にしていたジョージア軍の基地に対して、反政府軍が攻撃を行った。ジョージアの国際治安支援部隊の構成部隊は、直ちに反政府軍を撃退した。ジョージア人の被害者は死者3名、負傷者27名であった。2013年のジョージア フレッシュアイペディアより)

  • M249軽機関銃

    M249軽機関銃から見たアフガニスタンアフガニスタン

    アフガニスタンでは、PIP キットによる改修を受けたM249が、より重量のあるM240機関銃と共に標準的な分隊支援火器として運用された。当時は8人から成る1個分隊に対し、通常2丁のM249が支給されていた。この時期に運用されたM249の多くは、落下傘降下や近接戦闘を想定して全長を抑えるために折畳式銃床が取り付けられた。特殊部隊などでは一層の軽量化が施されたパラ・バージョンと呼ばれるモデルが好まれた。M249軽機関銃 フレッシュアイペディアより)

  • シャー・ジャハーン

    シャー・ジャハーンから見たアフガニスタンアフガニスタン

    1628年はじめにアーグラで即位したシャー・ジャハーンは、内政面ではムガル帝国の最安定期を演出した。外部では1636年にアフマドナガルにあったデカン・スルターン朝のひとつアフマドナガル王国を打倒・併合し、デカン地方で領土を拡大した。だが、アフガニスタンではサファヴィー朝と衝突してムガル・サファヴィー戦争を起こしたが、カンダハールを獲得することができなかった。シャー・ジャハーン フレッシュアイペディアより)

  • ティラフ語

    ティラフ語から見たアフガニスタンアフガニスタン

    ティラフ語はインド・ヨーロッパ語族インド・イラン語派ダルド語群コヒスタン諸語に属する言語である。ティラヒとも呼ばれる。アフガニスタンのナンガルハール州の消滅に近い状態とされる。の言語である。のかつての居住地はでカイバル峠に位置していてパキスタンの連邦直轄部族地域に属する。によりは故郷のを追放されて、ティラフ語の話者の領域もアフガニスタンのナンガルハール州に移動した。ティラフ語 フレッシュアイペディアより)

  • ティラフ人

    ティラフ人から見たアフガニスタンアフガニスタン

    ティラフ人はアフガニスタンのナンガルハール州の民族である。ティラヒとも呼ばれる。もともとは現在のパキスタンの連邦直轄部族地域に属するカイバル峠に位置するであるが、により追放されて現在の場所に移動した。インド・ヨーロッパ語族インド・イラン語派ダルド語群コヒスタン諸語に属するティラフ語を話す民族であったが、現在の主要言語はパシュトー語となっている。アフガニスタンのパシュトゥーン人と文化的に同化傾向にある。ティラフ人 フレッシュアイペディアより)

  • 日本とアフガニスタンの関係

    日本とアフガニスタンの関係から見たアフガニスタンアフガニスタン

    日本とアフガニスタンの関係(、)は、1930年11月19日に国交を樹立し、1931年7月26日に修好条約を締結したことで始まった。日本とアフガニスタンの関係 フレッシュアイペディアより)

2215件中 121 - 130件表示

「アフガニスタン」のニューストピックワード