1610件中 11 - 20件表示
  • イスラーム建築

    イスラーム建築から見たアフガニスタンアフガニスタン

    イスラーム建築は、カロリング朝滅亡の後に古代と断絶したヨーロッパ諸国の建築に比べ、古代建築の諸形態をよく受け継ぎ、今日に至るまで維持してきた。このため、イスラーム建築の形態は、おおまかに、南西部アナトリア半島から北部シリア、パレスティナ、エジプト、リビア沿岸部から北アフリカ西部までのかつてのローマ帝国および東ローマ帝国(ビザンツ帝国)の支配地域と、メソポタミア、アフガニスタン、パキスタンなどのサーサーン朝ペルシャ帝国の支配地域に分けることができる。イスラーム建築 フレッシュアイペディアより)

  • アイ・ハヌム

    アイ・ハヌムから見たアフガニスタンアフガニスタン

    アイ・ハヌム(Ai-Khanoum, Ay Khanum)は、アフガニスタン北部のクンドゥズ州にあったギリシャ人による古代都市で、アレクサンドロス3世による征服後の紀元前4世紀に作られたグレコ・バクトリア王国の主要都市。アレクサンドリア・オクシアナ (Alexandria on the Oxus) に比定され、後のエウクラティディア (Eucratidia) の可能性もある。"Ai-Khanoum" という名称はウズベク語で「月の婦人」の意。位置はアフガニスタン北西部のクンドゥズ州内であり、オクサス(Oxus、現在のアムダリヤ川)とKokcha川が合流する地点()にあり、インド亜大陸の玄関口にあたる。アイ・ハヌムは約2世紀に渡り東洋におけるヘレニズム文化の中心地だったが、エウクラティデス1世の死後間もない紀元前145年ごろ遊牧民月氏の侵入によって壊滅した。アイ・ハヌム フレッシュアイペディアより)

  • ロイヤル・スコットランド連隊

    ロイヤル・スコットランド連隊から見たアフガニスタンアフガニスタン

    第16空中強襲旅団(16th Air Assault Brigade)に配属されてアフガニスタンでの作戦に従事し、2010年1月現在はペニキュイックへ帰還して待命中。ロイヤル・スコットランド連隊 フレッシュアイペディアより)

  • 2007年の気象・地象・天象

    2007年の気象・地象・天象から見たアフガニスタンアフガニスタン

    中旬 - パキスタン・インドのカシミール地方やアフガニスタンで大雨、雪解けの影響も加わって地滑りや洪水、鉄砲水が各地で発生、計91人以上が死亡し、広い範囲で住宅や道路に被害。2007年の気象・地象・天象 フレッシュアイペディアより)

  • グレート・ゲーム

    グレート・ゲームから見たアフガニスタンアフガニスタン

    「グレート・ゲーム」は、19世紀から20世紀にかけての、英露両国による、主としてアフガニスタン争奪抗争から生まれた言葉で、一進一退の経緯を辿った両者の攻防をチェス盤上のゲームに見立てたものである。グレート・ゲーム フレッシュアイペディアより)

  • ウズベキスタンの地理

    ウズベキスタンの地理から見たアフガニスタンアフガニスタン

    ウズベキスタンは中央アジア・アフガニスタンとトルクメニスタンの北部に位置する国である。国の全面積447,000km2はスペインやカルフォルニア州とほぼ同じ面積であり、ウズベキスタンの東西の距離は1,425km、南北の距離は930kmとなっている。南西部でトルクメニスタンと、北部でカザフスタンと、南東部でタジキスタンやキルギスと国境を接し、中央アジアの全ての国と国境を接する。ウズベキスタンは南部でアフガニスタンとも国境を接している。また、ウズベキスタンはリヒテンシュタインとともに世界に二つしか無い、二重内陸国となっている国である。ウズベキスタンの地理 フレッシュアイペディアより)

  • 2008年の気象・地象・天象

    2008年の気象・地象・天象から見たアフガニスタンアフガニスタン

    1月8日 - イラン北部やアフガニスタンで寒波、大雪や低温、交通事故などにより両国でそれぞれ約20人が死亡。2008年の気象・地象・天象 フレッシュアイペディアより)

  • イランの国際関係

    イランの国際関係から見たアフガニスタンアフガニスタン

    パリ条約 (1857年) (同条約によりイランはヘラートほかアフガニスタン諸地域に対する領有権主張を放棄)イランの国際関係 フレッシュアイペディアより)

  • バローチスターン州

    バローチスターン州から見たアフガニスタンアフガニスタン

    バローチスターン州 (Balochistan、 ウルドゥー語: ????????) は、パキスタンの最大の面積を持つ州であり、歴史的なバルチスタンの大部分を域内に含む。州名のバローチスターンとは、「の居住する土地」という意味である。西側でイラン(スィースターン・バルーチェスターン州)と、北側でアフガニスタン(ニームルーズ州・ヘルマンド州・カンダハール州・ザーブル州・パクティーカー州)と連邦直轄部族地域 (FATA)、東側でパンジャーブ州とシンド州に境を接する。南側はアラビア海に面している。州都はクエッタで、州内最大の都市でもある。バローチスターン州 フレッシュアイペディアより)

  • イラン

    イランから見たアフガニスタンアフガニスタン

    イラン・イスラム共和国(イラン・イスラムきょうわこく、)、通称イランは、西アジア・中東のイスラム共和制国家。ペルシア、ペルシャともいう。北にアゼルバイジャン、アルメニア、トルクメニスタン、東にパキスタン、アフガニスタン、西にトルコ、イラクと境を接する。またペルシア湾をはさんでクウェート、サウジアラビア、バーレーン、カタール、アラブ首長国連邦に面する。首都はテヘラン。イラン フレッシュアイペディアより)

1610件中 11 - 20件表示

「アフガニスタン」のニューストピックワード