2215件中 31 - 40件表示
  • ターリバーン

    ターリバーンから見たアフガニスタンアフガニスタン

    ターリバーン(طالبان、Tālibān、)は、パキスタンとアフガニスタンで活動するイスラム主義組織。ムハンマド・オマルが創設し、1996年から2001年11月頃までアフガニスタンの大部分を実効支配し、アフガニスタン・イスラーム首長国(ターリバーン政権)を樹立した(国際的には一部国家を除いて承認されず)。日本語メディアでは通常タリバン(またはタリバーン)と表記される。ターリバーン フレッシュアイペディアより)

  • イスラーム建築

    イスラーム建築から見たアフガニスタンアフガニスタン

    イスラーム建築は、カロリング朝滅亡の後に古代と断絶したヨーロッパ諸国の建築に比べ、古代建築の諸形態をよく受け継ぎ、今日に至るまで維持してきた。このため、イスラーム建築の形態は、おおまかに、南西部アナトリア半島から北部シリア、パレスチナ、エジプト、リビア沿岸部から北アフリカ西部までのかつてのローマ帝国および東ローマ帝国(ビザンツ帝国)の支配地域と、メソポタミア、アフガニスタン、パキスタンなどのサーサーン朝ペルシャ帝国の支配地域に分けることができる。イスラーム建築 フレッシュアイペディアより)

  • 革命

    革命から見たアフガニスタンアフガニスタン

    また現代の革命でも、イスラム圏では、イスラム教の宗教思想に基づく革命が起きる場合がある。発生する条件は非イスラム地域の現代の革命と同様と思われるが、革命後に民主化するとは言えず、世俗的な権威主義政権から、宗教イデオロギーによる全体主義国家(アフガニスタンのターリバーン政権)や半全体主義国家(制限の大きな選挙はある)(イラン)への移行となる。マルクス主義のイデオロギーによって成立した国家が全て全体主義化したのと類似している。但しイスラム教の教義は自由な商取引を前提としているので、資本主義経済を廃止するという発想は生じない。このためイスラム革命では経済システムは変更されない。革命 フレッシュアイペディアより)

  • Navy SEALs

    Navy SEALsから見たアフガニスタンアフガニスタン

    高度な水泳と潜水スキルを持っており、危機的状況において「水のある所へ逃げる」ことで難を逃れた事例も多い。SEALs輸送チームなどを除きパラシュート訓練が必須となっているため、空挺作戦も可能である。パラシュート降下時にゴムボートも降下させて海に着水し、空から水上作戦を展開することができる。また、イラクやアフガニスタン、ソマリアなど海や河川が存在しない地域でも活動している。極限的な環境である北極圏の水中でも作業できるため、陸上の過酷な環境での作戦従事も多い。Navy SEALs フレッシュアイペディアより)

  • 国籍マーク

    国籍マークから見たアフガニスタンアフガニスタン

    ファイル:Afghan National Army emblem.svg|アフガニスタン国籍マーク フレッシュアイペディアより)

  • アルカーイダ

    アルカーイダから見たアフガニスタンアフガニスタン

    1984年、アフガニスタンでのアラブ人ムジャーヒディーンを理論的に指導してきたムスリム同胞団のアブドゥッラー・アッザームが教え子のビン=ラーディンをパキスタンのペシャーワルに呼び入れ、アラブ諸国からアフガニスタンへ義勇兵を送り込む組織マクタブ・アル=ヒダマト(MAK)を結成した。この動きにイスラム集団の精神的指導者であるオマル・アブドッラフマーンやジハード団指導者のアイマン・ザワーヒリーなどが合同し、35000人のムジャーヒディーンが世界各地からアフガニスタンに集まった。MAKは、ペシャーワルにゲストハウスを設けアフガニスタンのジャラーラーバードなどに軍事訓練キャンプを建設し、ゲリラ戦を主体としてソ連軍と戦った。富豪であったビン=ラーディンは、CIAやサウジアラビア総合情報庁と共にMAKの運営やムジャヒディーンによる対ソ連戦の資金元となった。アルカーイダ フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ同時多発テロ事件

    アメリカ同時多発テロ事件から見たアフガニスタンアフガニスタン

    乗客たちがハイジャッカーたちに反撃した際に「(さあやろうぜ)」を合図にしたと言われている。この9・11事件以降のアフガニスタンへの「報復戦争」において、この「」は軍用機に描かれたり、空母乗組員が人文字を空中撮影する際に用いられたりするなど、しばらく「テロと戦うスローガン」とされた。しかし乗客はコックピット内に進入できず、テロリストの操縦により機体を墜落させたと結論づけている。アメリカ同時多発テロ事件 フレッシュアイペディアより)

  • H&K HK417

    H&K HK417から見たアフガニスタンアフガニスタン

    イラクやアフガニスタンにおいて、対テロリズム戦などでの7.62mmライフルの有用性が再評価されたことを受けて、H&K社が5.56x45mm NATO弾を使用するHK416(HKM4)の口径拡大型として開発したものである。H&K HK417 フレッシュアイペディアより)

  • Mi-24 (航空機)

    Mi-24 (航空機)から見たアフガニスタンアフガニスタン

    初期改良型。1969年に初飛行。テイルローターの取り付け向きにより、前期型と後期型に分けられる。多くの機体がソ連空軍で運用されたが、のちにその一部はベトナム、エチオピア、リビア、アフガニスタン、アルジェリアなどに輸出された。ベトナムでは近年まで稼働中の写真が流布しており、恐らくは現在でも運用中であると見られている。Mi-24 (航空機) フレッシュアイペディアより)

  • グレート・ゲーム

    グレート・ゲームから見たアフガニスタンアフガニスタン

    「グレート・ゲーム」は、19世紀から20世紀にかけての、英露両国による、主としてアフガニスタン争奪抗争から生まれた言葉で、一進一退の経緯を辿った両者の攻防をチェス盤上のゲームに見立てたものである。グレート・ゲーム フレッシュアイペディアより)

2215件中 31 - 40件表示

「アフガニスタン」のニューストピックワード