1610件中 41 - 50件表示
  • スコット・ブラウン (政治家)

    スコット・ブラウン (政治家)から見たアフガニスタンアフガニスタン

    軍人として海外任務も経験しており、カザフスタンで10日から2週間程度の、パラグアイで1週間任務に当たった経験があるほか、2011年にはアフガニスタンに訓練名目で1週間駐留したこともある。賞罰については、2001年の同時多発テロ事件の直後、本土防衛・国土安全保障に州兵として貢献した点につき、陸軍称揚章(Army Commendation Medal)を受章している。スコット・ブラウン (政治家) フレッシュアイペディアより)

  • 2010年キルギス騒乱

    2010年キルギス騒乱から見たアフガニスタンアフガニスタン

    今回の政変劇には国内の地域事情も要因になっていると見られている。同国は南北の地域対立が激しく、南部ジャラル・アバド出身のバキエフは同地域の権益代弁者とみられてきた。今回の争乱は北部勢力が権力の掌握を目指して、反政府運動に加担した側面もあると見られる。なお、ローザ・オトゥンバエヴァ自身はバキエフの逃亡先である、南部のオシュ出身である。NATOの対アフガニスタン戦略の重要な拠点として米軍基地を持つ一方で、CISの一員としてロシア軍基地を持つなど、キルギスをめぐる国際情勢は複雑である。2010年キルギス騒乱 フレッシュアイペディアより)

  • ジョサイア・ハーラン

    ジョサイア・ハーランから見たアフガニスタンアフガニスタン

    ジョサイア・ハーラン(Josiah Harlan、1799年6月12日 - 1871年10月21日)は、アフガニスタンとパンジャーブで王になろうとしたアメリカ人の探検家である。ハーランは現地で地方政治と軍事活動に関与し、軍事支援と引き換えにゴール王子 (Prince of Ghor) の称号を彼自身とその子孫が得ることになった。ハーランはラドヤード・キプリングの短編小説『王になろうとした男』のモデルとされる。ジョサイア・ハーラン フレッシュアイペディアより)

  • 軍服 (イギリス)

    軍服 (イギリス)から見たアフガニスタンアフガニスタン

    Image:British_army,_Afghanistan.jpg|アフガニスタンにおける高射砲兵(第12砲兵連隊(12th Regiment Royal Artillery))軍服 (イギリス) フレッシュアイペディアより)

  • ドイツ連邦軍

    ドイツ連邦軍から見たアフガニスタンアフガニスタン

    しかし1990年以降、国際情勢が東西対立から全体的な不安定状態へと変化しており、ドイツ軍はその対応が問われることになった。特に1991年の湾岸戦争で、多国籍軍に資金面のみで参加し人的参加しなかったことは国外から批判を浴びた。1994年の連邦憲法裁判所での判例で、基本法の「防衛」とはドイツの国境を守るだけでなく、危機への対応や紛争防止など、世界中のどこであれ広い意味でのドイツの安全を守るために必要な行動を指すと解釈が拡大され、さらにドイツ連邦議会の事前承認によりNATO域外への派兵が認められた。かつての連邦国防相、ペーター・シュトルック(Peter Struck)の解釈によれば、ドイツを守るためにはアフガニスタンのヒンドゥークシュ山脈であっても軍を出すことは必要となる。ドイツ連邦軍 フレッシュアイペディアより)

  • 君のためなら千回でも

    君のためなら千回でもから見たアフガニスタンアフガニスタン

    『君のためなら千回でも』(きみのためならせんかいでも、原題: The Kite Runner, ペルシャ語題: ?????????????- Kāğazparān Bāz か ??????????? Bādbādak-bāz) )は、アフガニスタンのカーブル出身のカーレド・ホッセイニによる小説。及びそれを原作とした2007年のアメリカ映画。君のためなら千回でも フレッシュアイペディアより)

  • フル スペクトラム ウォリアー

    フル スペクトラム ウォリアーから見たアフガニスタンアフガニスタン

    本作のストーリー設定は架空のものであるが、現実を連想させる事物が多数存在している。舞台となっている架空の国家ジーキスタンはテロ支援国家であったり、かつてソ連軍と戦闘状態にあったなどという設定が存在することから、アフガニスタンをモデルにしているものと思われる。同じく独裁者アルアファドの設定も、裕福な家庭の出身で、かつてCIAに通じていたなど、オサマ・ビンラディンとの類似性が見られる。一方で場面は山岳戦でなく市街戦であったり、プレイヤーが操作する歩兵たちの挙動は第75レンジャー連隊の監修を受けたものであったり、BGMをヘヴィメタルバンドのマシーン・ヘッドが担当したりするなど、映画『ブラックホーク・ダウン』との類似性も見て取れる。フル スペクトラム ウォリアー フレッシュアイペディアより)

  • ゴーストリコンシリーズ

    ゴーストリコンシリーズから見たアフガニスタンアフガニスタン

    西暦2012年のカザフスタン。悪名高いアサド・ラヒル将軍率いるアフガニスタンのテロ組織と武器商人により、カザフスタンの大統領と安全保障理事会のメンバーが爆弾で暗殺され、混乱に陥っていた。大統領が暗殺された後、カザフスタンでは国家の政治権力の制圧を巡って、軍内部で対立が深まり、派閥に分裂し、内紛状態に陥っていた。ラヒル将軍は影響力を強めようと、手中に収めたカザフスタンの派閥軍を使い実権を掌握していた力を強めようとしていた。国家に忠実な軍人達は、国連地上軍に接近し地域の安定を図ろうとした。そしてスコット・ミッチェル率いるGhostはラヒル将軍を捕らえ、彼の軍を武装解除する為、カザフスタンに派兵されることとなった。ゴーストリコンシリーズ フレッシュアイペディアより)

  • あふがにすタン

    あふがにすタンから見たアフガニスタンアフガニスタン

    『あふがにすタン』は、日本のちまきingがWeb上で連載していたWeb漫画作品である。また、その主人公の少女の事を指す。愛称は「あふがん」。アフガニスタンとその周辺国を萌え擬人化した作品である。あふがにすタン フレッシュアイペディアより)

  • アジアハイウェイ7号線

    アジアハイウェイ7号線から見たアフガニスタンアフガニスタン

    アジアハイウェイ7号線 はアジアハイウェイの道路の1つである。ロシアのエカテリンブルクを起点としてパキスタンのカラチを終点とする。総延長は5,868kmで、ロシア、カザフスタン、キルギス、ウズベキスタン、タジキスタン、アフガニスタン、パキスタンを通過する。アジアハイウェイ7号線 フレッシュアイペディアより)

1610件中 41 - 50件表示

「アフガニスタン」のニューストピックワード