2215件中 71 - 80件表示
  • 北田正元

    北田正元から見たアフガニスタンアフガニスタン

    北田 正元(きただ まさもと、明治21年(1888年)2月11日 - 1978年7月13日)は、日本の外交官。初代駐アフガニスタン公使。父は代言人の北田正董。北田正元 フレッシュアイペディアより)

  • 2014年の気象・地象・天象

    2014年の気象・地象・天象から見たアフガニスタンアフガニスタン

    4月25日 - アフガニスタン北部や北西部の4州で豪雨に伴う鉄砲水が発生。2014年の気象・地象・天象 フレッシュアイペディアより)

  • グルブッディーン・ヘクマティヤール

    グルブッディーン・ヘクマティヤールから見たアフガニスタン・イスラム国アフガニスタン

    グルブッディーン・ヘクマティヤール (、Gulbuddin Hekmatyar 1947年 - )は、アフガニスタンの政治家。軍閥・ヘクマティヤール派、ヘズブ・エ・イスラミ・グルブッディーン(Hezb-e-Islami Gulbuddin, HIG)の創設者で、ラッバーニー政権下でアフガニスタン・イスラム国の首相(1993年6月17日 - 1994年6月28日、1996年6月 - 1996年9月)を2度務める。パシュトゥーン人でギルザイ部族連合のハロチ部族に属する 。クンドゥーズ州出身。英語を含む複数の言語を操り、4人の妻と複数の子を持つ。グルブディン・ヘクマティアルとも。グルブッディーン・ヘクマティヤール フレッシュアイペディアより)

  • イラク -狼の谷-

    イラク -狼の谷-から見たアフガニスタンアフガニスタン

    この作品は、イラク戦争後の米軍によるイラク占領支配を題材にした反米主義と評されるアクション映画である。2003年7月にイラク北部で米軍がトルコ兵たちを拘束した「フード事件」やアブグレイブ捕虜虐待事件など、米軍占領下のイラクやアフガニスタンで実際に起こった数々の事件を題材にしてつなぎ合わせ、トルコ人をヒーローにして脚色している。以下の事件を題材としている。イラク -狼の谷- フレッシュアイペディアより)

  • 南アジア

    南アジアから見たアフガニスタンアフガニスタン

    上記の各国は南アジア地域協力連合(South Asian Association for Regional Cooperation、略称SAARC)を結成。現在はアフガニスタンも加盟しておりイランはオブザーバーとして参加している。この地域に参加している日本のNGOは、2005年9月から実施された調査(国際協力NGOセンター、279団体回答)では、ネパール43団体、インド40団体、スリランカ33団体、バングラデシュ31団体、パキスタン18団体であり、過去の調査との比較では、活動団体の数はネパールとスリランカでは増えたが、インドとバングラデシュは減少した。南アジア フレッシュアイペディアより)

  • 自衛隊インド洋派遣

    自衛隊インド洋派遣から見たアフガニスタンアフガニスタン

    2001年(平成13年)9月11日に、国際テロ組織アルカーイダの手により発生した、アメリカ同時多発テロ事件を受け、アメリカ合衆国は、アルカイダの最高指導者ウサーマ・ビン=ラーディンを匿っているとされたアフガニスタンを報復攻撃(10月7日攻撃開始)するに当たり、日本政府も有志連合の一員として対テロ戦争に協力するよう求められ、それに対応すべく「テロ対策特別措置法」が2年間の時限立法で制定された。自衛隊インド洋派遣 フレッシュアイペディアより)

  • ムハンマド・アミーン・ブグラ

    ムハンマド・アミーン・ブグラから見たアフガニスタンアフガニスタン

    1934年2月5日,馬仲英の部下馬福元が馬占倉と協力して疏附を攻撃し、東トルキスタン政権は瓦解し、政府官員も散り散りとなった。アミーンはホータンへ逃亡した。4月、アミーンは兄のマンスールをパシャに推挙して、ホータン・イスラーム王国を建立した。6月12日、馬仲英の先頭部隊馬如龍がホータンを攻略し、マンスールは殺され,伊敏は喀喇古塔格(黒山)へ逃亡し、ホータン・イスラーム王国は滅亡した。6月末、馬仲英の姉の夫の馬虎山が36師団の主力を率いてグマからホータンへ来た。7月26日、アミーンは数千の民衆を連れてイギリス領インド帝国のレーへ、そしてアフガニスタン首都カーブルへと亡命した。ムハンマド・アミーン・ブグラ フレッシュアイペディアより)

  • トルキスタン

    トルキスタンから見たアフガニスタンアフガニスタン

    トルキスタンは、西はカスピ海、東は中国、北はアラル海、イルティシュ分水界、南はアフガニスタン北部、イラン国境に及ぶ地域 (ロシア・トゥルケスターンあるいは西トルキスタン、今日のトルクメニスタン・ウズベキスタン・キルギス・カザフスタン・タジキスタン)、中華人民共和国の西北部の新疆ウイグル自治区 (シナ・トゥルケスターンあるいは東トゥルケスターン)、およびアフガニスタン北部の三地域に大別される。西トルケスタン、東トルケスタン、南トルケスタンとすることもある。面積は約150,000平方キロメートル。トルキスタン フレッシュアイペディアより)

  • ニザール派

    ニザール派から見たアフガニスタンアフガニスタン

    13世紀半ばのモンゴル帝国軍の到来によってほとんどの城砦を失うが、広い地域に散在するコミュニティは存続し、現在ではインド、パキスタン、シリア、アフガニスタン・タジキスタン・ザンジバルなど東アフリカおよび欧米に信徒を擁する。特にインド・パキスタン方面のホージャー派のニザール派コミュニティおよびアフガニスタン・タジキスタンのニザール派コミュニティの指導者アーガー・ハーンは、絶大な財力を背景に同地域に社会的影響力を誇る。ニザール派 フレッシュアイペディアより)

  • RQ-170 (航空機)

    RQ-170 (航空機)から見たアフガニスタンアフガニスタン

    RQ-170 センチネル(Sentinel:監視者、歩哨などの意)は、アメリカ空軍が採用しているUAV。開発はロッキード・マーティン社のスカンクワークス。現在アフガニスタンに配備され、不朽の自由作戦に参加している。RQ-170 (航空機) フレッシュアイペディアより)

2215件中 71 - 80件表示

「アフガニスタン」のニューストピックワード