1610件中 81 - 90件表示
  • ムハンマド・イクバール

    ムハンマド・イクバールから見たアフガニスタンアフガニスタン

    "Pas Cheh Bay ed Kard ai Aqwam-i Sharq"(?? ?? ???? ??? ?? ????? ???, われわれは何をすべきか、あぁ東の諸国民よ)と題された詩集では、"Musafir"(?????, ムサーフィル=「旅行者」)と題された詩を含んでいる。イクバールは、再びルーミーをイスラーム法とスーフィー的認識の神秘を解説するキャラクターとして叙述した。イクバールは、インドに住むムスリムと世界中のムスリムがばらばらになっていることを嘆いた。"Musafir"はイクバールのアフガニスタン旅行記であり、そこでは、パシュトゥーン人がイスラームの秘法の探求と自己の研鑽に努めていた。ムハンマド・イクバール フレッシュアイペディアより)

  • マフムード (ガズナ朝)

    マフムード (ガズナ朝)から見たアフガニスタンアフガニスタン

    マフムード( ???? ?????? ??? ?????? ????? ??? ??????? ) 971年11月2日 - 1030年4月30日)は、現在のアフガニスタンのガズナを首都としたイスラム王朝・ガズナ朝の最盛期を現出した君主(在位:997年 - 1030年)。セルジューク朝のトゥグリル・ベク以前にカリフ以外でスルターンの称号を用いた最初の人物。マフムード (ガズナ朝) フレッシュアイペディアより)

  • タジク人

    タジク人から見たアフガニスタンアフガニスタン

    タジク(, Tājīk; ) は、タジキスタンを中心に、アフガニスタン北部、ウズベキスタン東部、中国領新疆ウイグル自治区の西部などに居住するイラン系民族を指す近現代的民族区分。タジク人 フレッシュアイペディアより)

  • 2009年

    2009年から見たアフガニスタンアフガニスタン

    8月3日 - アフガニスタン西部ヘラートで爆弾テロが発生、12人が死亡。ターリバーンが犯行認める。2009年 フレッシュアイペディアより)

  • 南アジア

    南アジアから見たアフガニスタンアフガニスタン

    上記の各国は南アジア地域協力連合(South Asian Association for Regional Cooperation、略称SAARC)を結成。現在はアフガニスタンも加盟しておりイランはオブザーバーとして参加している。この地域に参加している日本のNGOは、2005年9月から実施された調査(国際協力NGOセンター、279団体回答)では、ネパール43団体、インド40団体、スリランカ33団体、バングラデシュ31団体、パキスタン18団体であり、過去の調査との比較では、活動団体の数はネパールとスリランカでは増えたが、インドとバングラデシュは減少した。南アジア フレッシュアイペディアより)

  • ソビエト連邦

    ソビエト連邦から見たアフガニスタンアフガニスタン

    1979年にブレジネフは、隣するアフガニスタンの共産主義政権がアメリカと関係を結ぼうとしたためにアフガニスタン侵攻を行ったものの、結果的にパキスタン、サウジアラビア、イラン等といった一部のイスラム諸国および西側諸国による猛反発を受け、翌年に行われたモスクワオリンピックの大量ボイコットを招くことになった。この侵攻は1989年まで続き、国際社会からの孤立を招いただけでなく、莫大な戦費を10年間の長きにわたり浪費することや多くの戦死者を出すことによって、ただでさえ傾きかけていた経済をますます圧迫する結果になった。ソビエト連邦 フレッシュアイペディアより)

  • インドの仏教

    インドの仏教から見たアフガニスタンアフガニスタン

    根本分裂以後も、仏教の布教活動は盛んであった。西方のガンダーラからアフガニスタンへ、さらに中央アジアへと教線は広がっていった。前3世紀中頃、スリランカのデーバーナンピヤ・ティッサの時代に、マヒンダ比丘(伝、アショーカ王の王子)が仏教を伝え、都に大精舎が建てられた。以後、ここを中心に上座部が栄え、社会や文化に大きな影響を与えた。インドの仏教 フレッシュアイペディアより)

  • 12月27日

    12月27日から見たアフガニスタンアフガニスタン

    1979年 - アフガニスタン紛争: ソ連がアフガニスタンの大統領宮殿を襲撃し、ハフィーズッラー・アミーン大統領を殺害。12月27日 フレッシュアイペディアより)

  • 9月9日

    9月9日から見たアフガニスタンアフガニスタン

    2001年 - アフガニスタン・北部同盟の指導者アフメッド・シャー・マスードが暗殺される。9月9日 フレッシュアイペディアより)

  • ニザール派

    ニザール派から見たアフガニスタンアフガニスタン

    13世紀半ばのモンゴル帝国軍の到来によってほとんどの城砦を失うが、広い地域に散在するコミュニティは存続し、現在ではインド、パキスタン、シリア、アフガニスタン・タジキスタン・ザンジバルなど東アフリカおよび欧米に信徒を擁する。特にインド・パキスタン方面のホージャー派のニザール派コミュニティおよびアフガニスタン・タジキスタンのニザール派コミュニティの指導者アーガー・ハーンは、絶大な財力を背景に同地域に社会的影響力を誇る。ニザール派 フレッシュアイペディアより)

1610件中 81 - 90件表示

「アフガニスタン」のニューストピックワード