2215件中 81 - 90件表示
  • ラダック

    ラダックから見たアフガニスタンアフガニスタン

    ラダック (Ladakh,チベット語:??????? la dwags) はインドのジャンムー・カシミール州東部の地方の呼称。広義にはザンスカールおよび、現在パキスタンの支配下となっているバルティスターンを含む、ヒマラヤ山脈とカラコルム山脈に挟まれた一帯を指し、カシミールの東側半分以上を占める。かつてはラダック王国という独立した仏教国であったが、19世紀にカシミールの藩王国に併合された。現在では行政区画の名称としては使用されていない。中華人民共和国との国境に接し、アフガニスタン北部にも近い。中国が実効支配するアクサイチンも、かつてはラダックの支配下であった。ラダック フレッシュアイペディアより)

  • モゴール人

    モゴール人から見たアフガニスタンアフガニスタン

    モゴール人(Moghol)は、アフガニスタンのヘラート州に定住するモンゴル系民族。モゴール人 フレッシュアイペディアより)

  • 日本国際民間協力会

    日本国際民間協力会から見たアフガニスタンアフガニスタン

    マラウイ、パレスチナ、ヨルダン、イラン、アフガニスタン、パキスタン、日本で活動を行っている。活動は以下の通り。日本国際民間協力会 フレッシュアイペディアより)

  • イスマーイール派

    イスマーイール派から見たアフガニスタンアフガニスタン

    アフガニスタンのバダフシャーン州やタジキスタンのゴルノ・バダフシャン自治州などにはパミール人がおり、アーガー・ハーンに従っている。一方、アフガニスタンのバグラーン州は地元の宗教指導者のサイイド・マンスール・ナーディリーに従っている。イスマーイール派 フレッシュアイペディアより)

  • ゴーストリコンシリーズ

    ゴーストリコンシリーズから見たアフガニスタンアフガニスタン

    西暦2012年のカザフスタン。悪名高いアサド・ラヒル将軍率いるアフガニスタンのテロ組織と武器商人により、カザフスタンの大統領と安全保障理事会のメンバーが爆弾で暗殺され、混乱に陥っていた。大統領が暗殺された後、カザフスタンでは国家の政治権力の制圧を巡って、軍内部で対立が深まり、派閥に分裂し、内紛状態に陥っていた。ラヒル将軍は影響力を強めようと、手中に収めたカザフスタンの派閥軍を使い実権を掌握していた力を強めようとしていた。国家に忠実な軍人達は、国連地上軍に接近し地域の安定を図ろうとした。そしてスコット・ミッチェル率いるGhostはラヒル将軍を捕らえ、彼の軍を武装解除する為、カザフスタンに派兵されることとなった。ゴーストリコンシリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 君のためなら千回でも

    君のためなら千回でもから見たアフガニスタンアフガニスタン

    『君のためなら千回でも』(きみのためならせんかいでも、原題: The Kite Runner, ペルシャ語題: ?????????????- Kāğazparān Bāz か ??????????? Bādbādak-bāz) )は、アフガニスタンのカーブル出身のカーレド・ホッセイニによる小説。及びそれを原作とした2007年のアメリカ映画。君のためなら千回でも フレッシュアイペディアより)

  • 国際治安支援部隊

    国際治安支援部隊から見たアフガニスタンアフガニスタン

    国際治安支援部隊(こくさいちあんしえんぶたい 英: International Security Assistance Force)は、国際平和活動のひとつ。アフガニスタンの治安維持を通じアフガニスタン政府を支援する目的で、2001年12月5日のボン合意に基づく2001年12月20日の国連安保理決議1386号により設立された。当初は有志国の集まりからなる多国籍軍により構成されていたが、現在は北大西洋条約機構(NATO)が統括する。略称はISAF(アイサフ)。国際治安支援部隊 フレッシュアイペディアより)

  • アイ・ハヌム

    アイ・ハヌムから見たアフガニスタンアフガニスタン

    アイ・ハヌム(Ai-Khanoum, Ay Khanum)は、アフガニスタン北部のタハール州にあったギリシャ人による古代都市で、アレクサンドロス3世による征服後の紀元前4世紀に作られたグレコ・バクトリア王国の主要都市。アレクサンドリア・オクシアナ (Alexandria on the Oxus) に比定され、後の (Eucratidia) の可能性もある。"Ai-Khanoum" という名称はウズベク語で「月の婦人」の意。オクサス(Oxus、現在のアムダリヤ川)とが合流する地点にあり、インド亜大陸への玄関口だった。アイ・ハヌムは約2世紀に渡り東洋におけるヘレニズム文化の中心地だったが、エウクラティデス1世の死後間もない紀元前145年ごろ遊牧民月氏の侵入によって壊滅した。アイ・ハヌム フレッシュアイペディアより)

  • クルト朝

    クルト朝から見たアフガニスタンアフガニスタン

    13世紀半ばに、クルト朝はモンゴル帝国に臣従を誓う。モンゴル帝国の王族フレグが建国したイルハン国が成立した後はその臣従国としてアフガニスタンに相当する地域を支配し、クルト家はフレグ一門と婚姻関係を結んだ。1335年にイルハン国が無政府状態に陥った後、クルト朝の君主ムイズッディーン・フセインは王朝の勢力の拡大に努めた。クルト朝の統治下でモンゴル帝国の破壊によって荒廃したホラーサーン地方が復興されるとともに同地のイラン文化が維持されたが、1381年にティムール朝の攻撃によって王朝は滅亡した。クルト朝 フレッシュアイペディアより)

  • マックスプロ (MRAP)

    マックスプロ (MRAP)から見たアフガニスタンアフガニスタン

    マックスプロシリーズの生産、部隊配備は2007年から始まっており、アメリカ海兵隊、アメリカ陸軍、アメリカ空軍に配備されたほか、アフガニスタンにISAFとして地上部隊を派遣した十数ヶ国の軍でも購入され、使用されている。マックスプロ (MRAP) フレッシュアイペディアより)

2215件中 81 - 90件表示

「アフガニスタン」のニューストピックワード