274件中 11 - 20件表示
  • アフガニスタン

    アフガニスタンから見たカーブル国際空港

    2002年1月21日、東京でアフガニスタン復興支援会議が開催された。約60各国と22の国際機関の代表が出席した。これに先立ちNGO59団体による会議も開かれた。日本は2年で5億ドル、アメリカは1年で2億9600万ドル、サウジアラビアは3年で2億2000万ドル、欧州連合は1年で5億ドル、ドイツは5年で3億5000万ドル、イギリスは5年で3億7200万ドルの拠出を決定し、世界銀行とアジア開発銀行はそれぞれ2年半で5億ドルの拠出を決定した。また、周辺各国は、イランが1年で1億2000ドル、パキスタンは5年で1億ドル、インドも1年で1億ドルの支援を発表した。各国の支援総額は30億ドルを超えた。さらに支援は、行政能力の向上や教育、保健衛生、インフラ、経済システム、農業及び地方開発、地雷撤去などの作業を実施し、定期的に復興運営会議をカーブルで開催することなどを決定した。2月14日、アブドゥール・ラフマン航空観光大臣がカーブル国際空港で自国民に撲殺される。6月10日〜6月19日、緊急ロヤ・ジルガ(国民大会議)開催される。1500人以上の代表参加。6月13日、国家元首(大統領)を決める選挙が緊急ロヤ・ジルガで行われ、ハーミド・カルザイが圧倒的多数の票を獲得し、当選した。6月15日、今後2年間の国名を「アフガニスタン・イスラム暫定政府」に決定する。 6月19日、新暫定政府主要14閣僚と最高裁判所長官の名簿公表。副大統領にファヒーム国防相・アブドゥッラー外相・アシュラフ・アリー財務相(カルザイ顧問兼任)らが兼任。ザーヒル・シャーの閉会宣言でロヤ・ジルガ閉会する。7月1日、米軍が南部ウルズガン州で誤爆、市民48人死亡、117人が負傷する。アフガニスタン フレッシュアイペディアより)

  • アフガニスタン

    アフガニスタンから見たペシャーワル

    紀元前6世紀、イラン人が建てたアケメネス朝ペルシャ帝国に編入され、アレイヴァ(ヘラート)、(カンダハール, ラシュカルガー, クエッタ)、バクトリア(バルフ), (ガズニー), ガンダーラ(カーブル, ジャラーラーバード, ペシャーワル)の地方名で呼ばれた。カンダハルの旧市の発掘によって、紀元前6世紀にはこの町が、すでにアフガニスタン南方の首邑になっていたことが明らかになった。紀元前5世紀頃、には古代民族が住んでいたことがサンスクリットや古代ギリシャ語文献から知られている。アフガニスタン フレッシュアイペディアより)

  • アフガニスタン

    アフガニスタンから見たヌール・ムハンマド・タラキー

    1978年4月、アフガニスタン人民民主党主導による軍事クーデター「」が発生し、ムハンマド・ダーウード大統領一族が処刑される。人民民主党による社会主義政権が樹立し国名をアフガニスタン民主共和国に変更する。初代革命評議会議長兼大統領兼首相はヌール・ムハンマド・タラキー。これに対して全土でムジャーヒディーン(イスラム義勇兵)が蜂起、アフガニスタン紛争 (1978年-1989年)が始まり政情が不安定化する中、1979年2月にイラン革命が勃発。9月17日、ヌール・ムハンマド・タラキーが副首相のハフィーズッラー・アミーン一派に殺害され、アミーンが革命評議会議長兼大統領兼首相に就任。11月にイランアメリカ大使館人質事件が起こると、ブレジネフソビエト連邦共産党書記長はアフガニスタンやソ連国内へイスラム原理主義が飛び火することを恐れ、12月24日にアフガニスタンへ軍事侵攻を開始した。12月27日、ソ連はムジャーヒディーンを抑えられないアミーンをKGBを使って暗殺、バブラク・カールマル副議長を革命評議会議長兼大統領兼首相に擁立する。ソ連軍及政府軍とムジャーヒディーンの戦闘が激化する。アフガニスタン フレッシュアイペディアより)

  • アフガニスタン

    アフガニスタンから見たヤスミナ・カドラ

    『カブールの燕たち』ヤスミナ・カドラアフガニスタン フレッシュアイペディアより)

  • アフガニスタン

    アフガニスタンから見たムハンマド・ダーウード

    1973年、旧王族のムハンマド・ダーウードがクーデターを起こして国王を追放し共和制を宣言して大統領に就任。新しい国名はアフガニスタン共和国(en)。アフガニスタン社会の近代化と軍事近代化を目指しソ連に接近しイスラム主義者達を弾圧する。この時パキスタンに脱出したヘクマティヤールは(ヘクマティヤール派)を結成し、ラッバーニーらは(イスラム協会、ラッバーニー派)を結成した。アフガニスタン フレッシュアイペディアより)

  • アフガニスタン

    アフガニスタンから見たシブガトゥッラー・ムジャッディディー

    1989年、ソ連軍が撤退した後国内の支配をめぐってアフガニスタン紛争 (1989年-2001年)が始まる。2月にアフガニスタン国内のムジャーヒディーン各派はシブガトゥッラー・ムジャッディディーを暫定国家元首に指名、ジャラーラーバードの戦いでナジーブッラーが率いる人民民主党政府と戦うも敗北する。アフガニスタン フレッシュアイペディアより)

  • アフガニスタン

    アフガニスタンから見たムハンマド・ナジーブッラー

    1987年、ムハンマド・ナジーブッラーが大統領に就任。国名をアフガニスタン共和国に戻す。アフガニスタン フレッシュアイペディアより)

  • アフガニスタン

    アフガニスタンから見たオーレル・スタイン

    1919年に第三次アフガン戦争に勝利したアマーヌッラー・ハーンはイギリスからの独立を達成し、独立した君主として即位した。1926年、国名をアフガニスタン王国(en)とする。同年、オーレル・スタインがインダス川上流及び流域(デュアランド・ライン)を調査旅行した。アマーヌッラーは、トルコ共和国の新指導者ケマル・アタテュルクの世俗主義、民族主義、共和主義を柱とする改革に影響され、同様の改革を推進したが、宗教改革に反対する保守派の蜂起が相次いだ。王妃は近代化のひとつとして家庭内での女性の地位向上を図ったが、アフガニスタンの歴史上初めて登場した女性の統治者に対して、保守派の激しい反対があった。タジク人の指導者は、イギリスから資金と武器の支援を受けて、カーブルを占領してアマーヌッラー政権を打倒した()。アフガニスタン フレッシュアイペディアより)

  • アフガニスタン

    アフガニスタンから見たムスタファ・ケマル・アタテュルク

    1919年に第三次アフガン戦争に勝利したアマーヌッラー・ハーンはイギリスからの独立を達成し、独立した君主として即位した。1926年、国名をアフガニスタン王国(en)とする。同年、オーレル・スタインがインダス川上流及び流域(デュアランド・ライン)を調査旅行した。アマーヌッラーは、トルコ共和国の新指導者ケマル・アタテュルクの世俗主義、民族主義、共和主義を柱とする改革に影響され、同様の改革を推進したが、宗教改革に反対する保守派の蜂起が相次いだ。王妃は近代化のひとつとして家庭内での女性の地位向上を図ったが、アフガニスタンの歴史上初めて登場した女性の統治者に対して、保守派の激しい反対があった。タジク人の指導者は、イギリスから資金と武器の支援を受けて、カーブルを占領してアマーヌッラー政権を打倒した()。アフガニスタン フレッシュアイペディアより)

  • アフガニスタン

    アフガニスタンから見たハナ・マフマルバフ

    ハナ・マフマルバフ 『ハナのアフガンノート』『子供の情景』アフガニスタン フレッシュアイペディアより)

274件中 11 - 20件表示

「アフガニスタン」のニューストピックワード