前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
3130件中 1 - 10件表示
  • 松本祥志

    松本祥志から見たアフリカアフリカ

    松本 祥志(まつもと しょうじ、1948年(昭和23年) - )は、、日本の法学者。法学修士(立命館大学)。専門は国際法。研究分野は主に従軍慰安婦問題の国際法的考察やアフリカ地域の人権問題を研究対象としている。札幌学院大学教授。松本祥志 フレッシュアイペディアより)

  • スタンダードチャータード銀行

    スタンダードチャータード銀行から見たアフリカアフリカ

    世界第5位に位置づけられる同行は、特に新興地域において主導的な役割を担っている。イギリスでの顧客は少なく、アジア太平洋地域、ヨーロッパ地域、アフリカ地域での業務がそれぞれ、65%、25%、10%を占める。中でも香港は、2004年には収益の30%を挙げるなど最も重要な活動拠点となっている。とはいえ、ロンドン証券取引所上場のイギリス企業である点に変わりなく、同国上位企業の株価指数であるFTSE100でも20?30位以内に位置づけられている。スタンダードチャータード銀行 フレッシュアイペディアより)

  • ブラジル

    ブラジルから見たアフリカアフリカ

    しかし、1985年に民政移管すると、特に1980年代後半の冷戦終結後は南アメリカの大国としてアルゼンチンやパラグアイなどの近隣諸国のみならず、アジアやアフリカ、中近東諸国などとも全方面外交を行い、WTOやメルコスールなどを通して積極外交を行う他、没落したアルゼンチンに代わってラテンアメリカ諸国をまとめるリーダーとして国連改革を積極的に推進し、国連安全保障理事会の常任理事国入りを日本やインド、ドイツなどとともに狙っているとされる。また、ポルトガル語圏の一員として旧宗主国のポルトガルや、アンゴラ、モザンビーク、東ティモールとも強い絆を保っている。ブラジル フレッシュアイペディアより)

  • 大航海時代

    大航海時代から見たアフリカアフリカ

    中東・インド・中国でも強力な世界帝国が成立し、その影響下にある国々の間で盛んに交易が行われ、多数の交易路や航路が開拓整備された。アフリカ地域でも古代エジプトのほか、大陸奥部にも王国が成立し、塩や金が大陸を行き交った。このように各地域で発展した交易圏は、時代とともに互いに接触を深め、旧世界においては世界的交易ネットワークが徐々に構築されていった。大航海時代 フレッシュアイペディアより)

  • キューバ

    キューバから見たアフリカアフリカ

    1962年2月3日にアメリカのジョン・F・ケネディ大統領はキューバとの輸出入を全面禁止し、キューバの経済封鎖を行うと発表した。同年、キューバにおけるソ連のミサイル基地の建設とミサイルの搬入が明らかとなり、核戦争の危機となったが米ソの妥協で危機を回避する事態が起きた(キューバ危機)。これにより、アメリカとキューバの関係は一挙に悪化したが、1965年にアメリカとキューバは、反体制派キューバ人のアメリカ亡命を認めることで合意し、1973年までに26万人以上がキューバを去った。1960年代のキューバは第三世界非同盟外交に基づいて世界革命を推進し、アジア、アフリカ、ラテンアメリカ各地に軍事顧問団を派遣してベトナム戦争を戦う北ベトナムや、セク・トゥーレ政権のギニア、ベン・ベラ政権のアルジェリアなどと関係を深め、コンゴ民主共和国やボリビアにはチェ・ゲバラ率いるゲリラ部隊が派遣された。1967年にゲバラがボリビアで戦死したため、『ゲリラ戦争』で主張されたマルクス=レーニン主義、チェ・ゲバラ=フィデル・カストロ路線に基づくラテンアメリカでの農村ゲリラ革命路線は失敗に終わった。ゲバラの死後のラテンアメリカ諸国の社会主義運動は、1970年のチリに於けるサルバドール・アジェンデ政権成立のように平和革命路線に移行し、キューバもそれまでの強硬路線に代えてこのような平和的変革を支持した。キューバ フレッシュアイペディアより)

  • 2008年

    2008年から見たアフリカアフリカ

    ヨーロッパとエジプトを結ぶ海底ケーブル2本が損傷を受け、アフリカ、中東、インドなどでインターネット接続や国際電話に障害が発生。2008年 フレッシュアイペディアより)

  • アフリカ開発銀行

    アフリカ開発銀行から見たアフリカアフリカ

    アフリカ開発銀行(アフリカかいはつきんこう、African Development Bank 略称AfDB)とは、アフリカで多くの国が独立した1964年にアフリカの経済開発促進を目的に発足した融資機関で、各国の債務危機の救済と運輸・通信・衛生・教育・経済・社会インフラの整備も行う。アフリカ経済委員会の斡旋で発足し、1966年に業務を開始した。加盟国はアフリカの全独立国と日米独などの域外国24カ国で構成し、授権資本は229億ドルである。本部はアビジャンにあるが、2002年9月コートジボワールの政情不安から、チュニジアに一時移っている。アフリカ開発銀行 フレッシュアイペディアより)

  • フランス

    フランスから見たアフリカアフリカ

    王朝は17世紀のルイ14世の時期に最盛期を迎えている。この時期のフランスはヨーロッパ最大の人口を有し、ヨーロッパの政治、経済、文化に絶大な影響力を持っていた。フランス語は外交の舞台での共通語となっていた。18世紀にはフランスの知識人の中から多くの啓蒙思想が生まれ、科学的な大発見がなされている。加えてフランスはアメリカ、アフリカ、アジアに広大な海外領土を獲得していた。特に重要だったカリブ海の植民地のサン=ドマングにおいては、奴隷貿易によって導入された黒人奴隷を酷使したサトウキビやコーヒーのプランテーションが築かれ、1804年のハイチ革命によってハイチが独立するまで莫大な歳入をフランスにもたらした。フランス フレッシュアイペディアより)

  • 重慶大厦

    重慶大厦から見たアフリカアフリカ

    また、両替商・カレー店・アフリカ料理店・南アジア等の民族衣装店やCD店、紳士服の仕立て屋、雑貨店の多さでも知られており、これらの店を目的に訪れる観光客も少なくなく、また、南アジア・中東・アフリカなどの出身者のコミュニティができている場所でもある。そのため、香港の複雑な民族構成を象徴する建物として、数多くの映画や小説の舞台となっている。重慶大厦 フレッシュアイペディアより)

  • ジオマンシー

    ジオマンシーから見たアフリカアフリカ

    アフリカおよび中世とルネサンス期のヨーロッパで流行し、社会のあらゆる階級で行われた。17世紀まで本や論文が出版されていたが、オカルトが流行らなくなると共に出版も下火になった。近年、John Michael Greer の作品などで再び注目されるようになり、主なオカルトサークルでジオマンシーが行われるようになっている。ジオマンシー フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
3130件中 1 - 10件表示

「アフリカ」のニューストピックワード