4033件中 91 - 100件表示
  • ハプログループB (Y染色体)

    ハプログループB (Y染色体)から見たアフリカアフリカ

    ハプログループB (Y染色体)(ハプログループB (Yせんしょくたい)、英: Haplogroup B (Y-DNA))とは分子人類学において人類の父系を示すY染色体ハプログループ(型集団)の分類で、ハプログループBTの子系統で、M60, M181/Page32, P85, P90, V62, V75, V78, V83, V84, V85, V90, V93, V94, V185, V197, V217, V227, V234, V237, V44の変異によって定義されるグループである。60,000-65,000年前にアフリカで誕生したと考えられる。ハプログループB (Y染色体) フレッシュアイペディアより)

  • リチャード・オーウェン

    リチャード・オーウェンから見たアフリカアフリカ

    彼は現生の形態を研究したのみでなく、絶滅したグループの遺骸にも大きな注意を払い、古脊椎動物学の創始者キュヴィエの直接の後継者となっていた。経歴の初期において彼は現生種・絶滅種双方を含めた歯の研究を徹底的に行っており、図をふんだんに使用した"" (1840?1845)を出版している。彼は自ら発見し迷歯類と名付けた絶滅両生類の歯の恐ろしく複雑な構造も記載している。この動物の歯は、表面のエナメル質が非常に複雑に折り畳まれたようになっており、断面をみるとまるで迷路のように見える歯であることからその名が付けられた。魚類に関しての著書では、プロトプテルス () と命名したアフリカ産肺魚についての学術論文が、ヨハネス・ミュラーによる肺魚亜綱の制定の基礎となっている。彼はまた、真骨魚類と硬鱗魚類(軟質魚類)の間の一連の関係に気づき、一つの下綱である条鰭類(条鰭下綱)にまとめた。リチャード・オーウェン フレッシュアイペディアより)

  • ムラート

    ムラートから見たアフリカアフリカ

    元々は、片方の親がヨーロッパ系でもう片方の親がアフリカ系の子供のことを指していたが、現在ではある程度両方の血統が混じっている人々のことを指すようになった。「黒人と白人の混血者」と説明されることも多い。なお、ヨーロッパ白人系とインディアンやインディオとの混血をメスティーソ、アフリカ系とインディオの混血をサンボという。アメリカ合衆国ではインディアンと黒人との混血がムラートと呼ばれ、ヨーロッパ系とアフリカ系との混血は、ワンドロップ・ルールにより黒人と呼ばれた。ムラート フレッシュアイペディアより)

  • ザマの戦い

    ザマの戦いから見たアフリカアフリカ

    ザマの戦い(ザマのたたかい、英語:Battle of Zama)は、紀元前202年10月19日に北アフリカのザマで起こったローマ軍とカルタゴ軍の戦いである。大スキピオ率いるローマ軍がハンニバル率いるカルタゴ軍を破り、第二次ポエニ戦争の趨勢を決した。ザマの戦い フレッシュアイペディアより)

  • 総督

    総督から見たアフリカアフリカ

    476年の西ローマ帝国の滅亡後も、東ローマ帝国は古代末期には安定した状態を維持し、領土拡張を行う能力を保持していた。ユスティニアヌス1世の再征服の間に、北アフリカ・イタリア・ダルマチア・スペインが、東ローマ帝国の版図に入った。この領土拡張は帝国の限られた資源にとり途方も無い重圧となり、征服事業にかかった軍事費は東ローマ帝国の国家財政の破綻の要因ともなった。しかしながらユスティニアヌス帝の後継者である東ローマ皇帝たちは、再征服された領土を放棄して重圧を免れる方策を採らなかった。この経緯により、地方の変化に恒常的に対処する総督府()が設置される事になる。総督 フレッシュアイペディアより)

  • サイレント津波

    サイレント津波から見たアフリカアフリカ

    津波の翌月となる2005年1月、国際連合事務総長コフィー・アッタ・アナンの諮問機関であるミレニアム開発目標(MDGs)のジェフリー・デヴィッド・サックス委員長は、感染症、飢餓、死亡率等の「Silent Tsunami」への注意を喚起した。委員長は、アフリカで毎月約15万人が死亡しているマラリア等のサイレント津波は予防可能であるとし、サイレント津波に対し、スマトラ沖地震を端緒とする前月の津波災害時の支援に匹敵する支援の必要性を説いた。サイレント津波 フレッシュアイペディアより)

  • 青木一能

    青木一能から見たアフリカアフリカ

    青木 一能(あおき かずよし、1946年5月5日 - )は、日本の政治学者。日本大学文理学部教授。専門は国際関係論、現代アフリカ政治論。青木一能 フレッシュアイペディアより)

  • ゾウ

    ゾウから見たアフリカアフリカ

    長鼻類で最も進化したグループであるゾウは新生代の第四紀にはオーストラリアと南極大陸以外の全ての大陸に分布していたが、自然環境の変化や人類の狩猟などによりやがて衰退し、現在はサハラ砂漠以南のアフリカに生息するアフリカゾウとインドおよび東南アジアに生息するアジアゾウのわずかに2種が残るのみであり、滅亡へ向かいつつあるグループといえる。動物園の定番ではあるが、共にIUCNレッドリストで絶滅危惧IB類に指定されている。またアフリカゾウの亜種と考えられてきたマルミミゾウは、最近は別種とされることが多くなっている。ゾウ フレッシュアイペディアより)

  • ハプログループA (Y染色体)

    ハプログループA (Y染色体)から見たアフリカアフリカ

    ハプログループA (Y染色体)(ハプログループA (Yせんしょくたい)、英: Haplogroup A (Y-DNA))とは分子人類学において人類の父系を示すY染色体ハプログループ(型集団)の分類である。他のY染色体ハプログループと異なり、特定の変異で定義されるものではなく、ハプログループの系統樹の最も根に近いグループを側系統としてまとめたものである。27万年前にアフリカで誕生した。ハプログループA (Y染色体) フレッシュアイペディアより)

  • 奴隷貿易

    奴隷貿易から見たアフリカアフリカ

    大航海時代に、15世紀から19世紀の前半まで、とりわけ16世紀から18世紀の時期に、主にヨーロッパ(スペイン、ポルトガル、オランダ、イギリス、フランス、デンマーク、 スウェーデン、アメリカ州を含むヨーロッパ系植民者が関わり)とアフリカとアメリカ大陸を結んで、その後約3世紀にわたってアフリカ原住民を対象として展開され、西インドのプランテーション経営に必要な労働力となった(→三角貿易)。供給源となったアフリカが西欧諸国を中心とした世界経済システムの外にあった期間は、経済圏外からの効果的な労働力供給手段として機能したが、地域の人的資源が急激に枯渇してしまい、それに伴う奴隷の卸売り価格の上昇、そして需要元である南北アメリカの農業の生産量増大による産物の価格低下により、奴隷貿易は次第に有益とは見なされなくなり縮小に向かった。その後人道的あるいは産業的見地からの反対を受け、1807年にイギリスにて奴隷貿易は禁止された。奴隷貿易 フレッシュアイペディアより)

4033件中 91 - 100件表示

「アフリカ」のニューストピックワード